ホーム > タグ > USB電源

USB電源

女性や学生でも簡単に扱え、最大約130km/hの球まで出す事ができるテニスボールランチャー「Slinger」

スポーツも勉強も、同じ様に打ったり投げたり、技を出したり、覚えた事を回答に正しく書く事ができる様になるには反復練習がカギとなります。
スポーツは一見、例えば今回のテーマであるテニスですと、相手のラケットの動きをみてボールが飛んで来るおよその軌道を予測し、そして打ち返す場所に移動している間に相手の動きを見つつボールの軌道を予測してラケットを振り打ち返します。
この時にラケットの先など一切見ずにプレイヤーはラケットを振り、そして正確にイメージした場所へとボールを打ち返すのですが、これを実戦しようとすると完璧にあらゆるパターンの腕の振り、つまり筋肉の連続した動き方を脳へ記憶さしておかなければ一瞬の判断で正確に筋肉を動かす事は不可能です。

ですからテニスであればラケットの振り、つまり腕の振り(腕を動かす筋肉の一連の動き)を徹底的に何度も何度も反復練習をして覚えさせる事ができれば後は飛んで来るボールに対して予測をしてラケットを振るだけです。

ただ、その反復練習も条件を同じにしなければ反復練習した事にはなりません。例えば飛んで来るボールを打ち返すと言う場合、同じスピードで飛んで来る条件の同じボールを打ち返してこそ反復練習が生きて来るわけで、スピードも軌道もバラバラであれば正直、反復練習しているとは言えません。

そこで正確に同じボールを出す事のできるマシンが生きて来るわけで、今回はそんなトスマシンともボールランチャーとも呼ばれているジャンルの「Slinger」をご紹介致します。

全文を読む

MacBook Proの充電に対応したUSB-C PD出力を備えたUSB電源2種を試す!!(Anker vs RAVPower)

先日、RAVPowerからUSB-C PD(Power Deliver)に対応したUSB電源が発売されたので今まで使って来たAnker製のUSB電源との性能比較を行ってみました。

まず最初に両者のスペックですが

Anker PowerPort+ 5 USB-C Power Delivery RAVPower USB-C充電器 Power Delivery 60W 5ポート
端子 USB-C PD×1
USB×5
USB-C PD×1
USB×5
サイズ・重さ 約103 x 78 x 28mm 212g 約101x69x29mm 211g
合計出力 60W  60W
USB規格と出力 PowerIQ 各ポート5V2.4A最大 合計6A iSmart 2.0 各ポート5V2.4A最大 合計6A
USB-C PD出力 最大5V/3A,  9V/3A,  15V/2 A, 20V/1.5 A  最大5V/3A,  9V/3A,  15V/3 A, 20V/2.25 A

全文を読む

来年の夏休みの自由研究はこれで決まり!!導電性インクを使って作るペーパーLED照明キット「Electric Paint Lamp Kit」

この夏休みに子供さんの自由研究を手伝われたと言う方も多いのではないでしょうか?
その夏休みの自由研究も最近では学校単位ではなく、市や区、そして都道府県単位で審査をして表彰する様な自治体もあり、その表彰状目当てに子供さんのみならず親御さんまでもが張り切って夏休みの自由研究に取り組みそして既に来年の夏の自由研究に向けて取り組み始めていると言うご家庭もあれば、もうすぐ夏休みが終わると言うのにも関わらず毎年ギリギリになって取り組み始めると言うご家庭もあるかと思います。

そんなどちらのご家庭にもオススメできるLED照明キット「Electric Paint Lamp Kit」を今回はご紹介致します。

全文を読む

Home > タグ > USB電源

New Topics

Return to page top

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。