Home > 生活 > おもちゃ

おもちゃ Archive

勾配30%の坂道でもスピードを緩めず登坂可能な電動4駆スケートボード「BLINK」

 スケートボードにモーターで動く電動のスケートボードがあるってご存じですか?昨年あたりはバック・ツゥ・ザ・フューチャーに登場する様な空中に浮かぶスケートボードがニュースを賑わしていましたが、その裏では普通に車輪のついたスケートボードの電動化も着々と進行しており、既に世の中には何十種類!?(何百種類か!?)と言う電動スケートボードが発売されていて、店頭ではご覧になった事はなくてもネット通販等で見たり、テレビ番組等でもたまに取り上げられていますから、テレビで紹介されているのを見たりと言う方も多いかと思います。
 そんな電動スケートボードですが、今売られているスケートボードの殆どが後輪駆動(4つある車輪のうち、後ろの2つの車輪だけがモーターで回る様になっている)になっており、この後輪駆動と言うのが実は高速で走行できる電動スケートボードに潜む危険性でもあるのです。と言いますのは普通のスケートボードで練習をする時も片足をデッキの上に置いてもう片方の足で地面をキックして進む練習をまずはするのですが、この時にちょっと強く地面をキックし過ぎたりキックしてデッキの上に足を乗せようとした時にバランスを崩して倒れまいデッキの上に立ってバランスを取ると言うのが非常に難しい乗り物なのです。ですから電動キックボードは最初からデッキの上に乗ってコントローラーのスロットルを開ければモーターが回って進みますが、地面に凹凸があったり滑りやすい路面でタイヤがグリップを失ったりしてすると途端に自分の意図していない方向へ曲がってしまったり前輪が両方上がってウイリー状態になって転んでしまったりと以外と初心者にはきついものがありますし、自転車でも思いっきり立ちこぎしてタイヤが滑って転けてしまう様な傾斜のきつい坂などは電動スケートボードでも同じ様な事が起こります。

 そこでスケートボードをより安定して走行させるにはどうすれば良いのかを考え、その結論として自動車の様に4輪駆動にする事で安定性や走行性能を向上させたのがこの「BLINK」です。

全文を読む

プログラミング可能なトランスフォームするヘキサコプター「Airblock」

ドローンと言いますと最近は価格がグッと下がりRCカーよりも安く購入する事ができる様なものもありますが、価格の高いドローンも安いドローンも壁や天井等の障害物に当てれば落下し最悪はプロペラが折れたりボディーが割れたりしてしまい飛ばす事ができなくなってしまい高級なドローンは交換用部品も用意されていますが、安価な数千円程度のホビー用ドローンでは交換用部品も用意されていないのも多々あり壊れたらそこで終わりです。

ですが誰も最初から上手に飛ばせるワケはありませんから、飛ばして落としてまた飛ばしてを繰り返す事によって段々と慣れて行って上手に飛ばせる様になりますが、飛ばして落としてを繰り返えすには壊す事を覚悟で飛ばさないといけませんし、それには交換用部品や新しい機体が必要になって来てそれなりに資金が必要です。

ですが、最初から落としても壊れない機体を作れば落とす事を怖がらず気にする事なく飛ばす事ができますよね、そんな壊れない機体がこの「Airblock」です。

全文を読む

LEGOブロックを電動化しスマートフォンで操縦できる様にする「SBrick Plus」

LEGOの”TECHNIC”シリーズや自作のLEGOマシンをラジコンの様に操縦できたらいいな?と思った事ってありませんか?LEGOには”Power Functions”シリーズと言って”TECHINC”シリーズや自作のLEGOマシンに”Power Functions”シリーズのモーターやコントローラー、バッテリモジュールを搭載する事で、”Power Functions”シリーズの赤外線コントローラーを使ってラジコン化する事ができる様になっています。
ですが赤外線は受光部が死角になると赤外線を受ける事ができずに赤外線が切れた途端に動かなくなってしまいますし、ちょっと離れると赤外線も届かずに止まってしまいますので常に赤外線受光部が見える様に一緒に動いてないといけませんし、”TECHINC”シリーズのクレーン車などは走行はさせる事はできますが、アームを伸ばしたり動かしたりは”Power Functions”シリーズだけではできませんので、そう言う細かい部分も”Power Functions”シリーズのモーターを搭載してBluetoothでペアリングされたスマートフォンから操縦できる様にしたLEGOコントローラーが”SBrick”なのですが、”SBrick”も所詮は”Power Functions”をBluetooth化してスマートフォンでコントロールできる様にしただけでそれ以上の拡張性はありませんでした。

そこで今回、”WeDo 1.0”キットを使える様にしたのがこの「SBrick Plus」です。

全文を読む

ホーム > 生活 > おもちゃ

New Topics

Return to page top

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。