Home >

車 Archive

走行中の決定的瞬間をパシャリと記録するスマートフォン連動ドライブレコーダー「VAVA Dash Cam」

 ドライブレコーダーと言えば車に取り付けて事故時の映像を記録する為のカメラですが、もう1つの使い方があるってご存知ですか?
 と言いますので今販売されているドライブレコーダーは概ね2種類の記録方式があり、加速度センサーを内蔵して車両に衝撃が加わった(つまり事故に巻き込まれた時)時の前後何秒間かの映像を記録するものと、常時録画と言って電源がONになっている間は常時録画しており、もしメモリーがなくなった場合は古い映像ファイルを消しつつ最新の映像を録画するタイプと、両方の機能を兼ね備えたタイプのものがあるのですが、後者の常時録画タイプは車を走行させている間の映像をずっと記録していますから、旅行の移動中の様子を残すレコーダーとしても使用できます。
 ただここで1つ欠点があり常時録画のドライブレコーダーは挿入しているmicroSDカード等のメモリーカードの残量がなくなると前述した様に古い映像を消して上書きして行きますので、旅行から帰って来て映像を見ようと思った時には見たい場面の映像が既に消去されていると言う可能性もありますし、高級なドライブレコーダーはWiFiを搭載していてスマートフォンをWiFiでドライブレコーダーで接続してドライブレコーダーに記録された映像を見ると言った事も可能ですが、ほとんどのドライブレコーダーがメモリーカードを抜いてPCに差し込んで見なければならず、手軽に映像を確認したり、その映像をYoutubeに投稿したりと言った事が難しいのが現状です。

 ですからこのドライブレコーダー「VAVA Dash Cam」は、そう言う”やりたいけどやるのが難しい(映像を簡単に確認したり、SNSへ簡単にアップロードしたり)”事を簡単にできる様にしました。

事故の発生には数秒しかかからず、しばしば事故が起きることはないでしょう。 しかしVAVA Dashは、あなたの車両の動きを測定するスマートな3軸Gセンサーのおかげで可能になります。 予期せぬブレーキや衝撃が検出されると、Dashは事件が発生する前の5秒から自動的にビデオ録画を作成します。

全文を読む

最大1Aで確実に充電可能なマグネットマウントQiワイヤレスチャージャー「MAGQI」

 Qiと言うワイヤレス充電を使っていて最大1Aで充電できると書いてあるのに全然充電が進まないと感じた事ってありませんか?と言いますのもQiワイヤレス充電と言うのは昔に理科で学習した電磁誘導を利用しており、導線を巻いた筒の中に磁石を入れて動かすと電気が流れて豆電球が点灯したりモーターが動いたかと思いますが、このQiワイヤレス充電も送電器の方でコイルに電流を流す事でコイルが電磁石となり磁界を発生し、受電器の方ではコイルに磁界が通過する事で電力を発生します。ですが磁界はコイルの中心部分が一番強く、コイルの中心部分から外れるにつれて磁界は弱くなります。そして当然の事ながら送電側のコイルと受電側のコイル位置がズレれば受電コイルにかかる磁界も弱くなりますので遅れる電力も少なくなりますから、Qiワイヤレス充電を使っていて充電が進まないと感じると言う事はコイルの位置がズレているからです。ですが送電側も受電側もどこにコイルがあるのか明示されていないものが多くどこを合わせれば一番最適なのかわかりません。それを意図的にかつ強制的に自動で合わせてくれるQiワイヤレスチャージャーがこの「MAGQI」です。

全文を読む

日本を含む170ヶ国で使用可能な2G/3G回線使用のSIM内蔵GPSトラッキングユニット「Pod 3」

 遂に日本国内でも汎用で使用できるGPSトラックキング(追跡)ユニットの登場です。

 今回紹介するGPSトラッカー「Pod 3」ですが、これは2G/3G回線を利用したGPS追跡装置なのですが、通常海外発のGPSトラッカーと言いますとGSM回線を利用したものが多いのですが(GSMは通信ユニットそのものが激安で入手可能で、日本以外の国ではほぼ全世界で通信できる為)、「Pod 3」は正式に日本で使用できる事をHomePageにてアナウンスしています(もちろんデータローミングで使用するのですが)。

 しかも料金が格安で1ヶ月毎の支払いですと$8.95/月ですが、1年契約すると$4.95/月と今の為替レートで行くと600円弱で利用することができ、しかも24時間前まで遡ってGPSで測位した位置をサーバーに記録し、なおかつ位置検索は常にフリーで(位置検索する度に料金が発生する事はありません)スマートフォンやタブレットにインストールしたアプリケーションで簡単に位置検索する事ができるのです。

全文を読む

ホーム >

New Topics

Return to page top

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。