Home >

車 Archive

ポケット付きフェンダーカバーよりグッと使い易い作業用マット「Grypmat」

 DIYで車やバイク、自転車をいじる時に外したボルトやナットと言った部品ってあなたはどこに置いていますか?手慣れた方なら部品を並べる為の専用のマットを用意し、そこに外したボルトやナットや部品類を後から組み付ける時に間違えない様に置いて行くかと思いますが、例えば車のボンネットの中をいじったりする時ってナットを1個外しては床や地面に置いたマットの上に置くのに身体を起こして向きを変えしゃがんではまた立ち上がってボンネットの中を覗き込み、またナットを1個取ってしゃがんでナットを置いてまた立ち上がってを繰り返していると時間はかかるは、ヒンズースクワットを何回も繰り返している様なもので腰は痛くなるわ身体にも良くありませんが効率も良くありません。

 そんな作業をする時にとても便利な作業用マットがこの「Grypmat」です。

全文を読む

ボルトクリッパーでさえ切断する事が不可能な自転車用ロック錠「FOLDYLOCK COMPACT」

 あなたは愛車(自転車)の盗難に合った経験はありますか?どんな安い自転車であれ何10万円もする自転車であれ愛着のある自転車を盗まれるのは嫌なものですが、意外と自転車の鍵と言うのはセキュリティ性能は低く、例えば車輪の動きを止めるだけの馬蹄錠の様なものはクリップ1本、安全ピン1本、細い精密ドライバー1本で開けてしまう事ができますので実際のところあまり意味がありませんし、ディンプルキーを使った様な鍵としてはセキュリティー性の高い鍵でも自転車を持ち上げて持って行かれては何の意味もありません。
 ですから自転車用の鍵として最強なのは道路や建物の構造物にしっかりと巻きつけて車両の持ち去りを防いでくれるワイヤー錠と言う事になるのですが、そのワイヤー錠も細いワイヤーを使っていれば簡単に切られてしまいますし、ダイヤルロックの様なものも慣れれば簡単に数字を合わせて解錠する事は可能です。
 ではどう言う鍵なら愛車を盗難から守れるのか?その1つの答えを出したのがこの「FOLDYLOCK COMPACT」です。

全文を読む

究極のエコ走行モードを搭載した電動キックスクーター「EcoReco MODEL R」

 電動キックスクーターと言うジャンルの乗り物がありますが、実はこの電動キックスクーターもバッテリーがなくなった時が悲惨だって知っていましたか?

 と言いますのも電動自転車に乗っている最中にバッテリーが切れた時って、電動自転車そのものも重いのですが更にモーター今度は発電機の様になり自転車のダイナモライトをONにしたフロントタイヤの様に重くなり漕ぐのが嫌になるくらい重くなりますが、電動キックスクーターバッテリーが切れると状況は同じです。だからと言ってモーターで動く電動キックスクーターの車輪とモーターを離すと言う事はできませんからバッテリーを減らさないで走ろうとするとバッテリーが切れた時と同じ様な状態になりそれこそキックスクーターに乗る事が筋肉トレーニングになってしまいます。

 そんなバッテリーが切れた時でもスイスイと抵抗なく走れる構造を生かして走行モードによっては8倍も航続可能距離が伸びる電動キックスクーターがこの「EcoReco MODEL R」です。

全文を読む

ホーム >

New Topics

Return to page top

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。