Home > 開発 > Arduino

Arduino Archive

簡単にHIDデバイス化もできるArduinoUNOが内蔵されたブレッドボード「STEMTera Breadboard」

今世界には数多くの種類のマイコン(マイクロコンピュータ、マイ・コンピュータ)ボードが存在しますが、一番良く知られ使われているのがRaspberryPiとArduinoです。Arduinoは2005年にリリースされたマイコンボードで、PCにUSBにダイレクトに接続してプログラムを書き込めしかもC/C++をベースのArduinoIDEと言うコンパイラエディタが最初から提供された事もあり、それまでのマイコン市場はと言うとC/C++言語コンパイラは存在していましたが、マイコン事に仕様書を見てマイコンの動作モードをレジスタの情報を見つつ設定しなければならずマイコンの種類を変えればレジスタの設定も変わりそれが大変な作業で新しい高機能なマイコンが出ても古い使い慣れたマイコンを使い続けると言う人もいるほどそれまでのマイコンを取り巻く環境は決して初心者には優しくありませんでした。
ですがArduinoはボードの規格が決まっており、コンパイラもボードが変わったからと言ってそれを意識する事なくボードの種類を変えるだけで同じプラグラムを書き込んで使える為に、早くてメモリーの多いArduinoボードが出ればすぐに乗り換えられる環境も整っておりしかも、Scratch(スクラッチ)と言うどう言う動作をさせるのかと言う命令を定義したブロックを並べるだけでプログラムが書けてしまうプログラミングエディタが登場し、そのスクラッチを使ってArduinoにプログラムを書き込める環境ができてからは子ども達がマイコンを使って何かモノを作ると言うハードルが下がり、機会も多くなりました。

ですがArduino単体では何もできませんし、ArduinoにLEDになりディスプレイなりセンサーなりを接続して回路を作って初めてマイコンとしての命を吹き込まれ、その回路を作る時に必要なのがブレッドボードと言う試作回路を作る便利アイテムです。そのブレッドボードの中にArduinoを入れてしまったのがこの「STEMTera Breadboard」です。

全文を読む

USBホストとしても動作する2ch DAC搭載32bit動作のArduino互換機「Teensy 3.5 & 3.6」

Arduino互換機ボードの中の1つとして”Teensy”と言う互換ボードが2008年に登場して”Teensy1.0”はまだ”ATmega 90USB162”と言うATmegaのマイコンを使用していたのですが、このマイコンはUSBと直結できる事から”Teensy”は最初からUSB HIDデバイス(USBマウスやUSBキーボード等のUSB接続できる機器)として動作する事から簡単にUSBデバイスが作れると言う事で、PCと接続するUSBデバイスを開発したい人にとってはとても魅力的なArduino互換ボード(互換と言ってもArduinoIDEにTeensyduinoをインストールしてArduinoIDEでプログラム開発できるだけで、Arduinoの数あるどのボードともピン配置等互換性はありません)でした。

その後、”Teensy ++ 1.0″,”Teensy 2.0″,”Teensy++ 2.0″までがATmega社のマイコンを使用しつつバージョンアップを行い、その後登場した”Teensy-LC”や”Teensy 3.0″からはソフトバンクが買収を発表したARM社の32bitマイコンを採用する事で、高速にプログラムを動かせるばかりでなく、メモリーも潤沢に増えて、少々メモリーを喰う浮動小数点を使う計算をしてもメモリーオーバーが怒られる事もなく、その上USB-MIDI楽器としても動作し、I2S Aduioもサポートする事でDAC(D/Aコンバータ)をTeensyに接続するだけでTeensyから音を鳴らす事ができる上に、WS2812と言うたった1本or2本の信号線をデイジーチェーンするだけで1個1個のLEDの色を制御できるフルカラーLEDを直接接続できる様になったので光って音が鳴るイルミネーションやデバイスを作成しようと思った方はこれはすごくいい!!と思って使い始められた方も多くおられると思います。

その後、”Teensy 3.1″、”Teensy 3.2″が出てDACも搭載してアナログ音声出力ができる様になった上にCAN Busに対応して車両から簡単に2本の線で車両の全ての情報を取得して制御できるデバイスまでもが簡単に作れる様になりました。

そしてその”Teensy “が今回更にバージョンアップしたのでご紹介したいと思います。

全文を読む

ガラスエポキシ基板でボディーを作ってしまったホビーCNCマシン「FR4」

DIY好きで色々な道具をそろえている方は多いかと思いますが、ロボット等のフレームを作るとなると昔はボール盤やフライス盤と言ったものを駆使して1枚の金属版等から切り出していましたが、今や安価なFDM方式の3Dプリンターがあれば簡単にボディーは作れてしまいます。ただいくら簡単に様々な形が作れる3Dプリンターと言えど、強度と言う点においては金属にはかないません。そんな金属を簡単に3Dプリンター同様に加工できるのがCNC(Computer(ized) Numerical(ly) Control(led)) と言う工作機械です。

そのCNC加工機を材料とアイデアで金属フレームを使ったCNCマシン並みの剛性を保ちつつ材料原価を下げる事で個人でも買える値段にしたのがこの「FR4」です。

全文を読む

ホーム > 開発 > Arduino

New Topics

Return to page top

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。