ホーム > タグ > Kickstarter

Kickstarter

女性でも楽々使えそして疲れない電源不要のウイングタイプのハンドプレッソマシン「Leverpresso」

 昔はコーヒーと言えばドリップコーヒーがほとんどで、イタリアン・レストラン等でエスプレッソが出されていた程度でしたが、今コーヒー専門店に行くとメニューの数も豊富になっており、いつものドリンクを注文しようかそれとも今日はちょっと気分を変えて違ったドリンクを注文しようかと悩む所でもありますが、そんなバリエーション豊富なコーヒーメニューの殆どがエスプレッソを使っているってご存知でしたでしょう?
 例えばカプチーノ以外にも〇〇ラテ、〇〇マキアート、〇〇モカ、と言ったメニューの殆どはエスプレッソを使っていますので、これらドリンクを自宅でも美味しく楽しみたいと思うとエスプレッソメーカーが必要です。
 ですがエスプレッソの場合、ドリップコーヒーの様にお湯を注げば簡単に作れると言うわけではなく、エスプレッソメーカーがないと作る事はできません。その理由はドリップコーヒーやフレンチプレスは言うなれば挽いたコーヒーとお湯を混ぜたらコーヒーの成分がお湯に溶け出し、その溶け出したものを飲んでいるわけでお茶や紅茶と同じなのですが、エスプレッソは圧力を加えたお湯を挽いたコーヒーに通す事で少ない量の豆でより濃いコーヒーを抽出する様になっていますので、エスプレッソの様に量は少なくてもとても濃い、煮詰めた様なコーヒーを抽出する事ができるわけなのです。
 ですからエスプレッソメーカーの場合、お湯に圧力を加えなくてはならず手動のエスプレッソメーカーである”ハンドプレッソ”の場合は圧力を加える為の多くのギミックとして”空気入れ”を利用しており加圧するのにかかる時間は一般的な”空気入れ”を利用したハンドプレッソマシンでおよそ約1分。つまり1分間、空気入れのハンドルを押したり引いたりして空気を入れなければならないのですが、これがどれだけ大変なのか、自転車の空気をハンドポンプで入れた事がある方ならご存じだと思いますし、お客様が来たからと何杯も淹れるなんてちょっと考えたくありませんよね。

  ですがこの「Leverpresso」であれば、そんな心配は不要です。

全文を読む

使用する芯の太さが変えられ、スタイラスペンにもなるシャーペン「Modern Fuel pencil 2.0」

 皆さんはシャープペンシル(シャーペン)を使っていて、しまった!!と思う事はありませんか?
 よくあるのは芯がなくなった時です。鉛筆なら芯の残りは一目瞭然で分かりますが、シャーペンの芯は筒の中に入っていますからなくなる事を予見する事はできず、知らない間になくなって突然書けなくなります。
 ですがそれでも予備の芯を持っていれば良いのですが、そう言う時に限って予備の芯も持っておらずしかも外に買いにも出かけられず、仕方なく隣の人に芯を貰うもサイズが合わなくて使えない……となったらもうアウトです。

 そう言う時にこの「Modern Fuel pencil 2.0」を使っていたのなら、そんな芯のサイズを気にする必要はありません。

全文を読む

ハサミとボールペンとをコラボレーションさせるとこう言う結果になりました「Xcissor Pen」

 世の中には便利ツールと呼ばれる道具がたくさんありますが、人それぞれ欲しい機能って微妙に違います。
 例えば今回紹介する「Xcissor Pen」はボールペンとハサミのコラボレーションですが、ハサミとカッターナイフと言う組み合わせの道具も実際に売られていますが、実際のところハサミもカッターナイフも常に必要なものではなく、突然に何の前触れもなく必要になる様な道具なので常に携帯していなければ何の役にも立ちません。

  ですがそう言う道具って何かの機会で使ったのはいいけれど、いつも入れているバッグに戻すのを忘れた直後に限って出先で不意にハサミが必要となりバッグの中を探せど見つからなくて、昨日取り出して戻さなかったのを思い出して後悔するものです。

 ではそうした常は必要ではいけれど、何かの機会に年に1回あるかないかと言う低頻度であっても必ずバッグに入れておく様に工夫されたのが、このボールペンとハサミを合体させた「Xcissor Pen」です。

全文を読む

Home > タグ > Kickstarter

New Topics

Return to page top