ホーム > タグ > Kickstarter

Kickstarter

時速72kmの強風にも耐える、わずか1分で設営完了するルーフテント「Skycamp」

 車中泊ってあなたは経験した事はありますか?車中泊って言うのはその言葉通りで車の中で寝る事です。

 一時期、車中泊が流行って気候が良く過ごしやすい高速道路のパーキングエリアやサービスエリア、そして道の駅と言った場所では車中泊する車をたくさん見かけたものですが、車中泊はそのまま車の中で寝ますので、ミニバンの様に大きな車でしかもシートをフルフラットにして足を伸ばして寝る事ができる車種であればそこそこ車中泊も快適なのですが、セダンやSUVの様なシートを倒してもフルフラットにはならず、なったとしても足がつっかえてちょっと足を折って寝なけれればならなかったりと、”車中泊=修行”と言う様な図式が成り立つ様な車種の方が多いのが現実ですし、1台の車に乗っている人数が増えてば増えるほど更に過酷さは増します。

 ですが、宿のチェックインやチェックアウトの時間に縛られたり、予約している宿まで必ず行かなければならないと言う制約がないのが車中泊の魅力でもあり、なおかつ宿泊代が浮きますからその費用をアクティビティーに回すと言う事ができますから快適さを少し犠牲にしてでも車中泊を選ぶ理由でもありますが、その車中泊に足を伸ばして横になって寝る音ができると言う要素が加わればこれほど快適なものはありませんし、それを可能にしてくれるのがこのルーフテント「Skycamp」です。

全文を読む

シャボン玉がキラキラと光る様なボケが持ち味のオールドレンズ「Trioplan 35+ f2.8」

 今回紹介する「Trioplan 35+ f2.8」は既にMeyer Optik社がリリースしているトリオプランレンズの50mm,100mmに続く第3弾のレンズで、焦点距離が35mmのレンズとなります。
 トリオプランレンズをご存知ない方に少し紹介しますと、今から100年ほど前にドイツのHugo Meyer社が売り出したレンズで、何とたった3枚のしか使わずに(使用レンズが3枚なのでトリオプランと名前がつきました)レンズの収差(球面収差)を過剰に補正する事でわざと背景の景色をボケさせ、そのボケも単純にレンズのピントが合っていない時に見える様なボヤァ〜と見えるボケ加減に加え、遠くに見える光の光源は広がって無数の大小様々なシャボン玉がフワフワと飛んでいる様に見えるためにその見え方から”BabbleBokhe”と言われたレンズです。

 そしてそのトリオプランレンズをMeyer Optik社が50mm,100mmと2種類のレンズを復活させ、そして今回はF値2.8で焦点距離35mmのレンズを復活させました。

全文を読む

集中できているのか!?を脳波を計測してベストな環境作りをしてくれるBluetoothスマート・ヘッドホン「Mindset」

  勉強や仕事をする際に集中力を高めるのに実は音がないと言う環境は実は不安感や恐怖感や孤独感を覚え、それに気が取られてしまって逆に集中ができないってご存じでしたでしょうか?
 ではどう言う環境が集中できるのかと言いますと、静かなちょっと離れた場所から聞き取れない程度の話し声が聞こえ、なおかつバックミュージックが静かに流れている様なカフェの様な場所が実は集中力が一番高まりますので、あながちカフェで仕事や勉強をすると言うのは集中すると言うのは良いのです。
 これには理由があり、脳と言うのは1度にたくさんの事柄を処理できる様に見えて実は1つの事しかできないのです。ですから雑音のある環境では脳は周囲の音に気を取られそうになると考える事が停止してしまう為に逆に考える事に集中しようとしますので、カフェの様な場所だと回りがざわざわしていると集中できると言うワケなのです。ただこれが好きな曲を聴く事であったり、周囲の話し声が大き過ぎたりすると脳は負けてしまい歌詞の内容であったり話の内容に集中して考えようとするので逆に勉強や仕事に対する集中力が削がれてしまいますので逆効果です。

全文を読む

Home > タグ > Kickstarter

New Topics

Return to page top

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。