ホーム > タグ > WiFI

WiFI

バッテリー駆動ながら最長6ヶ月もバッテリー交換が不要なセキュリティーカメラ「Reolink Argus」

 防犯のために防犯カメラ(監視カメラ)を我が家にも設置したいと思っておられる方は多いかと思いますが、防犯カメラを設置するには結構高いハードルがあります。
 例えば、専門業者に頼めば1から10まで全て業者の方が施工から設置までやってもらえますので設置者本人の手間はかかりませんが設置費用がかかります。その設置費用を節約しようと思うと自分で設置すると言う事になるのですが、この時問題になるのが電源です。
 防犯カメラを設置するには屋内よりも屋外へ設置する方が抑止力も働き効果的なのは明らかですが、屋外となると監視するのに最適な場所に電源が取れる場所があるかどうかと言うのは微妙の話です。もし絶好の場所に屋外コンセントがあればいいのですがそうでなければどこからか電源を引っ張って来なければならず、それこそ素人の人が雨水の降りかかる屋外の電気工事を行うのは弱電と言えども危険ですしまた大変です。

 ですがこのセキュリティーカメラ「Reolink Argus」ならそう言う電源の心配をせずに何処にでも設置することができ、しかも自宅に屋外まで通信可能なWiFi環境が整っていれば出先から「Reolink Argus」が捉えた映像を見る事もできるのです!!

全文を読む

スマートフォンで死角となる真後ろの確認ができるバックカメラを搭載した自転車用テールライト「HEXAGON」

 最近自転車に安全性の意識の向上もあってか赤色やその他の色で点滅するLEDテールライトを装着している人が増えて来ており、自動車を運転している者にとっても少しでも自転車の存在を早期発見できると言う意味においては大変有り難い事なのですが、中には非常に横着な運転をする人がいて、後ろが見えているのか?見ているのか?と疑う様な運転をする人も世の中にたくさんおられます。

 確かにバイクもそうなのですが、自転車よりも圧倒的にバイクや自動車の方が走るスピードが早いと言うのは当然の事で、例えば右折しようと後ろを確認した時は、たまたま後方からやって来る自動車に気付かずに右折しようとスピードを落としてハンドルを倒したらいきなり後方で急ブレーキの音が聞こえて、見て見るとそこには急ブレーキを踏んで停車している自動車がいた、なんて事は長年自転車に乗っていると誰しもが経験する事です。

 そう言う時の為に自転車にもサイドミラーを取り付けておき、曲がる時は必ず後方から車両が来るかどうか確認する習慣をつけておけば取り付けておかないよりはマシですが、ちょっとサイドミラーは抵抗があると言う方にオススメなのがこのバックカメラ搭載のLEDテールライト「HEXAGON」です。

全文を読む

内蔵AIで20言語を音声翻訳し、ネットに接続すると80言語をリアルタイムで音声通訳可能な通訳デバイス「Travis」

 ”海外から来られた旅行者の方に道や場所を聞かれた時にあなたならどうしますか?”と聞かれた時に貴方はどの様に答えますか?
 と言いますのも数年前から海外からの日本へ来られる旅行者の方が増え今や全国津々浦々、地元の人が知らない様な場所へも外国からの旅行者の方が来られます。
 特に今年に入ってから中国や韓国から来られる旅行者の方は減っていますが、フィリピンであるとかマレーシアであるとか、ベトナムであるとか、東南アジアからの旅行者が近頃増えており、昔なら英語さえ話せれば何とか道案内もできたのですが、今では海外からの旅行者の方でも日本語はおろか英語も話せない方も多く、道を聞かれるとスマートフォンにインストールされた翻訳ソフトを駆使して案内しないとコミュニケーションができません。
 ですが世の中にはスマートフォンの扱いもアプリケーションの扱いも苦手と言う方がおられます。そう言う方でも手軽に使える音声翻訳デバイスがこの「Travis」です。

全文を読む

Home > タグ > WiFI

New Topics

Return to page top

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。