”プリントス”よりも綺麗に写真に残せるスマホ用インスタントプリンター「Holga Printer」

みなさんは”プリントス”と言うタカラトミーが発売している、インスタントカメラのチェキ用フィルムを使ったプリンターがあるのはご存じでしょうか?
数千円で買えるこのプリンターは、スマートフォンの画面に映っている画面をそのままチェキのフィルムに焼き付けるだけのプリンターなので、電源もWiFiもBluetoothも不要な上に、チェキのフィルムも家電量販店だけでなく家電やデジカメ等を置いているショッピングセンターの家電売り場や文房具品売り場、バラエティーショップ等でも手軽に購入する事ができてとても使い勝手の良いプリンターです。
またチェキは単に写真を撮って残すだけではなく、ペンやスタンプ等を使ってメッセージを書き入れたりデコレーションできる事から、女子高生や大学生の間で今大流行で、それもあって”プリントス”も発売された当初はなかなか手に入れる事ができませんでした。

そんな若い子の間で流行っている”プリントス”よりも鮮明な写真をプリントする事ができる上に使いやすさも向上している「Holga Printer」を今回はご紹介致します。


“”プリントス”よりも綺麗に写真に残せるスマホ用インスタントプリンター「Holga Printer」” の続きを読む

自撮りが楽になるだけでなくスマートフォンを一眼レフに変えてくれるスマートフォン用グリップ「Pictar Pro」

自撮りをするのも昔のiPhoneSE当たりの画面が4インチサイズのスマートフォンであれば親指と中指や薬指でスマートフォンを挟んで人差し指で器用にシャッターを押すと言った事も簡単にできましたが、iPhone Xs Maxや 7 Plusや 8 Plusクラスになるとスマートフォンの幅が80mm近くになる上に重くなるので流石に2本の指でスマートフォンを挟んで人差し指で画面に表示されるシャッターボタンをタップして写真を撮るのは、腕がプルプルしてかなり大変なものがあります。

そこで便利なのが一眼レフカメラの様に握って持てるスマートフォン用のグリップです。グリップにスマートフォンをセットして持つ事で手でしっかりと固定できるだけでなく、グリップについたシャッターボタンでシャッターを切る事ができますので、腕にもそんなに負担がかかりません。

そこで今回はそんなスマホ用グリップの中でも最新のiPhone Xs/Xs Max/ XRに対応し、一眼レフ並に細かな撮影設定が可能な「Pictar Pro」をご紹介致します。


“自撮りが楽になるだけでなくスマートフォンを一眼レフに変えてくれるスマートフォン用グリップ「Pictar Pro」” の続きを読む

どうやっても写真に映り込む自分の姿を完璧に隠すレンズフード「Ultimate Lens Hood」

みなさんが画像を撮影する時に被写体に自分自身の姿や周囲の風景がどうカメラのアングルを変えようとも映り込んでしまい、困ったと言う経験はないでしょうか?
特にインスタに掲載する写真を撮影する時、被写体がガラスや金属と言った光をよく反射する物質ですと被写体の形状にもよりますが、どうしても被写体の一部分に自分の姿や周囲の風景が映り込んでしまうのは仕方がない事です。

またガラス越しに風景を撮影するにしてもガラスに自分の姿が映り込んでいるのに、その自分の姿を消すと言うのは無理な話で、普通に撮影したのではどの様な方向から撮影しても映り込んでしまうものは映り込んでしまうのです。

ですが今回紹介します「Ultimate Lens Hood」を使えば苦労せずに写真に写り込む自分の姿や風景を完璧に無くす事ができますので、今までの様に映り込まない様に苦労する事もなく被写体が一番映えるアングルで撮影する事ができます。


“どうやっても写真に映り込む自分の姿を完璧に隠すレンズフード「Ultimate Lens Hood」” の続きを読む