フォーカスまでも自動化する事で様々な映像表現が可能なフルオート電動雲台「Rhino Arc II」

最近の電動雲台は昔の様にモーターでビデオカメラやスチールカメラの向きを一定のスピードで変える事ができると言うだけでなく、スマートフォンを使いリモートで制御できたり、パン・チルトと上下左右方向でスピードを変化させながら動かしたり、スライダーを使ってカメラの視点を移動させながら撮影したりと、本当に複雑な撮影を行う事ができます。

ただ唯一それら最近の電動雲台やスマートフォンを使ったリモートコントロールで出来ないのがフォーカス、つまりピントです。
今のカメラはオートフォーカスですのでピント合わせをする必要がないと言えばないのですが、実際のところそのフォーカスを画角の中でどこを基準にするかはカメラに搭載されたプログラムで、いくらフォーカスポイントを設定しておいても実際にピントを合わせるのはカメラ任せです。

そこを今回紹介する「Rhino Arc II」は手動で設定する事ができますので、更に多彩な映像表現を行う事が可能です。


“フォーカスまでも自動化する事で様々な映像表現が可能なフルオート電動雲台「Rhino Arc II」” の続きを読む

一眼レフで撮影した画像をその場でクラウドにアップロードする「CamBuddy Plus」

みなさんが使っているiPhoneでは、”iCloud写真”や”マイフォトストリームにアップロード”をONにしておく事でiPhoneのカメラ機能で撮影を行うと画像も動画も自動的にiCloudへアップロードする機能があり、WindowsならiCloudアプリをインストールし、Macであれば何もアプリをインストールする事なくiPhoneと同じiCloudのIDを設定すれば、PCでiPhoneで撮影した画像や動画を使いたい時にiPhoneから画像や動画を移動させる必要もなく、Macであれば”写真”アプリを開ければさっきiPhoneで撮影したばかりの画像や動画がもう表示されていてすぐに利用可能です。

またAndroidスマートフォンでもDropboxやGoogle Photo、Amazon Photsと言ったアプリをインストールしておけばiPhoneと同じ様にクラウドサーバーへアップロードしてくれます。

そんな便利なスマートフォンと同じ事をデジタル一眼レフ・カメラでもできる様にしたのが今回紹介する「CamBuddy Plus」です。

“一眼レフで撮影した画像をその場でクラウドにアップロードする「CamBuddy Plus」” の続きを読む

M12規格レンズが使える、ちょっと変わったアクション4Kカメラ「NANO1」

GoProによって作り上げられたアクションカメラと言う市場も、中国製の安価でかつスペック的には殆ど差がないアクションカメラの登場で一気に拡大して、テーマパークや観光地に行くとアクションカメラを手に持ったり、身に着けたりしている方をよく見ます。

そしてアクションカメラがここまで普及したのは、どの様な環境にも耐えられるタフネスさでしょう。
何せ防水ケースに入れられたGoProは落下させたり水中に落としたりしても全く平気で、GoProが登場した当時はスマートフォンも防水でなければ、防水で水中動が撮影できるビデオカメラも数少ない上に防水ケースはめちゃ高価だった事もGoProを普及させた1つの要因です。

ただ未だにアクションカメラは単焦点で、言うなれば同じ絵しか撮影できません。確かにコンバージョンレンズと言って、アクションカメラのレンズの前にもう1段レンズを設置してもっとワイドに、もっと拡大して撮影できるレンズはかなりたくさん出ていますが、これらコンバージョンレンズの欠点はモノによっては振動によってレンズが動いて焦点がズレたりする事と、何よりレンズの枚数が増える事で撮影した映像が暗くなる事です。

よくレンズのスペックで3群8枚や7群12枚と言った表現を見ますが、これは何枚のレンズを使って映像を補正しているのかと言う事を現し、ガラスのレンズは完全には透明ではない為により多くのレンズを通過すると必然的にたくさんのレンズを通過した映像は暗くなりますので、せっかく単焦点で明るい映像が撮影できるアクションカメラの利点をコンバージョンレンズは奪っている事になります。

そこで今回紹介する「NANO1」はレンズを交換できる様にしてできるだけ画像の劣化を防ぐ工夫を凝らした初のアクションカメラと言えます。


“M12規格レンズが使える、ちょっと変わったアクション4Kカメラ「NANO1」” の続きを読む

久しぶりに会ったあの人に失礼のない様に名前をそっと教えてくれるAIスマートカメラ「OrCam MyMe」

みなさんは久しぶりに会った方の名前が思い出せなくて困ったり、以前会った記憶はあるのに名前が全く思い出せなくてモヤモヤした気分で分かれたりと言った事ってありませんか?

特に携帯電話の普及により電話番号が覚えられなくなり、スマートフォンの登場で漢字が読めても書けない、予定をスマホに入れる様になって明日はもちろんの事、今日の予定もスッカリ忘れてしまっていると言う方は、お年寄りだけでなく若い方でも増えています。

これはわざわざ記憶していなくてもスマートフォンが全て覚えていてくれますので記憶する必要がないからですが、それは人の顔にまで広がり、若い人でも何度も会った事があるのに名前と顔がリンクしなくて思い出せないと言う方は少なくありません。

ただ思い出せないだけなら良いのですが、ビジネスシーンにおいては相手の名前が出て来ない為に信頼関係を失って折角のビジネスチャンスを逃してしまうと言うは大いに有り得ます。

そこで今回はそう言う人の顔と名前がよくシンクロしない、会った事があるのは分かるが名前が思い出せない、と言う様な方にそっと耳打ちしてくれるAIスマートカメラ「OrCam MyMe」をご紹介致します。


“久しぶりに会ったあの人に失礼のない様に名前をそっと教えてくれるAIスマートカメラ「OrCam MyMe」” の続きを読む

動画編集アプリがなくてもTikTokの様な映像を作り出す事ができるスマホ・ポッド「Pivo Pod」

みなさんは”TokTok”と言う動画ソーシャルアプリはご存じですか?
たった15秒の動画を作るアプリなのですが、用意されたテンプレートの中から撮影に使いたいテンプレを選び、スマホに向かってポーズをつけたり踊るだけで子どもからお年寄りまで自分1人で完成された動画を撮影できるだけでなく、それでは物足りないと言う方はアプリに用意されているエフェクトを映像のコマ単位で指定してかけたりする事ができ、センスと実力があればプロ顔負けの動画を撮影する事もできるアプリです。

そんな”TikTok”の様な動画やトリッキーな画像が撮影できるポッド「Pivo Pod」を今回はご紹介致します。


“動画編集アプリがなくてもTikTokの様な映像を作り出す事ができるスマホ・ポッド「Pivo Pod」” の続きを読む

ラッピングポケットでバックパックの中に入らない荷物もドンドン背負えるバックパック「Banale Backpack」

バックパックを選ぶ際に普通の人は自分が持ち歩くであろう荷物の総量を計算した上で選びます。
例えば自転車にテニスコートによく出かける方であれば当然、ラケットがスッポリと入るサイズのバックパックを選ぶはずです。

ただ1つのバックパックを使い回す場合、週1に行くテニスの為に大きなバックパックを買ってしまうとバックパックそのものも大きいので重いだけでなく、スカスカの萎んだバックパックを持つと言うのも何だか寂しいと言いますかみすぼらしいと言いますか、何だか残念な気分になります。

そこで今回は、明らかにバックパックには入らない荷物も縛り付ける事で両手フリーで持ち運べるバックパック「Banale Backpack」をご紹介致します。


“ラッピングポケットでバックパックの中に入らない荷物もドンドン背負えるバックパック「Banale Backpack」” の続きを読む

さみしがり屋の愛犬の相手をいつ何処にいてもできるだけでなく、愛犬の姿をずっと見ていられる「Pupple」

犬もどうしても一匹で飼っていると人間と同じで、平気で一匹で留守番のできるワンちゃんもいれば、飼い主がほんの少し買物に出かけただけでパニックを起こすワンちゃんもいます。
そうすると働いている飼い主は仕事に行っている間はペットホテルの様な場所に預ける事となり、その費用もバカになりません。

そこで今回はそう言うさみしがり屋のワンちゃんの姿をどこにいてもワッチでき、自宅にいなくてもコミュニケーションを取り遊んであげる事ができる「Pupple」をご紹介致します。


“さみしがり屋の愛犬の相手をいつ何処にいてもできるだけでなく、愛犬の姿をずっと見ていられる「Pupple」” の続きを読む

顕微鏡を使わずにスマホで拡大写真を撮影したい方の為の最大800倍にまで拡大できるレンズ「iMicro」

実験や自由研究、そして趣味で色々なものを拡大して見る事が多い方の必須アイテムと言えば顕微鏡です。
ただ顕微鏡も進化しており、今では内視鏡のの様なPCやタブレットに接続できる顕微鏡と言いますが、ズームレンズの様なものもあり、見たままの映像をそのままデジタル化できるのが今の顕微鏡やそれと似たガジェットの特徴でもあり、画像を資料として添付する様な作業も非常に楽になっています。

ただこれらガジェットはいつでもどこでも使えると言うわけではありません。公園や植物園と言った植物の多い場所に出かけた時に、学校の授業で見た葉の葉脈や気孔をまた見てみたいと子どもに言われても、そんなに簡単に見せる事はできません。

ですが今回紹介するスマートフォン用の拡大レンズ「iMicro」を持っていれば、植物でも昆虫でもモノであっても、どこででもその場で拡大して子どもさんに見せてあげる事ができます。


“顕微鏡を使わずにスマホで拡大写真を撮影したい方の為の最大800倍にまで拡大できるレンズ「iMicro」” の続きを読む

最大輝度900ルーメン、水深30mでも使えるワイヤレス充電・爆光LEDライト「Glowstone Flashlight」

iPhone XSやXS MAXになって夜景も素晴らしく綺麗に撮影できる様になりましたが、イルミネーションや夜景の中で人物を撮影すると風景の方が明るく、そして人物が暗く写ってしまいがちです。
これはイルミネーションや夜景は自ら光りを発しているのに対して人物は周囲の光に照らし出されるだけですので、周囲に明かりがなければその光に照らし出される人物は暗くなって当然です。
そこでライトが必要となるのですが、スマートフォンのライトって5mも離れると被写体に届かず全く意味ありません。

なので被写体を照らし出すライトが必要不可欠となるのですが、100均で売っている様なクリップでスマートフォンに固定する様なライトは自撮り用で、遠くの被写体と映し出すと言う用途には全くの不向きですし、なかなかそう言う遠くの被写体を照らし出すライトとなると大きさも大きくなるのでスマートフォンと両手持ちして使うには使い辛いものがあります。

そこでみなさんには最大輝度900ルーメンと言う60W電球相当の明るさを誇る爆光LEDライト「Glowstone Flashlight」をご紹介致します。


“最大輝度900ルーメン、水深30mでも使えるワイヤレス充電・爆光LEDライト「Glowstone Flashlight」” の続きを読む

あのシリコンラバー製のレンズキャップがバージョンアップしてより使い易くなりました「Universal Lens Cap 2.0」

日本でも公式通販サイトやECサイトで普通に買えるKUVRD社製のシリコンラバー製のレンズキャップ”Universal Lens Cap”は、今まで普通にプラスチックのレンズキャップを気にもせずに使っていた私達にとってとても衝撃を与えるものでした。

と言いますのは、レンズキャップはレンズをホコリやヨゴレそして衝撃から守る為のものですので、その機能を損なわなければ材質などは何でもよい訳で、それをシリコンラバーと言う素材を使って、レンズ口径の違うレンズを1つの製品でカバーした事です。
特に60mmレンズから150mmと言う大口径の望遠レンズまでカバーしたこの”Universal Lens Cap”は素晴らしく通常は予備なんて持ち歩かないレンズカバーですから、もしレンズを落としてカバーを破損したりカバーを紛失したりするとレンズを剥き出しのまま持ち帰られなければならず、レンズを傷つけないかと言う心配をしなければいけませんし、帰ってからレンズに付着したホコリやゴミやヨゴレを掃除するのも大変でした。

それをこの”Universal Lens Cap”は割れる事もなくレンズをガードする上に様々な大きさのレンズにたった1つの”Universal Lens Cap”でカバーするなどとても画期的な製品でした。

ただ欠点が……それを解決したのが今回紹介します「Universal Lens Cap 2.0」です。


“あのシリコンラバー製のレンズキャップがバージョンアップしてより使い易くなりました「Universal Lens Cap 2.0」” の続きを読む