遊泳中でもクリアなサウンドを楽しめるBluetooth5骨伝導イヤホン「WaterBone」

骨伝導イヤホンと言うのは、普通のイヤホンはスピーカーから出た音が鼓膜を振動させその振動が耳小骨と言う骨を伝わり音を蝸牛と呼ばれる音の信号を電気信号に変えて脳へと伝える器官で処理されるのですが、骨伝導イヤホンは骨伝導スピーカーにより音の振動が頭蓋骨を振動させ、その振動が耳小骨へと伝わり蝸牛へと送られますので、どの様な状況であっても周囲の雑音に影響される事なくクリアに骨伝導イヤホンから再生される音を聞き分ける事ができます。

そしてそれは水中でも威力を発揮します。水中イヤホンや防水のイヤホンを耳に差し込んで耳の中に水が入って来なければイヤホンからの音はクリアに聞こえますが、少しでも水が入って来ると水が邪魔をしてスピーカーの音が聞こえ辛くなって行きます。

そこで今回は、IPX8の防水性能を持つ事で遊泳中でもクリアに聞こえる骨伝導イヤホン「WaterBone」をご紹介致します。
“遊泳中でもクリアなサウンドを楽しめるBluetooth5骨伝導イヤホン「WaterBone」” の続きを読む

自転車で通勤・通学されている方に朗報です!!半分の大きさになるので持ち歩き易くなった自転車ヘルメット「Cyclo」

バイクにはヘルメットロックがついているバイクもあれば、スクーターの様に座席の下に収納しておく事ができるものもあり、手に持って持ち歩くと言う必要は全くありません。
ですが自転車はと言うと、絶対に盗まれないヘルメットロックの様なものはありませんし(バイク用のヘルメットロックも絶対に盗まれないとは言えませんが、あんな目立つものを盗んで持ち歩くと言う人もいないでしょう)、もちろん自転車に収納する為のボックスが販売されている訳でもなく(あっても取り付けると不格好になるので取り付けないと思います)、結果として手で持って持ち歩くしかありません。

ただ自転車のヘルメットと言っても成人の頭の大きさは直径で言うと20cm前後ありますし、ヘルメットの高さも20cmとは言わないまでもそれに近い高さがありますので、手に持つにしてもバッグに入れるにしても結構厄介です。

そこで今回は、高さが半分以下になる画期的な自転車用ヘルメット「Cyclo」をご紹介致します。
“自転車で通勤・通学されている方に朗報です!!半分の大きさになるので持ち歩き易くなった自転車ヘルメット「Cyclo」” の続きを読む

Androidスマートフォン利用中の方必見!!ホンモノのサウンドを楽しむTWS対応Bluetooth5イヤホン「MIFEFREE」

ワイヤレスイヤホンのパッケージやスペック表に書かれているTWSとは”True Wireless Stereo”の略で、TWSと書かれたワイヤレスイヤホンはホンモノのステレオで再生されると言う事になります。
と言うと今までの左右2つのイヤホンが付属したワイヤレスイヤホンはステレオではなかったの?と思われるかもしれませんが、厳密にはその通りで、スマートフォンとはどちらか片方のワイヤレスイヤホンだけが接続されており、もう片方のワイヤレスイヤホンは対になっているワイヤレスイヤホンと接続され直接スマートフォンとは繋がっていません。
その為に音声信号はどうなっているのかと言いますと、左右の音を合成した音声信号がスマートフォンと接続されているワイヤレスイヤホンに送られて、そのワイヤレスイヤホンからもう片方のワイヤレスイヤホンの音声信号を分離して送られてるのですが、遅延を少なくする為にデータ的にはかなり圧縮されていますので、音質的には落ちます。

それを左右のワイヤレスイヤホンを2つとも直接スマートフォンと接続してTWSに対応したのがAirPodsで、それに続けとクアルコムのQCC302Xチップを搭載したTWS対応のワイヤレスイヤホンが続々とリリースされています。

そこで今回はそのQCC302Xチップを搭載したTWS対応のワイヤレスイヤホン「MIFEFREE」をご紹介致します。
“Androidスマートフォン利用中の方必見!!ホンモノのサウンドを楽しむTWS対応Bluetooth5イヤホン「MIFEFREE」” の続きを読む

ワイヤレスヘッドホンが繋がるポータブル・カセットプレイヤー「IT’S OK Bluetooth 5.0 Cassette Player」

カットテープもカセットプレイヤーも、今でもまだまだ販売しているってみなさんはご存じでしたか?
さすがに需要は少ないので大手家電量販店に行っても見かける事はほぼありませんが、ネット通販でもラジカセタイプのものや、ウォークマン(これはソニーの登録商標でポータブルカセットプレイヤーと一般的には呼びます)タイプがまだまだ売られていますし、カセットそのものも実は販売されているのです。

ですからたまたま実家に戻った時に、何気に荷物の整理を手伝っていたら昔に録りためていたカセットテープが出て来た様な時に、カセットプレイヤーが残っていなくても、残念がる事はありません。

ネットで簡単に手に入れる事ができますし、MP3に変換してくれる様な超便利なカセットプレイヤーも中にはあります。

ですが今回はあえて昔のテープをそのまま再生して聞きたいと言う方の為に、ワイヤレスイヤホンイヤホンや、ワイヤレスヘッドホンが使えるカセットプレイヤー「IT’S OK Bluetooth 5.0 Cassette Player」をご紹介致します。
“ワイヤレスヘッドホンが繋がるポータブル・カセットプレイヤー「IT’S OK Bluetooth 5.0 Cassette Player」” の続きを読む

Bluetoothワイヤレスイヤホンとスマートウォッチの移植のコラボレーション「Wearbuds」

最近のワイヤレスイヤホンの多くは充電機能を持ったケースに入っているのが普通で、もう自宅や職場で直接USBケーブル等を接続して充電する様な製品はほぼありません。
しかも充電機能付きのケースがなければワイヤレスイヤホンは充電する事ができませんので、充電する為だけにケースを持ち歩かなくてはならず、バッグを持たずにポケットに全ての荷物を詰めて出掛ける様な方にとってはポケットの中で嵩張る邪魔な存在となります。

ただ持たなかったら持たなかったでワイヤレスイヤホンの充電が切れるって事もよくある事なんですよね。

そこで今日はワイヤレスイヤホンとスマートウォッチがコラボレーションした、どちらがメインなのか、どちらもメイン的扱いなのか一石二鳥的なガジェット「Wearbuds」をご紹介致します。
“Bluetoothワイヤレスイヤホンとスマートウォッチの移植のコラボレーション「Wearbuds」” の続きを読む

マカロンみたいなキュートなボディーを持つマイクを内蔵し通話も可能な振動スピーカー「HUMBIRD SPEAKER」

みなさんは振動スピーカーと言うジャンルのスピーカーはご存じでしょうか?
振動スピーカーは骨伝導イヤホン等と同じで、音の信号を振動に変え、自ら音を出すのではなく振動スピーカーが接触しているものをスピーカーにしてしまうスピーカーで、その対象は振動が伝わる硬いものであれば何でも良く、木製のテーブルでも食器棚のガラスの扉でも、車のボンネットでも空き缶でもダンボール箱でも紙コップの様なものでも何でも構いません。

そんな何でもスピーカーにしてしまう振動スピーカーに何故かマイクを内蔵してしまったワイヤレスBluetooth振動スピーカー「HUMBIRD SPEAKER」を今回はご紹介させて頂きます。
“マカロンみたいなキュートなボディーを持つマイクを内蔵し通話も可能な振動スピーカー「HUMBIRD SPEAKER」” の続きを読む

AirPods, AirPods2が一緒に収納&充電可能なiPhone X/XS/XR/XS MAX用ケース「Power1」

iPhoneと一緒にワイヤレスイヤホンのAirPodsを使われている方でAirPodsを度々忘れてしまうと言う方、AirPodsケースの充電をついつい忘れてAirPodsがただのイヤリングになっている方に朗報です!!

AirPodsを絶対に忘れない、AIrPodsの充電を絶対に忘れないAirPodsを収納する事ができるiPhone X/ XS/ XR/ XS MAX用ケース「Power1」をご紹介致します。
“AirPods, AirPods2が一緒に収納&充電可能なiPhone X/XS/XR/XS MAX用ケース「Power1」” の続きを読む

MMCX対応でイヤモニにもなる、メガネやサングラスと干渉する事がないBluetooth5骨伝導イヤホン「FlexWave」

骨伝導イヤホンと言うのは普通音は耳で聴きますが、その音を骨を通して伝達すると言うちょっと特殊なイヤホンです。
骨伝導は骨を媒介にして耳へと音を届けますので、耳を塞がないと言うメリットがあり、周囲の音もバッチリと耳へと入って来ますので危険を察知し予防する事ができます。

ただ骨伝導イヤホンは、耳の周辺の骨と言うか皮膚に密着させなければ骨伝導イヤホンの振動を最大限伝える事ができませんので、骨伝導イヤホンと連結しているヘッドバンドやネックバンドのテンションによって耳周辺の骨(顎関節付近であったり、耳の後ろであったり色々と場所はあります)に密着されるのですが、そうなると問題が起こります。

ではどの様な問題なのかと言いますとメガネやサングラス、ゴーグル、ヘルメットと言った目や顔に装着するものとの干渉です。特にメガネやサングラス、ゴーグルは目から一直線に耳の上へとツルやバンドが延びますので、どうしても骨伝導イヤホンのヘッドバンドやネックバンドが干渉する部分が出て来て、そのクロスした部分で皮膚が圧迫されて痛かったり、先に骨伝導イヤホンを装着してからメガネやサングラスをかけるとツバが干渉して浮いたりして耳に掛け辛かったりと色々な問題があります。

その干渉と言う問題をある方法で解決したBluetooth5骨伝導イヤホン「FlexWave」を今回はご紹介致します。
“MMCX対応でイヤモニにもなる、メガネやサングラスと干渉する事がないBluetooth5骨伝導イヤホン「FlexWave」” の続きを読む

Qiワイヤレス充電+Bluetoothスピーカー+Alexa+LEDランプでデスクの上もスッキリ「Luna Smart Lamp」

スマートスピーカー、みなさんはもう持っていますか?
最近は音声コントロールだけのスピーカーが使い勝手が悪いと言うのでモニターが付属したのもの増えて来ましたが、一体どんな用途にみなさんはスマートスピーカーって使っているんでしょうね。

おそらく一番多いのが音楽の再生でしょう。その次にタイマー機能、天気予報で、出前なども音声で注文できたりしますが、殆どの方が利用された事はないではないでしょうか?
あと最近は家の中の赤外線リモコンで操作可能な家電を操作できるスマートリモコンなどもスマートスピーカーに対応していたりしますので、音声で家電を利用できるのはわざわざ動かなくて良いのでとても便利です。

ただそれだけの為に高価なスマートスピーカーを買うのも勿体ないですし、自分が思っているものとはかなりかけ離れていて次第に使わなくなる可能性もあります。
そこで今回はLEDランプにQiワイヤレス充電機能、そしてBluetoothスピーカー、それにプラスしてAmazonの音声アシスタント”Alexa”を搭載したオールインワン・スマートガジェット「Luna Smart Lamp」をご紹介致します。
“Qiワイヤレス充電+Bluetoothスピーカー+Alexa+LEDランプでデスクの上もスッキリ「Luna Smart Lamp」” の続きを読む

ガイド演奏機能が充実した、タブレットを使い独学でピアノの弾き方を習得できる拡張型キーボード「LUMI」

みなさんは小さい頃にピアノを習っていればよかったなぁ〜なんて思ったりする事ってありませんか?
例えば結婚して子どもさんができ、その子どもさんがピアノを習い、発表会で親子で連弾できたりすると子どもさんも喜びます。

ですが子育て真っ最中の親御さんが、ピアノを子どもさんと一緒に習いに行くなんて余程時間的余裕がなければ無理ですし、仕事の関係で行けないと言う方もおられるでしょう。

そこでオススメなのがYouTubeで、YouTubeにはたくさんピアノのレッスンに役立つ動画が投稿されており、それら動画を見ながら練習する事で、レッスンに通えない方でも独学で楽器の演奏方法を学ことができます。

ただ、たくさんある動画の中からこれって言う教材になる様な動画を見つけるのって経験がなければ判断するのも難しいですし、どう言った順番で練習して行けば良いのかと言う事も全くの手探りになります。

そこで今回は、タブレットを使い独学でピアノの演奏を学習する事のできるMIDIキーボード「LUMI」をご紹介致します。
“ガイド演奏機能が充実した、タブレットを使い独学でピアノの弾き方を習得できる拡張型キーボード「LUMI」” の続きを読む