Home > 開発 > Raspberry Pi

Raspberry Pi Archive

RaspberryPiをスマートフォンに変えてしまおうと言う、好奇心くすぐられる通信モジュール「PiTalk」

何でもそうですが、自分で作ったものが動くのを見るのってワクワク・ドキドキしたりしませんか?
例えば自分で作ったアプリケーションをAndroidスマートフォンやiPhoneにインストールして楽しんでみると言うのも面白いのですが、そのスマートフォンそのものを自作して見るって言うのはもっと楽しいのではないでしょうか?

そんな楽しみを私たちに提供してくれるRaspberryPiをベースに使ったスマートフォンキット「PiTalk」を今回は紹介します。

全文を読む

スマートフォンのアプリが作れなくても簡単にIoTデバイスを作る事ができるIoTインタフェースボード「Bolt」

ArduinoやPICを使って組み込みデバイスを作った事はあるけれど、それをスマートフォンから操作しようと思うとそのハードルの高さに挫折してしまうと言う方はかなり多いかと思います。
これがPaspberryPiであれば、Apacheを走らせてブラウザベースでスマートフォンから操作すると言った事も可能ですが、ArduinoやPICでApacheが動くはずもなくArduinoやPICでTCP/IPやUDPプロトコルの処理をしようと思うとかなり調べないとプログラムは書けませんし、HTML言語を知らないと画面設計もできませんので、スマートフォンとマイコンを連動させてIoTデバイスを作ると言うのは、ArduinoやPICを長年使ってプログラミングをしていると言う方でもかなりハードルの高い作業なのです。

ですがこの「Bolt」を使えばそのインタフェース部分はこの「Bolt」が担ってくれますので、新しい事は覚えずに今まで通りにコーディングをすればスマートフォンから操作できるIoTデバイスを作る事ができます。

全文を読む

”Raspberry Pi Zero”をメインCPUに使ったDIYで作るゲームボーイ「Gameboy Zero」

 今回紹介する「Gameboy Zero」は”Raspberry Pi Zero”をメインCPUに使ったDIYで1から基板に部品を半田つけして作り上げるゲームボーイ互換機で、ハンダ付けが大好き、ハンダ付けを自分でしなくてはならないけれども家に眠っているゲームボーイのゲームを再びプレイしてみたいと言う方向けの基板単品ないし基板と部品一式がセットになった製品です。
 と言ってもCPUは”Raspberry Pi Zero”を使っていますし、電源&充電モジュールも市販のLi-Po充電モジュールを使用しておりハンダ付け作業はそう多くはありませんが、通電表示用のLEDとそのLED用の電流制限抵抗はSOP品(チップ部品)を使っていますので多少ハンダ付けの慣れは必要ですが、それでもチャレンジしてみたいと言う方にとってはチャレンジのし甲斐のあるキットでしょう。

全文を読む

ホーム > 開発 > Raspberry Pi

New Topics

Return to page top

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。