Home > 生活 > 家具

家具 Archive

宇宙の姿を立体的にデスクストップに再現したレーザー彫刻「The Universe Sphere & The Milky Way in a Sphere」

宇宙ってそもそもどう言う形をしているか、みなさんはご存じすか?
おそらく夜空を見上げると空一面に星は広がっている事から宇宙空間は、学校の授業では宇宙宇宙は”ビックバン”で生まれ爆発的に広がって言ったと習った事もあり地球の形の様に球形に広がっていると思われているかもしれませんが、実は我々が住む地球や太陽系を含む宇宙空間は、現在は球形でもどら焼きの様な中央部分がボールの様に膨らんでいて、端に行く程収束して厚みが薄くなった楕円形の様な形をしている訳でもなく、実はホットケーキの様な形をしている事が様々な観測機器の計測結果や大型コンピュータのシュミレーションから分かっています。

ですが実際のところそれは肉眼で見る事は到底不可能ですし、○○星雲までは何億光年、○○星雲までは何十億光年と言われても今ひとつ距離も位置関係ピンと来ませんし、実際宇宙にどれくらいの星があるのかなんて頭の中に描いてみて下さいと言われても、星や宇宙に興味があり普通の人よりは知識がある方でも、殆どの方がその全体像マップを思い浮かべる事はできないかと思いますので、今回紹介しますレーザー彫刻「The Universe Sphere & The Milky Way in a Sphere」で、を見ながらその壮大な空間を想像してみて下さい。

全文を読む

持って移動するだけで距離、角度、面積、体積等自動的に計測表示してくれるARメジャー「Moasure® ONE™」

みなさんはDIYで何か工作をする時に、測り辛いと思う様な事ってあると思います。
特に一人で広い空間や曲がっいたり曲面になっている場所の長さや面積を割り出そうとすると、ちょっとの計測誤差で実寸より短すぎたり足らなかったりして、新たに材料を買い直して材料を無駄にする事ってあると思います。

そう言う時、今回紹介するARメジャー「Moasure® ONE™」であればいかなる複雑かつ広大な場所を長さであれば最初7cmから最大300mまで±0.5%の精度で計測する事ができるのです。

全文を読む

え?ここは宇宙基地!?と見間違えてしまう様な自由拡張ポップアップテント「CINCH! POP-UP」

さぁ!!今年こそはテントを買ってキャンプへ出かけるぞ!!と思われているアウトドア初心者のみなさん、テントの選択を誤ると設営の難易度が極端に上がって大変な事になるってご存じでしたか?
例えばテントにも昔ながらの三角屋根のテントもあれば、ドーム状のテントもあり、遮熱性や耐水性、保温性を上げる為に2重構造(大きなドームテントの中に一回り小さなドームテントが入っておりそのテントとテントのスキマの空間がある事で夏場は断熱効果、冬場は保温効果があったりします)になったもの等、本当に多種多様なものがある上に大人数で使える様にと大きなテントを選べば選ぶほどその組立は大変になって行き、良い所を見せようと1人で設営したものなら、結局できなくてバツが悪い思いをする事になります。

ですが今回紹介します「CINCH! POP-UP」は、最大4人用のテントしか用意されていませんが、拡張する事で小学校のクラス全員が入る事ができるテントにだってできるのです。

全文を読む

ホーム > 生活 > 家具

New Topics

Return to page top

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。