週に1度だけゴミ袋を捨てればOK!!手を汚さずに糞尿の処理ができる全自動キャット・トイレ「iKuddle」

動物を飼っていて日々大変なのは体調管理はもちろんのこと、トイレの後始末です。
特にネコの糞尿の臭いはきついので早く処分する方がベターですし、家の中で飼育していて糞尿を放置していると部屋にも臭いが染みついて行ってしまいます。
ですが働いていてネコを飼っていてと言う事になるとどうしても帰宅後か、朝の出かける前にしか処分できません。

そこで便利なのが最近増えて来た自動トイレです。
特にネコの場合はトイレをした後に自分の排泄物に砂をかけて隠しますので、その排泄物で固まった猫砂を取り除けばほぼ綺麗にする事ができます。
なのでネコ用の自動トイレの場合、この砂を濾過して排泄物だけを取り除くのですが、多くの自動トイレの場合は取り除いて集めるだけで、それを再度集めて捨てるのは飼い主ですし、いくら猫砂でコーティングされていても排泄物が集められる容器は毎回、綺麗に洗わないと臭って来ます。

ですが今回紹介するキャット・トイレ「iKuddle」は排泄物の入ったビニール袋を週に1度だけ捨てるだけで、後は、たまにトイレを覗いて猫砂が少なくなっていたら補充するだけの、全く手間のかからない素晴らしいトイレです。
“週に1度だけゴミ袋を捨てればOK!!手を汚さずに糞尿の処理ができる全自動キャット・トイレ「iKuddle」” の続きを読む

忙しかったり、身体が疲れ過ぎてどうしても相手をしてやれない時の愛犬や愛猫の遊び相手「GOMI」

犬の散歩って実は飼い主が1度も連れて行かなければ、犬は決して散歩に行こうとせがんだりする事は内ってご存じでしたか?
犬は雨が降ろうと、雪が降ろうと、40℃超えの猛暑でも決まった時間に散歩に出たがりったりしますが、これは実は飼い主が愛犬に植え付けた習慣であって、実は最初から散歩に連れて行かなければ行かなくて良いのです。

ですが、ずっと屋内と言うのも運動不足になりがちで、高カロリー食と相まって犬も様々な病気に罹患しますので、毎日運動させない訳にはいかないのですが、一番困るのは疲れてたり忙しい時に相手をさせられる事です。

犬によってはおもちゃを1つ与えたらずっとそれで遊んでくれる良い子もいれば、すぐに飽きてしまい飼い主に遊んで欲しいオーラをすぐに出す子もいます。
そこで今回は、そう言う退屈な愛犬や愛猫の遊び相手になる自動走行するボール「GOMI」をご紹介致します。
“忙しかったり、身体が疲れ過ぎてどうしても相手をしてやれない時の愛犬や愛猫の遊び相手「GOMI」” の続きを読む

愛犬の足を入れて容器を左右に動かすだけで汚れた足もピッカピカになるフットクリーナー「Hyperscrub」

みなさんは愛犬を散歩に連れ出した時に、足が酷く汚れてしまった場合ってどうしていますか?
例えば、雨上がりで地面が濡れている土の上を歩いたり、ぬかるみに足を入れてしまったりと言った様な場合です。
さすがに泥汚れがついた足は濡れ雑巾で拭いても、皮膚と皮膚の間に入った泥汚れまでかき出す事はできませんので、そうなると流水で洗い流すのが一番なのですが、特にマンション住まいの方で風呂場まで大型犬を抱き上げて連れて行かないといけないと言う様な方は更に大変ですし、風呂嫌いなワンチャンに足を洗うだけと言って風呂場に連れて行ったとしても風呂に入れられると思い勘違いして暴れる事でしょう。

そこで今回は、水を入れた容器に愛犬の足を入れて、軽く左右に回転させるだけで足についたガンコな泥汚れも綺麗に落とす事のできるフットクリーナー「Hyperscrub」をご紹介致します。
“愛犬の足を入れて容器を左右に動かすだけで汚れた足もピッカピカになるフットクリーナー「Hyperscrub」” の続きを読む

ネコは可愛いけど、トイレがねぇ〜と言う方にトイレの始末と臭いを一気に解消する猫トイレ「Janar Litter Box」

私達が使用するトイレは、用を足した後に水で流しますのでトイレの臭いが気になると言う様な事はありませんが、ペットは自分でトイレに行って流すワケではないので、そのまま放置しておくと臭う様になって行き、朝仕事に出て、夜帰って来て玄関の扉を開けたらトイレ臭が部屋から臭う、なんて事になっているご家庭もあるのではないでしょうか?
ただ空気が臭うだけであれば、換気すれば済む話しなのですが、壁紙等がその臭いを吸収してしまうと部屋そのものが臭いの発生源となり常に臭う事になり、そうなるとお客様を呼ぶのも少しはばかれます。

そこで今回は、できるだけトイレの後始末の回数は少ない方が好きと言う方や、毎日家を長時間空ける方にオススメな猫用トイレ「Janar Litter Box」をご紹介致します。


“ネコは可愛いけど、トイレがねぇ〜と言う方にトイレの始末と臭いを一気に解消する猫トイレ「Janar Litter Box」” の続きを読む

手間のかかるネコのトイレの処理を、コスパと手間の両面から考えて作られたベストなトイレ「Boxscoop 2.0」

ネコのトイレを選ぶ際にみなさんもトイレシートにするのか、それとも猫砂にするのかとても悩まれたのではないでしょうか?
トイレシートは丸めて捨てるだけなので手間が殆どかからない分、トイレにかかる費用の面だけを見ると猫砂よりも出費が嵩みます。
一方猫砂は、固まった砂をスコップ等を拾い上げて捨てるだけなので、一度入れた猫砂が少なくなるまでは新たに補充しなくても良いのでコストパフォーマンスは最高です。
そして猫砂ではなく代用品としてホワイトペレット(暖炉に使う、おがくずを固めた燃料)等を使えば更に安上がりです。

ただ問題は後始末です。トレイタイプのトイレでは、用を足した後に足で猫砂を蹴ってかけますので、回りに砂が撒き散らされますし、更に汚物は小まめに処理しないと臭いの元にもなります。

そこでそんなコスパの良い猫砂の処理をいかに簡単にするか、それを研究し尽くしたトイレ「Boxscoop 2.0」をご紹介致します。


“手間のかかるネコのトイレの処理を、コスパと手間の両面から考えて作られたベストなトイレ「Boxscoop 2.0」” の続きを読む

引き戸をスマートフォンで開閉できる上に、つっかえ棒としても機能するので防犯性も高い「Wayzn」

日本の家屋は今でこそ開き戸の住宅の方が多くなっていますが、その昔は引き戸が主流で今でも好んで引き戸にしていると言う方もおられるでしょう。
ただ引き戸の場合、何かとIoT化するにあたって不便で、開き戸であれば最近はスマートフォンと連携してロックをかけたりする事ができるスマート錠と呼ばれるジャンルの商品が多数出て来ていますが、残念ながら構造上、引き戸にこれら超便利なガジェットは取付けができません。

そこで今回紹介する「Wayzn」ならロックできるだけでなく、半開きの状態でもロック可能なので夏場など扉を開けて風を通したいと言う時に、引き戸はその開いた状態のまま動きませんので、防犯性も高くオススメです。


“引き戸をスマートフォンで開閉できる上に、つっかえ棒としても機能するので防犯性も高い「Wayzn」” の続きを読む

さみしがり屋の愛犬の相手をいつ何処にいてもできるだけでなく、愛犬の姿をずっと見ていられる「Pupple」

犬もどうしても一匹で飼っていると人間と同じで、平気で一匹で留守番のできるワンちゃんもいれば、飼い主がほんの少し買物に出かけただけでパニックを起こすワンちゃんもいます。
そうすると働いている飼い主は仕事に行っている間はペットホテルの様な場所に預ける事となり、その費用もバカになりません。

そこで今回はそう言うさみしがり屋のワンちゃんの姿をどこにいてもワッチでき、自宅にいなくてもコミュニケーションを取り遊んであげる事ができる「Pupple」をご紹介致します。


“さみしがり屋の愛犬の相手をいつ何処にいてもできるだけでなく、愛犬の姿をずっと見ていられる「Pupple」” の続きを読む

愛猫と飼い主との関係をwin-winに維持できるコスパ重視のキャット・トイレ「Fresh Flip」

ネコのトイレを選択する場合、猫砂とトイレシートの2種類がありますが、猫砂は用を足した後の砂をかける行為によってホコリが立つだけでなくトイレの容器の形状によっては周囲に砂が飛び散る上に、排泄物に付着して固形化された固まりをスコップですくい上げて捨てると言う作業も飼い主にとっては一苦労です。
ですがそれを怠るとネコは用を足すのを我慢してしまうだけでなく別の場所で用を足す可能性も出て来ますので、砂の掃除を怠るわけにはいきません。

一方トイレシートは赤ちゃんの紙おむつと同じ様にそのまま家庭ゴミとしてゴミとして出す事ができますので、片付けと言う点においてはとても楽なのですが、コストパフォーマンスが猫砂に比べてすこぶる悪いのが難点です。

そこで今回はコスパの良い猫砂を使いつつ、清掃作業をいかに簡便化するかと言う事を追求したキャット・トイレ「Fresh Flip」をご紹介致します。


“愛猫と飼い主との関係をwin-winに維持できるコスパ重視のキャット・トイレ「Fresh Flip」” の続きを読む

飼育管理の自動化だけでなく、AIを使い魚の健康管理もするアクアリウムコントローラー「FELIX」

一緒に連れて行く事ができないペットを飼っていると、長期間の旅行と言うのは無理です。
特に熱帯魚をはじめとした水中生物は水槽ごと動かす事も大変ですのでペットホテルに預けると言う事もできません。
ですが最近では自動餌やり機をはじめ、水草も一緒に育てている方はタイマー等を使い二酸化炭素の注入やLED照明等の制御も自動化できる様になっていますので、水替えを除いてはある程度の部分は自動化できる様になっていますので、短期旅行しても大丈夫なのですが、今年の夏の様に気温が40℃超えの日が連続して続くとそうも言ってられません。
あんなに気温が高くなると水温も少なからず上がりますので、その環境変化で魚のみならず水草にも大きなダメージをもたらし、水質(ph値)が大きく変わるとそれこそ病気が蔓延して一気に死んでしまうかもしれません。

そこで今回はタイマーだけでなく様々な外部センサーを利用し、環境の変化に応じて水槽をコントロールする事が可能なアクアリウムコントローラー「FELIX」をご紹介致します。


“飼育管理の自動化だけでなく、AIを使い魚の健康管理もするアクアリウムコントローラー「FELIX」” の続きを読む

ワンちゃん自らが進んで歯磨きをしたくなる犬用歯ブラシ「Bristly」

犬を飼っておられる方であれば、犬も人間と同じで歯周病があるのはご存じだと思います。
ただ自ら歯ブラシを使って歯磨きはしませんし、できませんから飼い主が歯ブラシを握って毎日磨いてやらないといけないのですが、毎日歯磨きさせるのも大変です。
人間の子どもの様に大人しく口を開いているワケではなく、歯磨きの最中に甘噛みされる事もあれば、ギュッと口を閉めて開けてくれないワンチャンもいます。

だからなのか、私達人間が使っているのと同じ形状をした歯ブラシや指サックに毛先のついた歯ブラシの他に、ボール型の遊びながらカミカミする事で歯を磨く事のできる歯ブラシもあるのですが、大きさによって小型犬には使えませんし、興味がなければ噛んでもくれません。

そこでオススメするのが今回紹介します犬用歯ブラシ「Bristly」です。


“ワンちゃん自らが進んで歯磨きをしたくなる犬用歯ブラシ「Bristly」” の続きを読む