テスターを身に着けたらめっちゃ使い易い!!目から鱗のウェアラブル・デジタルテスター「FOVEA」

作業台の上で回路基板にプローブを当ててテスターを使って回路の動作をチェックする、なんて言う使い方では一般的なよく見る形のテスターでも何ら不自由な事はないのですが、これが機械や車両の配線の導通をチェックしたり電圧を計測したりと言う事になると話は別で、とても作業し辛い狭い空間の中でテスターのプローブを目的の端子に当てつつ、テスターのモニターを見やすい場所に置くと言う事がとても困難な事が事が多々あるのです。

そう言う時に軽くて薄いテスターを見やすい場所に貼り付けたり、引っ掛けたりして見やすく工夫するのですが、そう言う機械や車両の配線をチェックする時って1ヶ所で済む事は稀であちこち見なければならず、テスターの位置決めと言う余分な作業がとても鬱陶しく思う事も多々あります。

そこで今回は、そう言うテスターの位置決めをしなくても、どんな状況下でも見やすいウェアラブル・デジタルテスター「FOVEA」をご紹介致します。
“テスターを身に着けたらめっちゃ使い易い!!目から鱗のウェアラブル・デジタルテスター「FOVEA」” の続きを読む

超簡単に紙を穴を開ける事もなく円をスピーディーに描く事のできるコンパス「Iris」

円を描く時に使う道具と言えばコンパスですが、コンパスを使うともれなく紙に穴が空いてしまいます。
ただそれは穴を防ぐ補助器具(コンパスの針の下に敷く透明なプラスチック板の様なもの)もあり、それら補助器具を使う事により穴を開けずに済んだりもするのですが、問題はスピードです。
特に工作をしたり、絵を描いたりする時にコンパスを使ってたくさん円を描く様な時に補助器具を使っていたのではコンパス単体で円を描くよりも2倍、3倍もの時間がかかりますし、いくら高価なコンパスでも力を入れて使い続けているとネジが緩んで来て幅がいきなり狭くなったりする事もあります。

そこで今回は画期的な、穴も空かない上にスピーディーにいくつでも円を連続して描き続ける事のできるコンパス「Iris」をご紹介致します。
“超簡単に紙を穴を開ける事もなく円をスピーディーに描く事のできるコンパス「Iris」” の続きを読む

狭い場所、暗い場所と言った条件の悪い場所で威力を発揮するデジタル水平器「LumiLevel™」

一般的に水平器と言うと黄色や緑の蛍光液の中に大きな空気の粒の入った気泡管と言うものが埋め込まれており、その気泡管の中の空気の粒の位置で対象物が水平になっているのかを確認する工具です。
ただその空気の粒って気泡管の水平を現しているラインよりも小さいので、ラインを頼って水平をキッチリと出すのは無理で、最後は自分の目力と言いますか、自分の感でここが水平だ!!と言う位置を決めなければなりません。

ただその位置が少しズレたとしても0.1°とか0.2°の単位なので、普通に椅子やテーブルをDIYで作ったりするのには何ら問題はないのですが、長さ2mも3mもある柱を渡したり、パイプに水勾配をつけて設置するとなったりするとその微妙な角度が大きく影響して来ます。

そこで今回は今までのアナログではなく、デジタルでピッタリと水平を出してくれるデジタル水平器「LumiLevel™」をご紹介致します。
“狭い場所、暗い場所と言った条件の悪い場所で威力を発揮するデジタル水平器「LumiLevel™」” の続きを読む

衣類だけではなく、食材や日用品まで強力な超音波で洗浄するポータブルクリーナー「Pendy」

超音波洗浄機と言えばカメラ店の店頭で見かけるメガネを洗浄する洗浄機が1番メジャーですが、最近では振動子と言って高速で振動する部品だけを製品化したものも市販化されています。
この振動子だけのタイプは容器はバケツでも洗面器でも何でも良く、そこに振動子を入れるだけで何でも洗浄できるので、メガネ洗浄機の様にメガネの他にジュエリーの様な小さなものしか洗えない様なものとは違い何でも洗えるのがメリットです。

ただ洗えるとは言っても洗濯機の様には一度にたくさんのものは洗えず、例えば汚れが染み込んだハンカチ1枚、食べこぼしてシミがついたTシャツの汚れを何とか取れるかなと言ったものが残念ながら殆どです。
ところが今回紹介するポータブルクリーナー「Pendy」は何と90Wと言う超強力な超音波で今までの超音波洗浄機では落とせなかった汚れもサクッと落としてくれます。
“衣類だけではなく、食材や日用品まで強力な超音波で洗浄するポータブルクリーナー「Pendy」” の続きを読む

3通りの使い方でどんなに固いネジも楽々と開け締めする事ができるドライバー・セット「Spinner Drive」

よく精密ドライバーと言うと、おもちゃに使われている様な小さなネジを回す為に作られたドライバーで、家具や電化製品等に使われている様な少し大きく長いネジを回そうとするとネジの頭は引っ掛かるのだけれど、ネジが固く締められ過ぎていてドライバーを回す指が滑ってネジが回せないなんて事、みなさんも経験された事が何度もあると思います。

そう言う時は素直に大きな掌で包み込む様にして持つ様な大きなドライバーを使った方が楽にネジも緩める事ができるのですが、なかなかドライバーって普通の家庭ではそんなにたくさんの種類、大きさのものを揃えていませんし、たくさんあっても本当に年に数回しか使わない様な家庭では、どこに片付けてしまったのかさえ忘れてしまっておられる事もあるでしょう。

そこで今回は、これさえ持っていれば、どんなに固いネジだって開け締めする事のできる精密ドライバーセット「Spinner Drive」をご紹介致します。
“3通りの使い方でどんなに固いネジも楽々と開け締めする事ができるドライバー・セット「Spinner Drive」” の続きを読む

メンズメイクは当たり前!!外出先でちょっと髪や髭を整えたい時に便利なヘアグルーミングキット「REUP」

男性のみなさんは、朝出かける時は全く気付きもしなかったのに、出先やオフィス、学校でトイレに入った時に寝癖の取れていない事に気が付いたら、水で濡らして寝癖を取るなんて言う事はよくある事ですが、水で濡らしても取れない強く癖のついてしまった寝癖ってありますよね。
これが女性なら携帯用のスプレー瓶に寝ぐせ直しウォーターなどを移し替えて持ち歩いているでしょうが、最近はメンズメイクが流行っているとはいえ、女子の様に化粧ポーチを持ち歩いている男性なんて殆どいないでしょう。

そこで今回は、男性の為に携帯性に優れたヒゲとヘアーのグルーミングキット「REUP」をご紹介致します。
“メンズメイクは当たり前!!外出先でちょっと髪や髭を整えたい時に便利なヘアグルーミングキット「REUP」” の続きを読む

是非とも自分の筆箱に入れておきたい、分度器にもコンパスにもなる7つの機能を持った文房具「MAGCON」

みなさんは円を描く際にコンパスを持っておらず、2本の鉛筆やシャープペンシルの先を紐で結んで円を描いたなんて事ってありませんか?
あまりコンパスって学校の授業でも使わないので定規や三角定規と比べてよく忘れたりしますが、それを見越してか定規に穴を空け、0cmの位置の穴ともう一方の定規に沿って開けられた穴に鉛筆やシャープペンシルを差し込んで円を描く事のできる定規があり、ミリ単位の半径の円を要求されていなければ、こう言う簡易的なコンパスの機能を持った定規も便利です。

ですが今回紹介します定規「MAGCON」は角度も測れる分度器要らずの定規なので、円を描いたり角度を計測したりする事が多い方には超オススメです。


“是非とも自分の筆箱に入れておきたい、分度器にもコンパスにもなる7つの機能を持った文房具「MAGCON」” の続きを読む

AR(拡張現実)で直接生地に裁断線を書く事ができる、ハンドメイドで洋服を作る方にはオススメの「Pattarina」

洋服をハンドメイドする時の行程として一番重要なのが型紙です。
昔なら本を買って来て、本に描かれている形やサイズを見ながら型紙に起こし、そして型紙をカットして今度は生地に型紙を当てながら生地に裁断線を写し描いていたのですが、最近はネットでも型紙のデータがフリーで落ちていたりして、それをプリントし繋げて貼り合わせて型紙を作ることもできる様になっており、図形を描くのが、絵を描くのが苦手な方でも比較的簡単に洋服をハンドメイドできる様になっています。

そこで今回は、型紙の作成をカットして直接生地に裁断線を描いていく事のできるアプリ「Pattarina」をご紹介致します。


“AR(拡張現実)で直接生地に裁断線を書く事ができる、ハンドメイドで洋服を作る方にはオススメの「Pattarina」” の続きを読む

このEDCツールの機能をいくつ言い当てる事ができるのか?全部当てられたら貴方はEDCツール通です「TTOOL」

EDCツールのEDCとは”Every Day Carry”つまり毎日持ち歩くツールと言う意味であり、持っている事で様々な場面で持っていてよかったなぁ〜と思えるのがEDCツールです。
このEDCツールはスイスで生まれたアーミーナイフ(十徳ナイフ)が原型で、兵士が戦場で使うナイフやフォークやスプーン、缶切りと言った毎日使う食器を1つにコンパクトにまとめたのが始まります。

そして現在、様々な十徳ナイフや、今回紹介する「TTOOL」の様に1枚の金属板を切り出して様々な機能を持たせたEDCツールが存在し、趣味で集めていると言う方もおられるでしょう。

ところでこの「TTOOL」、一体何種類の機能があるか半分以上当てる事ができれば、貴方は立派なEDCツール通ですね。


“このEDCツールの機能をいくつ言い当てる事ができるのか?全部当てられたら貴方はEDCツール通です「TTOOL」” の続きを読む

あの一瞬で浮き輪を膨らます事ができる空気入れがバージョンアップして最強になった「FLUXBAG」

空気入れを使わずとも一瞬で膨らむエアソファーや、ビーチチェアーの様なものが2,3年前に登場してとても流行りました。
何せ空気入れを使って何十分もかけて苦労して空気を入れなくても、空気の取り入れ口を手に持ち風が吹いていなければ口を両手で大きく広げて走るだけで空気を一瞬で溜め込んで膨らませる事ができると言う画期的なものでした。
原理としてはシッポの部分を縛った”鯉のぼり”の口の部分を持って走ったら空気が入ってパンパンに膨らんで、エアクッションになると言う様な感じでしょうか。

それを空気入れとして応用したのが今回紹介する「FLUXBAG」で、既に市販化されているのですが、今回アダプターが増えて殆どのモノが膨らませる事ができる様になりました。


“あの一瞬で浮き輪を膨らます事ができる空気入れがバージョンアップして最強になった「FLUXBAG」” の続きを読む