トースターじゃないよ!!充電クレードル「foaster」

世の中、面白いガジェットを作る人はいるもので、まるでサン○ーレアモノショップで売っていそうな
充電クレードルがKicstarterで投資の募集を行っている。

見た目は本当にトースター。でも、パンは入れなくて、スマホの充電台なのだ。使い方は簡単で差し込むだけ。
タブレットを充電する時は、ポップアップレバー!?を下げると、左右に開いて、タブレットが挿せる様にスリット
が広がる。
スマホだけ充電するだけならレバーを上げてスリットを閉じておけばいい。

何かキッチンに置いておいたら間違ってパンを焼きそう(^-^;

“トースターじゃないよ!!充電クレードル「foaster」” の続きを読む

スマホとリンクして料理のサポートをしてくれるフライパン「SmartyPans」

世の中、何でもスマホとリンクしてスマホで操作できる調理家電製品が増えて来た

主な所では電子レンジ。湯煎調理器もKickstarterやIndiegogoで多数募集しているのを紹介しているが、
IHクッキングヒーターもスマホと連携して調理補助してくれるものも出て来た。

そして、今回紹介するのはフライパンだ。フライパンと来たら次は圧力鍋とか来そうだが……
スマホと連携するガスレンジも出て来るかも。既にガスレンジも温度センサーを搭載し、温度管理してくれる
ので、後はスマホと連携して火加減の調整をしてやれば……でも炎をコントロールするので危ないか….

余談はいいとして、このフライパン。温度センサーに湿度センサー、そして重量センサーを内蔵している。

“スマホとリンクして料理のサポートをしてくれるフライパン「SmartyPans」” の続きを読む

約270万ドルの資金を集めた近赤外線分光分析装置「SCiO」がindiegogoで再びキャンペーンを開始

あの約270万ドル、約3億円をKickstarterで集めたSCiO、近赤外線分光分析装置が再び、
indiegogoで募集を開始した!!
SCiOのページでは普通に$249で予約注文できるのに……開発資金が足りなくなったか!?

とりあえず、Kickstarterと同じ価格で募集を開始したので、この記事を執筆している時点なら
まだEarlyBirdは3人しかPledgedしていないので$149で投資可能だ!!

普通に買うのとその差、$100です

前回逃した方はどうかな?

募集中のページは↓になる
http://igg.me/p/940134/x/7929074

Kickstarterで募集していた時のページは↓
https://www.kickstarter.com/projects/903107259/scio-your-sixth-sense-a-pocket-molecular-sensor-fo

“約270万ドルの資金を集めた近赤外線分光分析装置「SCiO」がindiegogoで再びキャンペーンを開始” の続きを読む

靴の中に入れるインソールが万歩計!!「Digitsole」

万歩計と言うと、現在は3軸や6軸センサーを使ったものが主流だが、(安いものは未だにボールが入っていて
そのボールが移動してスイッチを押してカウント)センサーを使っているので、プログラム処理で歩数をカウント
している。なので、歩行や走行と似た動きをセンサーがすると、歩数をカウントしてしまう。まぁ、そこまで厳密に
カウントしなくてもよさそうなものだが、正格にカウントして欲しいと言う人も世の中にはいるだろう。

このソールはカカトの部分にピエゾンセンサーでも入っているのか?、カカトの部分に圧力が加わった時にだけ
カウントされる。なので故意に足踏みしたり、貧乏揺すりしない限り、正確に歩数をカウントしてくれると言う製品だ。

確かにカカトにセンサー入れて、カカトを踏んだ時にカウントアップすれば、加速度センサー使ったものより正確
だろう

“靴の中に入れるインソールが万歩計!!「Digitsole」” の続きを読む

全自動歯磨きマシン「CLEARsmile」

歯医者さんが考えた電動歯ブラシならぬ、全自動歯ブラシ!?
歯ブラシと言うよりは、、原理はマウスピースの様なアダプターを銜え、洗浄液をマイクロバルブにして送り出し
そしてバキュームで回収する。ブラシがあるわけではなく、洗浄液と水圧で洗い流すと言った方がいいだろう

つまり、洗浄液を歯とマシンとの間を循環させる事により、きれいに磨くのだ!!

プロモーションを見たとき、思わず大阪万博で見た人間洗濯機を思い出したが…..(と書いたら歳がバレるが)
まさにそんな感じで、マウスピースを銜えれば自動で磨いてくれる。

“全自動歯磨きマシン「CLEARsmile」” の続きを読む

溶けるバターナイフ「Heated Butter Spreader」

溶けるアイスクリームスプーンというものが私の周りで結構流行っている。
アルミ製で手の温度を伝達させ接触しているアイスクリームの表面を溶かして、
すくいやすくするスプーンだ。

手の温度を利用するので、ヒーター線も内蔵していなければ、電池も必要ない

それのバターナイフ バージョンが、Kickstarterで募集を開始した。電熱線が入った
タイプはネットで何度が見たことがあるが、これも手の熱の伝導で温めて切るので、
熱源は必要ない

またナイフなので、ピーナッツバターや、チョコレート、チーズなんかにも使えると
説明されている。

“溶けるバターナイフ「Heated Butter Spreader」” の続きを読む

Kickstarterで140万ドルを集めた360度撮影のカメラ「World’s Smallest 360 Full HD Camera」がindiegogoで募集を開始

Kickstarterで2ヶ月ほど前に投資の募集をしていたので覚えている方も大勢いるのではいかと思うが、
あの「World’s Smallest 360 Full HD Camera」が今度はindiegogoで募集を開始した。

追加資金が必要なのか!?とも思えるが、まぁ何にせよ、始まったばかりなので、EarlyBirdの枠は
タップリ余っているので、前回、悩んでいた人は今回、投資してみてはどうだろうか?

“Kickstarterで140万ドルを集めた360度撮影のカメラ「World’s Smallest 360 Full HD Camera」がindiegogoで募集を開始” の続きを読む

スマホで操作できてマクロも組めるArduinoベースの学習リモコン「AnyMote Home」

Arduinoで赤外線リモコンのレピーターや学習リモコンを作った事があるが、学習リモコンを作る場合、
コードをどうやって記憶させておくか、が1番の問題だ。特にエアコンの信号はボタンを押すと、設定温度
やモードを1つのボタンで送信するので、コードが長くなり、ArduinoのSRAMに格納するにも5個もコード
を学習すればいっぱい。外付けのMicroSDカードなんかに記録したりする事になるのだが…..結構大変だった。

この学習リモコンはBluetoothで端末とリンクし、アプリ側でコードを記録するので、メモリ制限がほぼない
(あるのだが、Arduino単体でやるよりかは、ずっと自由度が高い)

“スマホで操作できてマクロも組めるArduinoベースの学習リモコン「AnyMote Home」” の続きを読む

iPhoneやAndroid端末のバックアップができるUSBケーブル「bleep-Smart」

Indiegogoに何とも素晴らしいUSB充電ケーブルが現れた
一見、普通のUSBケーブル。でも実はメモリーとマイコンが搭載されており、このUSBケーブルを
スマホに挿すと自動的にUSBケーブルに仕込まれたメモリーに端末のデータのバックアップが
取られるのだ!!


“iPhoneやAndroid端末のバックアップができるUSBケーブル「bleep-Smart」” の続きを読む

「妖怪メダル零ラムネ」12種類フルコンプしました

先日、妖怪メダル零 ラムネをBOX買いしたと言う記事を書きましたが、
昨日めでたく!!「あせっか鬼」「化け草履」が出て、12種類フルコンプしました。*゜+ ヽ(*´∀`)ノ

20140826-175308.jpg

と言うワケで、このラムネには

 ・おにぎり侍
 ・から傘魔人
 ・万尾獅子
 ・ざしきわら神
 ・あせっか鬼
 ・泥田坊
 ・化け草履
 ・のぼせトンマン
 ・獅子まる
 ・うらや飯
 ・からみぞん
 ・のらりくらり

の12種類が入っています。

何か息子に言わせると、メダルの成形が2種類あって、枠がツルツルしていているものと、ザラザラしているものがあり、
それでゴーケツ族か何かそう言う種類がわかるらしい(あまり知識がありません(^-^;)

どちらにしても、BOXを1箱買えばフルコンプするようにできているようです。