Qiワイヤレス充電やAppleWatch充電まで可能は良いとこ取りのUSBマグネット充電ケーブル「Snapon」

AppleWatch5は常時点灯でありながら、普通の方であれば余裕でバッテリーは1日持ちますし、AppleWatch4でも余程のヘビーユーザーでない限り半日でバッテリーが切れてしまう様な事はなくなりましたが、それでもAppleWatch3以前のユーザーや長期旅行となると必然的に磁気充電ケーブルを持ち歩かなくてはいけません。

ただ、磁気充電ケーブルって結構高価なので、外出時に万が一、AppleWatchのバッテリーが切れた時の為にわざわざ磁気充電ケーブルを買われる方もいませんし、いつも定位置に置いている磁気充電ケーブルを外してバッグに入れ、そして帰宅後にまた元の場所に戻すと言うのも面倒な話です。

そこで今回はAppleWatchを使っている方にオススメなAppleWatchが充電できるマグネット充電ケーブル「Snapon」をご紹介致します。

“Qiワイヤレス充電やAppleWatch充電まで可能は良いとこ取りのUSBマグネット充電ケーブル「Snapon」” の続きを読む

車の運転中にAIで居眠りする前に運転を警告・防止するだけでなく、肌や眼を紫外線から守るサングラス「GLATUS」

みなさんは居眠り運転の経験はありますか?
自分は寝ているつもりはないのに、気が付くと意識を失っていたなんて事は長く生きていると誰でも経験する事です。
ただその時に何も事故がなければ良いのですが、ひょっとして、万が一と言う事が起こらないとも限りません。ですが、なかなか睡魔が襲い出すと窓を開けて外気を入れたり、音楽を大きなサウンドをかけたり、ガムを噛んだり、コーヒーを飲んだりしても、居眠りモードから脱出するのは不可能です。

とは言っても路肩や駐車場に停めて睡眠を取ると言う事が急いでいて時間的に不可能な時もあるでしょう。そこで今回は、そう言う居眠りを事前に察知して事前に警告するだけでなく、紫外線から肌や眼を守るサングラス「GLATUS」をご紹介致します。

“車の運転中にAIで居眠りする前に運転を警告・防止するだけでなく、肌や眼を紫外線から守るサングラス「GLATUS」” の続きを読む

サラリーマンの方必見!!ノートPCが瞬時に出し入れでき、移動中に充電も可能なキャリーバッグ「KABUTO CARRY-ON」

最近のキャリーバッグはただ荷物を入れて引いて移動するハコとしての役割の他に最新のテクノロジーと融合する事で驚くほど進化しています。
その1例として障害物を避けながら自動走行するキャリーで、今までの持って歩くと言う概念から移動すればキャリーが勝手に着いて来てくれると言う風に変化しています。

またそこまでハイテク化はしていなくても昔ながらの鍵やダイヤルロックから、スマートフォンで解錠できたり、指紋で解錠できたりするものも増えていますし、居場所を24H追跡できたり、それら装置を動かす為のバッテリーをスマートフォンも利用できる様にUSBコネクタをバッグの外側に設けるなど、バッグの中でも1番時代に合わせた進化をしているのがキャリーバッグです。

そんなキャリーバッグの最近の流行が脱着式のポケットです。このポケットにはノートPCやタブレットの様な大きなデバイスを収納する事ができ、そのままポケットをバッグの様に持ち歩く事ができる様になっていたりして、今回紹介するキャリーバッグ「KABUTO CARRY-ON」もベルトをつけてポケットだけを持ち歩く事ができるのですが、何と「KABUTO CARRY-ON」はポケットに入ったノートPCを移動中に充電する事ができるのです。

“サラリーマンの方必見!!ノートPCが瞬時に出し入れでき、移動中に充電も可能なキャリーバッグ「KABUTO CARRY-ON」” の続きを読む

直火NGなキャンプ場でも使え、寒い時期のキャンプにピッタリな設置してすぐ着火するキャンプファイヤー「Travelfire」

最近のキャンプ場は、火災予防の観点から直接地面の上に焚き木等を組んで火を燃やすキャンプファイヤーなどを禁止されている所が多く、寒い時期のキャンプでは暖を取る為にわざわざファイヤーピットやファイヤースタンド等の火を燃やす為だけのスタンドを持参しなければいけません。

ただオートキャンプで自動車で行くのでしたらピットやスタンドが1つ増えた所で運ぶのは自動車なので問題ないのですが、問題があるのは薪です。基本的に直火禁止のキャンプ場ではBBQ用の燃料として使われるチャコールや炭等は置いていたりする事もあるのですが、キャンプファイヤー用の薪は置いていないと思った方が無難です。

しかも薪は他の燃料と比べて燃焼が早いのでかなりの量が必要な上に、炭はチャコールは炎が上がらないので赤外線や遠赤外線の発する量が少なく、火の側にいてもあまり暖まれませんので、結果的に暖を取るのなら薪が1番と言う事になり、たくさんの薪をどうやって積んで行くのかと言う問題が起こります。

そこで今回は、薪を使わないキャンプファイヤー「Travelfire」をご紹介致します。

“直火NGなキャンプ場でも使え、寒い時期のキャンプにピッタリな設置してすぐ着火するキャンプファイヤー「Travelfire」” の続きを読む

$300から始める本格派の造形スピード70mm/s、積層ピッチ20μmのFDM方式3Dプリンター「Rose Go」

FDM(Fused Deposition Modeling/熱溶解積層法)方式の3DプリンターのみならずSLA方式であっても、造形物の解像度を左右するのは制御用のスティッピングモータです。
スティッピングモータと言うのは正確な位置決めができるモータでパルス波で制御するのですが、回転角(ステップ角)1.8°のスティッピングモータに10パルス入れたとするとキッチリと18°回って止まってくれると言うのが特徴で、FDM方式の3Dプリンターの様にノズルの位置を正確に動かし続けながらフィラメントを射出して行くプリンターにとってはこのスティッピングモータの解像度が造形物の仕上がりに大きく影響します。

またその他にも造形物の仕上がりを左右する要素はたくさんあり、ヘッドを動かした振動で3Dプリンターそのものが揺れては造形物も歪みますし、ベッドと呼んでいる土台の揺れも仕上がりに大きく影響しいかに静かにヘッドやベッドを動かすかなのですが、一般的にはヘッドの移動スピードを落として対処します。ところがヘッドの移動スピードを落とすと造形スピードが落ちて半日経ってもまだ出来上がっていない、1日経過しても出来上がっていないと言う事に繋がりますので、このあたりが相反する問題点となって来ます。

そこで今回は、$300ちょっと安価だけど、安くてやっぱり失敗したと言う事がないオススメ3Dプリンター「Rose Go」をご紹介致します。

“$300から始める本格派の造形スピード70mm/s、積層ピッチ20μmのFDM方式3Dプリンター「Rose Go」” の続きを読む

電圧AC/DC600V、電流10A、抵抗1MΩまで自動判定で計測可能な1chオシロスコープとしても使えるテスター「Pokit PRO」

テスターと言う中学校の理科の実験で使った、電圧や電流、抵抗を計測する測定器ですが、これは何も電気回路を測定する以外にも、一般的な生活の中で様々な瞬間に役立つ事がよくあります。

例えばテレビの電源を入れても付かない、なんて時にまずはテレビのコンセントまで電気が来ているのかと言った事を確認できますので、ブレーカーが落ちていただけで修理を呼んで無駄な出張費を払わなくて済みます。

またみなさんが日常的に使われているスマートフォンの充電ケーブル、これもネットで調べればどの端子がプラスでどの端子がマイナスかが分かりますので、充電されない時にケーブルに電気が流れる様になっているのかと言うテストに使えます。

また電池の残量が残っているのかどうかと言う事も電圧を測定すればある程度は判断できますので、そう言うテストにも使えます。

と言う様にテスターが1台ご家庭にあると何かと電気関係で困った時に原因を見つけ出す手助けをしてくれる優秀な道具で、今回はそのテスターにオシロスコープの機能を搭載した「Pokit PRO」をご紹介致します。


オシロスコープって?メリットは?


ところでテスターは何となく覚えているけどオシロスコープって何?、オシロスコープって知ってるけど何に使うの?使い方分からないと言う方が殆どだと思います。
オシロスコープと言うのは電気の流れを視覚化、グラフ化したもので、例えばコンセントは交流電源だと言うのはみなさんご存じだと思いますが、テスターで計測するとAC95〜110Vの範囲内で数値でしか表されませんがオシロスコープを使うとその変化する波を見る事ができるのです。

ですが波が見えても、それがどうなの?と殆どの方が思われるでしょう。ですがオシロスコープと言うのはその変化を表すと共に、波の変化する間隔(周波数)も自動計測して表示してくれます。

例えば子どもさんの持っているドローンがどうしても真っ直ぐに離陸せずに斜めに上昇して墜落する、なんて時に普通ならプロペラが悪いのかな?と思ってプロペラを交換しますが、それでも同じ様に斜めに上がったりホバリングさせても風も吹いていないのに横にスライドしたり、着陸したりすると言う様な症状が出た時にオシロスコープでモーターに流れる電気の流れを比較してみて、もし1つだけ他のモーターと波形が違う様な時にモーターが原因だと言う事が分かります(モータードライバーかもしれませんが)。
そう言う時にモーターの交換でまた元の様に飛ばせる様になれば、子どもさんはきっとお父さんの事を尊敬の眼差しで見てくれる事でしょう。

と言う様にちょっとした事に使えるのです。


初心者でも安心な自動計測


そしてこの「Pokit PRO」はテスターとオシロスコープの切替はありますが、電圧も電流も抵抗で、プローブ(電極)を計測したい回路や部品に当てるだけで自動判別して表示してくれますので、テスターの様にプローブをどの端子に差して計測すればよいのか分からないと言う事もありませんし、プローブをテスターに差し込む端子やレンジを間違ってしまいテスターを壊すと言う様な事もありません。

また測定データはメモリーする事ができますので、例えばこの「Pokit PRO」はみなさんが使っているスマートフォンをモニター代わりに使う様になっているのですが、スマートフォンの画面を見ながら計測できないと言う様な時も、とりあえずプローブを当てて計測した後にログを見る事で検査結果を見る事ができるので便利です。


プローブ一体型で持ち運びに便利


またこの「Pokit PRO」はプローブ一体型のテスター兼1chオシロスコープで、マイナス(アース)側の線も検電器の様に一体化され巻き取り式になっていますので持ち運びにも便利ですし、この「Pokit PRO」だけをポケットに差し込んで移動する事もできます。

また分電盤の中や車中の暗い場所で計測ポイントを探す様な時に便利なプローブが向いている先を照らし出すLED照明等も内蔵しており、両手が塞がっていてどうしようもない様な状況でも計測に困る事がない様によく考えられていますので、もし興味を持たれた方は詳細につきましては下記URLをご覧ください。

https://www.kickstarter.com/projects/pokitmeter/pokit-pro

世界最強の破れないパンストを生んだSheertexから作られた防臭性がウリのニットシューズ「Sheertex Shoes」

”Sheertex”と言う独自開発のポリマー素材から作られた生地から作られたパンストは、鋭利なもので引っ掻いても電線する事がないだけでなく、大人の大柄の女性が全体重をかけてぶら下がっても破けず、しかもハサミを入れて切ろうと思ってもどうやっても切れないくらい非常に強固なスチールの10倍もの強度を誇る最強のパンティーストッキングとして有名です。

そんな最強の強度を誇るパンストに使われている”Sheertex”には、抗菌性を持ちバクテリアの繁殖を抑制して臭いの発生を防止します。
また疎水性も合わせ持ち、繊維では有り得ない水の吸収率がほぼゼロなので、水や湿気に強く洗濯しても水を吸わないので膨潤によって強度を失う事がありません。
そして温度伝導性にも優れ、夏などは体温を吸収してすぐに大気に放熱するので以外なほどに夏はクールなど、パンストが持つ欠点、難点を全て解決したパーフェクトなパンストなのです。

その”Sheertex”を使い靴にしてしまったのが今回紹介しますニットシューズ「Sheertex Shoes」です。


地下足袋よりも快適な履き心地の「Sheertex Shoes」


この「Sheertex Shoes」は地下足袋と同じ様に、靴下に靴底(ソール)をひっつけた様な構造(地下足袋は足袋の足裏にゴムを塗っただけのものですが)になっていますので、履き心地は靴下を履いた状態で絶対に脱げない草履を履いた様な感じになります。
その為、この「Sheertex Shoes」は普通の靴とは違い靴下をイメージしてもらった方が良く、よく伸縮して足にフィットしますのでまず靴擦れ(靴擦れは靴との摩擦で皮膚が炎症を起こす事で起こり、この「Sheertex Shoes」は足にフィットして動かないので擦れて炎症が起こる様な事がない)がありません。

しかも”Sheertex”そのものに抗菌性がありますので、裸足で「Sheertex Shoes」を履き汗をかいても、その汗は普通の靴よりも早く外気へ放出される他、抗菌性により臭いの元となる菌が繁殖しませんので、夏場に1日素足で履いた後でもリアルに臭わないので、いつも足の臭いが気になっている方には効果絶大です。


洗う必要性なし


しかも”Sheertex”は疎水性も合わせ持っていますので、水たまりに誤って入ってしまって泥飛沫を上げてしまったとしても汚れがつかないばかりか、泥水も弾きますので、雨の日、雨上がりの日に足下を気にせず歩ける他、もし汚れたとしても弾いてしまうので洗う必要もありません。
もし跳ねた砂や土が残った場合は、流水で洗い落とせば綺麗に落とせてしまいます。

そんな耐環境性の高い「Sheertex Shoes」は色は黒と白が用意され、サイズは男女別で男性用はUSサイズで8〜14,女性用はUSサイズで5〜11まで用意されていますが、ある程度伸縮しますので1サイズ刻みのラインナップとなっていますので、もし興味を持たれた方は詳細を含めて下記URLをご覧ください。

https://www.kickstarter.com/projects/sheerlygenius/the-sheertex-knit-shoe

ない時に安心!!財布のカードポケットに入ってしまう超コンパクトに折り畳めるEDCカラトリーセット「GoSun Flatware」

コンビニやスーパーなどで配るプラスチック製レジ袋が来年4月から有料化されるのはもう既定路線になりつつあるだけでなく、今まで数円で買えていたレジ袋が法案施工によりエコバッグ等の利用を推進する為にレジ袋の値上げ等も考えられている等、我々も利便性よりも環境に対してもっと目を向けなくてはいけない時代に入って来てしまっているのかもしれません。

そんな中、プラスチック製品で考えるとコンビニやスーパーでお弁当やアイスクリーム等を買った時にもらえるプラスチック製の使い捨てのスプーンやフォーク等も、ひょっとすると対象になって来るかもしれません。

ただ幸いにも私達には”箸文化”があり、フォークは完璧で箸で代用する事ができますし、スプーンを使う様なものもスープの様な飲むものでなければ、カレーも頑張れば箸で食べられるかもしれませんが、ちょっと食べ辛いですよね。

そこで今回は、携帯性に優れ再利用可能なフォークとスプーンのセット「GoSun Flatware」をご紹介します。

“ない時に安心!!財布のカードポケットに入ってしまう超コンパクトに折り畳めるEDCカラトリーセット「GoSun Flatware」” の続きを読む

カットした材料をこぼさずに別な容器にスムーズに移動させる事ができるフードスクイーパー「ScooperDuper™」

まな板の上で材料を切った後、まな板を片手で持ちながら傾け、そしてもう片方の手に持った包丁でカットした材料を誘導しながらボールや皿、鍋やフライパンに移すと言う作業をする時によく起こるのが材料の意図しない落下です。
3秒ルールで大丈夫、とそのまま目立って汚れがついていたりしなければ戻してしまったりしますが、結構な量のみじん切りした材料を落としてしまったりすると拾って掃除するのも大変です。

ただカットした量が多いといくら注意して移動させてもまな板を傾けて移動させても、包丁の側面に乗せて移動させても、落下させてしまう確率はどちらも高く高くなります。
そこで今回は一切落下させずにカットした材料をまな板から容器に移し替える事ができるフードスクイーパー「ScooperDuper™」をご紹介致します。

“カットした材料をこぼさずに別な容器にスムーズに移動させる事ができるフードスクイーパー「ScooperDuper™」” の続きを読む

細かい事を気にせず、初心者でも簡単に一定の味を出す事ができるカクテルシェイカー「Elevated Craft Cocktail Shaker」

カクテルってただグラスに材料を入れてマドラーでかき混ぜても、よく知っている、いつもバーで飲んでいるカクテルの味にはならないって知ってましたか?
あのバーテンダーがスタイリッシュに振っているカクテルシェーカーってパフォーマンスではなく、美味しいカクテルを作る為に振っており、氷を入れて振る事で、氷がシェイカーの中で踊る事で材料が均一に混ざり、あのいつものカクテルの味になるのです。

そして美味しいカクテルを作るには2つの要素があります。1つは同じ味を出す為にはしっかりと材料を計量して入れる事と、そして手の熱でシェイカーの温度が上がらない様に指先だけで支えて持つ、あの持ち方をしなければ一定の味は出す事ができません。

ただ自宅のパーティー等ではワイワイと楽しく、美味しいカクテルが飲めれば良いと思いませんか?
でもせっかく練習して気合いを入れたカクテルですから、ちょっと”えっ!!これバーで飲んだのと同じ味じゃん”、なんて事も言って欲しいですよね。

そこで今回は、全くカクテルを作った事がない方でも、最初から美味しいカクテルの味が出せるカクテルシェイカー「Elevated Craft Cocktail Shaker」をご紹介致します。

“細かい事を気にせず、初心者でも簡単に一定の味を出す事ができるカクテルシェイカー「Elevated Craft Cocktail Shaker」” の続きを読む