忘れ物防止タグが進化!!相互通信するBluetooth4.2内蔵タグ「trakkies」

忘れ物を防止、忘れても見つけるのに役立つFind It!!タグこと忘れ物防止Bluetoothタグですが、この1年くらいで急速にたくさんの種類が販売されるようになって来ました。Bluetoothタグの良いところはスマホにアプリを入れてスマホとペアリングすればすぐに使える所です。カギや財布と言った失っては困るものに取り付けておけば、もし見つからなくてもスマホからタグを呼び出せば鳴りますし、電波強度を使って探す事も可能です。反対にタグから見つからないスマホを鳴らして見つけると言った事もできるのですが、欠点があるとすればアプリの作り方にもよりますが、センサーの感度を良くするとバッテリーの消費が激しいことだ。感度を悪くするとバッテリーの持ちは良くなるが、今度は反応が鈍くなる。タグが電波到達範囲から外れてかなり経過してからスマホがアラートを出したりと言った不具合もある。またタグを探す時も正確な方向はわかり辛いのでクッションの下等にあればタグを鳴らしても音が鳴らなかったりして探すのにとっても苦労するのだ。

そんな欠点を全て補ったBluetoothタグが「trakkies」だ。

Bluetooth4.2モジュール搭載

おそらくBluetooth4.2モジュールを積んだBluetoothタグはこれが初めてではないかと思う。まだ事にに入って発表された規格であるのでまだまだ採用された製品は少ないのだが、4.2になって何が変わったかと言うと、更に省電力になったと言う事と、通信スピードがすごく早くなったと言う事。更にIoTを実現させるのにBluetoothモジュール同士が相互に相互接続できるようになった事だ。この「trakkies」はそんな4.2の技術をフルに使っている。

どう使っているのかと言うと、このタグの電波の有効到達距離はBluetoothで70mなのだが、更にそれより離れているタグも70m以内にいるタグと繋がる事により本来は電波到達距離の範囲外のタグでも位置情報が得られるのだ。また複数タグがあれば三角測量を行い、正確な場所を知る事ができる。今まではタグとスマホが1対1でしか繋がらなかったので、タグを探すにもFOXハンティングの様にスマホをあちこに向けて探すしかなかったが、このタグはそう言う事をしなくても良くなっている。更に加速度センサーを内蔵しているので、GPSが届かない所でもセンサーで移動距離を計算する事ができるので、室内でもかなり正確に位置情報をトラッキングできるのも特徴だ。

タグは2種類

「trakkies」には2種類のタグがある。
「trakkies.micro」は9軸の加速度センサーにRFモジュール(RFでタグ同士通信する事により更に省電力設計になっており、更にタグ同士は180m離れていても通信できる)に温度センサーが内蔵され、約18ヶ月の連続稼働が可能。
「trakkies.tagg」は6軸の加速度センサーを内蔵し8ヶ月の連続稼働が可能。

microの方が精度も高いし機能も上なので、ものすごく大事なものはmicro、それ意外はtaggと言った使い分けができる。更にタグの登録にはNFCチップが内蔵されているのでNFCで登録するかQRコードを読み取って登録できるので登録作業も容易になっている。

またタグは防水構造になっているので雨に濡れるくらいは大丈夫になっています。

タグは他のFindIt!!タグでもあるように、家族や友人同士で共有する事も可能だ。この共有機能は探す時に結構役立つのだ。無くした時はみんなで探せば早いのと一緒で、タグも共有しておけば一人で探すより大勢でスマホ片手にウロウロすればすぐに見つける事ができる。

更なる詳細は下記URLをご覧ください

https://www.kickstarter.com/projects/trakkies/trakkies-proactively-helps-you-not-to-forget-your

また英語が苦手だったり、直接投資するには不安がある。輸送トラブルや届いた商品が破損していたり動かないんだけど、どうしたらいいのだろ?
と言う不安がある方は、下記URLのRAKUNEWさんがオススメです。
商品の破損やトラブルに関しても直接、RAKUNEWさんが販売元と交渉して頂けますので安心ですよ♪
RAKUNEWさんの商品紹介ページは下記になります

https://www.rakunew.com/items/71372

チタン製のドライバー キーチェーン「Titanium Pocket Bit」

あなたはドライバーがなくて困った経験ってありませんか?外したいのに外せない、締めたいのに締められないと言う経験は誰もが経験した事だと思います。
例えば小さい子ども用の電池を使うタイプのおもちゃの電池ボックスに蓋は必ずネジ止めされていますよね。そのネジを外して電池の交換をしなければならないのですが、そう言う時に限ってドライバーがどこへ行ったのかわからないんですよねぇ~。そして家捜し、なんてパターンはよくある事です。
ちゃんと決めた所に置いていても、ついつい使ったままどこかへ置いてしまうって事もよくあります。そんな時にいつも使っていて無くした事のないものにドライバーをつけておけば絶対に大丈夫ですよね。この「Titanium Pocket Bit」はビットに穴が開けられており、その穴にキーリングを通す事ができ、そのままキーチェーンへ取り付ける事が可能です。なのでカギの束に一緒に取り付けておけば無くすと言う事はありませんよね。

“チタン製のドライバー キーチェーン「Titanium Pocket Bit」” の続きを読む

スマホも充電できてエンジンもかけられるLED懐中電灯「Vis Tiger」

これから夏を迎えますが、暑いから停車中にずっとエンジン回したまま冷房をつけていてバッテリーが上がってJAFのお世話になった、って事はありませんか?我が家では子どもの悪戯で室内灯つけっぱなしで、外出先でバッテリーが上がっていてJAFのお世話になった事が1度だけあります。JAFに入っていればいいのですが、JAFに入っていないとその作業工賃って高いですよね。そんな時にジャンプスターター(エンジンを始動するだけの電流が流せるバッテリーのこと)があれば便利ですよ。電源がなくても内蔵のバッテリーだけでエンジンをかける事ができます。

でもこの「Vis Tiger」は基本機能はLED懐中電灯。それにジャンプスターターの機能がついているのです!!まさに一石二鳥なガジェットです。

  “スマホも充電できてエンジンもかけられるLED懐中電灯「Vis Tiger」” の続きを読む

自動で色や明るさが変わるLED電球「Silk」

LED電球も様々なタイプのものが発売されています。実用的なものから演出重視な1600万色出せるLED電球等々あります。ただLED電球と言うと、電球色か昼光色と言った電球や蛍光灯と同じ様に単色のものが多いのですが、たまに色を変えたいと思った事はありませんか?例えば昼光色の照明を使っていて眼が疲れて来たので電球色に変えたいなぁ~とか。確かに電球色は暖かみのある色で目に優しい色って感じですし、昼光色はハッキリ見えるので、料理の見栄えが良くなったり勉強したりする時は便利ですよね。LEDシーリングライトで高価な製品は電球色から昼光色まで色を変える事ができるものもありますが、LED電球ではそう言う製品はありませんでしたよね。

ですがこのLED電球「Silk」は色が変えられるのです。しかも自動で!!

“自動で色や明るさが変わるLED電球「Silk」” の続きを読む

ジャラジャラと鳴るカギの束をきちんと整列させる「MagKey」

あなたのキーチェーンにはいくつのカギがついていますか?カギの束って男の人だとズボンのベルトループに引っ掛けたり、女性だとバッグの中に入れたり肩紐に引っ掛けたりと言う事が多いかと思いますが、カギが多くなればなるほどガチャガチャ鳴って喧しいですよね。そしてカギが動く事によって一緒につけているキーホルダーがカギと擦れて色が剥げて来たり、カバンにつけていたらカギの当たる所が剥げて来たりとあまりカギを野放しにするのは良くないですよね。ちゃんとキーケースを使っておられる方もおられる方もおられるかと思いますが、出し入れが面倒なのでたいていは剥き出しでキーリングにつけていますよね。

そんなガチャガチャ言うのを防止しコンパクトにカギをまとめてくれるのが「MagKey」です。


“ジャラジャラと鳴るカギの束をきちんと整列させる「MagKey」” の続きを読む

4通りのかけ方ができるボディーバッグ「URBAN PACK」

あなたは手持ちバッグにいっぱいガジェットを詰めて歩く派!?それとも小型のボディーバッグに最低限度のものだけ入れる派!?それともバッグは持たずにポケットに入れる派ですか?
私はポケットに何でも入れてバッグは持ち歩きたくない派なのですが、そうもいかずボディーバッグに財布とモバイルバッテリーにポケットWiFi、iPad miniにUSBメモリー等を入れて持ち歩いているのですが、できれば10インチiPad程度は入るボディーバックが欲しいなぁ~と思っているのですが、大きさ、デザイン、携帯性を考えるといまひとつ気に入ったものがなく……と思っていたら出会いました!!一目惚れです!!「URBAN PACK」に

“4通りのかけ方ができるボディーバッグ「URBAN PACK」” の続きを読む

エアバックみたい膨らむ自動車用自転車キャリー「TrunkMonkey」

季節も良くなって来てサイクリングをするのには良い季節となって来ましたが、あなたは自転車で走ったりする事は好きですか?人によっては自宅から自転車に乗ってサイクリングに出られる方もおられますでしょうし、自転車を折りたたんで電車やバスで行楽地まで行くかたもおられるでしょうし、マイカーのルーフやリアハッチにキャリアーを取り付けて運ばれる方もおられるでしょう。

でもルーフキャリアーに自転車を固定して走っている車の後ろを走るのって嫌ではありませんか?特に高速道路でそう言う光景を目にすると、いつ紐が緩んで飛んで来ないかとヒヤヒヤするのは私だけでしょうか?また後続車がヒヤヒヤするだけではなく、特にルーフに自転車を固定する事により風の影響や、自転車の重さを自動車が受けて運転するにはちょっと危ないですよね。

ならって事でリアキャリアをつけて自転車を積んでおらる方もおあれますが、リアに取り付けると、車の構造でハッチバック式の車のトランクからの荷物の出し入れって、自転車が邪魔で出し入れし辛いですよね。そこでこの固定式ではない自転車用キャリアー「TrunkMonkey」が大活躍する事間違いなし!!

  “エアバックみたい膨らむ自動車用自転車キャリー「TrunkMonkey」” の続きを読む

スマホでUV計測や天気予報ができる「Weather Point2.0」

5月に電源フリーで3.5mmジャックに挿して気温、湿度、気圧、そしてUVが計測できる「Weather Point」のへの投資の募集が、仕様変更で中止されたのだが、再び「Weather Point2.0」として募集を始めた。

「Weather Point」のページはこちら
https://www.kickstarter.com/projects/weatherpoint/weather-point-the-worlds-smallest-weather-station

日本ではWeathernewsとXバンドレーダーアプリを入れておけば、天気はほぼ網羅できると言っても過言ではない。Weathernewsに至っては天候が変わったりすると通知して教えてくれるのでとても便利なのだが、それは通信環境がちゃんとしている所での話しである。場所やキャリアによっては電波が届かない所もあり、特に山での天候の急変は命取りになる可能性もある。そんな時に役立つ頼もしいアイテムがこの「Weather Point2.0」だ。しかも3.5mmジャックに挿して使用し、スマホから動作用の電源はもらうので電源はいらないので、バッテリーがなくて計測できないと言った困ったことも起きないのがこの「Weather Point2.0」の良い所だ。

“スマホでUV計測や天気予報ができる「Weather Point2.0」” の続きを読む

計算しないと現在時刻がわからない壁掛け時計「Albert」

世の中に面白いもの役に立つのか?立たないのか?よくわからないもの、色々なものが溢れていますが、時計でも特に目覚まし時計の分野では様々な”いかに寝ている人を起こすか!!”と言う事を追求した時計が数多くありますよね。
この「Albert」は普通の壁掛けのデジタル時計なのですが、ちょっと。。。。。いや、かなり変わっているのです。どう変わっているのかと言うと、普通は時間を知ろうと思えば、時計を見れば現在時刻がわかりますが、この「Albert」は数式が表示されていて、その問題を解かないと現在時刻がわからないのです!!

これは四則計算が苦手な子どもにとっては良いトレーニングになるのではないでしょうか?

“計算しないと現在時刻がわからない壁掛け時計「Albert」” の続きを読む

スマホやタブレットで車両の情報が見れるODBIIアダプター「Kiwi 3」

あなたは車を運転していてチェックエンジンランプが点灯してドキドキした事はありませんか?
チェックエンジンランプは通常、エンジンを型取ったアイコンですが、これがエンジンが回っている際に点灯すると言う事は何かしらエンジンに異常が出た事を知らせています。走行に支障のないトラブル(O2センサーが切れただとか)であればいいのですが、それをそのまま放置するとエンジントラブルで走行中に動かなくなったりと言う事にもなりかねません。運よく、乗っている車両のディーラー等があれば診てもらえますが、高速道路を走行していたりするとわざわざ高速道路を下りて診てもらうなんて事はあまりやりませんよね。

そんな時に役立つのがODBIIアダプター(ELM327アダプタとも言う)です。1996年以降に発売された車両であればこのコネクタを必ず装備していますのでどんな車にでも装着可能です。また故障診断以外にも車両の各種情報がこのコネクターからは取れ、その情報を表示するアプリも色々とありますので、見ているだけで楽しくなりますよ。

“スマホやタブレットで車両の情報が見れるODBIIアダプター「Kiwi 3」” の続きを読む