十間程度なら水没させてもQiワイヤレス充電が可能な厚さ4.2mmのモバイルバッテリー「CYON」

Qiワイヤレス充電が標準装備されているスマートフォンが増えた今、ケーブルを接続して充電する事が面倒ではないにしても、できれば置くだけで充電できる方が楽です。

ただこれが外出先となると話は別です。ワイヤレス充電は充電器とワイヤレス充電に対応した充電器を密着させておかなければ充電する事ができません。つまり、外出先ではスマートフォンとモバイルバッテリーを抱き合わせておかなければ充電する事ができませんので、スマートフォンを使いながら充電も同時に行うと言うのが、モバイルバッテリーの大きさや形状によっては、きついものもあります。

そこで今回は、使いながら充電し易いワイヤレス充電モバイルバッテリー「CYON」をご紹介致します。


厚さ4.2mmのモバイルバッテリー


このQiワイヤレス充電に対応したモバイルバッテリー「CYON」は、大きさ9.5×10.5×4.2mmで5,000mAhと7,000mAhの2容量タイプのモバイルバッテリーが用意されているのですが、1番特徴的なのは厚みです。
このモバイルバッテリーは厚みがたった4.2mmしかない為にスマートフォンと重ねて持って使用するにはほぼ支障ない大きさと言えますし、もちろんワイヤレス充電しながら使用する事も問題なく出来ます。

しかもこの「CYON」は防滴構造となっている事で水没させても一定時間であればバッテリーの充電端子カバーから水分が侵入すると言う事はありませんので壊れませんし、推奨はされませんが水没させた状態でワイヤレス充電する事も可能なのです。


充放電対応バッテリー


そしてこの「CYON」にはQiワイヤレス充電台が標準で付属しているのですが、この「CYON」はもちろんスマートフォンを充電する事ができるのですが、その他にこのモバイルバッテリー「CYON」もワイヤレス充電を行う事ができるのです。

つまりこのモバイルバッテリー「CYON」の中には受電用と送電用の両方のコイルが内蔵されており、モバイルバッテリーそのものも同時にワイヤレス充電する事ができるのです。
更に、モバイルバッテリーを充電しつつモバイルバッテリーでスマートフォンを同時充電する事ができるのです。


有線での充電にも対応


そしてこの「CYON」にはワイヤレス充放電の機能の他に、有線での充放電にも対応しています。
充電は最大7W(5V/1.5A)で充電が行える他、放電と言うかスマートフォンやUSBモバイルデバイスの充電はQuickCharge3.0に対応しており3.6V〜5V/1A、ないし15W(9V/1.7A)で有線で充電する事ができますので、もし興味を持たれて詳細をご覧になりたい方は下記URLをご覧ください。

https://www.kickstarter.com/projects/-cyon-/cyon-a-must-have-travel-size-wireless-power-bank

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です