ハイキングやトレッキング以外にもエコバッグとしても使える重さたった363gのナップサック「VEER 18」

みなさんも遠足や社会見学等に学校から行く際にナップサックと言ってペラペラの生地で作られたリュックサックを使った事があるかと思いますが、ナップサックはクッション性が一切ない分、軽いと言う特徴があります。
ですからたくさん歩き回るので極力重さを減らしたいと言う様な時にはナップサックはベストなチョイスですが、普段使うにはベルトも細くクッション性がないので、重いものを詰め込むとベルトが肩に食い込んで痛かったり、タブレットやノートPC、その他ゴツゴツとした硬いものを入れていると歩く振動で背中に角が突き刺さったりして痛かったりと、デメリットもあります。

ただ布1枚で作られていますのでコンパクトに折り畳む事ができますので、たくさん買物をして荷物が増えた時の為にバッグの隅に折り畳んで常に入れておくと言う使い方もできます。

そこで今回はナップサックでありながらクッション性がないと言う欠点を”ProtectAir”テクノロジーと言う独自技術によって解決した最強のナップサック「VEER 18」をご紹介致します。

“ハイキングやトレッキング以外にもエコバッグとしても使える重さたった363gのナップサック「VEER 18」” の続きを読む

モバイルバッテリーを使い、たった90秒で膨らむエアソファー「AirThrone」

一昨年の夏、ビーチやプールでは”鯉のぼり”の様な形状をした円筒形の筒状の袋を振り回すだけで膨らませるエアクッションが流行ったのを覚えておられるでしょうか?
それまで一生懸命、足踏みポンプ等で何十分もかけて膨らませていたエアクッションが、一瞬で膨らませる事ができるのですから荷物も手間も減り爆発的に売れたのですが、昨年の夏は殆ど見かけなかった様な……

その1つの要因として風がないとパンパンに膨らませるのには無理があると言う事です。
いくら手で口を広げて走っても膨らませても、空気を閉じ込める為に口を縛るまではさすがに走ったままで閉じ辛いので止まりますので、止まっているその間に空気は抜けて行って萎んでしまいます。
そうするとクッション性が悪くなるだけでなく空気の抜けも早くなり、結構短いスパンで同じ様に走って空気をためて膨らませると言う作業を1日のうちに何度も行わなくてはなりません。

そこで今回は更に進化して送風用のファンが付属したエアソファー「AirThrone」をご紹介致します。


“モバイルバッテリーを使い、たった90秒で膨らむエアソファー「AirThrone」” の続きを読む

ペラペラなのに背負うと痛くない!!手のひらサイズに圧縮できるエア注入式バックパック「Air Pack」

ナップサックの様なペラペラの生地のバッグは、エコバッグにしても小さくコンパクトに畳めるので、何か荷物を持って帰って来ないと言う時に携帯するのにはとても便利です。

ただ欠点としてはナップサックは生地が薄くクッションが一切ない為に、中に入れた荷物が硬くて重いと、ベルトが肩に食い込み、更に歩く振動に合わせてナップサックの中の荷物も揺れ、それがボディーブローの様に身体に打ち付けて非常に痛い思いをします。

だからと言ってクッション材を入れると厚みが出て痛い思いをしなくても良くはなりますが、折り畳んでも圧縮性が悪くなり携行性が失われてしまいます。

そこで空気の力を借りてペラペラの圧縮性は維持したまま、クッション性を飛躍的に向上させて硬くて重い荷物をたくさん詰め込んでも痛くない様にしたバックパック「Air Pack」を今回はご紹介致します。


“ペラペラなのに背負うと痛くない!!手のひらサイズに圧縮できるエア注入式バックパック「Air Pack」” の続きを読む

肩に食い込むベルトをエアーの力で劇的に減らし負担を少なくするエアクッションストラップ「JFT Straps」

小学校から高校生の子どもさんをお持ちの親御さん、子どもさんが毎日持って行くバッグを持ってみた事がありますか?
持ってみた事のある親御さんはきっとその重さにビックリされ、小学生でも当たり前の様に腰痛や肩凝りを発症する事が当たり前になっている事に納得されたはずです。

と言いますのも、最近の学校のテキストはA4サイズを基本として大判化している上に、副教材も増え、鳴り物入りで始まった”ゆとり教育”も終焉を迎えて教科書も分厚くそして冊数も増えた上に、毎日そのテキストやノートを持ち帰りしなければならなくなっています。
ただ一部の学校(超名門の進学校でも)では今でも”置き勉”と言って教科書を学校のロッカー等に置いて帰る事を暗黙の了解で認めている学校もありますが、学校によっては盗難防止の為に傘一本置いて帰れない様になっており、6時間や7時間分のテキストやノート、それにプラスして部活の荷物となるとその総重量は10kgはおろか、20kgに達する子もいるはずです。

そんな荷物を毎日背負ったり肩にかけたりして登下校しているのですから、身体がおかしくならないワケはありません。そこでその身体にかかる負担を少しでも低減してくれるエアクッションストラップ「JFT Straps」をご紹介致します。


“肩に食い込むベルトをエアーの力で劇的に減らし負担を少なくするエアクッションストラップ「JFT Straps」” の続きを読む

キャップを揺るめるだけで勝手に膨らむエアクッションケース「Scrubba air sleeve」….エア枕にもなるよ

みなさんは嫌な予感が的中したって事はありませんか?例えば今ならボディーが全面ガラスに戻った”iPhone X”を落とせばAppleCareに加入していたとしても修理費は高額になるので、落としたくない、落としたくないと思っていたのにも関わらずついつい間が差して手から滑り落ちて蜂の巣だらけ…….とう言う経験を既にしてしまった方もおられるのではないでしょうか?
それは何もスマートフォンだけに限った事だけではなく、iPadにワイヤレス充電が採用されれば同じ様な事になりますし、MacBookだっていつワイヤレス充電化されて本体がアルミダイキャストからガラス筐体へ移行するかもしれませんので、それこそ落とすなんて事は今以上にできませんし、今でも落とせば凹みますし下手をすればモニター部分に亀裂が入って修理って事にもなりかねません………..

そんな落とす事が恐いと言う方に落としても大丈夫なタブレット、ノートPCケース「Scrubba air sleeve」を今回は紹介致します。


“キャップを揺るめるだけで勝手に膨らむエアクッションケース「Scrubba air sleeve」….エア枕にもなるよ” の続きを読む