空調が苦手な貴方に超オススメな、ブランケットinトラベルピロー「pillow」

トラベルピローと言えば、首に巻き付けるタイプのものが主流ですが、最近ではエルゴノミックデザインとでも言いますか、使う方が心地よく眠る事ができる工夫が施されたトラベルピローが増えています。
一般的に首に巻き付けるU字型のトラベルピローは首が長いと頭を支え切れずに首が斜めを向いてしまう事で首の筋肉を伸ばしてしまい、首の筋肉が動かない=首が回らないと言う事態になる事がよくあります。
そしてもう1つトラベルピローのUの字に空いている部分はたいてい喉元に来るので、予期せぬ振動等で首か下垂(下を向く)してしまうとそれも首の筋肉を痛める原因となります。

ですから最近のエルゴノミックデザインのトラベルピローは首だけでなく頬や頭までもスッポリと覆って支える様なタイプのものも出て来ており、しっかりと頭を真っ直ぐな状態、一番寝やすい方向で固定してくれますので、狭い機内でも割と快適に寝る事ができる様になっています。

そして今回紹介するトラベルピロー「pillow」はそう言ったエルゴノミックデザインになっているだけでなく、何とトラベルピローの中にブランケットまで仕込まれているのです!!
“空調が苦手な貴方に超オススメな、ブランケットinトラベルピロー「pillow」” の続きを読む

長時間背負い続けても疲れない、エルゴノミックデザイン・バックパック「JAY」

みなさんはバックパックのショルダーストラップ(肩ベルト)についている”チェストストラップ”と言う胸を左右に横断する形で締めるベルトや、腰の回りに巻き付ける”ヒップベルト”が何故ついているのかご存じですか?
実はこれは単なる飾りではなく、どちらもバックパックを背負い移動した時の身体にかかる負担を軽減する為についているベルトやストラップなのです。

では何故、ベルトやストラップでバックパックを固定すると負担が低減するのでしょうか?それはバックパックをしっかりと身体に密着させる事ができるからです。
ベルトやストラップと言った固定する為の装備を持たないバックパックは身体の揺れにシンクロして肩にかかっているショルダーベルトを支点として前後に移動します。そして移動するのに合わせてバックパックの重心が身体から離れたり近くなったりし、それに合わせる形で身体を前傾させたり後傾させたりしてバックパックの重心が身体から離れない様に(離れれば離れる程、後ろへ引っ張る力が強くなり後ろに倒れてしまう可能性が出て来ます)しますので、その分運動量が増えて筋肉疲労が増えます。

そして今回紹介するバックパック「JAY」はバックパックを固定するベルトの他に更に負担を減らす工夫が施されていますので、長時間重い荷物を入れて歩き回ってもその疲れは他のバックパックの比ではないのです。


“長時間背負い続けても疲れない、エルゴノミックデザイン・バックパック「JAY」” の続きを読む

落とし辛さを研究し尽くしたエルゴノミックデザインBluetooth5イヤホン「HYPHEN」

AirPodsが登場するまでのワイヤレスイヤホンと言うと技術の進歩と言う面もあるのですが、カナル型と言って耳の穴に差し込み、イヤーパットが耳の穴の中で広がり耳の中の壁を押しつける圧力で抜け落ちない様にしたり、メガネのツバの様に耳に引っ掛けるフックで引っ掛けたりする必要があったりと、長時間装着していると耳に不快感を覚えるものが大多数を占めていました。
ところがAirPodsの登場によりAirPodsの様に軽ければ(AirPodsは片耳4g)耳たぶの所の”対珠(たいじゅ)”と呼ばれる部分に引っ掛ければ激しく動いても落ちないと言う事が分かり、AirPods似のワイヤレスイヤホンが本当に数多く売られています。

ただそんなAirPodsも万能ではなくマレに”対珠”がない方や、袋と言うか窪みが浅い方もおられ、そう言う方は電車やバスに乗り遅れるとちょっと駆け足しただけでポロッと落としてしまいます。

そこで、あらゆるパターンの耳の構造を分析し、落ちない構造を見つけそして形にしたエルゴノミックデザインBluetooth5イヤホン「HYPHEN」を今回はご紹介致します。


“落とし辛さを研究し尽くしたエルゴノミックデザインBluetooth5イヤホン「HYPHEN」” の続きを読む

荷物の量に比例して中も外も容量を拡大できる多機能バックパック「THE WPRT MODULAR PACK」

バックパックは重心が下がれば下がるほど、身体から遠くなればなる程、その重量以上の負荷が身体に重くのしかかり、疲れを倍増されたり、身体のあちこちに支障を来します。
ですからバックパックはできるだけ、バックパックに取り付けてある肩ベルトのバックパックとの付け根(接続部分)が肩に近くなる様に背負うのがコツで、そうする事でバックパックの重心位置が身体に近くなり身体にかかる負担も最小限に抑える事ができます。

そして今回紹介しますバックパック「THE WPRT MODULAR PACK」肩ベルトに工夫を施す事でチェストストラップだけでしかっかりと肩に食い込んで後ろにズレない様になっていますので、持ち歩くのが非常に楽なバックパックになります。


“荷物の量に比例して中も外も容量を拡大できる多機能バックパック「THE WPRT MODULAR PACK」” の続きを読む

天然木をウォッチフェイスに使ったエルゴノミックデザインの腕時計「Luno」

 最近、みなさんの周りで使うもので”エルゴノミックデザイン”を採用しただとか、”エルゴノミックデザイン”に基づいて設計したと言う道具や電化製品、パソコン周りで使うキーボードやマウスと言ったものがありますが、”エルゴノミックデザイン”って何?と聞かれてあなたはどう答えますか?
 簡単に”エルゴノミックデザイン”を説明すると人間に優しいデザインであると言う事に尽きます。つまり人が機械に合わせるのではなく、人が使って身体に負担のかからないデザインになっていると言う事で人に合わせて設計された機械やモノの事を”エルゴノミックデザイン”と言います。

 そんな”エルゴノミックデザイン”を採用した腕時計がこの「Luno」です。


“天然木をウォッチフェイスに使ったエルゴノミックデザインの腕時計「Luno」” の続きを読む

完璧にスリや泥棒対策が施されたバックパック「Berg Backpack」

あなたは満員電車やバスに乗っていた時にカバンの中に入れていた財布や貴重品を掏られたって経験はありませんか?ないとしてもテレビ番組等でそう言う現場を見た事がある方も多いかと思いますが、掏る方はいくらしっかりとカバンのジッパーや口を閉めていようと、相手は本人に知られる事なく周りの人にも気づかれる事なくバッグやジッパーの口を開けて中の財布や貴重品を掏りますし、酷い事になるとバッグを切られて中の財布や貴重品を掏られる事だってあります。そうなると掏られたモノも戻って来ませんが大事なカバンも切られて元には戻りません。

そう言う卑劣なスリや引ったくりから完璧に荷物を守るバックパックがこの「Berg Backpack」です。


“完璧にスリや泥棒対策が施されたバックパック「Berg Backpack」” の続きを読む

何時間背負っていても疲れないエルゴノミックデザイン・バックパック「JOEY」

荷物をたくさん詰めたバックパック(リュック)を背負っていると腰や肩が痛くなって来る事って多々ありますよね。それはちゃんと身体にフィットしていないからなのです。
例えばリュックの紐が長いとリュックは下へ下へと下がってしまい、ちょうど後ろから両肩を引っ張られている様な形になり、そして歩く度にリュックは跳ねて歩く度に腰にパンチを受けている様な状態になりますから腰は次第にパンチを受けて痛くなり、そして肩も歩く度にバックパックの重みでグイグイと後ろに引っ張られ擦れて痛くなって来ます。

ではどうすれば良いのか?一番良いのは歩く度にバックパックが身体の揺れに合わせて身体から離れてない様にバックパックをしっかりとベルトで身体に固定し重心の位置を高く保ち、ちょうどランドセルの様に背中で背負う様にするのがベストなのです。

ですがそれよりももっと楽にバックパックを背負ったまま何時間でも歩き続ける事ができるのがこの「JOEY」です。


“何時間背負っていても疲れないエルゴノミックデザイン・バックパック「JOEY」” の続きを読む