ポータビリティ性を極限にまで追求し重さたった400g、自撮り棒にもなるスマートフォン用三脚「Lumapod」

スマートフォンの撮影機能があまりにも素晴らしくて、ビデオカメラやカメラを仕舞い込み、その存在すら忘れている方って割と多いのではないでしょうか?
新しいiPhone XR等は単眼レンズなのにも関わらず、撮影した写真を後から加工して背景をボカすなんて事が簡単にできてしまったりしますが、何年か前のカメラやビデオカメラはもちろんの事、現行の最新機種のカメラやビデオカメラでもそう言う機能は入っていませんので、ついついスマートフォンで何でも撮影してしまうと言うのはよく分かります。

ただスマートフォンでの撮影で一番困るのは暗い場所での撮影や、動画の撮影です。
それは何故かと言うと、手で持って撮影するのが基本のスマートフォンは身体や手の揺れで撮影した動画が揺れ、暗い場所で撮影した写真はボケてしまうからです。
ただ最近は光学手振れ補正機能(揺れに合わせてレンズを動かす事で画像の揺れをなくす機能)を搭載したスマートフォンも多くなっており手振れによる映像の揺れもマシになって来ているのですが、ビデオカメラに搭載された手振れ補正と比べると貧弱で、長時間の連続撮影で腕が疲れて来て腕がプルプルと震え出すと、その揺れを押さえる事はできません。

そこで今回は、綺麗な手振れのない映像を撮影するのに欠かせない三脚「Lumapod」をご紹介させて頂きます。


“ポータビリティ性を極限にまで追求し重さたった400g、自撮り棒にもなるスマートフォン用三脚「Lumapod」” の続きを読む

自撮りが楽になるだけでなくスマートフォンを一眼レフに変えてくれるスマートフォン用グリップ「Pictar Pro」

自撮りをするのも昔のiPhoneSE当たりの画面が4インチサイズのスマートフォンであれば親指と中指や薬指でスマートフォンを挟んで人差し指で器用にシャッターを押すと言った事も簡単にできましたが、iPhone Xs Maxや 7 Plusや 8 Plusクラスになるとスマートフォンの幅が80mm近くになる上に重くなるので流石に2本の指でスマートフォンを挟んで人差し指で画面に表示されるシャッターボタンをタップして写真を撮るのは、腕がプルプルしてかなり大変なものがあります。

そこで便利なのが一眼レフカメラの様に握って持てるスマートフォン用のグリップです。グリップにスマートフォンをセットして持つ事で手でしっかりと固定できるだけでなく、グリップについたシャッターボタンでシャッターを切る事ができますので、腕にもそんなに負担がかかりません。

そこで今回はそんなスマホ用グリップの中でも最新のiPhone Xs/Xs Max/ XRに対応し、一眼レフ並に細かな撮影設定が可能な「Pictar Pro」をご紹介致します。


“自撮りが楽になるだけでなくスマートフォンを一眼レフに変えてくれるスマートフォン用グリップ「Pictar Pro」” の続きを読む

どうやっても写真に映り込む自分の姿を完璧に隠すレンズフード「Ultimate Lens Hood」

みなさんが画像を撮影する時に被写体に自分自身の姿や周囲の風景がどうカメラのアングルを変えようとも映り込んでしまい、困ったと言う経験はないでしょうか?
特にインスタに掲載する写真を撮影する時、被写体がガラスや金属と言った光をよく反射する物質ですと被写体の形状にもよりますが、どうしても被写体の一部分に自分の姿や周囲の風景が映り込んでしまうのは仕方がない事です。

またガラス越しに風景を撮影するにしてもガラスに自分の姿が映り込んでいるのに、その自分の姿を消すと言うのは無理な話で、普通に撮影したのではどの様な方向から撮影しても映り込んでしまうものは映り込んでしまうのです。

ですが今回紹介します「Ultimate Lens Hood」を使えば苦労せずに写真に写り込む自分の姿や風景を完璧に無くす事ができますので、今までの様に映り込まない様に苦労する事もなく被写体が一番映えるアングルで撮影する事ができます。


“どうやっても写真に映り込む自分の姿を完璧に隠すレンズフード「Ultimate Lens Hood」” の続きを読む