ホーム > タグ > スタビライザー

スタビライザー

ローアングル撮影が得意なスマホ&一眼レフ&アクションカムと幅広いデバイスに対応するスタビライザー「Kylin M」

みなさんは手振れ補正機能がついていないスマートフォンや一眼レフ、GoProを始めとするアクションカメラに手振れ補正機能を付加するスタビライザーと言う装置はご存じでしょうか?
このスタビライザーには加速度センサーやジャイロセンサーと共に3軸(X,Y,Z方向)に動くモーターを組み合わせる事で、手持ちで長時間撮影していると手が疲れてプルプルと震える震動を吸収して業務用のカメラ並の安定した映像を撮影する補助装置で、特にカメラを持って移動しながら撮影したりすると、歩く震動にシンクロして上下移動する画面移動を吸収して、実際なら上下震動する画面を揺れない様にするのがジンバルで、ビデオカメラやデジカメに”手振れ補正機能”が搭載されていないカメラに手振れ補正機能を追加するのがスタビライザーの役目です。

一方ジンバルは自由雲台とも言われおりモーターを使いボタン1つでカメラの方向を自由自在に変える事が出来る装置で、最近は手振れ補正を行う為にモーターを使いカメラの方向を変える事で手振れ補正を行う様になっており(昔は天秤の原理で、オモリを使って手振れを抑えていました)、能的には両方ともモーターを使い制御するのでジンバルとスタビライザーの機能が合体され、カメラの向く方向もボタン1つで変える事ができつつカメラの手振れも吸収すると言うのが最近の両方の性能を持った製品のトレンドです。

そして今回はスタビライザーとしてもジンバルとしても一際際立った性能を有する「Kylin M」をご紹介致します。

全文を読む

オプションを装着する事で空も飛べるGoPro専用ジンバル兼スタビラザー「ProView G3」

製品化にこぎつける為にクラウドファウンディングから始まったGoProも最新のGoPro6では電子手振れ補正が機能として加わるなど、4K撮影可能なアクションカメラとしては不動の地位を築いておりますが、GoPro6の新しい電子手振れ補正もユーザーが十二分に満足できるかと言いますと、そうとは言えません。
と言いますのも、電子手振れ補正と言うのは実際にレンズを動かして映像の揺れを吸収する光学手振れ補正とは違い、1枚の絵から映像を抜き出している範囲をブレの方向に合わせて移動させる事でブレのない映像を作り出しているだけで、撮影スピードを上回るスピードで激しく動かれると電子手振れ補正では追いつかず、結果的にブレた映像になってしまいます。
だからと言って撮影スピードを上げると今度はCPUの処理スピードが追いつかなくなるので(30fpsなら1秒に30枚の絵を処理するだけで良いのが、60fpsになると倍になりCPUの負荷が上がります)、撮影スピードを上げれば解決できる問題でもないのです。

ですから物理的にブレに合わせてレンズを動かす光学手振れ補正の方が結果的にCPUに負荷をかけずに綺麗な映像を撮影する事ができ、それを実現してくれるガジェットがスタビライザーで、今回紹介します「ProView G3」はジンバルとしても使えます。

全文を読む

狙った被写体は決して見逃さないスマートフォン&カメラ用ジンバル「TARO」

みなさんは”スタビライザー”や”ジンバル”と言った言葉を聞かれた事はありますか?
簡単に言えばどちらも”手振れ補正”を行う様な機械の事を指し、外部から受ける力によって機械が動かない様に制止させる為の装置の事で、”ジンバル”は主にカメラ向けの機器に対する呼び方で、その他車のサスペンション等の機械に対しては”スタビライザー”が使われています。
そしてそんなカメラやスマートフォンで使う”ジンバル”もただ単に手振れを補正してくれるだけではなく、画面のブレを抑える為にカメラを動かす為のモーターが中には入っていますので、そのモーターを利用して上下左右、回転方向とジンバルについているジョイスティック等を操作してカメラやスマートフォンを電動で動かす事ができますので、最近では画面の中に写っている被写体をタップしてマーキングするだけでそのマーキングした被写体を自動追尾する様な機能までついています。
ただこの機能はタップした場所にいる人や物モノの特徴を画像処理で抽出し、その人やモノがフレーム内で動くのに合わせてジンバルを自動的に動かしているだけなので非常に早く動かれたり、スマートフォンの画像処理スピードが遅いとそのスピードについて行けなくなりすぐに見失ってしまうと言う欠点があります。
そこで今回紹介するジンバル「TARO」はその欠点を克服する為にある装置を加える事で、確実に高速で動く被写体を追いかけそして撮影する事ができます。

全文を読む

Home > タグ > スタビライザー

New Topics

Return to page top

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。