スマートフォンに手振れ補正機能をつけたい!!と言う方の為のコンパクトで安価なスタビライザー「Pocket」

最近のハイエンドスマートフォンにはビデオカメラに当たり前の様に搭載されている光学手振れ補正機能が内蔵されたカメラが採用されています。
この光学手振れ補正がある事で、撮影した画像がボヤけたり、動きながら動作を撮影する際に画面が上下左右に揺れた映像ではなく、滑らかにスムーズに動く映像に仕上げる事ができます。
中にはデジタル手振れ補正と言って、撮影した映像の中からある被写体を中心に据えて画面の一部分を抜き出して繋げて行く事で、ブレていない映像に編集してしまうと言う方法が動画ではできたりするのですが、周囲が暗い場所で撮影された映像で、元の映像1フレーム、1フレームそのもが光量が足りなくてゴーストがかっていたら、それはデジタル補正では補正できない事も多々ありますし、静止画(写真)となると補正のしようがありません。

だからこそ光学手振れ補正(簡単に言いますと動きに合わせてレンズの角度を変える事で写している被写体を固定する事ができる技術です)が効いて来るのですが、スマートフォンに手振れ補正機能を追加しようとすると”ジンバル”と言う選択肢しかありません。
ジンバルと言うのは電動でスマートフォンの向きを上下左右に変える事ができる装置で、例えば夜間に月の動きに合わせてジンバルのを動かして一晩月をずっと撮影すると言う様な撮影を自動で行う事もできる上に、スマートフォンが上下左右に動くので結果的に手振れ補正もできます。

ただその為に装置は大きく重く、そして高価です。そこでそんな高機能なものはいらない、上下のブレだけ補正してくれば良いと言う方の為のスタビライザー「Pocket」を今回はご紹介致します。


“スマートフォンに手振れ補正機能をつけたい!!と言う方の為のコンパクトで安価なスタビライザー「Pocket」” の続きを読む

機能だけでなく携帯性にも注目したい、もはやマスト・アイテムとなったスマートフォン用ジンバル「ATOM」

みなさんは”ジンバル”と言う装置はご存じでしょうか?”ジンバル”とは元々、1つの軸を中心として物体を縦横そして回転方向に自由に回転させる事のできる回転台の事で、最近では”ジンバル”に”スタビライザー”の機能(物体を一定の位置に留めておく装置で、カメラで言うと手振れ補正の機械がこれに当たります)が合わさったものを総じて”ジンバル”と呼んでいます。
この”ジンバル”がスマートフォンを使った撮影でマスト・アイテムな訳は、まずスマートフォンには手振れ補正機能を持ったものが少し前までは殆どありませんでした。ですから画質が良くなった分、手持ちで撮影して揺れる画面を見て酔ったりする様な方も多かったのですが、ジンバルのおかげでそれがほぼ解消されれます。
またカメラを動かして違う方向を撮影する場合、手持ちの場合だとどうしても向きを変える際に画面が上下したり移動するスピードにムラが出たりして、動く物体を常に画面の中心に捉えて撮影すると言った様な場合、かなりテクニックを必要とする上に手振れも発生するのでかなり見辛い映像となるのですが、ジンバルで一定速度でスマートフォンを動かす事で、まるで撮影専用の機材を使って撮影したかの様な映像を撮影する事ができます。

と言った様に”ジンバル”がある事で非常に綺麗な絵が撮影できるのですが、今回は携帯性についてもよく考えられた「ATOM」と言うジンバルをご紹介致します。


“機能だけでなく携帯性にも注目したい、もはやマスト・アイテムとなったスマートフォン用ジンバル「ATOM」” の続きを読む

ローアングル撮影が得意なスマホ&一眼レフ&アクションカムと幅広いデバイスに対応するスタビライザー「Kylin M」

みなさんは手振れ補正機能がついていないスマートフォンや一眼レフ、GoProを始めとするアクションカメラに手振れ補正機能を付加するスタビライザーと言う装置はご存じでしょうか?
このスタビライザーには加速度センサーやジャイロセンサーと共に3軸(X,Y,Z方向)に動くモーターを組み合わせる事で、手持ちで長時間撮影していると手が疲れてプルプルと震える震動を吸収して業務用のカメラ並の安定した映像を撮影する補助装置で、特にカメラを持って移動しながら撮影したりすると、歩く震動にシンクロして上下移動する画面移動を吸収して、実際なら上下震動する画面を揺れない様にするのがジンバルで、ビデオカメラやデジカメに”手振れ補正機能”が搭載されていないカメラに手振れ補正機能を追加するのがスタビライザーの役目です。

一方ジンバルは自由雲台とも言われおりモーターを使いボタン1つでカメラの方向を自由自在に変える事が出来る装置で、最近は手振れ補正を行う為にモーターを使いカメラの方向を変える事で手振れ補正を行う様になっており(昔は天秤の原理で、オモリを使って手振れを抑えていました)、能的には両方ともモーターを使い制御するのでジンバルとスタビライザーの機能が合体され、カメラの向く方向もボタン1つで変える事ができつつカメラの手振れも吸収すると言うのが最近の両方の性能を持った製品のトレンドです。

そして今回はスタビライザーとしてもジンバルとしても一際際立った性能を有する「Kylin M」をご紹介致します。


“ローアングル撮影が得意なスマホ&一眼レフ&アクションカムと幅広いデバイスに対応するスタビライザー「Kylin M」” の続きを読む

オプションを装着する事で空も飛べるGoPro専用ジンバル兼スタビラザー「ProView G3」

製品化にこぎつける為にクラウドファウンディングから始まったGoProも最新のGoPro6では電子手振れ補正が機能として加わるなど、4K撮影可能なアクションカメラとしては不動の地位を築いておりますが、GoPro6の新しい電子手振れ補正もユーザーが十二分に満足できるかと言いますと、そうとは言えません。
と言いますのも、電子手振れ補正と言うのは実際にレンズを動かして映像の揺れを吸収する光学手振れ補正とは違い、1枚の絵から映像を抜き出している範囲をブレの方向に合わせて移動させる事でブレのない映像を作り出しているだけで、撮影スピードを上回るスピードで激しく動かれると電子手振れ補正では追いつかず、結果的にブレた映像になってしまいます。
だからと言って撮影スピードを上げると今度はCPUの処理スピードが追いつかなくなるので(30fpsなら1秒に30枚の絵を処理するだけで良いのが、60fpsになると倍になりCPUの負荷が上がります)、撮影スピードを上げれば解決できる問題でもないのです。

ですから物理的にブレに合わせてレンズを動かす光学手振れ補正の方が結果的にCPUに負荷をかけずに綺麗な映像を撮影する事ができ、それを実現してくれるガジェットがスタビライザーで、今回紹介します「ProView G3」はジンバルとしても使えます。


“オプションを装着する事で空も飛べるGoPro専用ジンバル兼スタビラザー「ProView G3」” の続きを読む

狙った被写体は決して見逃さないスマートフォン&カメラ用ジンバル「TARO」

みなさんは”スタビライザー”や”ジンバル”と言った言葉を聞かれた事はありますか?
簡単に言えばどちらも”手振れ補正”を行う様な機械の事を指し、外部から受ける力によって機械が動かない様に制止させる為の装置の事で、”ジンバル”は主にカメラ向けの機器に対する呼び方で、その他車のサスペンション等の機械に対しては”スタビライザー”が使われています。
そしてそんなカメラやスマートフォンで使う”ジンバル”もただ単に手振れを補正してくれるだけではなく、画面のブレを抑える為にカメラを動かす為のモーターが中には入っていますので、そのモーターを利用して上下左右、回転方向とジンバルについているジョイスティック等を操作してカメラやスマートフォンを電動で動かす事ができますので、最近では画面の中に写っている被写体をタップしてマーキングするだけでそのマーキングした被写体を自動追尾する様な機能までついています。
ただこの機能はタップした場所にいる人や物モノの特徴を画像処理で抽出し、その人やモノがフレーム内で動くのに合わせてジンバルを自動的に動かしているだけなので非常に早く動かれたり、スマートフォンの画像処理スピードが遅いとそのスピードについて行けなくなりすぐに見失ってしまうと言う欠点があります。
そこで今回紹介するジンバル「TARO」はその欠点を克服する為にある装置を加える事で、確実に高速で動く被写体を追いかけそして撮影する事ができます。


“狙った被写体は決して見逃さないスマートフォン&カメラ用ジンバル「TARO」” の続きを読む

1.5″LCDを搭載し映像を確認しながら撮影できるブレないジンバル搭載4Kアクションカメラ「REMOVU K1」

 手ぶれ補正機能がないスマートフォンやアクションカメラで撮影を行う際に一番気になるのは映像の微妙なブレです。そのブレを無くして見やすい映像を撮影できる様にするのが”スタイビライザー”と言う装置なのですが、この他に”ジンバル”と言う装置もあり、最近の”ジンバル”は”スタビライザー”の機能も包括していたりするのですが、この”スタビライザー”と”ジンバル”の違いはご存知でしょうか?
 実は”スタビライザー”も”ジンバル”も似た様なものでカメラ用のスタビライザーやジンバルではどちらも映像を安定化する装置なのですが、スタビライザーは画像のブレを抑えるだけで構造も”重り”等を使用してバッテリーレスでカメラと重りのバランスを取って映像のブレを抑える装置なのに対して、ジンバルの基本構造はジャイロスコープの様なもので、モーターを使って映像のブレを抑えるだけでなくモーターでカメラの向きも変える事ができますので、自らカメラを動かなくても、ボタン1つで監視カメラの様にカメラの向いている向きを変える事ができると言うのが特徴です。

 そんな”ジンバル”にアクションカメラを合体させた画期的な製品が今では何種類か発売されているのですが、アクションカメラの先駆者であるGoProが代々液晶モニターレスで来たからなのか?(最近は液晶搭載のGoProもありますが)、撮影中の映像を確認する為には別途スマートフォンなり専用モニターを用意する必要があったのですが、この「REMOVU K1」は1.5インチと小さいながらも液晶モニターを搭載する事で、その別途モニターを用意すると言う不便さを解消しました。


“1.5″LCDを搭載し映像を確認しながら撮影できるブレないジンバル搭載4Kアクションカメラ「REMOVU K1」” の続きを読む

GoProとスマートフォン両方で使え手ブレを防ぐスタビライザー「Rigiet」

 デジカメやビデオカメラではほぼ100%ついている手ブレ補正も、スマートフォンになると手ブレ補正がついているスマートフォンの方が少なく、後から撮影した画像を見てみるとパッとスマートフォンの画面で見た感じでは何ともなくても、拡大して見ていると手ブレが影響してボケていると言うのは、室内や夜、暗い場所での撮影ではよくある事ですし、移動しながらの撮影もさすがに4K撮影に対応したiPhoneの動画を4K対応のテレビ等で見ると映像が綺麗になり過ぎていて逆に上下に揺れる映像を見ているだけで酔ってしまいそうになったりと手ブレ補正があるのとないのとでは大違いで、そんな手ブレ補正を後から追加できるガジェットがスタビライザーで、この「Rigiet」も上下左右どの様な方向の揺れをも吸収して安定した映像の撮影をする事ができます。


“GoProとスマートフォン両方で使え手ブレを防ぐスタビライザー「Rigiet」” の続きを読む

スマートフォンで滑らかな映像の撮影を可能にするハンディ・スタビライザー「FlowMotion」

 スマートフォンを使った撮影は便利な反面、撮影した動画は4K画質の動画であったとして5年前のビデオカメラで撮影した映像の方が遥かに見やすいと言うのはよくある事です。では何故、画質は良くなったのに5年前のビデカメラの映像に負けるのか?その大きな要因として映像の綺麗さよりも映像の見やすさの方が見ていて印象に残るからでありその映像の見やすさは映像表現の細かさよりも映像の滑らかさでありつまり映像が縦や横に微妙にブレたりしていないかによる所が大きくその微細な振動・ブレを補正して静止したブレない映像を作っているのが手ブレ補正技術でビデオカメラでは今ではどの様な機種にでも付いている技術です(GoProもようやく手ブレ補正機能が搭載されましたし)。
 ですがこの技術は最初から搭載してある機能で後から追加する事はできません、もしそう言った機能を使いたければそう言う機能を持ったアダプターを使うしかなくそう言う機能を持ったアダプターがこの「FlowMotion」をはじめとするスタビライザーです。


“スマートフォンで滑らかな映像の撮影を可能にするハンディ・スタビライザー「FlowMotion」” の続きを読む

人間工学に基づいて設計されたスマ-トフォンに手ぶれ補正機能を追加するスタビライザー「Vimble S」

 ビデオカメラの手振れ補正の技術ってすごいもので、スマートフォンで動画を撮影していると手振れ補正が搭載されていないスマートフォンではそのすごさが本当によくわかります。例えば歩きながらであったり、室内で例えば子どもの学芸会や発表会を三脚も何も使わないで手で持って撮影するとスマートフォンで撮影した映像は揺れたりボケたりと撮影するには手軽でいいかもしれませんが総じて本格的な撮影をしようと思うとそれなりの映像のブレを押さえる機材を用意しておかないと後で見たり使える映像と言うものは撮影できません。
 そんなスマートフォンの撮影に役立つ機材としてドローン等にも搭載されているスラビラザー(ジンバル)と言う画像の揺れを防止するガジェットがあるのですが、画像の揺れを防止するだけで綺麗に撮影すると言う事を真剣に考えている様な製品はごく僅かなのですが、そのごく僅かな綺麗に撮影すると言う事を意識して作られた製品の1つがこの「Vimble S」です。


“人間工学に基づいて設計されたスマ-トフォンに手ぶれ補正機能を追加するスタビライザー「Vimble S」” の続きを読む

横でも縦撮影でもどちらでも撮影可能なスマートフォン用ジンバル「Snoppa M1」

最近は子どもの運動会や学芸会でスマートフォンやタブレットを使用して撮影されている人の姿をよく見かけます。何と言っても常日頃使っているものですし、使った後にすぐにSNSやメールを使って写真をやりとりしたりするのも簡単ですからとても便利なのですが、運動会はまだ屋外で十分光りのある場所で撮影しますからそれ程気にはならないかもしれませんが、学芸会となると屋内でしかも観客席は真っ暗にしますから後で撮影した映像を見るとブレブレでしかもピンとが合っておらず後悔したって事があるかと思います。スマートフォンには手ぶれ補正がついている機種もありますが、手ぶれ補正をつけるとどうしてもレンズ回りのユニットが分厚くなりレンズ部分が出っ張ったりスマートフォン本体の厚みが増したりしますからなかなか手ぶれ補正がついている機種が少なく、またの手ぶれ補正もちゃんとしたビデオカメラの様な手ぶれ補正ではないのでどうしても最終的に見比べると、やっぱり型落ちのビデオカメラであってもビデオカメラで撮影しておけばよかったね、となります。

そう言う時にこの「Snoppa M1」の様に手ぶれを補正してくれるアダプターがあれば走って撮影してもすごく滑らかな、逆に滑らかさに違和感を感じるくらいの映像をスマートフォンで撮影する事ができます。


“横でも縦撮影でもどちらでも撮影可能なスマートフォン用ジンバル「Snoppa M1」” の続きを読む