ポケットに入る小型サイズで持ち運びにも便利なアクションカメラ&スマホ用スタビライザー「GravGrip」

最近はアクションカメラにしてもスマートフォンにしても光学手振れ補正やデジタル手振れ補正などを搭載する事で、昔の様に撮影した映像を流している画面を見続けていると、映像の上下や左右の揺れで酔ってしまうなんて事はなくなりました。

ただ光学手振れ補正にしてもデジタル手振れ補正にしても手からカメラやスマートフォンに伝わる微妙なプルプルと震える様な振動を抑える程度の補正しかしませんので、画面が傾いていると言った様な補正は自分自身が気を付けてカメラの水平や垂直と言ったものを取らなくてはいけません。

ただそれは静止した状態で撮影しているのならまだ問題ないのですが、移動しながらの撮影ですとかなり無理があります。

そこで今回は移動しながらの撮影でも、画面が傾かず安定した映像の撮影が可能なスタビライザー「GravGrip」をご紹介致します。


カメラ用・スタビライザーの原理


スタビライザーはよく”やじろべぇ”の様なものと言う説明が一般的になされます。
”やじろべぇ”はご存じの様に足は一歩足で、先端は針の様に尖っており、両手の先に木製のバランスの取れる球がついている人形で、この”やじろべぇ”は1本足で立っているのに、揺すっても倒れる事はありません。
それは両方の手の先についた重りが、加速度を受けた方向とは180°全く逆方向に動く事で加えられた加速度を打ち消してゼロにする事ができるからです。
それには一本足の軸の先端も非常に重要になるのですが、カメラ用のスタビライザーも原理的には同じです。
ある軸をまたいでカメラの重さと比例するカウンターウエイトと呼ばれる重りをカメラ用のスタビライザーでは取り付けます。

そして軸を中心にカメラが例えば右回転する方向に加速度が加わると本来ならカメラは右回転しますが、軸を中心に上がったカウンターウエイトが今度は重力に引っ張られて下がろうとするのでカメラには右回転を打ち消す左回転の力が加わるカメラが固定されている様に見えると言うのがスタビライザーの原理の簡単な説明です。


ポケットサイズのスタビライザー


次にこの「GravGrip」の革命的な所はその大きさです。
従来のカメラ用のスタビライザーはカメラの何倍も大きく、そして重いものだったのですが、この「GravGrip」はたった107gしかなく大きさも75mm×85mm×30mmと10cm四方にも満たない小型のモバイルバッテリーと言った大きさでポケットにも入れる事ができると言う所が画期的です。
しかもそれでいてスタビライザーとしての機能はン万円もするスタビライザーと遜色ないのですから、自撮り棒と組み合わせて自撮りするには最適な手振れ補正ガジェットです。

また「GravGrip」には標準でスマホ用のクリップと、GoPro用のマウントが付属していますので、GoPro用のマウントアダプタのあるアクションカメラであればどの様なカメラでも使用可能です。

そしてこの「GravGrip」はジンバルとは違いバッテリー・レスで半永久的に動きますのでバッテリー切れの心配はもちろんしなくても済みますが、ジンバルの様にスイッチやスティック操作で滑らかなパン動作やチルト動作は行えませんし、スタビライザーの性質上チルト動作は行えずカメラやスマートフォンは水平方向を真っ直ぐ向いた状態のままの固定になるのでご注意ください。


伸ばすと84cmになる自撮り棒付きバリエーションもラインナップ


そしてこの「GravGrip」は本来はスタビライザーだけなのですが、撮影機材を何も持っておられないと言う方のために縮めた状態では33cmで、3段階で伸縮して最長に伸ばすと約84cmまで伸びる自撮り棒と言うか一脚棒が付属したバリエーションも用意されていますので、詳細をご覧になりたい方は下記URLをご覧ください。

https://www.kickstarter.com/projects/gravgrip/gravgrip-battery-free-camera-stabilization

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です