テントやタープがなくても大丈夫!!キャンプデビューや車中泊に最適な車と連結するワンタッチキャビン「CARSULE」

キャンプに興味はあるけれどキャンプ道具を揃えるのって高いしなぁ〜、そんな事を思っている貴方に、最近は何でも貸し出してくれるキャンプ場もあるんですよよ。
昔からキャンプ場の一部にバンガローが建ててあり、そこを利用すると言うキャンプ場はありますが、せっかくならテントに寝泊まりしたいと言う方の為に最近は、テントとタープと、そして調理道具一式を既に設営し終えた状態で、後は利用するだけと言うキャンプ場もあるのです。

ただ利用料金はバンガローと同じか、ちょっとお高めに設定されている所が多く、道具を一式購入するかどうか悩まれる方が多いのも事実です。

ただそれ以前に家族や、仲間が継続してキャンプについて来てくれるのか?それが一番の問題です。
せっかくキャンプ道具一式を買い揃えたのに、1回目のキャンプで飽きたり、嫌になったりして2回目誘っても誰も誘いに乗って来ない、なんて事になれば折角高いお金を出して買い揃えたキャンプ道具も可愛そうです。

そこで今回はお試しで大自然の中でキャンプを楽しむ事ができるワンタッチキャビン「CARSULE」をご紹介致します。
“テントやタープがなくても大丈夫!!キャンプデビューや車中泊に最適な車と連結するワンタッチキャビン「CARSULE」” の続きを読む

気温が高くても、もう安心!!キャンプや車中泊でとても快適な夜を過ごす事ができるポータブルクーラー「Zero Breeze Mark Ⅱ」

昨年の夏は40℃超えと言うとんでもない気温を記録し、いつもなら夜は気温がグッと下がって快適に睡眠が取れる行きつけのキャンプ場も、昨年だけは山奥で川がすぐ側に流れている様なキャンプ場でも30℃を下回る事がなく、寝苦しい夜を経験された事がある方も多いのではないでしょうか?

そして更にきついのが車中泊です。昨年は暑すぎていつもなら涼しいのでほんの少し窓を開けていれば普通に睡眠が取れていた標高の高い場所でも、車のエアコンを切るとすぐに車内の温度が上がるので、ガス欠とバッテリー上がりを気にしながらエアコンを断続的に使用して何とか一晩をやり過ごしたなんて方もおられるのではないでしょうか?
特に停車しながらエアコンを使うとエンジンを高速で回していませんのでファン等を回すのにバッテリーを消費してバッテリー上がりの要因となりますし、最近の燃費の良い車はその良さの結果としてガソリンタンクが小さくなっていますので危険です。

そこで今回は、寝苦しいテントや車中泊を快適に過ごす事のできるポータブルクーラー「Zero Breeze Mark Ⅱ」をご紹介致します。
“気温が高くても、もう安心!!キャンプや車中泊でとても快適な夜を過ごす事ができるポータブルクーラー「Zero Breeze Mark Ⅱ」” の続きを読む

場所、人数、状況に応じて最適な形態に変形して使える総重量たったの2.8kgポータブルテント「RhinoWolf 2.0」

こう暑くなって来ると標高の高い場所や北の方の涼しい場所へキャンプに行ってみたくなりますが、そのキャンプの必需品のテント、みなさんはどの様なものをお持ちですか?

最近のテントは大型の5〜6人用のものでも一人で設営できる様によく考えられた構造になっているだけでなく、フレームの素材やテント生地も年々軽くて丈夫、そして耐候性の高いものへと進化していますので、オートキャンプ場の様な車を横付けできる様なキャンプ場でなくとも持ち運ぶのも非常に楽になっています。

ただ問題はテント以外です。さすがに固い地面の上にそのまま寝ると言うのは痛いので、寝袋なりマットレスを持って行ったりしますので荷物としてはかなり嵩張ります。
更に人数が大きいと大きなテントを1つ持って行った方が設営の手間や荷物の量を考えるとベストなのですが、行った事のないキャンプ場ですと果たしてそのテントを設営できる開けた場所が(他のグループの方に既に使われていたりして)あるのかと言う問題も出て来ます。

そこで今回は発想を変えて繋がるお一人様テント「RhinoWolf 2.0」をご紹介致します。
“場所、人数、状況に応じて最適な形態に変形して使える総重量たったの2.8kgポータブルテント「RhinoWolf 2.0」” の続きを読む

空気で膨らませるから不器用な人でも大丈夫。普通のテントより50%も軽いエアーテント「TentTube」

寒暖の差が激しかった今春の天気もようやく落ち着いて来て、先月の大型連休の際にキャンプに行かれた方も多かったのではないでしょうか?
そんなキャンプには様々な道具が必要で、準備・設営するのに1番大変なのがタープとテントです。

昔のタープ(今でもありますが)は、1枚の布の四隅の穴に柱を差し込んでロープを引っ掛けて固定しなければならなかったので一人でタープを立てるのはとても大変でした。ただ布と折り畳みできる柱とロープだけなので荷物はとてもコンパクトで軽く済みます。
一方ワンタッチタープ等々の名前が付けられている天井に布を被せて広げて行くだけで立てる事のできるタープはただ柱や蛇腹状のフレームを広げて行くだけですのでキャンプ初心者の方でも簡単に設営できますが、柱がしっかりとしている分、重くてしかも大きくて嵩張ります。

またテントも昔とは違い、折り畳み式のフレームをテントのスリーブに通して行くだけで自然と自立してテントが立つ様にできていますので、昔のテントと比べると遙かに立てやすくなっていますが、オートキャンプの様に荷物を設営場所の側まで運んで行けるキャンプであればそれほど苦にはなりませんが、テントやテープ、そして調理道具などを背負って、手に持ってかなりの距離を運ばなければならない場所だとかなり大変です。

そこで軽くて、簡単に組み立てられるエアーテント「TentTube」を今回はご紹介致します。
“空気で膨らませるから不器用な人でも大丈夫。普通のテントより50%も軽いエアーテント「TentTube」” の続きを読む

夏は涼しく、冬は暖かく、いつでも何処でも使えるハンモックテントの決定版!!「TAMMOCK」

ハンモックと言えば木と木の間に引っ掛けて、木々の間から差し込む木漏れ日を浴びながらユラユラと揺れつつ本を読みふけりながら、時折襲われる眠気に逆らうことなく身を任せてそっと目を閉じて優雅な一時を過ごすと言ったイメージがありますが、最近は休憩する為のガジェットとしてでなく、寝る為のテントとしても注目を集めています。

そんなテントの役割を持ったハンモックの利点は使った後の道具の手入れが殆ど不要な点です。さすがに雨に降られると乾かしたりしなければなりませんが、テントの様に地面からの湿気で底が湿ったり、雨上がりの地面の上に建てて濡れたりすると言う事がなく手入れがほぼ不要と言うメリットがあります。

更にハンモックは地面から高い位置に設営しますのでテントの様に夏は地面が吸収した熱でテントの中が熱せられて暑いと言う事はなく、逆に風がハンモックの回りを吹き抜けて行きますので、夏でも涼しく快適に過ごす事ができますし、冬は冬で地面からの放射冷却で保温性の高い寝袋に入っているにも関わらず地面からの冷気が寝袋の中まで伝わって来て寒すぎて寝られないと言う事もありませんので、テントよりもとても快適に過ごす事ができます。

そして今回紹介しますハンモックテント「TAMMOCK」は、自立する事でどの様な場所でも使えるハンモックテントになります。
“夏は涼しく、冬は暖かく、いつでも何処でも使えるハンモックテントの決定版!!「TAMMOCK」” の続きを読む

暑いテントの中も自宅のトイレも、車中泊の車内も涼しくしてくれるポータブル・クーラー「Coolingstyle」

七月から続く暑さは異常とも言える暑さで、もうそろそろ涼しくなってくれても良いのにと誰もが思っているはずです。
ですが一向に涼しくなる気配はなく、そんな中でトイレに行くのにも勇気が必要です。
自宅の中で洗面所や風呂場は24時間換気扇が回っていて換気しているので、そこまで熱さが気になる事もないのですが、トイレは割と出ると換気扇を切る方も多く、そうなると日中は熱がこもり続け気温はうなぎ登り。そしてトイレに入ったとたん、ドバッと汗が汗腺から噴き出して来ます。

かと言ってトイレにエアコンと言うのも贅沢ですし、トイレに入ってすぐにエアコンのスイッチを入れてもすぐに涼しくなるわけでなく、それ以前にトイレにエアコンが取り付けられるのか?と言う設置の問題もあります。
だからなのか昔、某大手家電メーカーから、トイレのタンクから水を吸い上げて循環させ、その水でラジエターを冷やしてトイレの中を涼しくすると言う冷風機があったのですがいつの間にか生産中止となり、今現在トイレを冷やすには水や保冷剤を使って冷風を出す冷風機をトイレに置くしかありません。

ですが水も保冷剤もトイレの室温で温度が上がり、頻繁に水や保冷剤を変えないと涼しい風が出ないと言う、何とも使い勝手の悪いものとなっています。

そこで超オススメなのが今回紹介するポータブル・クーラー「Coolingstyle」です。


“暑いテントの中も自宅のトイレも、車中泊の車内も涼しくしてくれるポータブル・クーラー「Coolingstyle」” の続きを読む

え?ここは宇宙基地!?と見間違えてしまう様な自由拡張ポップアップテント「CINCH! POP-UP」

さぁ!!今年こそはテントを買ってキャンプへ出かけるぞ!!と思われているアウトドア初心者のみなさん、テントの選択を誤ると設営の難易度が極端に上がって大変な事になるってご存じでしたか?
例えばテントにも昔ながらの三角屋根のテントもあれば、ドーム状のテントもあり、遮熱性や耐水性、保温性を上げる為に2重構造(大きなドームテントの中に一回り小さなドームテントが入っておりそのテントとテントのスキマの空間がある事で夏場は断熱効果、冬場は保温効果があったりします)になったもの等、本当に多種多様なものがある上に大人数で使える様にと大きなテントを選べば選ぶほどその組立は大変になって行き、良い所を見せようと1人で設営したものなら、結局できなくてバツが悪い思いをする事になります。

ですが今回紹介します「CINCH! POP-UP」は、最大4人用のテントしか用意されていませんが、拡張する事で小学校のクラス全員が入る事ができるテントにだってできるのです。

“え?ここは宇宙基地!?と見間違えてしまう様な自由拡張ポップアップテント「CINCH! POP-UP」” の続きを読む

たった3.3kgしかないので女性でも片手で開閉できる、子ども達の秘密基地!!ワンタッチテント「Pop N Go」

子どもって、ダンボールの中や、クローゼットや押し入れてと言った狭くて暗い閉鎖的な空間が好きなんだぁ~と思わせる事ってよくあります。
それは一説によると胎内回帰願望と言って、暗くて狭い場所と言うのはお母さんのお腹の中にいる状況を連想させると言う説もあれば、自分の周囲に壁があれば外敵から襲われた時にその壁が守ってくれると言う安心感をもたらすと言う、動物的の本能的な部分が出ていると唱える学者もいます。

ですがダンボールにしろ、押し入れやクローゼットの中にしろ、子どもにしたら新しい自分だけの空間を手に入れる事ができ大喜びなのは間違いありませんが、クローゼットや押し入れは荷物が入っていますし、ダンボールハウスはそのままずっと置いておくには、大きければ大きいほど掃除するのにも邪魔になります。

ですから昔から子ども用の簡易テントみたいなものがあるのですが、それはそれでフレームを組み立て、そしてカバーを被せると言った作業を毎回行わなければならず、忙しい時に子どもに”テントを出して”と言われるとちょっとイラッとする親御さんもおられるでしょう。

ですが今回紹介するワンタッチテントなら本当に女性でも片手で数秒で組立・収納を行う事ができますので、子どもにとっても、親御さんにとってもWin-Winな関係を気付いてくれます。


“たった3.3kgしかないので女性でも片手で開閉できる、子ども達の秘密基地!!ワンタッチテント「Pop N Go」” の続きを読む

寝苦しい夏キャンプに最適!!通気性だけでなく断熱性能にも優れたドームテント「SIESTA 2」

ここ数年、いつも訪れるキャンプ場が夜に気温が下がらなくて暑くて寝られないと言う事はありませんか?
ただ暑くてもある程度風が吹いていれば涼しく感じるのですが、風を入れる為に壁がメッシュ状になって風が抜けて行く様になっていないと、全く涼しくなりませんし、ちょうど風が吹く方向に沿ってテントを張らないと全く意味がないのですが日中と夜間では風の吹く方向が違いますし、地形によっても複雑に風の吹く方向は微妙に変化しますから、その度にテントを張り直すのも大変です。

そう言う寝苦しい夜を最近は過ごさなければいけないキャンプ場へこれからも行く!!と言う方の為に涼しいドームテント「SIESTA 2」を今回はご紹介致します。


“寝苦しい夏キャンプに最適!!通気性だけでなく断熱性能にも優れたドームテント「SIESTA 2」” の続きを読む

夏のカンカン照りのビーチでも涼しく過ごせる遮熱性と遮光性に優れたテント「Ohnana」

 沖縄は既に梅雨明けしましたが、もうすぐするとマリンスポーツの季節がやって来ますが、ビーチサイドやプールサイドに張ったタープやテントの中って外以上に熱く感じませんか?
 特に朝一番にビーチやプールに行って張ったテントの中は昼を過ぎる事にはそれこそサウナの様な熱さになっている事もしばしばです。これは何故か?と言いますと一見、光を通さずに影ができていれば”影があるのだから涼しい”と言う刷り込みが知識的にあるからです。確かに建物の中や影であれば全ての波長の光を遮断してくれますが、テントやタープに使われている生地で紫外線や可視光線(眼で識別できる波長の光)をカットしていても熱を伝える赤外線をカットしていなければ、目に見えない赤外線はテントやタープの中を取ってテントの生地やテントの中に置かれたものを暖めます(コタツを想像してもらうのがベストです)。

 ですので夏のビーチやプールサイドで使用するタープやテントを購入する際はこれからは赤外線をカットしているか否かが重要になり、今回紹介するテント「Ohnana」はそんな数少ない赤外線をカットして内部の温度上昇を防いでくれるテントなのです。


“夏のカンカン照りのビーチでも涼しく過ごせる遮熱性と遮光性に優れたテント「Ohnana」” の続きを読む