ホーム > タグ > テント

テント

暑いテントの中も自宅のトイレも、車中泊の車内も涼しくしてくれるポータブル・クーラー「Coolingstyle」

七月から続く暑さは異常とも言える暑さで、もうそろそろ涼しくなってくれても良いのにと誰もが思っているはずです。
ですが一向に涼しくなる気配はなく、そんな中でトイレに行くのにも勇気が必要です。
自宅の中で洗面所や風呂場は24時間換気扇が回っていて換気しているので、そこまで熱さが気になる事もないのですが、トイレは割と出ると換気扇を切る方も多く、そうなると日中は熱がこもり続け気温はうなぎ登り。そしてトイレに入ったとたん、ドバッと汗が汗腺から噴き出して来ます。

かと言ってトイレにエアコンと言うのも贅沢ですし、トイレに入ってすぐにエアコンのスイッチを入れてもすぐに涼しくなるわけでなく、それ以前にトイレにエアコンが取り付けられるのか?と言う設置の問題もあります。
だからなのか昔、某大手家電メーカーから、トイレのタンクから水を吸い上げて循環させ、その水でラジエターを冷やしてトイレの中を涼しくすると言う冷風機があったのですがいつの間にか生産中止となり、今現在トイレを冷やすには水や保冷剤を使って冷風を出す冷風機をトイレに置くしかありません。

ですが水も保冷剤もトイレの室温で温度が上がり、頻繁に水や保冷剤を変えないと涼しい風が出ないと言う、何とも使い勝手の悪いものとなっています。

そこで超オススメなのが今回紹介するポータブル・クーラー「Coolingstyle」です。

全文を読む

え?ここは宇宙基地!?と見間違えてしまう様な自由拡張ポップアップテント「CINCH! POP-UP」

さぁ!!今年こそはテントを買ってキャンプへ出かけるぞ!!と思われているアウトドア初心者のみなさん、テントの選択を誤ると設営の難易度が極端に上がって大変な事になるってご存じでしたか?
例えばテントにも昔ながらの三角屋根のテントもあれば、ドーム状のテントもあり、遮熱性や耐水性、保温性を上げる為に2重構造(大きなドームテントの中に一回り小さなドームテントが入っておりそのテントとテントのスキマの空間がある事で夏場は断熱効果、冬場は保温効果があったりします)になったもの等、本当に多種多様なものがある上に大人数で使える様にと大きなテントを選べば選ぶほどその組立は大変になって行き、良い所を見せようと1人で設営したものなら、結局できなくてバツが悪い思いをする事になります。

ですが今回紹介します「CINCH! POP-UP」は、最大4人用のテントしか用意されていませんが、拡張する事で小学校のクラス全員が入る事ができるテントにだってできるのです。

全文を読む

たった3.3kgしかないので女性でも片手で開閉できる、子ども達の秘密基地!!ワンタッチテント「Pop N Go」

子どもって、ダンボールの中や、クローゼットや押し入れてと言った狭くて暗い閉鎖的な空間が好きなんだぁ~と思わせる事ってよくあります。
それは一説によると胎内回帰願望と言って、暗くて狭い場所と言うのはお母さんのお腹の中にいる状況を連想させると言う説もあれば、自分の周囲に壁があれば外敵から襲われた時にその壁が守ってくれると言う安心感をもたらすと言う、動物的の本能的な部分が出ていると唱える学者もいます。

ですがダンボールにしろ、押し入れやクローゼットの中にしろ、子どもにしたら新しい自分だけの空間を手に入れる事ができ大喜びなのは間違いありませんが、クローゼットや押し入れは荷物が入っていますし、ダンボールハウスはそのままずっと置いておくには、大きければ大きいほど掃除するのにも邪魔になります。

ですから昔から子ども用の簡易テントみたいなものがあるのですが、それはそれでフレームを組み立て、そしてカバーを被せると言った作業を毎回行わなければならず、忙しい時に子どもに”テントを出して”と言われるとちょっとイラッとする親御さんもおられるでしょう。

ですが今回紹介するワンタッチテントなら本当に女性でも片手で数秒で組立・収納を行う事ができますので、子どもにとっても、親御さんにとってもWin-Winな関係を気付いてくれます。

全文を読む

Home > タグ > テント

New Topics

Return to page top

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。