冬温かく、夏涼しいだけじゃない、2段階に高さが変わり立って着替えもできるテント「Crua XTENT」

この夏休みにキャンプデビューしてみたものの、あまりに暑くて寝られなかった経験をされたご家族も少なからずおられると思います。
特に最近の夏はとても暑いので、キャンプを行う場所もさる事ながら、テントも1つ選び方を間違えると一睡もできないと言う様な事になります。

と言いますのは、基本的にテントと言うのは自然の中で寝泊まりする訳ですから、雨風でだけでなくその場所の周囲に住んでいる野生動物から自分の身を守る為に、あまり開口部は多くありません。

ただ最近は、入口と反対側の壁に大きな網戸を設けて入口から反対側へと風が抜けて行く様にしたテントがあったりと割と昔とは違い風通しの良いテントも出て来ていますが、設置方向を間違うと全く涼しい風が入って来ないと言う事になります。

そこで今回は、夏冬兼用で使えなおかつ、ビーチでも使える「Crua XTENT」をご紹介致します。


高さが変わるのが画期的!!


まずこの「Crua XTENT」の1番の魅力は2段階に高さを調整できる点にあります。
特に大人が立てる程にまで天井を上げる事のできる「Crua XTENT」は、天井を上げる事で室内空間が広がりますので、ゆったりとテントの中で過ごす事ができる他、天井を上げる事でテント内で過ごした時のテント内の温度上昇をゆるやかにする事ができますので、普通のテントよりも夏は涼しく感じます。
また冬は天井を低くする事で、今度は逆に室内温度を素早く上げる事ができます。

そして天井を高くしてフライシートをかけておけば外部からテント内は除けませんので、ビーチサイドで自前の更衣室として使える他、天井が全面メッシュになっており、かけたフライシートとの間に風が通る空間をたくさん空けておけばビーチサイドでもテント内が蒸れずに済みます。

またキャンプにおいては天井がメッシュシートなので天井を高くしようが低くしようが360°どの方向からも空気が通る他、温かなな空気は天井のメッシュシートを通じて大気に放出されて行きますので、夏のキャンプも普通のテントよりは快適に過ごす事ができますし、またメッシュ生地テントは星空を虫に刺されずにテントの中から観察するのには最適です。


インナーテント”Crua Cocoon V2”


そしてこの「Crua XTENT」にはオプションで”Crua Cocoon V2”と言うインナーテントが用意されています。
この”Crua Cocoon V2”は冬キャンプで使う断熱テントで、空気入れで膨らませる様になっており、空気が持つ低い熱伝導性によって外の冷気がテント何に伝わるのと、中の熱が外部へと逃げて行かない様に温かく保つ効果があり、天井を高くした「Crua XTENT」の中にスッポリと収まる様に設計されています。


ハンモックまでオプションで


またこの「Crua XTENT」には更にオプションでこのテント内に吊り下げる事ができるハンモックがオプションで用意されています。
この「Crua XTENT」は2人用と3人用が用意されており、このテントだけでも十分快適に寝る事ができますが、夏場等はどうしても昼間地面がためた熱で、地面の上にアルミシートを敷いた上に寝袋を置いても暑くて寝る事ができないかもしれません。
そう言う時は一人キャンプならハンモックで寝る位置を上げてやれば地面から伝わる熱も避けられますし、周囲360°から吹き込む風を直接肌に当てて寝る事ができ、より快適に涼しく休む事ができますので、もし興味を持たれて詳細をご覧になりたい方は下記URLをご覧ください。

https://www.kickstarter.com/projects/thermotents/crua-xtent-carry-anywhere-all-in-one-transformable-tent

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です