ホーム > タグ > ナイフ

ナイフ

力強さと美しさの両方を兼ね備えた魅せるポケット型ダマスカスナイフ「OMNI」

よく刃に波紋の様な木目の様な模様の入った包丁やナイフをたまに見かける事があります。
これは刃の強度を上げる為の焼き入れをする事でつくものではなく、何種類もの金属の板を積み上げて鍛造(ハンマー等で叩いて圧力を加えて形を整えて行く古来からのナイフや包丁の製造方法)する事で出来上がる模様です。
そしてこの模様が浮かび上がっていると言う事は、古来のダマスカスナイフ同様に強靱さとしなやかさを兼ね備えていると言う証拠でもあり、インド産のウーツ鋼を使いシリアのダマスカスで鍛造された刀剣などは(なのでダマスカスナイフと言う名前がついています)、鎧を切っても刃こぼれ1つしないばかりか折れない最強の剣だと言われていました。

そして今回はそんなダマスカス鋼を使い作られたポケットナイフ「OMNI」をご紹介致します。

全文を読む

彫刻刀の刃を流用する事で刃の交換を可能にしたEDCポケットナイフ「EVERYDAY BLADE™」

カッターナイフは切れ味が悪くなれば切れ味の悪くなった先端の部分を折って取り除く事で新品同様の切れ味を取り戻す事ができますが、刃が折れる様に作ってある為に、切り辛いものを力を入れて切ると刃が折れてしまい最悪その切れて飛んで来た刃で怪我をしてしまうと言うデメリットや、水に濡らすとすぐに錆びると言うデメリットもあります。
一方ナイフは、刃の交換が基本的にはできません。ですから長く使ってもらう為に硬いモノを切っても折れない様に厚みのある刃を使っていますので、刃は多少の事では折れずまた錆びない鋼材を使っているのですが、刃が欠けてたり、切れ味が悪くなると切れ味を取り戻す為に刃を研ぐ必要が出て来ます。

ところが砥石で刃を研ぐのは難しく、ダイヤモンドのついたシャープナーは刃はつくけどすぐに切れ味が悪くなりますし、何よりメンテナンスするのが面倒と言う方には向いていません。

そこでナイフの切れ味と、カッターナイフの手軽さを兼ね備えたニュータイプの交換刃式のポケットナイフ「EVERYDAY BLADE™」を今回はご紹介致します。

全文を読む

刃を折らない&刃が引き込まないので安心安全に使えるユーティリティーナイフ「Maker Knife」

カッターナイフは刃の切れ味が悪いなと感じれば、先端の刃を折る事で刃を研ぐ必要もなくキレキレの刃に交換できますので大変便利なのですが、刃を折るのって折った後に刃が飛んで来ないか恐くありませんか?
またカッターナイフはスライドさせて刃の部分を出したり収納したりする事ができ、刃をカッターナイフの本体に収納しておけば刃で怪我をする事もないので普通のナイフよりも取り扱いやすく怪我をする危険性も少ないのですが、硬いモノを切る時に気をつけていないと目一杯力を入れて刃を押しつけた時に刃がいきなり引っ込んで手を怪我する事もあります。

そこで今回は便利なカッターナイフの欠点と言うか、気がかりな面を全てクリアし安心安全に使う事ができるユーティリティーナイフ「Maker Knife」をご紹介致します。

全文を読む

Home > タグ > ナイフ

New Topics

Return to page top

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。