ホーム > タグ > ナイフ

ナイフ

刃を折らない&刃が引き込まないので安心安全に使えるユーティリティーナイフ「Maker Knife」

カッターナイフは刃の切れ味が悪いなと感じれば、先端の刃を折る事で刃を研ぐ必要もなくキレキレの刃に交換できますので大変便利なのですが、刃を折るのって折った後に刃が飛んで来ないか恐くありませんか?
またカッターナイフはスライドさせて刃の部分を出したり収納したりする事ができ、刃をカッターナイフの本体に収納しておけば刃で怪我をする事もないので普通のナイフよりも取り扱いやすく怪我をする危険性も少ないのですが、硬いモノを切る時に気をつけていないと目一杯力を入れて刃を押しつけた時に刃がいきなり引っ込んで手を怪我する事もあります。

そこで今回は便利なカッターナイフの欠点と言うか、気がかりな面を全てクリアし安心安全に使う事ができるユーティリティーナイフ「Maker Knife」をご紹介致します。

全文を読む

カッターナイフなのにネジやナットも回せるグレード5チタンボディーのマルチツール「TPT Slide」

今回紹介しますチタンボディーのマルチツール「TPT Slide」には実は既に市販化されている前バージョン”TPT”があります。
このTPTは”Titanium Pocket Tool”の頭文字を取ったもので、主な機能はナイフなのですが、そのナイフにネジやナットを回すと言う機能を付加したマルチツールで、マルチツールと言う割には薄くて小さくて軽いツールで、独自に開発したフォークにもなるナイフブレードが斬新で印象的でした。

その”TPT”の機能はそのまま踏襲して更に使いやすさを追求した「TPT Slide」を今回はご紹介致します。

全文を読む

チタン製ボディーが何とも言えない高級感を漂わせる替え刃式ナイフ「Ti Slice」

包丁やナイフは定期的に研がないと切れ味がだんだんと悪くなって行きますし、カッターナイフは刃の交換が必要になりますが、どうして柔らかい手でも切れる”紙”しか切っていないのに切れ味が悪くなるのか考えた事はありますか?

実は”モノを切る”と言う動作には必ず摩擦が関係し、その摩擦によってモノは切れるのです。

と言いますのも、紙でも食材でも何でもそうなのですが、刃の断面図を電子顕微鏡等で拡大して見ると決して刃と言うのは一直線なフラットな面が続いているのではなく、ノコギリの様にギザギザになっています。そして刃を当てて引く(押し当てて引く)事で切る対象物との間に摩擦熱が生じ、その摩擦熱によって切断する物質を構成する分子の熱運動が激しくなり、融けるか分子間結合が弱まり分子同士の結合を引き離す事でモノは切れて行くのです。

ですがその摩擦熱はナイフの方にも影響し、切断する度に刃先が溢れて行くのですが、これは薄いコピー紙を切ろうが厚い画用紙を切ろうが変わる事はなくただちょっと切断するのに必要な摩擦熱が画用紙の方が多いと言うだけで、同じ刃で同じ長さ分コピー用紙と画用紙を切った場合、画用紙の方が早く切れ味が悪くなって行きます。

そこで今回は超安い替え刃を使う事で、ちょっと切れ味が悪くなればすぐに交換しても惜しくないチタン製ボディーの替え刃ナイフ「Ti Slice」をご紹介致します。

全文を読む

Home > タグ > ナイフ

New Topics

Return to page top

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。