上だけじゃないよ、横や下を向いても寝る事ができる寝返りが打てる究極のハンモック「Ninox」

昨年あたりからキャンプ場へ行くとテントではなくハンモックを張っている方の方がより目に付く様になっています。
これはハンモックが究極に進化し虫除けの網でハンモックを覆い虫が入って来なくなっているだけでなく、ハンモックの上に張る雨よけのタープの様なものまでついて、急な降雨でも濡れずに快適に過ごせる様になっているからです。
ししてハンモックはテントの様に地面の上に設置しませんので、ゲリラ豪雨で浸水すると言う心配もなく雨上がりで地面が濡れていてジメッとする事もない上に、濡れたとしてテントの様に乾かすのに広い場所を必要とせず、マンションのベランダでも物干しに引っ掛けておけば乾かす事ができますので扱いも非常に楽です。
またテントなら寝袋が必要ですが、ハンモックならそれが不要な上に、テントと言うのはテントの生地で身体を包み込むので寝ている間にかかる圧力が分散され、ベッドや布団なら腰が痛くなって必ず起きると言う方もでも1度も目を覚ます事なく朝まで寝る事ができますし、夏は網目状のハンモックだと風が通り熱がこもらないので熟睡する事ができます。

そんな良い所だらけの最近の進化したハンモックですが、1つだけ解決できていない問題を持っています。
それを解消し、寝心地は世界一とも言えるハンモック「Ninox」を今回はご紹介致します。


“上だけじゃないよ、横や下を向いても寝る事ができる寝返りが打てる究極のハンモック「Ninox」” の続きを読む

もうこれは住めるレベルでしょ!!と言う所まで進化したハンモック「Crua Koala」

みなさんは”ハンモック”と言わたらどう言ったものを想像されますか?
殆どの方は2本の木の間に渡した布切れの上に横になって休憩するもの、を想像されるかと思います。そして登ったり降りたりする時にバランスを踏み外すと地面に落ちて大恥をかいた上に痛い思いをすると言う……

ですがそんなハンモックはもう一昔前のハンモックのイメージで、今では屋根がついて雨風を凌げる様になっていたり、更には冬場でも暖かく過ごせる様に断熱性の保温性の高いマットで作られたものや、後からハンモック全体を寝袋の様なもので覆って冬でも快適に寝る事ができる様になったものや、夏のムシ暑い時に虫除け対策として細かな目の網でハンモックを覆える様になっているものなど、本当にテントの代わりとして使える様なものが増えて来ています。

そして今回紹介しますハンモック「Crua Koala」もそんなハンモックの1つなのですが、これ以上進化しようがないと思っていたハンモックを、このハンモックがあるなら家がなくてもずっとこの「Crua Koala」の上で過ごせるよね、と言うレベルにまで何倍にも進化させた究極のハンモックとも呼べるハンモックなのです。


“もうこれは住めるレベルでしょ!!と言う所まで進化したハンモック「Crua Koala」” の続きを読む

寝る!!敷く!!ぶら下がる!!3通りの使い方ができる、あったかブランケット「Puffle」

随分と暖かくなり寒さが厳しかった今冬の事ももう頭から忘れかけている今日この頃ですが、また暫くするとまたあの寒かった冬がやって来るかもしれません。
そうなると屋外でのイベントや、テーマパークで行列待ちするする様な時、寒さがとっても身に染みます。特に今冬の様に0℃や零下何℃と言う気温の下で待つとなると、もうそれは修行か拷問か、何か悪い事でもしたのかと疑いたくなる様な過酷な状況下に置かれ、じっとしていると寒さで死を意識する様な場合も…..

そんな極寒の状況下で暖かさの有り難みを実感できるブランケット「Puffle」をご紹介致します。


“寝る!!敷く!!ぶら下がる!!3通りの使い方ができる、あったかブランケット「Puffle」” の続きを読む

雨にもマケズ、風にもマケズ、寒さにもマケナイ、オールシーズン使えるハンモック用カバー「SHEL」

 ハンモックと言うと皆さんは1枚の布を2本の木にくくりつけた寝具を想像されると思いますが、元々は南米の先住民が使っていた寝具で、その後にベットだと天候の悪い状況下で激しく揺れる船の中ではすぐに投げ出されておちおち眠っていられないので、ハンモックなら船体が揺れてもロープで吊るしている為に船体と一緒に揺れずに水平を保つ事から、船員用の寝具として広く普及して現在に至ります。
 そしてそんなハンモックも本来は1枚の布や編み込んだロープで作られていたものが、今ではポリエステルやナイロンと言った素材が使われ軽くなって携行性能が上がったり、木がなくてもハンモックを吊るす事ができる様に組み立て式の土台があったりと、アウトドアショップに行くと様々などれを選べば正解なのかわからないくらいの種類のハンモックが展示されており迷うのですが、これからハンモックを持ってキャンプやトレッキングやハイキングへ出かけようと言う方に一押しなハンモック「SHEL」を今回は紹介させてもらいます。


“雨にもマケズ、風にもマケズ、寒さにもマケナイ、オールシーズン使えるハンモック用カバー「SHEL」” の続きを読む

アウトドアには必ず持って行きたい防水シートにもハンモックにもなる高耐久性シート「THE TREEO」

 みなさんはキャンプに行ってテントを張る時に、夜露や雨が降った時に雨水がテントの中に浸透して来ない様にテントの下に防水シートを敷くと思いますが、その為だけに防水シートを持って行くのって面倒に思った事はありませんか?
例えば車でキャンプに行くのであれば荷物もたくさん持って行けますのでそう気にする必要もありませんが、バイクで行くだとか1泊2日でトレッキングに行くと言った様な場合には持って行ける荷物には限りがありますから、できれば少なくしたいものですが、とは言っても最低限必要なものは必要で、そこで荷物が増えるからと削ってしまうと後から困った事になります。

 そんな時にマルチに使える1枚のシートがあれば荷物も減りますし、またその時の状況に合わせて臨機応変に形を変える事ができれば言う事ありません。そんな便利に何通りにも使える1枚のシートがこの「THE TREEO」です。


“アウトドアには必ず持って行きたい防水シートにもハンモックにもなる高耐久性シート「THE TREEO」” の続きを読む

大きな木が1本あればどこでも吊るして休憩ができるハンモックチェア「KINUU」

 ハイキングに出かけたり公園に遊びに行った時に雨上がりでベンチや地面が濡れているとシートを敷くのって躊躇いますよね。だって座っていて段々と水が染みて来てお尻が濡れるかもしれませんし、染みて来ないにしてもシートがビチャビチャに濡れると今度は持って帰る時にシートと一緒に入れた荷物が濡れたりする事もありますからこれも嫌です。

 そんな時に空中に浮いて地面には絶対触れる事のないハンモックがあればお弁当を広げて食べる事はできませんが、少なくてもお尻が濡れる事も帰りの荷物が濡れたシートで濡れてしまう事もありませんし、何より大自然の中でゆったりと寝そべって過ごす事ができるのってとっても気持ちの良いものです。


“大きな木が1本あればどこでも吊るして休憩ができるハンモックチェア「KINUU」” の続きを読む

極寒の冬キャンでも快適に暖かく快眠できる羽毛入りハンモック「INFERNO」

 キャンプと言うと春や夏、そして秋と思いきや実は冬キャンプもあるってご存じでしょうか?そんな冬にキャンプ場が開いているの?と思われるかもしれませんが、実は殆どのキャンプ場は冬の利用客など殆どいませんし、また設備もありませんから閉鎖する所が多いのですが、実はオートキャンプ場の中には冬でも営業している所が実はあるのです。そして冬のキャンプは寒いだけと思われがちですが、冬でしか見られない様な風景、例えば雪景色であるとか、冬にしかできない様な遊び(湖の上に張った氷の上でのスケートやワカサギ釣り、そして雪合戦やかまくら作り)もできて暖かくして行けば冬のキャンプも快適に動くことができますが、唯一難点を挙げるとすれば睡眠です。
 テントの下やテントの中に保温シートを敷いたとしてもそれは地面の上ですから暖かい寝袋に包まったとしても底冷えがして快眠できませんし、暖房を使ったら使ったで、火を使う暖房はテントを燃やしてしまう危険性がありますし、電気ストーブもテントを焦がしてしまう事もあり暖房をテントの中で使用すると言うのは得策ではありませんし、何と言っても夜中に雪が降ったらテントごと埋まってしまい出られなくて最悪です。
 そんな寒さと雪と言う2大天敵から身体を守ってくれるハンモックがこの「INFERNO」です。

“極寒の冬キャンでも快適に暖かく快眠できる羽毛入りハンモック「INFERNO」” の続きを読む

これからのキャンプにはテントよりも手軽な全天候型ハンモック「Chameleon Hammock」

 ハンモックと言われるとどう言う物を想像されますか?大抵の方は1枚の布の端にロープを結んで離れた2本の気に吊るした物を思い浮かべられるのではないかと思いまうが、このハンモックが昨年あたりから意外なほどに進化しているってご存知でしょうか?例えば既に何年も前から販売されているミノムシの様に1本のロープで木の上からぶら下げる事ができるハンモックから、何と天井がついて雨風がしのげたりメッシュ状の生地を使って夏場は風通し良く虫除けにもなるハンモックなど多彩なものが続々と登場しているのです。

 ただそんな進化したハンモックにも欠点は残っており、従来通り2点でしか支えていませんので乗り降りの際は気をつけないとハンモックがクルンと180度回転してしまって落ちてしまう事もありますが、この 「Chameleon Hammock」はその対策もされたほぼ完璧に近いハンモックになっています。 


“これからのキャンプにはテントよりも手軽な全天候型ハンモック「Chameleon Hammock」” の続きを読む

吊り下げる場所がなくても使用可能な耐荷重136kgのハンモック用スタンド「YOBO Hammock Stand」

 最近のハンモックって昔のハンモックとは違いすごい進化を遂げているってご存知ですか?
 ハンモックと言えば普通は麻の布であったり帆布であったりロープを編み込んだ網の様なシートを木の間に吊るすもので主にお昼寝をしたり木陰でまったりと読書をしたりと言う用途に使用するものだったのですが、現代のハンモックはと言うと防水性のあるテント用のシートを使い完全に四方を囲んで屋根までつけて雨風がしのげる、空中に浮かぶ一人用テントの様になっていますので、例えば地面が濡れていようがゴツゴツとした岩場であろうが、地面の状態関係なくハンモックならぬハンモックテントを木の間に張って休憩したり一夜を過ごしたりする事ができる様になっているのですが、1つの欠点はハンモックを張る為のハンモックを引っ掛ける木がなければハンモックを張る事ができないと言う事です。
 ですから何もない海辺であるとか河原と言った通常、テントを張る場所ではハンモックテントを張る事はできませんが、この「YOBO Hammock Stand」があればその様な場所でも、どの様な場所でもハンモックを張る事ができます。


“吊り下げる場所がなくても使用可能な耐荷重136kgのハンモック用スタンド「YOBO Hammock Stand」” の続きを読む

天候が荒れていても快適に過ごす事が可能なハンモックにもなるテント「Sunda」

最近、ハンモックに屋根がついたものが流行っているのをご存じですか?昔は専用品はなくてハンモックの上にシェルター(ツェルト)やタープを張ったりして天気の悪い時は雨露を防いでいたのですが、最近は既にハンモックにシェルターがついた製品も増えているのですが、日中に涼を得る為に使用するハンモックは比較的風通しの良い布で作られたものが多いのですが、キャンプに使う様なものは携帯性を考えて強いナイロンが使われており軽いのがメリットなのですが、夜露も考えて耐水性も考慮した通気性が悪く、更にシェルターを上から被せると更に通気性が悪くなり、涼しい高地でのキャンプならいざしらず暑い地域でのキャンプには適していません。

そんな現状あまり使い心地の良くないハンモック型テントを改良し、更にテントとしても使える様にしたのがこの「Sunda」です。


“天候が荒れていても快適に過ごす事が可能なハンモックにもなるテント「Sunda」” の続きを読む