磁石を使った芯の収納システムと転がらない仕掛がとても気になる一生使えるボールペン「MAGNO-INK」

ちょっと無理をして買ったものが、結果的に壊れずにずっと使い続ける事ができていて逆に特をしたなんて事はよくあります。
例えば最近は100円均一ショップで何でも売っていますが、ボールペン1つとっても2本で100円、3本で100円と言うボールペンはインクがまだ残っているのにインクが出なくなったり、ノック式の様な可動部分があるものは壊れて芯が出なくなったり、いつの間にか部品が外れて無くなってしまったりと最後まで使えると言う様な事は本当に稀です。

一方1万円もする様なボールペンはインクも良いものを使っていますので途中でインクカートリッジの先が壊れて書けなくなると言う事はありませんし、寒くてインクが凍って書けないだとか、熱くてインクが緩んで文字が滲んだりと言う事もありませんし、何と言っても部品も精度高く作ってありますので壊れたり部品が外れていつの間にか紛失していると言う様な事もありません。

そして今回紹介しますボールペン「MAGNO-INK」もちょっと高いのですが、一生お使い頂ける上にギミックがとても面白いので、ペン先を出したり入れたりしながら中の構造がどうなっているのか想像するのも面白いですよ。
“磁石を使った芯の収納システムと転がらない仕掛がとても気になる一生使えるボールペン「MAGNO-INK」” の続きを読む

鼻腔を拡張する事で空気の吸入パフォーマンスを向上させるだけでなく様々なリスクを回避する「Intake Breathing」

みなさんは口呼吸が様々なリスクの原因となっている事はご存じでしたか?

人間は基本的には鼻で呼吸するのが生理学的には正解です。それは口で呼吸する事でダイレクトに肺に空気が入り様々なリスクを背負うからです。
つまり鼻で呼吸する事で空気中に含まれているホコリや有害物質、そしてウィルスや細菌と言ったものを鼻で除去し、そしてそれら人間にとっては有害な物質は鼻水などと一緒に体外へと排泄されます。
ですが口で呼吸を行うと、前述した有害物質やウィルスと言ったものをダイレクトに肺に入れてしまう為に免疫力が下がっていたりすると最悪は何かしらの病気を発症してしまいます。

一方鼻呼吸をしている方でも鼻が詰まっていたり、空気の通り道である鼻腔が狭いと一度に大量の空気を吸い込む事ができませんので、スポーツをされて方にとっては酸素の吸入率が低下し身体のパフォーマンスを低下させる事に繋がります。

そこで鼻腔を広げて空気の吸入率を向上させる「Intake Breathing」を今回はご紹介致します。
“鼻腔を拡張する事で空気の吸入パフォーマンスを向上させるだけでなく様々なリスクを回避する「Intake Breathing」” の続きを読む

胸元に引っ掛け、前屈みになっても100%落ちないサングラス「KORE Neo-Lock Sunglasses」

みなさんは、シャツの胸元や胸ポケットに差したサングラスを前屈みになった時に誤って落として無くしてしまったって経験はありませんか?
これから暑くなって来ると、男性であればTシャツやポロシャツ1枚と言った底が深く蓋のあるポケットのない服装になる事で、手軽にサングラスを脱着できる様に外したサングラスも胸ポケットや襟元に差し込んだりする事がよくあります。
そうすると、ついつい前屈みになった時にサングラスが滑り出て落としてしまったりするのですが、そう言う時に落とした先が流れのない水面ならすぐに拾い上げる事もできますが、川や海と言った流れや波のある場所ですと救出する前にアッと言う間に流れに飲み込まれてしまい運が悪ければもう二度と手元には戻って来ません。

そしてそれよりも最悪なのが、便座を上げようとして屈んで、トイレ(便鉢)の中にサングラスを落としてしまう事です。
さすがに昔の様にくみ取り式ではなく水洗なので、拾い上げて綺麗に洗えば使えますので何の問題もないのですが、気分的にトイレの中に落としたサングラスを顔にかけるのって抵抗がありますよね。
そこで今回は前屈みになっても落ちないサングラス「KORE Neo-Lock Sunglasses」をご紹介致します。
“胸元に引っ掛け、前屈みになっても100%落ちないサングラス「KORE Neo-Lock Sunglasses」” の続きを読む

あっ吹きこぼれる!!と言う様な時にすぐに見つかる、鍋つかみ「MeoMitt」

レンジを使い煮炊きものや野菜や麺を茹でたりしている時に油断していて吹きこぼれそうになる、なんて事はよくある事ですが、そう言う時にみなさんはどうしていますか?
おそらく火力を弱めると言う方が多いかと思いますが、ガスにしてもIHにしても火力を弱めても既に熱せられた鍋がすぐに冷める訳ではなく、しかも完全に消していなければ加熱は続きますのですぐには鍋を覆い尽くす泡は収まりませんので、最悪は吹きこぼれてしまいます。

それよりも鍋の中で溢れる泡を落ち着かせるには、鍋を火から遠ざけるのが1番です。

ただそう言う時に木製や樹脂製の素手で持つ事のできる取っ手のついた鍋なら取っ手を持ってすぐに持ち上げられますので吹きこぼれを防止する事ができるのですが、寸胴鍋の様な鍋の側面に金属製の取っ手が取り付けられている鍋では素手で持つともれなく鍋と一緒に加熱された取っ手で火傷をしてしまいますし、蓋でも金属製の取っ手のは素手ではとても無理です。

そう言う時は”鍋つかみ”があるとても便利なのですが…….
“あっ吹きこぼれる!!と言う様な時にすぐに見つかる、鍋つかみ「MeoMitt」” の続きを読む

作業するのに両手が必要!!そんな場面で大活躍のLEDワークライト「LIGHTFORMER」

みなさんも見え辛い場所や細かな作業をする時にLEDライトを使い明るくして作業しやすい様に環境を整えるかと思いますが、その時に片手にLEDライトを持っていては作業ができない事ってよくあります。
例えば片方の手で何か材料を押さえつつもう片方の手で道具を使って穴を空けたり、削ったり、切ったり、外したり、締めたりと言う作業をする時です。
中には口にLED懐中電灯を咥えてやるよ、って方もおられますが流石に重くて大きいLED懐中電灯を長時間口に咥えてられませんし、唾液もなかなか飲み込む事ができませんので最悪は口から溢れ出る事も…..

そんな時に超便利なLED海中電灯「LIGHTFORMER」をご紹介致します。


“作業するのに両手が必要!!そんな場面で大活躍のLEDワークライト「LIGHTFORMER」” の続きを読む

強力なマグネットボールジョイントで設置場所の制約を無くしたタブレットスタンド「Universal Modular Mounting System」

何か作業を行う時にスマートフォンやタブレットを見やすい角度に固定しておけるスタンドがあると何かと役に立ちます。
ただそのスタンドも非常にたくさんの種類があり、普通に角度をつけて立てかけるタイプのものから、両端がクリップになっており片方はスマートフォンやタブレットを挟み、もう片方は机の天板や細い柱を挟む様なタイプのもの、片方はクリップで片方はマグネットになっていて金属面に貼り付けるタイプのもの、片方はクリップでスマホやタブレットを挟み、片方は吸盤になり貼り付けられるタイプなど、この他にも様々なスタンドがあります。

ただどのスタンドも限られたシチュエーションでしか使えなくなっており、マルチに使おうと思っても無理な場合があります。

そこでオススメなのが今回紹介する「Universal Modular Mounting System」です。


“強力なマグネットボールジョイントで設置場所の制約を無くしたタブレットスタンド「Universal Modular Mounting System」” の続きを読む

暗いバックの中でも見つけ易い様々なものを挟める光るマグネットクリップ「KLIPS 2」 

みなさんはスマートフォンで使う充電ケーブルやイヤホンを持ち歩く時、そのままポケットやバッグに突っ込んでいますか?それとも綺麗に巻き取って入れていますか?
ただそのまま突っ込むにしても、巻き取るにしてもケーブルを鋭角に曲げたり、テンション(力)をかけて引っ張ったりするとケーブルが切れてしまい断線の原因となってしまいます。

そこでケーブルを長持ちさせ見た目にも綺麗に巻き取って整理整頓する事のできるケーブルクリップなるガジェットがあるのですが、これも様々なタイプのものがあり、洗濯バサミの様なものやモールの様なものや、輪ゴムの様なものまでたくさんあります。

そんな多種多様なモノ存在するケーブルクリップですが、今回はケーブル以外にも様々なものをまとめ、挟む事のできるケーブルクリップ「KLIPS 2」をご紹介致します。


“暗いバックの中でも見つけ易い様々なものを挟める光るマグネットクリップ「KLIPS 2」 ” の続きを読む

マグネット式キャップにした事で、初心者にありがちな3つの事を防止する万年筆「KOSMOS ink」

みなさんは近年、万年筆がブームになっているのはご存じでしょうか?
万年筆は非常に扱いが面倒と言うイメージがありますが、ボールペンに比べて細い線が書ける上にトメ、ハネ、ハライが非常にシャープに生える事からボールペンで書いた時よりも誰でも字が綺麗に見えると言うメリットがあります。

また万年筆は鉛筆やボールペンの様に押しつけなくても滑らすだけで紙にインクが写って行きますので、筆圧を必要としませんのでボールペンや鉛筆の様に腕が疲れないと言うメリットもあります。

更に万年筆と言うと我々日本人は、文豪作家であるとか、ある程度の知識人が持つものと言うイメージが強いため、万年筆を使う事である程度のステイタスを得る事もできます。

ただ万年筆と言うのは他の筆記具とは違い、非常にデリケートな筆記具なので丁寧に扱わないとすぐに書けなくなってしまう筆記具でもあります。

そんな万年筆を書けなくしてしまう初心者が遣りがちなケアレスミスを防いでくれる万年筆「KOSMOS ink」を今回はご紹介致します。


“マグネット式キャップにした事で、初心者にありがちな3つの事を防止する万年筆「KOSMOS ink」” の続きを読む

自然と調和したナチュラルな臨場感のあるサウンドが楽しめる身に着けるBluetoothスピーカー「Zulu Wearable Bluetooth Speakers」

少し前、SONYから”Xperia Ear Duo XEA20”と言う耳を塞がずに周囲がざわざわと騒がしい状態であってもアクティブノイズキャンセラー等の技術を使わずにクリアなサウンドを耳へ届けるヘッドホンが話題になっていましたが、やはり耳を塞ぐと言うのは周囲の音による危険性を察知できないばかりか、ヘッドホンをしたまま自転車に乗ると言うのは日本では違法行為に当たりますのでこれからはこう言う耳を塞がない、自然と調和するイヤホンが今年はトレンドになる予感がします。

そんな流れの中で今回は身に着け事で耳を塞がないワイヤレスBluetoothスピーカー「Zulu Wearable Bluetooth Speakers」をご紹介致します。


“自然と調和したナチュラルな臨場感のあるサウンドが楽しめる身に着けるBluetoothスピーカー「Zulu Wearable Bluetooth Speakers」” の続きを読む

ありそうでない!?あらゆるものを磁石の力で吊り下げるマグネットベルト「Lochett™」

みなさんは何が作業をしたり片付けをしていたりしている時に一時的にこの手に持ったモノをどこかに置いておきたい、固定しておきたいと言う事はありませんか?

例えばよくあるのが懐中電灯でしょう。何か取り付けたり外したり、取り替えたりする時に懐中電灯を壁や棚や天井に固定して手をフリーにして作業したい、なんて言う事は職人さんならよくあると思います。
特に建物の天井裏や床下、パイプスペースなんて場所は一時的に作業する場所なので照明なんて設置していないでしょうし、建築中の現場ではなく既に建った後の建物なら尚更です。

そう言う時にカンデラで作業空間が狭すぎてはうまく光が当たらないし、ここに鉄骨があるからここに貼り付けられたらベストなのに….なんて思う事ってたまにありますし、安全の為にベルトをつけていない工具を持って上がって高所作業する様な場合、腰袋に戻すのではなく、ちょっと横の壁に貼り付けておければめっちゃ便利なのに、と思う事も…..

そんな時に役立つ、ありそうでなかったマグネットベルト「Lochett™」を今回はご紹介致します。


“ありそうでない!?あらゆるものを磁石の力で吊り下げるマグネットベルト「Lochett™」” の続きを読む