胸元に引っ掛け、前屈みになっても100%落ちないサングラス「KORE Neo-Lock Sunglasses」

みなさんは、シャツの胸元や胸ポケットに差したサングラスを前屈みになった時に誤って落として無くしてしまったって経験はありませんか?
これから暑くなって来ると、男性であればTシャツやポロシャツ1枚と言った底が深く蓋のあるポケットのない服装になる事で、手軽にサングラスを脱着できる様に外したサングラスも胸ポケットや襟元に差し込んだりする事がよくあります。
そうすると、ついつい前屈みになった時にサングラスが滑り出て落としてしまったりするのですが、そう言う時に落とした先が流れのない水面ならすぐに拾い上げる事もできますが、川や海と言った流れや波のある場所ですと救出する前にアッと言う間に流れに飲み込まれてしまい運が悪ければもう二度と手元には戻って来ません。

そしてそれよりも最悪なのが、便座を上げようとして屈んで、トイレ(便鉢)の中にサングラスを落としてしまう事です。
さすがに昔の様にくみ取り式ではなく水洗なので、拾い上げて綺麗に洗えば使えますので何の問題もないのですが、気分的にトイレの中に落としたサングラスを顔にかけるのって抵抗がありますよね。
そこで今回は前屈みになっても落ちないサングラス「KORE Neo-Lock Sunglasses」をご紹介致します。

落ちない秘密はツバにあり

ところでこの「KORE Neo-Lock Sunglasses」の様に前屈みになって落ちないサングラスはないのかと言いますと、既に市販されている製品は何点かあります。
ただそれらサングラスの殆どが生地をフック等で挟み込む方式なので、服に引っ掛ける時にうまくフックに生地が引っ掛かる様に引っ掛けなければならなかったりしますので、手間がかかりますが、外す時も単純に引っ張って取り出すのでは生地を挟み込んでいますので、強く引っ張ると襟やポケットの生地を伸ばしてしまいます。

一方この「KORE Neo-Lock Sunglasses」は左右のテンプル(つる:耳に引っ掛けるパーツ)の根元のヒンジがついている付近に磁石が埋め込まれており、反対側の先っぽの先セル(モダン)に金属が埋め込まれており、テンプルを折り畳むとこの磁石と金属が引き合い、胸元に差し込めば生地を挟み込んだ状態になりますので、逆立ちしても100%サングラスが落ちる事はありません。
そして磁力で最終的に生地を挟み込むので、片手で引っ掛け、そして片手で抜くと言う動作も今まで通り行えるのがこの「KORE Neo-Lock Sunglasses」のメリットでもあります。

バイザーストラップが便利

そしてまた、プラスチック製のチューブケースの他、バイザーに巻き付けるストラップがこのサングラスには付属しているのですが、このバイザーストラップは「KORE Neo-Lock Sunglasses」を磁力を引っ付けますので、脱着し易いのはもちろんの事、運転中に日差しが強くてバイザーを降ろした時に、バイザーに引っ掛けておいたサングラスが外れて落ちたりと言う事もなくて便利です。

ラインナップは2種類

そんな「KORE Neo-Lock Sunglasses」にはリムの形状がスクエアな”RECKLESS”と横に細長い”BADLANDS”の2種類が用意されています。
またレンズはUV400カットの偏光レンズ仕様となっており、ドライブやマリンスポーツ、釣りと言った時にもお使い頂けますので、もし詳細をご覧になりたい方は下記URLをご覧ください。

https://www.kickstarter.com/projects/korebelts/kore-neo-lock-sunglasses-stay-where-you-need-them

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です