磁石を使った芯の収納システムと転がらない仕掛がとても気になる一生使えるボールペン「MAGNO-INK」

ちょっと無理をして買ったものが、結果的に壊れずにずっと使い続ける事ができていて逆に特をしたなんて事はよくあります。
例えば最近は100円均一ショップで何でも売っていますが、ボールペン1つとっても2本で100円、3本で100円と言うボールペンはインクがまだ残っているのにインクが出なくなったり、ノック式の様な可動部分があるものは壊れて芯が出なくなったり、いつの間にか部品が外れて無くなってしまったりと最後まで使えると言う様な事は本当に稀です。

一方1万円もする様なボールペンはインクも良いものを使っていますので途中でインクカートリッジの先が壊れて書けなくなると言う事はありませんし、寒くてインクが凍って書けないだとか、熱くてインクが緩んで文字が滲んだりと言う事もありませんし、何と言っても部品も精度高く作ってありますので壊れたり部品が外れていつの間にか紛失していると言う様な事もありません。

そして今回紹介しますボールペン「MAGNO-INK」もちょっと高いのですが、一生お使い頂ける上にギミックがとても面白いので、ペン先を出したり入れたりしながら中の構造がどうなっているのか想像するのも面白いですよ。

Dual-Power Magnetic Technologyがとても興味深い

まずこの「MAGNO-INK」のギミックの中で興味深いのが磁力を利用した芯の収納システムです。
ノック式のボールペンはカムと言う機械原理を利用して芯の出し入れを切り替える様に出来ているのですが、複数の部品が回転しながら芯を出し入れしたり、バネの力を使って芯を戻す(入れたり)しますので、長年使っていると部品の劣化や摩耗で引っ掛かって動かなくなったりする事もあり、長年愛用して来たボールペンの補修部品がないと言うだけで泣く泣く手放す様な事も出て来ます。
ですがこの「MAGNO-INK」は”Dual-Power Magnetic Technology”と言う磁石を使った独自の芯の収納方法でノック式の様に壊れたりする心配がまずありませんし、この「MAGNO-INK」に使われている金属はアルミ合金の一種であるジュラルミン、そしてチタン合金の2種類でどちらも非常に強くて固い金属なので、まず壊れる事はないでしょう。

そして芯の収納機構である”Dual-Power Magnetic Technology”の構造はと言うと一般的なボールペンのキャップ部分を上げる事で芯が出て、キャップ部分を縮めると芯が中に入るのですが、キャップ部分の頭に内臓した強力がネオジウム磁石が近づく事でボールペンの芯の頭に取り付けたネオジウム磁石と引き合って芯が中に入り、キャップを上げるとその磁力が弱まりそれより先(下)に内蔵されたネオジウム磁石と引き合って芯が飛び出て来る様になっているのです。
また磁力によって芯は固定されているだけで機械的には固定されていませんので、ペン先を強く押しつけると芯が引っ込む様になっており筆圧を一定にする効果もあります。

またペンを縮める事で芯が収納される仕組みとなっていますので誤って何かでペンを押さえて芯が出ると言う事がない様にしてあるのもよく考えられた仕組みです。

転がらない仕組みAnti-Roll Technology

そしてもう1つ興味深いのがAnti-Roll Technologyと言う転がらない仕組みです。
この「MAGNO-INK」はフックがついていない上に本体が円筒形をしていますので、ちょっと傾斜した場所に置くと転がって行きます。
ですがこの”Anti-Roll Technology”は起き上がり小法師の中に入っているオモリの様なもので、三日月の様な形状をしたオモリを中に仕込む事で偏芯率を高くして転がらない様になっていますので、高価なペンを床に落として傷を付けて後悔する事もないでしょう。

そんな芯の出し入れを思わず何度も繰り返してしたくなるボールペン「MAGNO-INK」は一生涯保障も謳っており、製品の品質に対する自信も窺えますので、もし詳細をご覧になりたい方は下記URLをご覧ください。

https://www.kickstarter.com/projects/omniknife/worlds-first-magnetically-powered-anti-roll-titanium-pen

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です