ホーム > タグ > ラジコン

ラジコン

子ども達の工作意欲を刺激する誰もがスマホで動くロボットを作る事ができるDIY応援キット「ELIO」

みなさんは子供さんから夏休みの自由研究を手伝って欲しいと言われて非常に困ったと言う経験はありませんか?
子供と言うのは技術的な事は全く知らずに○○が作りたいと言って来ますが、例えばドローンを作りたいと言われたら、ちょっと普通の親御さんではそれに応えてあげる事ってなかなか難しいですよね。
例えばキットを買って来て組み立てると言う事くらいはできても、1から機体を設計してと言うのは専門的な知識が必要ですし、だからと言ってラジコン・カーやラジコンボートにしなさいと言っても、実際にそれなるの知識がなければ作り上げる事ができませんし、それに操作するものが増えれば増えるほど多機能なプロポ(コントローラー)が必要となりそれに伴って費用もドンドンと膨れ上がって行きます。

そんな時に高価なプロポは買わなくても自宅に余っているスマートフォンやタブレットをコントローラーにしてラジコンを作る事ができるキットがあれば便利だと思いませんか?今回紹介する「ELIO」はそんなDIYを応援する初心者でも扱えるキットになります。

全文を読む

最高スピード時速40kmで疾走するホバークラフトラジコン•キット「Strawbees Hovercraft」

 ラジコンを初めて買ってもらって嬉しくて嬉しくてすぐに外に出て飛ばしたり走らせたりしたはいいものの、墜落させたりコンクリートブロック塀にぶつけたりするなんて事はよくある事ですし、操縦に慣れないウチはよくクラッシュさせてしまうものです。
 そこで何度クラッシュさせても壊れなければいいのですが、市販の完成されたラジコンのボディーの多くはABS樹脂等で作られていますのでカーボンや金属で作られたラジコンと比べてれば強度もそれなりですし、壊れたからと言って補修部品が売られているわけでもなく、接着剤やホットボンドやレジンで補修したとしても強度はあまりないので、クラッシュさせるとすぐに破損してしまって遊べなくなってしまいます。

 だからと言って当てるなだとかクラッシュさせるななんて事を子供に言っても慣れるまでは当てたり落としたりするものですし、逆にそれを喜んで楽しむ子供もいます。そう言う、クラッシュ大好きな子どもたちが壊れる事を気にせずに遊ぶ事ができるラジコンがこのホバークラフトラジコン「Strawbees Hovercraft」です。

全文を読む

ジャスチャーで操作するグローブ型コントローラーとモーターユニット「Ziro」

その時代時代によって子どもが欲しいおもちゃと言うものは変化しますが、昔から定番と言うものもあります。例えばレゴブロックであったりプラレールであったりリカちゃん人形であったり。そしてその中でもかなりマイナーなのですが根強い人気なのがラジコンです。最近ではおもちゃ売り場で見るラジコンと言えばドローンが幅を効かせていますが、その昔ラジコンと言えば車でした。
そのラジコンを操作するものがプロポなのですが、意外とあのプロポの操作って両手を使って操作するので慣れないとピアノで両手別々のフレーズを弾くのと同じ様に難しいものです。例えばこれが片手で操作できるとしたら片手だけに意識を集中させればいいだけですので、片手だけなら以外と簡単かもしれませんよね。

では片手で操作できるコントローラーってどう言う構造にすれば簡単にしかも様々な操作ができるのか?を考えて作られたのがこの「Ziro」です。

全文を読む

Home > タグ > ラジコン

New Topics

Return to page top

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。