一番のネックであった折り畳んだ時のサイズを劇的に縮小し、スマホマウントを内蔵するカメラ三脚「Travel Tripod」

ついつい嵩張るからと三脚を持たずに撮影に行った時に限って撮影条件が悪く、手持ちで撮影した写真の殆どがブレブレで使い物にならなかったと言うのはよくある話です。

三脚を使うと重い望遠レンズを取り付けたカメラを手に持たなくても撮影できますので楽ができると言うメリットもありますが、それ以上に周囲が暗い場合はシャッタースピードを遅くしなければ暗い写真になってしまいますので、必然的に手持ちで撮影すると身体や手の動きがそのまま写真のブレとして記録されまうのですが、三脚とレリーズを使う事で身体のブレや揺れがカメラに伝わらない為にシャッタースピードを遅くしても非常に綺麗な写真を撮影する事ができます。

また最近は動画撮影機能を持った一眼レフやミラーレスカメラがありますが、カメラを一定速度でパンさせながら動画を撮影する様な場合に手持ちだとどうしてもスピードにムラが出てしまいますが、三脚があると非常にスムーズに一定速度でパンさせる事ができますので、動画の仕上がりの質が全く違って来たりします。

と言う様に三脚は持っていると何かと撮影の役に立つのですが、重くて嵩張るのでついつい置いて行きたくなるんですよね。
その重くて嵩張ると言うデメリットを見事に解消した三脚「Travel Tripod」をご紹介致します。
“一番のネックであった折り畳んだ時のサイズを劇的に縮小し、スマホマウントを内蔵するカメラ三脚「Travel Tripod」” の続きを読む

パッと開けば三脚、パタパタと閉じればハンドグリップに、自撮り撮影が多いYouTuberにオススメな「SwitchPod」

最近のYouTuberはビデオカメラではなく一眼レフカメラの動画撮影機能を使い動画撮影をされる方が多いってみなさんご存じでしたか?
動画撮影ならビデオカメラが最適なのではと思われるかもしれませんが、最近の一眼レフの動画撮影は手振れ補正が効かす事ができたりとビデオカメラ顔負けの機能を持っているだけでなくレンズを交換する事でビデオカメラ以上に多彩な映像表現ができる他、スチール写真、つまり静止画の撮影となるとその画質はビデオカメラはもちろんの事、スマートフォンでも適いません。
しかも液晶モニターでリアルタイムで撮影している動画を確認しながら撮影できますので、ほぼビデオカメラは不要と言っても過言ではありません。

ただそんな一眼レフで撮影する際に一番困るのが自撮りです。あの細い自撮り棒のロッドの先に重いレンズを取り付けた一眼レフを取り付けたなら、いくら手振れ補正機能があり撮影した画像は静止していても、腕が重みに耐えられなくてプルプルと震えるのは必至です。

そこで今回は、その手のプルプルが来ない自撮り棒にも三脚にもなる「SwitchPod」をご紹介致します。


“パッと開けば三脚、パタパタと閉じればハンドグリップに、自撮り撮影が多いYouTuberにオススメな「SwitchPod」” の続きを読む

作業するのに両手が必要!!そんな場面で大活躍のLEDワークライト「LIGHTFORMER」

みなさんも見え辛い場所や細かな作業をする時にLEDライトを使い明るくして作業しやすい様に環境を整えるかと思いますが、その時に片手にLEDライトを持っていては作業ができない事ってよくあります。
例えば片方の手で何か材料を押さえつつもう片方の手で道具を使って穴を空けたり、削ったり、切ったり、外したり、締めたりと言う作業をする時です。
中には口にLED懐中電灯を咥えてやるよ、って方もおられますが流石に重くて大きいLED懐中電灯を長時間口に咥えてられませんし、唾液もなかなか飲み込む事ができませんので最悪は口から溢れ出る事も…..

そんな時に超便利なLED海中電灯「LIGHTFORMER」をご紹介致します。


“作業するのに両手が必要!!そんな場面で大活躍のLEDワークライト「LIGHTFORMER」” の続きを読む

ポータビリティ性を極限にまで追求し重さたった400g、自撮り棒にもなるスマートフォン用三脚「Lumapod」

スマートフォンの撮影機能があまりにも素晴らしくて、ビデオカメラやカメラを仕舞い込み、その存在すら忘れている方って割と多いのではないでしょうか?
新しいiPhone XR等は単眼レンズなのにも関わらず、撮影した写真を後から加工して背景をボカすなんて事が簡単にできてしまったりしますが、何年か前のカメラやビデオカメラはもちろんの事、現行の最新機種のカメラやビデオカメラでもそう言う機能は入っていませんので、ついついスマートフォンで何でも撮影してしまうと言うのはよく分かります。

ただスマートフォンでの撮影で一番困るのは暗い場所での撮影や、動画の撮影です。
それは何故かと言うと、手で持って撮影するのが基本のスマートフォンは身体や手の揺れで撮影した動画が揺れ、暗い場所で撮影した写真はボケてしまうからです。
ただ最近は光学手振れ補正機能(揺れに合わせてレンズを動かす事で画像の揺れをなくす機能)を搭載したスマートフォンも多くなっており手振れによる映像の揺れもマシになって来ているのですが、ビデオカメラに搭載された手振れ補正と比べると貧弱で、長時間の連続撮影で腕が疲れて来て腕がプルプルと震え出すと、その揺れを押さえる事はできません。

そこで今回は、綺麗な手振れのない映像を撮影するのに欠かせない三脚「Lumapod」をご紹介させて頂きます。


“ポータビリティ性を極限にまで追求し重さたった400g、自撮り棒にもなるスマートフォン用三脚「Lumapod」” の続きを読む

え?こんな方法があったんだ!!と思わず関心せずにはいられないiPhone用三脚ペン「Perch Pen」

スマートフォンを固定する為のスタンドや三脚って様々な形のものがあり、大手量販店で販売されている数千円のものから100円均一ショップで手軽に買えるものまで多種多様なものがあります。
それぞれ一長一短があり、プライス重視にすると見やすい角度や方向に固定できなかったり、高くてもちょっとこれは使いないと言うものがあったり、なかなか使い易い上に携帯性に優れたものってなかなか出会えるものではありません。

ですが今回紹介するスマートフォンを固定する三脚ペン「Perch Pen」は携帯性がバツグンに良い上に縦置き横置き、しかも角度も自在に好きな角度をつけられるなど素晴らしく使い易く、きっと誰もが欲しがるスタンドです。


“え?こんな方法があったんだ!!と思わず関心せずにはいられないiPhone用三脚ペン「Perch Pen」” の続きを読む

スマートフォンを縦置き横置きと差し込んで使える固定する必要のない便利な三脚「Vixari Tripod」

みなさんはスマートフォンで撮影する時にスマートフォンを固定したり立てかけたりしたいと思う様な事ってありますが、なかなかベストなアングルで置く場所もなければ置いたり立てかけたりしても微妙にアングルを変えたいと思ってもその微妙な角度の調整がスマートフォンが倒れてしまったりしてなかなか調整できないって事があるので、スマートフォンを使って撮影するなら”自撮り棒”が一番手軽に使える撮影補助器具となっているわけですが、この自撮り棒での撮影も上半身や顔だけがクローズアップされた絵にしかならず、”風景と自分”を全体的に捉えると言った様な撮影には向いていないのですが、今回紹介します「Vixari Tripod」と言う三脚なら自撮り棒並みにサッと取り出して様々なアングルからの撮影が可能です。

“スマートフォンを縦置き横置きと差し込んで使える固定する必要のない便利な三脚「Vixari Tripod」” の続きを読む

こう言うのが欲しかったんだ!!と声を大にして言いたくなる様などこにでも貼り付くスマートフォンスタンド「Tenikle」

 スマートフォンで日常的に写真を撮影すると言う方は多いかと思いますが、その写真を撮影する際にデジタルカメラでは困る事はないのにスマートフォンでは困る事って何だと思いますか?
 おそらく一番多いのが片手持ちで撮影する時です。一一眼レフもそうですが、コンパクトデジタルカメラでも片手で持ってシャッターを切ると言う動作はそんなに苦労する事なくできますが、スマートフォンの場合は片手で持って、画面に表示されているシャッターボタンを押すのもカメラ撮影時だけボリュームボタンがシャッターになる様なスマートフォンでも結構持ち辛くて、例えば自撮りで誕生日ケーキのロウソクを吹き消す瞬間を撮影するなんてのは自撮りではブレブレのゴースト写真しか撮影できないのは撮影した事がある方であれば既に経験済みだと思います。

 そんな時に便利なのが三脚なのですが、三脚も置く為の場所が必要だったりして三脚を置くスペースが必要だったりアングル的に高さが足りなかったりと便利な様でシチュエーションによっては不便なシーンも多々あります。

 そんな時に超便利なのがこの「Tenikle」と言うタコの足やヒトデを連想させるスマートフォンスタンドです。


“こう言うのが欲しかったんだ!!と声を大にして言いたくなる様などこにでも貼り付くスマートフォンスタンド「Tenikle」” の続きを読む

どんな場所にでも置く事ができるポータブル三脚「Platypod Ultra」

 みなさん、写真を撮影する際に三脚を使ったりされる事がありますが、その三脚が置けなくて困ったって経験はありませんか?
と言いますもの三脚も様々なサイズがありますが、三脚の足を広げて立てるにはそれなりの場所が必要です。ですが場所によってはそんな三脚を立てるスペースすらない場所もあります。例えばこのアングルから撮影したいけれど、このアングルで撮影するにはゴツゴツした岩場の上や階段の手すりにカメラを載せなければ撮影できないだとか、この電柱にくくりつけられれば撮影できるのにと言った状況って実際にあります。

 そう言う普通の三脚では100%三脚を立てる事ができない場所で使える三脚がこの「Platypod Ultra」です。


“どんな場所にでも置く事ができるポータブル三脚「Platypod Ultra」” の続きを読む

フレキシブル5本足の三脚「GEKKOPOD」

あなたはゴリラポッドって三脚を使ってますか?卓上型の足の短い三脚なのですが、足がクネクネと曲がるので、巻き付けて使える三脚なのです。フェンスやポール、自転車のハンドルと、色々な所に取り付けたり、デコボコした岩場の上に置いたりしても、足を曲げてうまく調整すれば安定して置く事ができたりしますので、とっても使い勝手の良い三脚なのですが、足がボール状のものが連なっているので、細い棒状のものに巻き付くのはちょっと苦手かな?と言う場面もあります。

この「GEKKOPOD」はヒトデの様な可愛い形をしていて、ゴリラポッドと同じ様に足がクネクネと自在に曲がる三脚(五脚!?)です。足が3本から5本になり、足が平らになっているので、より密着度が上がった作りになっています。この形状なら細いポールでも巻き付いて離れなさそうですよね。自撮り棒がなくても、棒があれば自撮り棒に早変わり!!

“フレキシブル5本足の三脚「GEKKOPOD」” の続きを読む