遂に出た!!セルフィー撮影を劇的に楽にするMagSafeに対応したスマホグリップ「SnapGrip」

スマートフォンの大型化によって1番影響を受けているのが写真や動画の撮影です。
モニターサイズが4インチクラス頃は片手持ちでもしっかりとホールドして親指を巧みに伸ばして操作できましたので、片手での写真や動画撮影も非常に安定して出来ましたが、今の画面が大型化したスマホでは片手持ちでの操作は非常に危なっかしく、それは写真や動画の撮影も同じで、セルフィー(自撮り)する際にスマホを落としたしまった事があると言う方も少なくないはずです。

そこで登場したのがスマホグリップと呼ばれるガジェットで、これは何かと言うとスマートフォンのホルダーとしても機能するリモートシャッターで、ちょうど形状が一眼レフのシャッターボタン周辺のグリップ部分にスマホホルダーを合体させているので、一眼レフを片手持ちで撮影するのと変わらない安定さで撮影する事が出来るのが特徴で、今回紹介するスマホグリップ「SnapGrip」は何とMagSafe対応なのです。


MagSafeがもたらしたイノベーション


従来のスマホグリップはホルダー部分にスマートフォンを挟み込む為、脱着に時間を要した為、急に撮影したい時など間に合わない事もあったのですが、今回紹介するスマホグリップ「SnapGrip」はiPhone12以降に実装された磁力吸着ワイヤレス充電システムMagSafeに対応していますので、近づけるだけで装着できてしまいますのでより素早く撮影に以降する事ができますし、無駄につけっぱなしにしておく必要もありません。

更にMagSafeはスマートフォンを縦向きにする事を可能としました。
従来のスマホグリップはスマホをホルダーに固定しますので横向き撮影が基本で、縦向きの画像を撮影しようとすると手を上下に向けて撮影しなければいけなかったのですが、この「SnapGrip」ではスマートフォンを90°回転させる事で縦向き撮影が可能になりますので、グリップは横向きでしっかりとホールドし、画像は縦向きでスマホグリップのシャッターボタンを押して撮影する事が可能となりますし、横向き撮影したければまたスマホを90°回転させるだけなの超便利です。

またMagSafeで出来るのはそれだけではなく、何とQiワイヤレス充電で最大5Wでスマートフォンをワイヤレス充電する事ができるのです。

更にこのスマホグリップをテーブルの上に置くとスマホスタンドとしても利用できる様に12.5°の傾斜がつけて立つ様になっており、写真や動画の撮影以外にも活用する事ができます。


三脚SnapPod


またこのスマホグリップは同時に三脚もリリースし、当然の事ながらMagSafe対応で何のアダプタもホルダーに必要なくMagSafe対応のiPhoneや、MagSafe磁気ステッカーを貼ったAndroidスマートフォンを取付け安定した撮影を行う事ができます。

また足を畳めば一脚に様な使い方も出来ますし、この「SnapGrip」全体のシステムとして素晴らしいのは、スマホグリップをスマホに取り付けた状態のまま、三脚SnapPodにも取り付けられる事で、手持ちから三脚撮影、三脚撮影から手持ち撮影へとスムーズに撮影移行する事ができます。


自撮りに欠かせないLEDライトSnapLight


そしてまた三脚の他に明るさを4段階調整できるリング型のLEDライトもオプションで用意されており、このLEDライトもスマホグリップや三脚にMagSafeで脱着させる事ができる様になっており、自撮り撮影やzoom等に利用する事ができます。

またこの他にもレンズやストラップと言ったオプションもラインアップされており、どう言ったスマートフォンに使えるのか、またどう言ったカラーラインアップあるのかなどを含めて下記URLにて詳細はご確認下さい。

https://www.kickstarter.com/projects/shiftcam/snapgrip-magnetic-snap-on-camera-grip-battery-for-your-phone

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。