ペン先がまた乾いて固まってしまった!!そんな事にはならない画期的な万年筆「IndiGraph Pen」

人間肩書きがついてステイタスが上がると持っているものもそれなりに拘りたくなって行きますが、中でも使い慣れないと厄介なのが万年筆です。
万年筆は正しく持たないとインクが出ずに擦れた文字になりますし、逆に筆圧が高いとペン先が割れてインクがドバッと出てしまい文字が滲みます。
しかも万年筆は線が細いので書いた文字のアウトラインが如実に分かり字の綺麗さが要求されますので、万年筆を使われる方は字に対してそれなりに自信がなければ使えません。

そしてそれよりも、万年筆は使わなかった期間が長くなりインクが乾いてしまうとカートリッジ式にしろコンバーター式にしろ書ける様にするまでが大変なのです。

基本的にインクが固まった万年筆のペン先はぬるま湯に浸けインクを温め溶かして綺麗に洗い流さなければなりませんし、その際に作業を素手でやると指がインク色に染まってそれこそ大変です。
更にコンバータ式のものはインクを溜めるタンクになっているコンバータの中も洗わなければなりませんし、水分を中に残してはいけないので洗った後に乾かすのも大変です。

でも万年筆って何かの契約書にサインする様な時にしか使わないしと言う方向けのインクの乾かない万年筆「IndiGraph Pen」をご紹介致します。
“ペン先がまた乾いて固まってしまった!!そんな事にはならない画期的な万年筆「IndiGraph Pen」” の続きを読む

一生使える筆記具が欲しい!!そんな方に贈るチタン合金製 3in1ペン「Ti Ultra」

若い頃は100円均一ショップで売られているボールペンで良くても、会社で役職がついたり自分で起業をしステイタスが上がるとボールペン1つとっても拘りたくなります。
特にサイン・署名したりする様な時はボールペンよりも万年筆の方がいつも書いているサインでも上手に見えるだけでなく、万年筆=一流のビジネスマンと言う構図が万年筆の歴史において出来上がっていますので、あなた自信のステイタスに寄与します。

そこで今回はチタン合金と言う最強に硬くて軽いと言う筆記具にはベストな金属を使う作られた 3in1ペン「Ti Ultra」をご紹介致します。
“一生使える筆記具が欲しい!!そんな方に贈るチタン合金製 3in1ペン「Ti Ultra」” の続きを読む

是非とも自分の筆箱に入れておきたい、分度器にもコンパスにもなる7つの機能を持った文房具「MAGCON」

みなさんは円を描く際にコンパスを持っておらず、2本の鉛筆やシャープペンシルの先を紐で結んで円を描いたなんて事ってありませんか?
あまりコンパスって学校の授業でも使わないので定規や三角定規と比べてよく忘れたりしますが、それを見越してか定規に穴を空け、0cmの位置の穴ともう一方の定規に沿って開けられた穴に鉛筆やシャープペンシルを差し込んで円を描く事のできる定規があり、ミリ単位の半径の円を要求されていなければ、こう言う簡易的なコンパスの機能を持った定規も便利です。

ですが今回紹介します定規「MAGCON」は角度も測れる分度器要らずの定規なので、円を描いたり角度を計測したりする事が多い方には超オススメです。


“是非とも自分の筆箱に入れておきたい、分度器にもコンパスにもなる7つの機能を持った文房具「MAGCON」” の続きを読む

インクの交換が数秒でできる、可動部分がないから壊れないボールペン「ManualPen」

壊れないボールペンと言われて、みなさんならどう言うボールペンを想像しますか?

ボールペンの壊れる原因の1つはノック式のボールペンであればペンの頭の部分にあるカチカチと言うラッチ機構で、スクリュー式のものやキャップ式のボールペンは部品の紛失でしょう。

ですが今回紹介する「ManualPen」は、そう言った壊れる原因となる可動部分が一切なく、ペン先のカバーの様な外れる部品が1つもないので、100%壊れる事がありません。


“インクの交換が数秒でできる、可動部分がないから壊れないボールペン「ManualPen」” の続きを読む

紙に穴を空けず、しかも誰もが綺麗に真円を描く事のできるデザイン用コンパス「Rotio」

みなさんも学生時分に算数や数学の授業、そして理科の授業でコンパスを使って円や半円、扇形などを描いた事があると思いますが、その時にズレずに円を描く事はできましたでしょうか?

コンパスって半径の長さを定規を使ってセットし、針を紙の上に落とし、ちょっとテンションをかけながら上手に指や腕を使ってコンパスを360度回せば簡単に円を描く事ができるのですが、押さえつける力が強いと紙に刺さっている針の穴が段々と大きく広がって来たり、緩めに締まっているコンパスが急に閉じて半径が短くなったりする事がよくあります。

なのでうまく力加減をコントロールして描くしかないのですが、いくら力加減をうまくコントロールしても針を刺した所に穴が空くのは防ぎようがありません。

そこで”中心器”なるガジェットがあるのですが、この”中心器”は円形のプラスチックに滑り止めが貼り付けてありまた、その中心に針を置く窪んだ穴が設けられており、円の中心に”中心器”を置き、そして中心器に針を置いて円を描く事で紙に穴を描く事ができます。

できますが、前述した様に力を入れて濃い線を描こうとするとコンパスが閉じたり、ボールペンでもうまく角度をつけないとインクが紙に乗らなくて擦れたりと上手に描くにはテクニックが必要です。

そこで今回は誰もが穴も開かずしかも失敗せずに円や半円や扇形を描く事のできるデザイン用コンパス「Rotio」をご紹介致します。


“紙に穴を空けず、しかも誰もが綺麗に真円を描く事のできるデザイン用コンパス「Rotio」” の続きを読む

0.5mmと0.7mmの芯を使い分ける事ができる一生涯保障のシャープペンシル「Grafton Mechanical Pencil」

みなさんは最近、文房具売り場に行かれた事はありますか?
学校を卒業して10年も文房具を買いに専用売り場に行った事がなければきっとその進化にビックリしますよ!!

例えばその良い例が筆記具で、フリクションペンと言って消しゴムで消す事のできるボールペンです。今までボールペンで書いた字は消えませんでしたから、それを修正しようと思うと修正液や修正テープが必要でしたが、そう言うものが一切必要なくなりました。
そしてシャーペン(シャープペンシル)の進化も素晴らしく、例えばシャーペンの頭をノックせずともシャーペンを振るだけで芯の出て来るシャーペンはかなり昔からありましたが、最近のシャーペンは振らずとも自動的に芯が出て来たり、ペン先に力を入れすぎると芯が折れない様にペン先や芯そのものが凹んで力を吸収するものや、芯の出て来るペン先が鉛筆削りの様になっており、芯が出る度に芯先をけ削ってピンピンにしたり(おかげで折れやすい0.3mm等と言った芯を使わずに0.7mmの芯でも0.3mm並の細くて細かい線が描ける様になりました)。

と言う様に様々な使い勝手を向上する機能がついた文房具が増えて来ています。

今回紹介するシャープペンシル「Grafton Mechanical Pencil」は特徴的な機能はありませんが、使い勝手は良く一生お使い頂けるシャーペンである事は間違いありません。


“0.5mmと0.7mmの芯を使い分ける事ができる一生涯保障のシャープペンシル「Grafton Mechanical Pencil」” の続きを読む

手の大きさに合わせて長さが変わり750種のインクが使えるグレード5チタン合金製ボールペン「Ti Arto EDC」

みんさんは筆記用具に拘りは持っておられますか?
シャープペンシルもボールペンも100円均一ショップで買えるものから、シャープペンシルでもただ普通に書いているだけなのに勝手に芯が自動で出て来るン千円するものや、ボールペンはいわゆるブランドものもありますので数万円するものまでたくさんあります。

ただ筆記用具だけは他人が使ってこれが良い!!と推薦してくれても手の大きさや指の長さ、そして筆圧によっても書きやすさは変わって来ます。

ではどう言うボールペンが書きやすいのかと言いますと、基本的には軽ければ軽いほど良く、しかもペンを握った際に人差し指の第2関節とボールペンが当たる位置にボールペンの重心があると一番手に負担がかかりませんので長時間書き続けても腕が疲れると言う事がないのですが、実際に持って書いてみないとそんな事は分かりませんので通信販売で買うと言うのは”賭け”に近い様なものなのですが、この「Ti Arto EDC」に至ってはペンの方が手に合わせて重心の位置を変える事ができますので、そう言う持ち辛いと言う事がありません。


“手の大きさに合わせて長さが変わり750種のインクが使えるグレード5チタン合金製ボールペン「Ti Arto EDC」” の続きを読む

押したら芯が引っ込み、引けば芯が出るちょっと変わったギミックのボールペン「Magno Ink」

さてみなさん、ボールペンの芯を出す時にはどの様な操作をしますか?今販売されているボールペンの殆どが、頭の部分のノッチ(ノック)を押すか、ペン先の部分のスクリューを回して芯を出すかのどちらかだと思います。
ですが今回紹介しますボールペン「Magno Ink」は、押すのでも回すのでもなく頭の部分を引っ張る事で芯は出て来るのです。と書いてサラッと読まれると、”あっそうなのか”で終わってしまいますが、よく考えてみて下さい、引っ張ったら芯が出て、押したら芯が引っ込むなんてどう言う構造をしているのだろうとは思いませんか?


“押したら芯が引っ込み、引けば芯が出るちょっと変わったギミックのボールペン「Magno Ink」” の続きを読む

色をスキャンし1600万色の色を作り出すフルカラー・ペン「CRONZY Pen」

夏休みももう残り少なくなり、学校の宿題に追われている学生もいるかと思いますが、そんな夏休みの宿題の定番課題の1つとして写生やスケッチがありますよね。
見ているモノや風景の一部を切り取ってそれを紙の上に再現するのってとても難しい事ですよね。それは見ているモノの輪郭を描いて行くのもそうですが、見ている風景の色を再現するのも意外と難しいものです。
例えばスタンダードな14色であったり15色であったりする絵の具しか持っていない場合、例えば人物を描いた時に肌色を再現するのって茶色と白で作り出す人もいれば、オレンジに黄色や赤を加える方法もありますが、それを知らなければ色の調合って難しいですよね。

そんな知っていなければ難しい色の再現を1本のペンでしてしまう事ができるペンがこの「CRONZY Pen」なのです。


“色をスキャンし1600万色の色を作り出すフルカラー・ペン「CRONZY Pen」” の続きを読む

ステンレス製の電動消しゴム「304 Stainless Steel Electric Eraser」

あなたは電動消しゴムを使った事がありますか?出た当時はよく流行った気がしますが、最近ではあまり見かけないような……でも鉛筆でデッサンをしたり、鉛筆で製図をしたり、消しゴムで消す機会の多い人や、ピッチ間隔の短い並んで書かれたラインを横の線まで消さないで1本だけ消したい!!みたいな、作業には非常に向いている消しゴムです。100均でも実は売っていたりしますが、使っていて不満に思う事はモーター音がうるさい事もそうなのですが(うるさいだけで消せないって言う)、トルクが低い事。消しゴムですから、それを紙に強く押し当てると元々、摩擦係数(抵抗)の高い物質ですから(それで消している様なもので)、それに打ち勝つだけのトルクがモーターには必要になって来ますよね。

そんな不満点を解消してくれそうな電動消しゴムがこの「304 Stainless Steel Electric Eraser」です。

“ステンレス製の電動消しゴム「304 Stainless Steel Electric Eraser」” の続きを読む