スマートフォンに手振れ補正機能をつけたい!!と言う方の為のコンパクトで安価なスタビライザー「Pocket」

最近のハイエンドスマートフォンにはビデオカメラに当たり前の様に搭載されている光学手振れ補正機能が内蔵されたカメラが採用されています。
この光学手振れ補正がある事で、撮影した画像がボヤけたり、動きながら動作を撮影する際に画面が上下左右に揺れた映像ではなく、滑らかにスムーズに動く映像に仕上げる事ができます。
中にはデジタル手振れ補正と言って、撮影した映像の中からある被写体を中心に据えて画面の一部分を抜き出して繋げて行く事で、ブレていない映像に編集してしまうと言う方法が動画ではできたりするのですが、周囲が暗い場所で撮影された映像で、元の映像1フレーム、1フレームそのもが光量が足りなくてゴーストがかっていたら、それはデジタル補正では補正できない事も多々ありますし、静止画(写真)となると補正のしようがありません。

だからこそ光学手振れ補正(簡単に言いますと動きに合わせてレンズの角度を変える事で写している被写体を固定する事ができる技術です)が効いて来るのですが、スマートフォンに手振れ補正機能を追加しようとすると”ジンバル”と言う選択肢しかありません。
ジンバルと言うのは電動でスマートフォンの向きを上下左右に変える事ができる装置で、例えば夜間に月の動きに合わせてジンバルのを動かして一晩月をずっと撮影すると言う様な撮影を自動で行う事もできる上に、スマートフォンが上下左右に動くので結果的に手振れ補正もできます。

ただその為に装置は大きく重く、そして高価です。そこでそんな高機能なものはいらない、上下のブレだけ補正してくれば良いと言う方の為のスタビライザー「Pocket」を今回はご紹介致します。


“スマートフォンに手振れ補正機能をつけたい!!と言う方の為のコンパクトで安価なスタビライザー「Pocket」” の続きを読む

自撮りが楽になるだけでなくスマートフォンを一眼レフに変えてくれるスマートフォン用グリップ「Pictar Pro」

自撮りをするのも昔のiPhoneSE当たりの画面が4インチサイズのスマートフォンであれば親指と中指や薬指でスマートフォンを挟んで人差し指で器用にシャッターを押すと言った事も簡単にできましたが、iPhone Xs Maxや 7 Plusや 8 Plusクラスになるとスマートフォンの幅が80mm近くになる上に重くなるので流石に2本の指でスマートフォンを挟んで人差し指で画面に表示されるシャッターボタンをタップして写真を撮るのは、腕がプルプルしてかなり大変なものがあります。

そこで便利なのが一眼レフカメラの様に握って持てるスマートフォン用のグリップです。グリップにスマートフォンをセットして持つ事で手でしっかりと固定できるだけでなく、グリップについたシャッターボタンでシャッターを切る事ができますので、腕にもそんなに負担がかかりません。

そこで今回はそんなスマホ用グリップの中でも最新のiPhone Xs/Xs Max/ XRに対応し、一眼レフ並に細かな撮影設定が可能な「Pictar Pro」をご紹介致します。


“自撮りが楽になるだけでなくスマートフォンを一眼レフに変えてくれるスマートフォン用グリップ「Pictar Pro」” の続きを読む

こう言うのが欲しかったんだ!!と声を大にして言いたくなる様などこにでも貼り付くスマートフォンスタンド「Tenikle」

 スマートフォンで日常的に写真を撮影すると言う方は多いかと思いますが、その写真を撮影する際にデジタルカメラでは困る事はないのにスマートフォンでは困る事って何だと思いますか?
 おそらく一番多いのが片手持ちで撮影する時です。一一眼レフもそうですが、コンパクトデジタルカメラでも片手で持ってシャッターを切ると言う動作はそんなに苦労する事なくできますが、スマートフォンの場合は片手で持って、画面に表示されているシャッターボタンを押すのもカメラ撮影時だけボリュームボタンがシャッターになる様なスマートフォンでも結構持ち辛くて、例えば自撮りで誕生日ケーキのロウソクを吹き消す瞬間を撮影するなんてのは自撮りではブレブレのゴースト写真しか撮影できないのは撮影した事がある方であれば既に経験済みだと思います。

 そんな時に便利なのが三脚なのですが、三脚も置く為の場所が必要だったりして三脚を置くスペースが必要だったりアングル的に高さが足りなかったりと便利な様でシチュエーションによっては不便なシーンも多々あります。

 そんな時に超便利なのがこの「Tenikle」と言うタコの足やヒトデを連想させるスマートフォンスタンドです。


“こう言うのが欲しかったんだ!!と声を大にして言いたくなる様などこにでも貼り付くスマートフォンスタンド「Tenikle」” の続きを読む

手を伸ばしてダメなら足を伸ばせば撮影できるじゃないか!!自撮り用スマートフォンホルダー「SelfieFeet 2.0」

 世の中、様々なアイデアを持っている方はたくさんおられ、時にはちょっとバカげでいる様なアイデアでも、”それいいんじゃない”と言うアイデアもその中にはあります。
今回紹介するスマートフォンフォルダー「SelfieFeet 2.0」はセルフィー(自撮り)する為のスマートフォンフォルダーなのですが、「SelfieFeet 2.0」についているのは自撮り棒の様な長くて細い棒ではなくて、何と!!ゴムバンドなのです。でもこのゴムバンドが意外な程に関心させられる技術なのです。


“手を伸ばしてダメなら足を伸ばせば撮影できるじゃないか!!自撮り用スマートフォンホルダー「SelfieFeet 2.0」” の続きを読む

スマートフォンケースから分離して飛び立つ自撮り撮影可能なドローン「SELFLY Camera」

 じゃぁちょっと写真でも撮ろうか?と言ってスマートフォンを裏返したらスマートフォンケースからドローンが分離して飛び立ち、こちらにカメラを向けて自動でパチリと撮影してまたスマートフォンケースに何事もなかった様に戻る、そんな夢の様なドローンがあれば欲しいと思いませんか?

 と言いますのも”自撮り棒”も便利な道具ではあるのですが、わざわざ持ち歩く必要がありスマートフォンケースと合体しているこのセルフィードローン「SELFLY Camera」ならそう言う手間がありませんし、何と言っても人数が多くなればなるほどカメラは離さないとフレーム中の中に全員が収まりませんが、自撮り棒の棒の長さは有限ですからいくら離そうと思っても棒の長さ以上には離す事はできませんから、やはりそう言う時には「SELFLY Camera」があれば電波の飛距離(WiFiを使用しているので100m程度は大丈夫だろうと思います)までなら離して撮影できますし、撮影アングルも真正面以外にも真上からと言ったアングルや自撮り棒やその他の方法では絶対不可能な俯瞰的なアングルでの撮影も可能です。


“スマートフォンケースから分離して飛び立つ自撮り撮影可能なドローン「SELFLY Camera」” の続きを読む

ケースから取り出しフワと投げれば空中で静止する自撮り専用ドローン「AirSelfie」

 自撮り棒は便利な反面、不便な面も多々あります。例えば全身を収める写真が撮れない、引いて撮影すると自撮り棒が写り込んでしまう、多人数で撮影できない、そして何より撮影アングルが真正面からか、上からか、たまに下から見上げる様に撮影する人もいますが、自撮り棒で撮影した画像のアングルって殆ど決まっていると言う事です。
 たまには周りの風景も入れて自分も全身入ってと言う画像を撮影しようと思ったらやはりこの自撮り撮影専用のドローン「AirSelfie」の出番です。


“ケースから取り出しフワと投げれば空中で静止する自撮り専用ドローン「AirSelfie」” の続きを読む

挟む場所がなくてもどこにでも貼りつく自撮りを助けるスマートフォンフォルダー「GekkoGum」

スマートフォンで自撮りをする時に自撮り棒が便利なのは使っている人はわかっていますが、実際問題として自撮り棒を禁止している観光地やアミューズメント施設も次第に出て来ており、なおかつ少人数であれば自撮り棒でも全員アングル内に収まる事も可能ですが、大勢になると自撮り棒では長さが足りずに全員が収まらない事だってよくありますし、回りの景色やオブジェを一緒に入れる様な場合でも自撮り棒では無理と言うシチュエーションも多々あります。

そう言う時にどんなものでもスマートフォンやGoProをはじめとするアクションカメラを固定する為の固定具として使える様にするガムの様なものがこの「GekkoGum」です。


“挟む場所がなくてもどこにでも貼りつく自撮りを助けるスマートフォンフォルダー「GekkoGum」” の続きを読む

ユーチューバーの自撮りに最適な自動追尾機能を搭載した雲台「Picbot」

今ではスマートフォン1台あれば特別な機材はなくても簡単に誰もがユーチューバーになる事ができる時代です。ただYouTubeに動画を投稿してそれなりの試聴回数を稼ごうと思うと、動画を編集してテロップを入れたり、効果音を入れたり不要なシーンをカットして映像を繋いだりと言う編集作業も重要ですが、それ以前に動画を撮影しなければいけません。
ゲーム実況ならゲームをプレイしている画面を録画すればいいだけですが、何かを行ったり紹介したりと自分を登場させなければならない場合1人で撮影するとなると最低でも三脚さえあれば何とか撮影をする事はできますが、動き回わって撮影するとなるとフレーム画面からはみ出てしまう為に動ける範囲も制約されます。

そう言う、自撮り撮影でも自由に動けてフレームからはみ出ない様に撮影の補助をしてくれるのがこの雲台「Picbot」です。


“ユーチューバーの自撮りに最適な自動追尾機能を搭載した雲台「Picbot」” の続きを読む

自撮りを本気で考えた1200万画素カメラ搭載の自動撮影ドローン「UP&GO」

自撮りと言えばあたなは何を想像しますか?やはり”自撮り=自撮り棒”を頭に思い描く方が多いかと思いますが、これからは”自撮り=ドローン”って言う時代になるかもしれませんよ。
それは何故かと言うと技術イノベーションでドローンの自動操縦機能が飛躍に高まっている事です。以前からドローンには加速度センサー、ジャイロセンサーを使って機体を安定的に保つ事はできましたが、操縦は人力に頼っており、例えば風の強い場所での飛行は機体が流されてしまい同じ場所へ止まらせると言うのは操縦者の技量に左右されよほど熟練者でないと気象条件が悪い状態での飛行は無理でしたが、近年は気圧センサーや地磁気センサー、GPSを取り入れて風で流される機体を自動的に一定場所から動かない様に止まらせると言った制御が発達して来ました。

そんな最新の機体制御技術を用いた自撮り撮影用ドローンがこの「UP&GO」です。


“自撮りを本気で考えた1200万画素カメラ搭載の自動撮影ドローン「UP&GO」” の続きを読む