自撮りが楽になるだけでなくスマートフォンを一眼レフに変えてくれるスマートフォン用グリップ「Pictar Pro」

自撮りをするのも昔のiPhoneSE当たりの画面が4インチサイズのスマートフォンであれば親指と中指や薬指でスマートフォンを挟んで人差し指で器用にシャッターを押すと言った事も簡単にできましたが、iPhone Xs Maxや 7 Plusや 8 Plusクラスになるとスマートフォンの幅が80mm近くになる上に重くなるので流石に2本の指でスマートフォンを挟んで人差し指で画面に表示されるシャッターボタンをタップして写真を撮るのは、腕がプルプルしてかなり大変なものがあります。

そこで便利なのが一眼レフカメラの様に握って持てるスマートフォン用のグリップです。グリップにスマートフォンをセットして持つ事で手でしっかりと固定できるだけでなく、グリップについたシャッターボタンでシャッターを切る事ができますので、腕にもそんなに負担がかかりません。

そこで今回はそんなスマホ用グリップの中でも最新のiPhone Xs/Xs Max/ XRに対応し、一眼レフ並に細かな撮影設定が可能な「Pictar Pro」をご紹介致します。


ではまず最初に「Pictar Pro」の機能から見て行きます。
「Pictar Pro」には撮影時に撮影する被写体が暗かったり、白飛びしている様な場合に明るさを変更できるダイヤルと、スポーツモードや夜景モードと言ったコンパクトカメラによく備わっている、撮影する被写体に合わせてカメラの設定をベストな設定に変更するモード変更ダイヤルが装備されており、9つの撮影モードからダイヤルを回すだけで簡単に撮影シーンを変更する事ができます。

またその他にシャッターボタンはもちろんですが、人差し指で操作するズームボタンも備えていますので、グリップ回りの使い勝手は一眼レフと比べて遜色がない程使い易く作られています。
またこの「Pictar Pro」には1,400mAhのバッテリーが内蔵されており、ちょっとスマートフォンを充電するのいは少ないのですが、いざと言う時にワイヤレス充電に対応したスマートフォンをワイヤレス充電する事も可能になっています。

そしてその他にこの「Pictar Pro」には一眼レフには付きもののファインダーが付属しています。
そしてこのファインダーを「Pictar Pro」に装着すると何と!!ファインダーにピッタリと収まるサイズで画面が縮小表示されファインダー越しにカメラが捉えている映像や撮影に関する情報を一眼レフの様に確認する事ができます。
これにより例えば晴天で太陽がギラギラと輝く様な日中で周囲が非常に明るくて液晶モニターを最大まで明るくしても見えない様な時、このファインダーが周囲の光が遮って見やすくしてくれると言うわけです。

そして撮影時には専用のカメラアプリケーションを使う事でjpegの他にRAWモードでファイルを保存できる他、シーンを選んでオート撮影する他にISOやホワイトバランス、シャッタースピードもマニュアルでもちろん変更できますし、各種フィルターも用意されており多彩な映像表現をする事ができます。
また水平ラインを出す為のラインを表示したり、フォーカスをマニュアルで変えられるのもこの「Pictar Pro」の特徴で、Xs等は後から深度を変えてボケ味を出す事ができますが、それ以外のスマートフォンでも似た様なボケ味を出した写真を撮影する事ができます。

そしてその他に1/4インチネジマウントを備え三脚にセットできる他、シューアダプターも上面についておりフラッシュやライト、マイク等も増設できる様になっています。

そんな素晴らしい機能満載の「Pictar Pro」に装着できるスマートフォンはiPhone6以降のiPhoneと、サムスンのギャラクシーシリーズ、SONYのXperiaシリーズ、Huaweiのここ2年以内にリリースされたスマートフォンと使える機種は限定されていますが、このグリップがある事でかなり撮影はし易くなるはずですので、詳細を含めて自分の持っているスマートフォンが対応しているかの確認は下記URLをご覧ください。

https://www.kickstarter.com/projects/mymiggo/pictar-pro-dslr-your-smartphone

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です