泥汚れや食べこぼしを弾き、汗の嫌な臭いの発生を抑制するピケポロシャツ「LABFRESH」

これからの季節、汗をかく機会が増えますが、汗をかくと気になるのが臭いです。
特に人と会う機会が多く汗っかきな方は衣服を汗で濡れた状態で放置しておくと臭いの元となるバクテリアが繁殖し、自分ではその臭いに慣れていますので気付かないのですが、相手に嫌な思いをさせてしまいます。

そこで制汗剤と言うアイテムがあるのですが、制汗剤は汗腺や毛穴に栓をしたり、汗腺や毛穴を引き締めて汗の出口を狭くして汗の分泌を抑制していますので、脇の下程度なら問題ありませんが、全身に塗って汗の出方を悪くすると言うのは逆に体温が上がり身体に悪影響を及ぼしますので汗は自然に出した方が良いのですが…..

そこで今回は汗の臭いを抑制するだけでなく撥水効果も持ったピケポロシャツ「LABFRESH」をご紹介致します。
“泥汚れや食べこぼしを弾き、汗の嫌な臭いの発生を抑制するピケポロシャツ「LABFRESH」” の続きを読む

汗をたっぷりとかく夏場でも、6日間は洗濯せずとも臭わないソックス「MP Premium Socks」

みなさんは1日履き続けた靴下が何故臭うのか、そのメカニズムはご存じですか?
それは生乾きの雑巾や洗濯物が臭うのと実は同じです。
生乾きの雑巾も洗濯物も濡れている事で雑巾や洗濯物の湿度は周囲の空気よりも高く保たれています。そしてそこに空気中を浮遊する雑菌が付着し、室温15℃、湿度50%以上をキープすると雑菌が繁殖・増殖してあの嫌な生乾きの臭いを放出します。

一方靴下で繁殖する雑菌は温度35℃〜42℃とちょうど体温に近い温度で繁殖するので、汗を良くかき高湿となる夏場は、更に繁殖力が強くなり強烈なチーズや納豆が腐った様な強烈な臭いを発しますので、その条件のうち温度か湿度のどちらかが繁殖条件の範囲内に入ってなければ繁殖はしませんので、冬場は割とマシなのです。

でも今回紹介する靴下「MP Premium Socks」は夏場でも冬場でも最大6日間は履き続けても臭わない靴下なのです。
“汗をたっぷりとかく夏場でも、6日間は洗濯せずとも臭わないソックス「MP Premium Socks」” の続きを読む

100%防水なのに靴の中の湿気を外部に放出できるから、素足で履いても臭わないスニーカー「Vessi」

みなさんは靴が臭くなる原因ってご存じですか?
カビや細菌が繁殖する条件を思い出してもらえば大方予想はつくかと思いますが、温暖多湿である事が絶対条件です。
つまり汗をかいて湿度が上がり、体温で一定温度に保たれている靴の中と言うのはカビや細菌が繁殖するにはパーフェクトに条件が整っており、汗をかいて多湿状態が続けば繁殖するカビや細菌は空気中を常に漂っていますので、新品の靴でも、洗って綺麗に乾かした靴でも同じ様に臭います。
ましてやこれからみなさんがよく履かれるロングブーツなどは通気性が悪く汗が外部へ発散されない上に、冬の冷たい空気をシャットアウトしてブーツの中を温かく保つ為に外気が入らない様に密閉していますので、、ブーツはとても臭いがきついのです。

しかも消臭スプレーを振ったとしてもそれは一時的で、カビや細菌は空気中を漂っていますから、それらが再び靴の中に入ればたちまちカビや細菌は繁殖してまた元の様に臭います。

そこで今回は消臭せずとも臭わないスニーカー「Vessi」をご紹介致します。


“100%防水なのに靴の中の湿気を外部に放出できるから、素足で履いても臭わないスニーカー「Vessi」” の続きを読む

夏の革靴のあの不快感!!そしてあの蒸れた臭いを防いでくれる画期的な革靴「Youngsense」

 革靴と言われてあなたはどう言うイメージを持っていますか?革靴と言うとビジネスマンの定番シューズですが、この革靴って通気性がない上に汗をかくと汗が蒸発しないまま靴下がその汗を吸って、それでも吸えない汗は靴底にたまり、あの嫌なムワ〜とした異臭を玄関で放ち、家族からも嫌がられます。
 ですから夏は通気性の良い革靴を履く様にしていると言う方でも、この夏の強い日差しの下で1日中外を歩いていれば靴下は汗で湿りそして足の皮膚はプールに長時間入った後の様にふやけていますし、靴の中もその汗で濡れ、その汗に含まれる皮脂等を栄養にしてバクテリアや細菌が繁殖してあの嫌な臭いを放ちます。

 ではどうすれば汗をかいてもカラッと靴の中は乾いている状態が保て、そして汗が靴底にたまらずに細菌やバクテリアが繁殖しないのか?それを突き詰めて設計・デザインされた革靴がこの「Youngsense」たちです。


“夏の革靴のあの不快感!!そしてあの蒸れた臭いを防いでくれる画期的な革靴「Youngsense」” の続きを読む