泥汚れや食べこぼしを弾き、汗の嫌な臭いの発生を抑制するピケポロシャツ「LABFRESH」

これからの季節、汗をかく機会が増えますが、汗をかくと気になるのが臭いです。
特に人と会う機会が多く汗っかきな方は衣服を汗で濡れた状態で放置しておくと臭いの元となるバクテリアが繁殖し、自分ではその臭いに慣れていますので気付かないのですが、相手に嫌な思いをさせてしまいます。

そこで制汗剤と言うアイテムがあるのですが、制汗剤は汗腺や毛穴に栓をしたり、汗腺や毛穴を引き締めて汗の出口を狭くして汗の分泌を抑制していますので、脇の下程度なら問題ありませんが、全身に塗って汗の出方を悪くすると言うのは逆に体温が上がり身体に悪影響を及ぼしますので汗は自然に出した方が良いのですが…..

そこで今回は汗の臭いを抑制するだけでなく撥水効果も持ったピケポロシャツ「LABFRESH」をご紹介致します。

ピケポロシャツって?

ピケポロシャツと言うのはフランスのテニスチャンピオンであるRenéLacosteによって1930年代に発明された生地の織り方の方法、手法の事で、通気性に富むだけでなく伸縮性も良いので動きやすく、また毛玉が出来辛いと言う特徴があり、私達が今着用しているポロシャツの殆どはこのピケポロシャツと言って良いほどメジャーです。

FreshCore™で抗菌・消臭・撥水

そしてこのポロシャツには「LABFRESH」と言う特殊な液体が染み込ませてあり、そのFreshCore™の効果でバクテリアの繁殖を抑え、汗をかく事による不快な臭いの発生を抑制します。そして元々ポロシャツは通気性良く作られていますので、汗をかいてもすぐに蒸発してしまいます。
そしてFreshCore™の効果はそれだけではなく、撥水効果も同時に持ち合わせていますので、雨に濡れてもポロシャツには雨は染み込まずそのままな流れ落ちて行きますし、何かを食べこぼしても撥水効果で、ぬれタオルでサッと拭けば綺麗に取る事ができますので、クリーニングに出す必要もありません。

ただ洗濯だけは気を付けなければらず、この「LABFRESH」の性質上、臭わないしすぐに乾きますので、夏でも陰干しして何日も着る事ができますので、できるだけ洗濯は避けましょう。
その理由は特殊な薬剤を生地に染み込ませているので、洗濯によって少しずつ薬剤が流れ出て行くからです。

その期間は撥水効果は30回、抗菌・消臭効果で100回です。つまり、夏に毎日着て毎日洗濯していると1ヶ月で撥水効果は薄れてしまい、4ヶ月程度で消臭効果もなくなってしまいますので、素肌に汗をかいたポロシャツを着るのが抵抗ある方はシャツを1枚下に着て「LABFRESH」を4〜5日着る様にすれば、2シーズンくらいは着る事ができるでしょう。

なお同時に既に市販化されている同じFreshCore™を使用して撥水・抗菌消臭効果のあるTシャツがセットになったバリエーションも用意されていますので、詳細につきましては下記URLをご覧ください。

https://www.kickstarter.com/projects/1655200223/the-worlds-most-advanced-stain-and-odour-repellent

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です