折り畳んでポケットにスッポリと入るからとても便利な地下足袋の様な防水シューズ「DRYMILE」

地下足袋と言えば、工事現場で働く職人さん達が履く靴とイメージがありますが、最近ではハイキングやトレッキングに履いて行けるオシャレな地下足袋も増えています。
ところでこの地下足袋の一体何が良いのかと言いますと、靴底が薄い事です。靴底が薄いと地面から受ける感触を直接足の裏で感じる事ができるだけでなく、ちょっとした足下の異変を俊敏に感じ取れますので、結果的に危険を回避する事ができます。
例えば崖っぷちを歩いて渡っている様な場合を想像してみて下さい。靴底が厚くて感覚が鈍いと足を移動させる度に視線を足下に移動させて足下が大丈夫か確認しなければなりませんし、視線を足下に移す事で手が疎かになったり、重心位置が変わって足場が崩れて落ちてしまうと言った様な事があるかもしません。
一方地下足袋の様なものですとこの足下の確認は不要で、素足に近い状態で足下の状態を足裏からの情報で得る事ができますので、目線は手元や周囲の状況を見る事に集中する事ができますので安全と言うわけです。

そんな地下足袋をポケットに入れて軽く携帯できる様にした「DRYMILE」を今回はご紹介します。
“折り畳んでポケットにスッポリと入るからとても便利な地下足袋の様な防水シューズ「DRYMILE」” の続きを読む

ニットシューズなのに通気性を保ちつつ余裕で2時間もの耐水性能を持つ「VIA」

ニットシューズと言えば服で使われているニット素材が使われており、柔らかく伸縮性があると言う事で最近流行しています。
何故なら普通の靴はナイロン系の素材を使っていますので、生地は硬く、そして足にピッタリにはフィットしませんが、ニットシューズは紐をしっかりと締める事で足にピッタリとフィットし、歩く動作に合わせて生地が伸縮するので靴擦れもせず、脱ぎ履きの時の引っ張れば伸び、足を入れる事ができるので紐をその都度解いたり、括ったりする必要がないので、紐を結ぶのが面倒と言う方にもオススメです。
そしてまた、布なので衣服の様に保温性と通気性を持っており、冬はほんのりと暖かく、そして夏場は汗を吸い取って放湿してくれますので、とても快適に過ごす事ができます。

ただそんなニットシューズにもデメリットがあります。それは布なので雨の日は水分を吸収してビチャビチャに濡れてしまい、靴を脱ぐと靴下までビチャビチャに水分を吸って濡れてしまっている事です。
そしてそれを回避する為に防水スプレーを塗ると今度は通気性が失われて、夏場などは汗で蒸れて臭いも相当なものになってしまいます。

そこでご紹介したいのが、この「VIA」です。
“ニットシューズなのに通気性を保ちつつ余裕で2時間もの耐水性能を持つ「VIA」” の続きを読む

防水だから雨の日でも安心!!しかも通気性が良いので素足で履いても臭わないソックス一体型スニーカー「V-TEX」

大手スポーツメーカーであるナイキやアディダスと言った一流メーカーも製品化しているソックスとスニーカーが合体した様なとても奇抜なスニーカーがありますが、このスニーカーのメリットは何と言ってもフィット感です。

普通のスニーカーは紐やマジックテープで固定しますので、きつく紐やマジックテープを締めなければ靴の中で足が動いて靴擦れを起こす原因にもなりますし、きつく締めすぎると足の甲等に痛みを感じたりして歩き辛くなります。

一方、靴下が一体化されたスニーカーは足首の所で靴下が足首をホールドするので、普通のスニーカーとは比べものにならないくらいフィット感が増すだけでなく、紐をきつく締めなくても靴が脱げたりする事もありませんので、素足で履いても靴が動かないので靴擦れを起こす様な事もまずありません。

ただ既に市販されているソックスとスニーカーを合体された新ジャンルのスニーカーは普通のスニーカーの足首の所にソックスの足首の部分を合体させただけなので、紐は相変わらず結ばなければなりません。

ところが今回紹介するソックス一体型スニーカー「V-TEX」はソックスとスニーカーの合成の仕方を見直した事で全くソックスを履く様に履く事ができる脱ぎ履きのとても楽なシューズです。

“防水だから雨の日でも安心!!しかも通気性が良いので素足で履いても臭わないソックス一体型スニーカー「V-TEX」” の続きを読む

防水・対切創性を備えた上に上着も入れる事ができるエキスパンド・スリングバッグ「DaySling 2.0」

スリングバッグと言いますとよく男性が肩から斜めがけにするバッグの事ですが、このバッグの利点はバッグを降ろさなくても背中に背負ったバッグ部分をベルトを回す事でバッグを前に持って来てバッグを降ろさなくてもバッグの中に入れた荷物を出し入れする事ができる事です。
そしてもし治安的に不安定な地域を行き来する様な場合はバッグ部分をお腹側に持って来て抱えておけば窃盗犯対策にもなります。

ただスリングバッグは斜めがけすると言う時点でサイズ的にバックパックの様な大容量のものは物理的に作れずにバッグとしては中途半端で、ショッピングに行ってちょっと大きなものを買った時にそれをバックパックの様にバッグの中に入れて持ち歩くと言う事はサイズ的にできません。

そこで今回は「DaySling 2.0」と言う大容量のスリングバッグをご紹介致します。
“防水・対切創性を備えた上に上着も入れる事ができるエキスパンド・スリングバッグ「DaySling 2.0」” の続きを読む

精鋭選手のトレーニングにも最適な水中でもクリアなサウンドを楽しむ事ができるワイヤレス骨伝導イヤホン「Zygo」

ジムでトレーニングマシンを使っている時と同じ様に、泳いでいる間も音楽を聴いていたいからと防水タイプのBluetoothイヤホンを買ったのに、いざプールの中に入って泳いでいると音が途切れたり、全く聞こえななかったりと言う事がよく起こります。
これはBluetoothイヤホンの故障や、イヤホンが悪いと言う訳ではなく、元々Bluetooth4.2以前の規格を採用したBluetoothイヤホンは10m程度しか電波は届きませんし、更に水は電波を吸収してしまうからで、耳にはめたBluetoothイヤホンが水に浸かっただけでも電波は途切れます。

ですから潜水艦は無線で通信する時は海面に浮上しますし、敵を探知したり周囲の状況を知る為に空なら電波を使ったレーダーを使いますが、水中では音波を使ったソナーを使うと言う様に、実は泳ぐ時にイヤホンをして楽曲を聴くと言うのは、そう簡単にできる事ではないのです。

更にイヤホンを身に着けた耳の中に水が入ると、これまた水が音を吸収してしまいますので、元の楽曲のサウンドとはかけ離れてしまいます。

そこで水中と言う悪条件でもクリアなサウンドを再生できる骨伝導イヤホン「Zygo」を今回はご紹介致します。


“精鋭選手のトレーニングにも最適な水中でもクリアなサウンドを楽しむ事ができるワイヤレス骨伝導イヤホン「Zygo」” の続きを読む

出張の多いサラリーマンにオススメのビジネスバッグが分離するバックパック「4SPACE」

最近機能的がバッグが増えて来ており、バックパックがビジネスバッグに変形する様なバックパックも多数出て来ており、クライアントのオフィスへ出向くのにバックパックでは体裁が悪いと言う方にこう言うバッグがとても受けているのですが、どうしても2in1にした事でデザイン的に今ひとつな所があるものの方が多いのが難点です。

と言いますのもバックパックにはショルダーベルトがあり、ビジネスバッグには持ち手があるからで、変身させた時にいかに目立たない様にこれらベルトを隠すのですが、取り外すにしてもその取付部分に金具があったり、取り外さずにポケットの様な所に入れるにしてもそのポケットがベルトを入れた事で膨らんだり、またステッチ部分が目立ったりします。

なので便利そうなのだけれどもデザイン的にもう1つなので手を出していないと言う方に、ベルトが一切目立たないビジネスバッグにもなるバックパック「4SPACE」をご紹介致します。


“出張の多いサラリーマンにオススメのビジネスバッグが分離するバックパック「4SPACE」” の続きを読む

100%防水なのに靴の中の湿気を外部に放出できるから、素足で履いても臭わないスニーカー「Vessi」

みなさんは靴が臭くなる原因ってご存じですか?
カビや細菌が繁殖する条件を思い出してもらえば大方予想はつくかと思いますが、温暖多湿である事が絶対条件です。
つまり汗をかいて湿度が上がり、体温で一定温度に保たれている靴の中と言うのはカビや細菌が繁殖するにはパーフェクトに条件が整っており、汗をかいて多湿状態が続けば繁殖するカビや細菌は空気中を常に漂っていますので、新品の靴でも、洗って綺麗に乾かした靴でも同じ様に臭います。
ましてやこれからみなさんがよく履かれるロングブーツなどは通気性が悪く汗が外部へ発散されない上に、冬の冷たい空気をシャットアウトしてブーツの中を温かく保つ為に外気が入らない様に密閉していますので、、ブーツはとても臭いがきついのです。

しかも消臭スプレーを振ったとしてもそれは一時的で、カビや細菌は空気中を漂っていますから、それらが再び靴の中に入ればたちまちカビや細菌は繁殖してまた元の様に臭います。

そこで今回は消臭せずとも臭わないスニーカー「Vessi」をご紹介致します。


“100%防水なのに靴の中の湿気を外部に放出できるから、素足で履いても臭わないスニーカー「Vessi」” の続きを読む

ズレない様にきつく締めてもウエストが締め付けられない無段階調整ベルト「La Boucle belt」

みなさんはベルトをしていて、その微妙な長さで困ったり苦労された事はありませんか?
ベルトの穴ってメーカーの違いはありますが、およそ標準の穴と穴の間隔は2.54cmで1インチです。
この間隔を長いと見るか短いと見るかは人ぞれぞれ感覚の違いがありますので、穴1個違うだけでお腹に余裕ができて呼吸がし易くなったり、ズボンがズラなくなったりと言うのはみなさん経験されているはずです。

ですがその穴を1つズラす事で、改善される面(緩めて呼吸がし易くなる、緩めてお腹が苦しさが軽減される、締めてズボンがズリ落ちなくなる)もあれば、悪化する面(緩めた事でズボンがズリ落ちる、締めてお腹がきつく締め付けられる)もあります。

これを解消するにはマメの状況に合わせてベルトの位置を変える事ですが、人前でベルトの位置を変えるなんてちょっと恥ずかしいですし、それにそんな面倒な事、誰もやりたくないですよね。

そこで、そう言う微妙なベルトの締め付け具合や緩さに悩まされている方にオススメな「La Boucle belt」と言うベルトを今回はご紹介致します。


“ズレない様にきつく締めてもウエストが締め付けられない無段階調整ベルト「La Boucle belt」” の続きを読む

マジックドックと言う非常に面白いコンセプトを持ったコネクタに魅了されるバックパック「Fiets & Fiets」

みなさんは出かける時にバックパックに入り切らない荷物や、出先で買物したモノが入り切らない時、たいていの場合は手提げバッグに入れて持ち歩きます。
そしてそうなる事で、例えば自転車に乗る時に重い手提げバッグを自転車のハンドルにかけた事でハンドルを取られて自転車ごと転けてしまったり人や建物にぶつかってしまったりと言った事もあるでしょう。
また、片手が塞がっているからとiPhone XS MAXをついつい片手持ちで操作していて手を滑らせて地面に落として後悔してしまうと言う様な事もないとは言えません。

そこで今回はマジックドックと言う拡張性を持ったコネクタで両手をフリーに使えるバックパック「Fiets & Fiets」をご紹介致します。


“マジックドックと言う非常に面白いコンセプトを持ったコネクタに魅了されるバックパック「Fiets & Fiets」” の続きを読む

災害の多い今、一家に一台備えておきたいスマホも充電できるソーラーLEDランタン「QWNN」

今年は(と言ってもまだ2ヶ月もありますが)日本全国で災害の多い年でした。
西日本豪雨から始まった天災は大阪北部地震そして台風21号に北海道胆振東部地震と、北海道の地震以外は西日本、特に近畿地方に大きな傷跡を残し、保険会社によると途中集計で既に過去最大の支払額になっているとの事です。

そして今回の天災で学んだ事は、電気がなければ情報も得られない上に、自分に自宅には全く被害がなくても場合によっては何日も停電が続くと言う事です。
現に大阪や京都と言った政令指定都市でも電柱が倒壊して都市部で1週間も電気が開通するのに要した地域もあり、山間部では1ヶ月近くも電気が止まってしまった地域もありました。

そうなると一番困るのは生活そのものもそうなのですが、情報が一切入って来なくなる事です。
昔の黒電話であれば、電話局から電話に電源が供給されていましたので通話する事も可能でしたが、今ではIP電話が主流となり、電源がなくてはONUやCTUと言った機器が動かないので通話する事すら出来ません。また携帯電話もバッテリーがなくなってしまえば連絡も情報収集もできなる上に、真っ先に乾電池やモバイルバッテリーと言ったものが売り切れます。

そこで今回は停電が長引いた時にとても役立つソーラーLEDランタン「QWNN」をご紹介致します。


“災害の多い今、一家に一台備えておきたいスマホも充電できるソーラーLEDランタン「QWNN」” の続きを読む