足の臭いと蒸れがとっても気になる方へ。そのまま水に入っても濡れない発汗性に優れた防水靴下「NONSTOP」

汗をよくかくので、夏はとっても足の臭いが気になると言う方や、自分では何も気にならないけど、足から放出される臭いに対して公害レベルの苦情を言われると言う方は少なくはないでしょうが、元々靴を履いている状態で汗をかけば誰でも多かれ少なかれ時間と共に臭いはきつくなって行くものです。

それは水虫があるとか体臭が臭いとかそう言うその人個人の素質みたいなものとは全く関係なく、元々悪臭を発する雑菌は空気中に普通に浮遊していますので、汗をかいた靴の中と言う、汗による高湿度と体温による高温度温と言う雑菌が繁殖し易い環境が強く関与しています。

ですから最近、足の臭いで悩んでいる方の為に抗菌・消臭効果のある竹繊維を使ったり、銀や銅イオンコーティングを施したり吸収した汗の放湿性を良くしたり、メリノウールを使って作られた靴下など多種多様な靴下が登場している他、靴に関しても通気性を持たせたり保湿性を良くするなどしたものが登場していますが、なかなか大量に汗をかく様なスポーツをした時等はあまり効果が感じられない様な事もあります。

そこで今回はちょっと違った視点で足の臭いを防止する靴下「NONSTOP」を今回はご紹介致します。
“足の臭いと蒸れがとっても気になる方へ。そのまま水に入っても濡れない発汗性に優れた防水靴下「NONSTOP」” の続きを読む

夏場に1日着て汗をタップリとかいているのに洗わなくても臭わない、セルフクリーニングTシャツ「Apollo T-shirt」

今年の夏も昨年に引き続きとても暑い日が続きましたが、暑いと汗をかきますし、汗をかくと臭いがとても気になりますので、夏場でも汗をよく方は旅行等へ出かける時は日に何度も着替えたりする事も考えて何枚もTシャツを持って行きます。
ですから本来なら夏場は衣類の厚みもTシャツに見られる様に薄く嵩張らない上に、枚数も少なくて済みますので荷物の総量は減るはずなのですが、着替えの為の衣類が増えるだけでなく、洗濯と言う作業も加わり、夏場の旅行は冬場とは全く別な意味で大変なのです。

そこで今回はいくら汗をかいても全く洗わなくても大丈夫な、臭わない上に汗染みも汚れもつかないTシャツ「Apollo T-shirt」をご紹介いたします。

“夏場に1日着て汗をタップリとかいているのに洗わなくても臭わない、セルフクリーニングTシャツ「Apollo T-shirt」” の続きを読む

靴を履いていて足が痛くなった時に開放感を得られる、道路の上を歩き回れる靴下「Aftersocks」

みなさんは慣れない靴やヒールの高い靴を久々に履いて歩き回っていたら足が痛くなって最後は足を引きずりながら帰った、なんて経験はありませんか?
特に下ろしたての靴や、日頃履かないヒールの高い靴などを履くと、足の指や足の付け根、そして踵や土踏まずと言った場所が慣れない靴を履くと痛くなって来ます。

そう言う時に靴を脱いだらめっちゃ楽ですよねぇ〜
そして素足で歩く開放感、たまりませんよね。

そこで今回は素足ではありませんが、靴で傷めた足に開放感と安心をもたらしてくれる、地下足袋の様なソックス「Aftersocks」をご紹介いたします。
“靴を履いていて足が痛くなった時に開放感を得られる、道路の上を歩き回れる靴下「Aftersocks」” の続きを読む

汗をたっぷりとかく夏場でも、6日間は洗濯せずとも臭わないソックス「MP Premium Socks」

みなさんは1日履き続けた靴下が何故臭うのか、そのメカニズムはご存じですか?
それは生乾きの雑巾や洗濯物が臭うのと実は同じです。
生乾きの雑巾も洗濯物も濡れている事で雑巾や洗濯物の湿度は周囲の空気よりも高く保たれています。そしてそこに空気中を浮遊する雑菌が付着し、室温15℃、湿度50%以上をキープすると雑菌が繁殖・増殖してあの嫌な生乾きの臭いを放出します。

一方靴下で繁殖する雑菌は温度35℃〜42℃とちょうど体温に近い温度で繁殖するので、汗を良くかき高湿となる夏場は、更に繁殖力が強くなり強烈なチーズや納豆が腐った様な強烈な臭いを発しますので、その条件のうち温度か湿度のどちらかが繁殖条件の範囲内に入ってなければ繁殖はしませんので、冬場は割とマシなのです。

でも今回紹介する靴下「MP Premium Socks」は夏場でも冬場でも最大6日間は履き続けても臭わない靴下なのです。
“汗をたっぷりとかく夏場でも、6日間は洗濯せずとも臭わないソックス「MP Premium Socks」” の続きを読む

冬場の冷え切ったフローロングもソールの断熱性でへっちゃら!!ソールのついた低圧ソックス「FALCONS」

スリッパで階段を上り下りするのって恐くないですか?
上りは割と平気でも、下りは下を向いたつま先から抜け落ちそうなスリッパについつい気を取られて危うく階段を踏み外すと言う事が、歳を取れば取るほど増えて行きます。
かと言って靴下1枚では冬場のフローリングの階段や廊下は冷たく、マットの敷いていないキッチンも同様です。いっそうのことタイルカーペットを敷いたりすれば少しはマシなのかもしれませんが、ちょっと日本家屋にカーペット張りの床って似合っていませんし、高温多湿な地域ではダニやカビの繁殖なども心配です。

そこで今回は特に冬場の冷え切った廊下や階段でも寒い思いをしなくても済む靴底のついた靴下「FALCONS」をご紹介致します。
“冬場の冷え切ったフローロングもソールの断熱性でへっちゃら!!ソールのついた低圧ソックス「FALCONS」” の続きを読む

銀チタン繊維を使い、臭わない、破れない、脱げない様にしたアンクレットソックス「The Titan Sock」

お父さんや息子さんの靴下の臭いに悩まされているご家庭のみなさん、その原因って何かご存じでしょうか?
あの気を失いそうにまでなる臭い靴下や足の臭い、あれは足の角質や汗腺から分泌された汗が空気中に存在する雑菌によって分解された時に発生する異臭で、特に靴下を身に着けて靴を履いていると、靴の中が雑菌が最も繁殖しやすい高温多湿状態になるからです。

ですから雑菌のエサとなる汗や角質がなくならない限り、低温で乾燥した状態に持って行かない限り、あの足や靴下の臭いはどうする事もできませんし、消臭剤を振った所で一時的なもので根本的な解決にはなりません。

そこで銀と言う抗菌作用のある物質を練り込んだ繊維で靴下を編む事で、臭いを低減する靴下がかなり以前から市販化されていたのですが、今回は更にパワーアップしてチタン繊維と銀イオンコートで無臭化した脱げないアンクレットソックス「The Titan Sock」をご紹介致します。


“銀チタン繊維を使い、臭わない、破れない、脱げない様にしたアンクレットソックス「The Titan Sock」” の続きを読む

靴の傷みから解放されるだけでなく、室内/屋外どちらでも履く事ができるソール付き靴下「Parásole」

地下足袋が足には良いと言う事は以前からよく言われていますが、地下足袋ってどうして足に良いのでしょうか?
それは地下足袋が、足袋の足裏にゴムを貼り付けただけの靴だからです。地下足袋の元となっている”足袋”は元は着物を着た時に履く靴下の様なものなので布で作られていますので、ある程度は足に合わせて柔軟に変形して伸びます。
ですから地下足袋は足に合わせて形を変える事から足にジャストフィットするので足に良いと言われているのですが、地下足袋は残念ながら室内では履けません。
と言いますのも足裏にゴムを貼り付けていますので摩擦抵抗が大きく、地下足袋を履いて畳の部屋をウロウロとしていると”い草”がささくれだって来ますし、フローリングにしてもゴムの靴族でも歩かれるとその摩擦抵抗によってより早くフローリングを剥がしてしまい、床にとって良くありません。

そこで今回は、市販の靴が合わなくて靴で悩んでいる方に、これならピッタリと喜んでもらえるソール付き靴下「Parásole」をご紹介致します。


“靴の傷みから解放されるだけでなく、室内/屋外どちらでも履く事ができるソール付き靴下「Parásole」” の続きを読む

汗をよくかく夏場に1週間履いても臭わない、ウソの様な本当の靴下「ONEMERINOS」

ご主人や息子さんの靴下の臭いで気絶しそうになった事ってみなさんにはありませんか?
本人は自分から放出される体臭なのであまり気にもしませんが、その臭いを嗅がされる家族からすればたまったものではありません。
そこで登場するのが消臭効果のある靴下なのですが、ある程度の臭いまでは銀イオン加工された様な靴下でもある程度の効果はあるのですが、クレヨンしんちゃんに登場するしんちゃんのお父さん、”野原ひろし”の足レベルになるとそう言う消臭加工された靴下でも負けてしまいます。

では何故消臭靴下が臭うのでしょうか?

それは靴下が汗を吸収しないからなのです。靴下の繊維が汗を吸収せずに足の表面が汗で濡れた状態が続くと雑菌が繁殖して強烈な臭いを放出します。
一方、靴下の繊維汗を吸収する事で足そのものはドライに保たれますので雑菌の繁殖環境が奪われ臭いません。

そのキーとなるのがその靴下に使われている繊維です。靴下を始めとして衣服に使われる繊維としては綿やウールの他に麻やシルクがありますが、これら天然素材は汗を吸収します。
一方、ポリエステルやナイロン、ポリウレタンと言った靴下によく疲れる素材は人工合成されたものなので汗は一切吸収しません。この汗を吸収するしないが靴下の発する悪臭を左右し、これら合成繊維が多い靴下ではどう頑張っても足はしっとりと濡れ、雑菌の繁殖条件はバッチリとなります。

そこで今回は抗菌加工するのではなくいかに汗を効率良く吸収して発散するかをメインに開発された臭わない靴下「ONEMERINOS」をご紹介致します。


“汗をよくかく夏場に1週間履いても臭わない、ウソの様な本当の靴下「ONEMERINOS」” の続きを読む

クルクルと回らないだけでなく脱げない画期的なアンクレット・ソックス「SOLOSOCKS」

冬場はニーソックスやニーハイ、女性ならストッキングを履いて防寒対策をしますが、夏場は足の露出も増えて靴も自宅で履く様な靴ですとクロックスの様なサンダルっぽいものが多くなりますので、できるだけ短い踝までしか隠れないアンクレット ソックスを履く様になります。

ところがそのアンクレットソックスは踝までしか足を覆いませんから、気が付いたら靴下がクルと180度回って足裏の部分が足の甲側に回ったり、回る事で踵から靴下が外れてしまって気が付いたら靴の中で靴下が脱げているなんて事はよくあり、それがまた気持ち悪かったりもします。

ですがあの足首を締め付けないアンクレット ソックスは夏場は足首に汗をかく事もありませんし通気性が良く足の蒸れも抑えられメリットの方が多いのですが、回ってしまったり脱げてしまったりするのが難点です。

その難点を解消する事で、非の打ち所のないアンクレット ソックスに仕上げたのが今回紹介する「SOLOSOCKS」です。


“クルクルと回らないだけでなく脱げない画期的なアンクレット・ソックス「SOLOSOCKS」” の続きを読む

グリップ力を極限にまで高めた真の意味で滑らないスポーツソックス「SpeedGrip™ Socks」

 アスリートの皆さんはその競技に特化した、例えば短距離なら短距離、マラソンならマラソン、そしてバスケットやバレーボール、サッカーと言った球技でも専用のソックスがある事は当然ご存じで、そう言うソックスを愛用していると言う方も多いと思いますが、それら専用ソックスを履いているにも関わらずグリップ力が弱い、靴の中で足が滑ると感じる事ってありませんでしょうか?
 と言いますのも、靴を履いた直後は足も靴も乾燥しており摩擦抵抗もMAXあってグリップが落ちたなんて感じはないと思いますが、動いているウチに汗をかきはじめると段々とグリップ力が弱まって来て急に足に力を入れてダッシュしたりターンしたりする時に靴の中で足が滑ってしまう事ってよくあります。
 これは靴と靴下、そして靴下と足裏の間に摩擦抵抗を減らす原因になる汗がたまる事によるもので、靴の中で靴下がズリッとずれたり、靴下の中で足が滑ると言った事が起こる為です。

 ところが滑り止め加工はと言いますと何故か靴下の裏に施されているだけで、これですと靴と靴下は滑らないかもしれませんが、靴下の中で足が滑る事に対しては効果がありません。ですが靴下の中で足が滑るのを防ぐと言った靴下が実際のところないのです。

 そこで登場するのが今回紹介致しますスポーツソックス「SpeedGrip™ Socks」です。


“グリップ力を極限にまで高めた真の意味で滑らないスポーツソックス「SpeedGrip™ Socks」” の続きを読む