ホーム > タグ > AirPlay

AirPlay

プロジェクションマッピングにも使える!?1500ANSIルーメン 4K投影可能なDLPプロジェクター「N-Tech」

最近は様々な場所で1年中、プロジェクションマッピングで華やかに演出された建造物や自然を見る事ができます、そのプロジェクションマッピングって素人でも簡単に使えるってご存じでしたか?
そもそもプロジェクションマッピングは建物等に投影した時に写された映像が歪んだりしない様に予め加工された映像が投影されている為、本来なら建物の柱の角に投影した映像はその角の部分で折り曲げられて表示されるのですが、それを計算に入れて予め映像を作っているので建物の角であっても平面のスクリーンに投影されている様に見えるのです。
そしてそのプロジェクションマッピング用の映像を作るソフト(アプリケーション)はフリーで配布されているものもたくさんあり、その映像を投影するのもプロジェクターで可能なので、もしプロジェクターを1台持っているなら貴方でも簡単にプロジェクションマップングを行う事ができるのです。

しかもプロジェクションマッピング用の映像を作成するソフトもそんなに難しい操作は必要なく、投影する建物の3Dモデルを作り上げさえすれば、後は投影したい映像を3Dモデルに重ねるだけで自動的に映像を作ってくれますので、3Dプリンターを持っていて3D-CADを使った事がある方ならものの数十分で投影する映像を作り上げる事ができます。

そしてその映像を投影するのに最適なプロジェクターが今回紹介する「N-Tech」です。

全文を読む

カーナビだけでなくスマートフォンへの通知もリアルタイムに映し出す車載用HUDディスプレイ「Hudly Wireless」

最近はスマートフォンのカーナビアプリも高性能化しておりGPSだけでの案内とは思えないくらい車載のカーナビと変わらない精度で案内をしてくれるカーナビアプリも増えて来て、スマートフォンが1台あれば本当にカーナビって必要かな?とも思える様になって来たのですが、夜間にダッシュボード上に置いたスマートフォンの画面が明るすぎて眼が疲れるとか言う事はありませんか?
スマートフォンも”画面の明るさ”を自動にしておけば周囲の明るさに合わせて画面の明るさを自動的に暗くしていたりしてくれているのですが、田舎道や高速道路の様に周囲が真っ暗な道路を走行するとどうしても眼はその周囲の明るさに比例して瞳孔の大きさを変えますので、暗いとどうしても瞳孔が開いてしまってその分だけ光を通す量が多くなり、スマートフォンの画面がより明るく感じられそして眼が疲れるのです。

そこでスマートフォンでナビゲーションをさえている方にオススメしたいのが今回紹介する「Hudly Wireless」です。

全文を読む

ビデオ、ゲーム機、PC、そしてスマホと何でも繋げて大画面で楽しめる350ml缶サイズの100インチプロジェクター「Capsule」

 みなさんのご家庭では兄弟同士、そして親と子どもでテレビを取り合うと言った事はありませんか?
 と言いますのも最近はテレビが大型化しているせいなのか?それとも家族全員でリビングで過ごすと言う家庭が多いのか?教育上子ども部屋にテレビを置くのは良くないと言う指導なのか?それともテレビを全く見ないからなのか?リビングに1台と言うご家庭が増えて来ています。
 となると困るのが、ニュースを見たいのに子どもがゲームをしていて見る事ができない……と言った状況です。相手が子どもなので、無理にニュースが見たいから変わりなさいとも言えず、外に遊びに行ったら?とそれとなく言っても、”ゲームやっている方がいい”と言われたら後はもう何も言えません。

 そう言う時にこの「Capsule」があればどこででもゲームをプレイする事ができるので、親子でもめると言う事もなくなります。

全文を読む

Home > タグ > AirPlay

New Topics

Return to page top

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。