Qiワイヤレス充電やAppleWatch充電まで可能は良いとこ取りのUSBマグネット充電ケーブル「Snapon」

AppleWatch5は常時点灯でありながら、普通の方であれば余裕でバッテリーは1日持ちますし、AppleWatch4でも余程のヘビーユーザーでない限り半日でバッテリーが切れてしまう様な事はなくなりましたが、それでもAppleWatch3以前のユーザーや長期旅行となると必然的に磁気充電ケーブルを持ち歩かなくてはいけません。

ただ、磁気充電ケーブルって結構高価なので、外出時に万が一、AppleWatchのバッテリーが切れた時の為にわざわざ磁気充電ケーブルを買われる方もいませんし、いつも定位置に置いている磁気充電ケーブルを外してバッグに入れ、そして帰宅後にまた元の場所に戻すと言うのも面倒な話です。

そこで今回はAppleWatchを使っている方にオススメなAppleWatchが充電できるマグネット充電ケーブル「Snapon」をご紹介致します。

“Qiワイヤレス充電やAppleWatch充電まで可能は良いとこ取りのUSBマグネット充電ケーブル「Snapon」” の続きを読む

AppleWatchを充電できるバッテリー内蔵iPhoneケース「CaseCase」

AppleWatchが発売された頃はバッテリーが1日持たないなんて事で、AppleWatchをヘビーに使う方は磁気充電アダプタ毎日持ち歩き、移動中や休憩中に充電しなければ、仕事が終わりさぁ帰宅しようなんて頃になるとAppleWatchのモニターがバッテリー切れで点かなかったりと、使い勝手が良いとは決して言えませんでした。
ですが現在のSeries4ではAppleWatchでゲームを長時間プレイしたりする様な事がなければ、ほぼ丸1日持ちますし、時刻の確認やiPhoneへの通知を確認する程度であれば、丸2日充電フリーで使えるまでにバッテリーの持ちは良くなっていますが、AppleWatchのSuicaを入れて公共交通機関を利用されている方にとって、万が一バッテリー切れとなった場合、改札が通れなくなるので大変です。

そこで今回は、そう言うAppleWatchを充電しなければならない!!と言う時にとても助かるiPhoneケース「CaseCase」をご紹介致します。


“AppleWatchを充電できるバッテリー内蔵iPhoneケース「CaseCase」” の続きを読む