Bluetooth4.2なのに50mもの飛距離が!!あらゆるソース音源を電波で飛ばすaptX対応トランスミッター「WAND」

みなさんは家事をする時に音楽を聴きながらする事ってありますか?
そう言う時、有線のケーブルのあるイヤホンを使って掃除機などかけていたりすると、結構ドアノブ等で引っ掛けてしまったりして面倒だったり、お風呂場なども引っ掛ける所がたくさんありますので、そう言う場所で防水でないイヤホンを落として石鹸まみれにすると後が厄介だったりします。
それにポケットにスマートフォンや音楽プレイヤーを入れて置くって言うのも、立ったり座ったりと言う動作が多い掃除や片付けの時等は邪魔になる事もしばしばです。

ですから、そう言う時に引っ掛けたりする事なく、身体を自由に動かせるBluetoothイヤホン等が便利なのですが、今のiPhone8/8 Plus/XはBluetooth5に対応していますのでBluetooth5に対応したイヤホンを使えば、リビングにiPhoneを置いた状態でBluetoothイヤホンをしたまま物干しに洗濯物を干しに行ったりしても、今までの様に音楽がブツブツと切れたり、全く聞こえなくなったり、音が変調したりすると言う事がないので快適にストレスなく使えます。

ただまだまだそれ以前のiPhoneやBluetooth4.x規格の通信チップを積んだスマートフォンやオーディオプレイヤーを使っている方の方が遙かに多く、Bluetoothイヤホンも圧倒的に多いのはBluetooth4.xに対応したものです。

そこで、ちょっとした投資で音質を劇的に変える事ができるBluetoothトランスミッター「WAND」を今回はご紹介致します。


“Bluetooth4.2なのに50mもの飛距離が!!あらゆるソース音源を電波で飛ばすaptX対応トランスミッター「WAND」” の続きを読む

32bit/384kHzのハイレゾ音源の再生にも対応したBluetooth5オーディオアンプ「amplify」

iPhoneでは未だにワイヤレスでハイレゾ音源を聴く事はできませんが、Androidではあまり目立ったアナウンスはされていませんが、ソニーの”Xperia XZ1”などはaptXのみならずaptX LLやaptX HDと言ったオーディオコーディックに対応し、aptx HDですとサンプリングレート24bit/48kHzの超高音質でハイレゾ音源対応のBluetoothヘッドホンにワイヤレスでサウンドを届ける事ができる様になっており、Bluetooth5で更なる高速通信が可能になった事でハイレゾ音源の高サンプリングレート化は留まる所を知りません。

ですからどれくらいのスペックのものを買っておいたら大丈夫なのか?わからなくてハイレゾ対応のBluetoothヘッドホンを買いあぐねている方もおられるかと思いますが、今回紹介するBluetoothレシーバー「amplify」を持っていれば安心です。


“32bit/384kHzのハイレゾ音源の再生にも対応したBluetooth5オーディオアンプ「amplify」” の続きを読む

より早く!!より遠くまで電波が飛ぶ様になったBluetooth5.0搭載aptX対応ワイヤレスヘッドホン「EOZ Air」

先日発売されたiPhone8/8Plus、そしてこれから発売される”iPhone X”のBluetoothには7に採用されていたBluetooth4.2ではなくBluetooth5が採用されているのはご存じでしょうか?
このBluetooth5.0とはBluetoothの規格の1つなのですが、現時点において最新の規格であり、iPhone 7で採用されていますBluetooth4.2と比較すると通信エリアが4倍、通信スピードが2倍になっています。これが意味する所は、Bluetoothヘッドホンで言えばより遠くまでクリアなサウンドを届ける事ができると言う事です。
例えば今まで半分に圧縮していた音を通信スピードが上がった事で圧縮せずに送る事ができる様になりますので、より原音に近い音を送信する事ができます。しかも電波が遠くまで届きますので、スマートフォンやミュージックプレイヤーを身につけてはできない様なトレーニングを行う場合、どうしても音がブチブチと切れたりしていたのが切れなくなり、サッカーのフィールドでもベンチにミュージックプレイヤーを置いたまま逆サイドまで行っても音が切れる事がないのです。

そう言う最新のBluetooth5.0の通信モジュールをいち早く採用したのがこの「EOZ Air」と言うカナル型のヘッドホンになります。
“より早く!!より遠くまで電波が飛ぶ様になったBluetooth5.0搭載aptX対応ワイヤレスヘッドホン「EOZ Air」” の続きを読む

シェアボタンを押すだけで今聴いている楽曲をシェアできるaptX&AACコーディック対応Bluetoothヘッドホン「DoublePods」

 今回はボタン1つで今聴いている楽曲をシェアして一緒に楽しむ事がヘッドホン「DoublePods」を紹介致します。

 その前にこのヘッドホン「DoublePods」はオーバーヘッド型のヘッドホンなのですが、重さがたった200gしかなく装着していてもその重さをズシンと感じる事はほぼありませんので、肩の凝らないヘッドホンと言えます。それでいれワイヤレスなので当然の事ながらバッテリーを搭載しているのですが、連続再生時間は何と驚異の20時間!!、しかも表面の見えている部品は金属を使っている部分以外は全て本革が使われているなど、高級感、重厚感がタップリのヘッドホンなのです。

 更にBluetoothヘッドホンなのでドライバー(スピーカー)やDACの影響も大きいのですが、どの種類のオーディオコーディックを採用しているかで音質がかなり左右されるのですが、この「DoublePods」はaptXとAAC両方に対応しているのです!!aptXと言うと最近のBluetoothヘッドホンにはそのマークやロゴがついていたりして見た事があるかと思いますが、主にiPhone以外のスマートフォンで採用されているオーディオコーディックで、一番新しい規格なので音が良いので、AndroidスマートフォンでaptX HDと言うコーディックを搭載しており、相手のBluetoothスピーカーやヘッドホンが同じaptX HDに対応していればハイレゾの素晴らしい音源をワイヤレスで楽しむ事ができます。
 一方AACはiPhoneに採用されているオーディオコーディックなのですが、このAAC対応のBluetoothヘッドホンって本当に少なくてなかなか見つからないのですが、もしaptXには対応していてAACに対応していないBluetoothヘッドホンを買ってしまいiPhoneユーザーに接続するとSBCコーディックと言う最初に作られた本当にベーシックのコーディックで音データは送られて、あまり良いとは言えない音質で楽曲を聴かなければならないのですが、この「DoublePods」はaptXそしてAACに対応していると言う事でiPhoneであっても最高の音質で楽曲を楽しむ事ができます。

“シェアボタンを押すだけで今聴いている楽曲をシェアできるaptX&AACコーディック対応Bluetoothヘッドホン「DoublePods」” の続きを読む

ちょっと見た目ではネックレスにしか見えないaptX対応Blueooth4.1ワイヤレスヘッドフォン「ROZEBUDS」

 今回紹介するBluetoothヘッドフォン「ROZEBUDS」は何と見た目はネックレスにしか見えないのです!!ですが実はBluetoothヘッドフォンと言う、ちょっと変わったファッション性を持ち合わせたヘッドフォンなのです。
このネックレス型にする利点は常に見につけていますので紛失する危険性がないと言う事と、バッグの中に無造作に入れておいて断線したり壊れたりする事がないと言うメリットが実はあるのです。よくヘッドフォンを適当に丸めてバッグの中に入れる方がおられますが、その入れたヘッドフォンの上から重いものを載せてしまうと線を挟んで線を切ってしまったり、Bluetoothヘッドフォンであればコントローラー部分のスイッチを重みで押しつぶしたりと言った事がよくあるのです。
 しかもバッグの中に入れておく事でついつい充電を忘れると言う事もよくある事です。ですがネックレスとして身に着けておけば少なくともバッグの中よりは必ず寝る前やお風呂に入る前に外しますからその時に充電ケーブルを挿す様にしておけば充電をし忘れると言う事がありません。


“ちょっと見た目ではネックレスにしか見えないaptX対応Blueooth4.1ワイヤレスヘッドフォン「ROZEBUDS」” の続きを読む

“顎マイク”が特徴的なライダー用AptX対応Bluetoothヘッドセット「SlimBuds」

 ライダーが使用するヘルメット用ヘッドフォンと言うとその多くがヘルメットそのものに取り付けるものが殆どです。となるとヘルメットを変えると当然の事ながらヘッドフォンはヘルメットに取付られていますから、簡単に取り外して別のヘルメットに移植すると言うのは大変な作業です。だからと言って普通のカナル型(インナーイヤー型)のヘッドフォンをしたままヘルメットを被ると、耳からかなり出ているタイプのカナル型ヘッドフォンだとヘルメットでヘッドフォンが押されて耳が痛いか、装着する時にポロッと取れてしまってなかなか上手にヘッドフォンをしたままヘルメットを被る事ができません。

 ですがこの「SlimBuds」は耳とフルフラットになる構造なのでヘルメットを被る時に外れる事もありませんし、ヘルメットが当たって耳が痛くなると言う事がないBluetoothヘッドフォンです。


““顎マイク”が特徴的なライダー用AptX対応Bluetoothヘッドセット「SlimBuds」” の続きを読む

連続再生時間5時間、重さわずか10gのaptX対応3.5mmイヤホンが使えるBluetoothヘッドフォンアダプタ「PLUB」

 iPhone 7/iPhone 7 Plusに乗り換え3.5mmイヤホンジャックが無くなってしまいそれまで使っていたお気に入りの3.5mmヘッドフォン(イヤホン)をBluetoothヘッドフォンに変えたのだけれど、いまいちその音質や性能が気に入らないと言う方に、今までに使っていた3.5mmジャック付き有線ヘッドフォン(イヤホン)を再び蘇らせる事ができるBluetoothヘッドフォンアダプタ「PLUB」を今回は紹介します。


“連続再生時間5時間、重さわずか10gのaptX対応3.5mmイヤホンが使えるBluetoothヘッドフォンアダプタ「PLUB」” の続きを読む

連続稼働時間が脅威の12時間、AptX対応Bluetoothオーディオレシーバー「Jack」

 Bluetoothヘッドフォンを使っている方の不満点の一番って何だかご存知ですか?

 Bluetoothヘッドフォンの不満点の一番は何とダントツでバッテリーの持ちなのです。と言いますのはカナル型と言う耳の穴に差し込むタイプのヘッドフォンは大きさからしてあまり大容量のバッテリーが搭載されているとは思えませんし、通信に使用しているBluetoothの規格においてもBluetooth2.0,3.X,4.X,5.0と規格は多数あり、一般的にはBluetoothの規格の数字が大きくなるにつれて省電力化されており、同じ規格バージョンでも数字の後にLE(Low Energy)の2文字が書いてある方がより省電力化されていますが、それでもヘッドフォンの大きさを重視すると使用できる時間が短くなり、バッテリー容量が少なく使い切る事が多いとBluetoothヘッドフォンで使われているリチウムポリマー電池の劣化は実は早くなり500回使用できますよと商品説明には書かれていてもそれ以下の充電回数ですぐにバッテリーが切れてしまうと言う事が起こります。
 だからと言ってバッテリーが交換できる様にはなっていませんから、せっかく高いお金を出して買ったBluetoothヘッドフォンも充電できなくなれば捨てるしかありません。ですがそれでは勿体ないのとやはり一度ワイヤレスに慣れると身体にまとわりつくヘッドフォンのケーブルって鬱陶しいもので、その両方を解決できるのがBluetoothオーディオレシーバーで、ヘッドフォンは今まで使っていた直接スマートフォンに3.5mmイヤホンジャックに挿すヘッドフォンをそのままワイヤレス化できるガジェットで、この「Jack」もそんなBluetoothオーディオレシーバーの1つです。


“連続稼働時間が脅威の12時間、AptX対応Bluetoothオーディオレシーバー「Jack」” の続きを読む

“aptX Low Latency”採用のBluetoothオーディオトランスミッター&レシーバー「beamit」

よくあるBluetoothを通信方式に使用したワイヤレスTV用スピーカーと言うのは汎用性を考えているのかそれとも価格の安さ手軽さを考慮してなのかSBC(Sub Band CODEC)と言うコーディックだけをサポートしているものが殆どです。
ただSBCと言うのはBluetoothの通信スピードの遅かった時代に一番最初に登場した音声伝送用のプロトコルでデータの伝送スピードが遅いが為にデータを一度に大量に送れないので高音をカットして送るデータ量を減らし、なおかつ伝送スピードが遅いので0.2秒近く音が遅れると言うものでした。
この遅延は音がズレるだけではなく音が切れたりと言う原因にもなりますから、SBCコーディックを使ったBluetoothオーディオと言うのは必ずしも良い音とは言えませんし、ハイレゾ音源が出て来た今、7.1chスピーカーが普通なのにステレオスピーカーみたいな時代遅れ感もあります。

その後、AACと言うiPhoneで採用されているコーディックが登場し、今一番音質も伝送スピードも早いのがaptXと言うコーディックです。そのaptXを採用したBluetoothトランスミッター&レシーバーがこの「beamit」です。


““aptX Low Latency”採用のBluetoothオーディオトランスミッター&レシーバー「beamit」” の続きを読む

高音質で音ズレのないaptX対応Bluetoothヘッドフォンアダプタ「ASOME」

iPhone付属の純正インナーイヤー型ヘッドフォンが実は意外と音が良いと言うのは周知の事実ですが、これが無線だったら便利なのにと思った事はありませんか?有線で直接スマートフォンやデジタルオーディオプレイヤーに差し込むタイプのものはバッテリー不要なので何時間でも使用する事ができ、しかも種類が無線タイプとは違い豊富です。一方欠点はケーブルで繋がっているのでケーブルの長さと取り回しでスマートフォンを身につけておく場所の制約が生まれます。例えば女性の場合、上着にポケットがなかったりするのでバッグの中等に入れ置く人も多いのですが、そうするとバッグを置いたり、バッグからモノを出したりと言う時に非常にケーブルが邪魔です。

一方無線タイプは種類は多くなって来たとはいえ、試聴できる機種は数少なく(何十種類も試聴用のイヤホンを置いてある販売店でも無線タイプはないに等しい)、スペックと形状で買ってはみたものの自分の耳には合わないと言う事はよくある事です。

そう言う時に便利なのがBkuetooth受信機アダプタです。これはヘッドフォンそのものは付属せずにヘッドフォンを挿して使えるので、今使って有線のヘッドフォンが使え、しかもBluetoothで無線を使っているのでその受信機を見につけておけば、再生するスマートフォンはカバンの中でもケーブルが邪魔すると言う事はありません。

ただここでも気を付けなければいけない事があります。それが対応しているBluetoothコーディックのプロファイルです。Bluetooth対応と書いてあってもその対応コーディックによっては音質に極端な差が出てしまいます。

“高音質で音ズレのないaptX対応Bluetoothヘッドフォンアダプタ「ASOME」” の続きを読む