より早く、そしてより便利に充電するならQiワイヤレス充電よりもUSB-Cマグネットケーブル「UNO」

Qiワイヤレス充電がスマートフォンに搭載されるまではマグネットコネクタやマグネットケーブルと呼ばれる、磁力で脱着できるスマートフォン用の充電ケーブルがとても人気でした。
その理由はコネクタを挿さなくて良いと言う事にあります。近づけるだけでお互いが磁力で引き合い合体し、充電を行ってくれるマグネットコネクタは、ケーブルを引っ掛けた際等にもコネクタだけが外れてスマートフォン本体は投げ飛ばされずに済むと言う利点も合わせて持っていました。

ただ唯一難点はコネクタの品質によってはすぐに充電されなくなってしまう、コネクタ部分の発熱が激しくてコネクタ部分の樹脂部品が溶けるものがある事です。

この原因の多くはコネクタ部分の接続不良です。
それは磁力でコネクタ同士は引き合い、そして端子が接触していますので、磁力が弱いと先端が丸くなった端子の接触面積が少なかったり、振動等で接触したりしなかったりする事で端子間でスパーク(火花)が発生して端子表面を酸化させてカーボンを付着させます。
そうするとそのカーボンが電気抵抗となり電流が流れ辛くなるだけでなく発熱の原因ともなり、コネクタそのものの寿命を縮めるだけでなくスマートフォンの充電がなかなか出来なかったりと言った事に繋がります。

そこで今回紹介するのが「UNO」と言うマグネットケーブルです。
“より早く、そしてより便利に充電するならQiワイヤレス充電よりもUSB-Cマグネットケーブル「UNO」” の続きを読む

これさえあればもう完璧!!どんな状況でも困らないデータ転送も可能な5in1充電ケーブル「Chimera 5-in-1 Cable」

最近のスマートフォンはQiワイヤレス充電に対応しているとはいえ、外出先でQiワイヤレス充電ができるのかと言われると、かなり微妙です。
と言いますのも、Qiワイヤレス充電器を設置している様なショップって殆どないからです。
ですから外出中にバッテリーが少なくなった場合には、USB電源を提供しているショップを探すか、誰かにモバイルバッテリーを借りなければならないのですが、それと共に忘れてはならないのは充電ケーブルです。

ただ充電ケーブルとは言ってもiPhoneならLightning,AndroidならmicrUSBかUSB-Cと言った様に3種類のコネクタがあり、その規格も合っていなければ使えませんし、反対側のモバイルバッテリーやUSB電源に差す側もちょっと前までならUSB−Aと言う規格だけだったのが今ではUSB-Cまでも増えています。

そこで今回は出力3種類、入力2種類を備えたフルスペックの完璧な通信も可能な充電ケーブル「Chimera 5-in-1 Cable」をご紹介致します。
“これさえあればもう完璧!!どんな状況でも困らないデータ転送も可能な5in1充電ケーブル「Chimera 5-in-1 Cable」” の続きを読む

バッテリーや充電器がなくてもスマートフォンを充電できるとっても不思議な充電ケーブル「PORTAL CORDS」

既に生活に欠かすことのできなくなったスマートフォンですが、このスマートフォンを動かすには電気が必要で、スマートフォンのバッテリーを充電する為には電源アダプタかモバイルバッテリー、そして充電用ケーブルが必要な事は当然のことながらみなさん分かっておられるはず。

ところがいつもの様にスマートフォンを使っていてバッテリー残量が少なくなり、いざ充電しようと思いバッグの中を覗くと充電ケーブルはあるのに肝心のモバイルバッテリーを忘れた!!モバイルバッテリーが充電されていなかったなんて事はよくある話しです。

ただそう言う時に限って電話をかけなければいけない、メッセージを送らなければいけないと言う緊急性のある連絡をしなければならない事が出て来たりするのも、スマートフォンにまつわる”あるある”話です。

そこで今回は、不思議な不思議な、モバイルバッテリーやUSB電源がなくてもスマートフォンを充電できる充電ケーブル「PORTAL CORDS」をご紹介致します。
“バッテリーや充電器がなくてもスマートフォンを充電できるとっても不思議な充電ケーブル「PORTAL CORDS」” の続きを読む

Apple Watch 磁気充電ケーブルよりもお得!!AppleWatchを充電できる4in1ケーブル「UFour」

AppleWatchも、新機種がリリースされたりwatchOSがアップデートされたりする毎にバッテリーの持ちは良くなって行っていますが、それでもバッテリー切れの不安は拭いきれません。
特にAppleWatchでApplePayやモバイルSuicaを利用している方にとってAppleWatchのバッテリー切れは財布を紛失したも同然で、何も買えない上に公共交通機関も一切利用できません。
ですから初代AppleWatchからずっと買い換えて使い続けていて、今はAppleWatch Series4を使っていても何かの時の為に”Apple Watch磁気充電ケーブル”をバッグの隅に忍ばせていると言う方もおられます。

ですがそのいつ訪れるか分からないAppleWatchのバッテリー切れの為に常に磁気充電ケーブルを携帯すると言うのも荷物になりますし、わざわざ”Apple Watch磁気充電ケーブル”を持ち歩き用として購入するには躊躇する価格です。

そこで今回は純正の”Apple Watch磁気充電ケーブル”よりも安い上にスマートフォンやタブレットまで充電可能な4in1ケーブル「UFour」をご紹介致します。


“Apple Watch 磁気充電ケーブルよりもお得!!AppleWatchを充電できる4in1ケーブル「UFour」” の続きを読む

携帯するのにとっても便利な3in1スマホ充電ケーブル「PICABLE」

今現在、スマートフォンを充電するケーブルとしてiPhoneやiPadにはLightningケーブル、Android端末にはmicroUSBとUSB-Cと言う2種類のケーブルが使われています。
そしてその3種類のコネクタを全て備えた充電ケーブルが売られているのですが、このケーブル、携帯するのにとっても不便なのです。

と言いますのも、1本の充電ケーブルの先(Lightning,microUSB,USB-C)を分岐させているので、ケーブルのまとまりが悪い上に嵩張ったり、バッグの中に入れているとどれかの分岐されたケーブルが何かに引っ掛かって知らない間にケーブルが切れていたりするのです。

ただこの3in1のマルチケーブルの利点は端子の規格の違う3つのデバイスを同時に充電する事ができますので、出力が1つしかないモバイルバッテリーやカフェ等のUSB充電設備でも一度に複数のスマートフォンやUSB機器を充電できるだけでなく、microUSB→Lightningと言った小さな変換コネクタを持っていれば、iPhone2台持ちの方でも同時に充電する事ができるのです。

そこで今回はその便利な3in1ケーブルを携帯しやすく設計された「PICABLE」をご紹介致します。

“携帯するのにとっても便利な3in1スマホ充電ケーブル「PICABLE」” の続きを読む

これ1本あれば何でも充電できるキーチェーン型USBケーブル「High Five」

ようやくと言うか、やっと言うか、2年前には殆どなかったUSB-CないしUSB-C PD(Power Deliver)出力を備えたモバイルバッテリーが増えて来ており、最新のiPhone XS/XS MAX/XRや1世代前のiPhone 8/8 Plus/XはUSB-C出力を備え9V出力が可能なモバイルバッテリーやUSB電源であれば最大18W(9V/2A)で急速充電する事ができます。

つまり外出先でスピーディーに短時間で自分のスマートフォンを充電するにはUSB-C出力を備えたモバイルバッテリーとUSB-Cコネクタのケーブルが必要となります。

そこで今回はどのスマートフォンでもUSBデバイスでも最速で急速充電する事が可能な5in1ケーブル「High Five」をご紹介致します。


“これ1本あれば何でも充電できるキーチェーン型USBケーブル「High Five」” の続きを読む

ワイヤレス充電に対応していなくてもマグネットコネクタで充電が超便利になるモバイルバッテリー「Lightr」

充電中のスマートフォンのケーブルを引っ掛けてスマートフォンを何度か飛ばされた事がある方でワイヤレス充電にした方、使い辛くなったと感じた事はありませんか?
Qiワイヤレス充電に対応していないスマートフォンをワイヤレス充電化する為にはQiワイヤレス充電パットを差し込めば簡単にワイヤレス充電化する事ができますが、充電コネクタをQiワイヤレス充電パットで常時塞いでしまう為に、モバイルバッテリー等で充電する時がとても面倒です。

かと言ってまたケーブルでの充電には戻りたくないし、できるだけ簡単な方法で、しかも最悪ケーブルを引っ掛けてもスマートフォンが飛んで行かない、そんな充電方法があればと考えておられた方の為にとっておきのモバイルバッテリー「Lightr」をご紹介致します。


“ワイヤレス充電に対応していなくてもマグネットコネクタで充電が超便利になるモバイルバッテリー「Lightr」” の続きを読む

Macユーザー必見!!青軸低背キーを使ったMacレイアウトのNキーロールオーバー・キーボード「Taptek」

日本ではスマートフォンを使っている方の半分以上がiPhoneで、PCにおいても大きな家電量販店や大学生協でMacを扱っているせいかユーザーは割と多くいるのですが、世界的に見るとAppleユーザーと言うのはごく少数で、ことPCに関して言えば1割弱しかいません。
ですから自ずとMac用の周辺機器は限られ、ことキーボード等はMac専用と謳っているものは極々少数でWindowsレイアウトのキーボードでMacにも対応していますよ的なキーボードが殆どなのですが、今回紹介する「Taptek」と言うキーボードはMacレイアウトの貴重なキーボードで、アプリ等をつ買ってキーレイアウトを変更しなくても使える貴重なキーボードになります。


“Macユーザー必見!!青軸低背キーを使ったMacレイアウトのNキーロールオーバー・キーボード「Taptek」” の続きを読む

世界最強の強さを持つから一生涯保障する、USB−C,microUSB,Lightning充電ケーブル「SuperCord」

みなさんは充電ケーブルを正しく使っていますか?正しく使わないとアッと言う間に使えなくなってしまいますよ!!
スマートフォンやPCを充電する充電ケーブルの物理的なウィークポントはコネクタ端子の付け根部分と、接続端子を繋ぐケーブルの2ヶ所にあります。
コネクタ端子は端子とケーブルとの付け根部分に過度の負荷(ケーブルをコネクタに対して90°曲げたまま強引にケーブルを持ってコネクタを抜くと言った様な行為や、充電中のケーブルを足で引っ掛けて抜いてしまう….etc)をかけてしまうと、針金を工具を使わずに手で折り曲げて切る様な場合、ある一点を軸にして針金を様々な方向に曲げる事で徐々に亀裂が入って言って硬い針金でも切れる様に、銅線で作られた充電ケーブルも徐々に断線して行き、最後には綺麗に切れてしまいます。

一方ケーブルも、被膜と言って中の電気を通す銅線を覆っているのは樹脂、簡単に言うとビニールの様なものなのですが、これもケーブルを引っ張る事で樹脂は伸びますし、中の銅線も徐々に伸びて行って最後にはプッチンと切れます。

と言う様にコネクタを抜く事はコネクタを指先で摘まんで抜き、ケーブルは引っ張らないと言うのを守らないとケーブルは早々と切れて使い物にならなくなるのですが、今回紹介する「SuperCord」はそう言う使い方をしても平気です。


“世界最強の強さを持つから一生涯保障する、USB−C,microUSB,Lightning充電ケーブル「SuperCord」” の続きを読む

ケーブルが切れても再び使える様に復活させる事ができるエコなスマートフォン用充電ケーブル「SirTeen」

モノの価値には何でもそうですが、値段相応の価値があります。中には値段が高いのにも関わらず価値が殆どないと言ったものもありますが、スマートフォンの充電ケーブルに至っては、100円のケーブルは100円の価値しかありませんし、1,000円のケーブルは1,000円の価値があります。
この違いはiPhoneで使われているLightningケーブルに至ってはコネクタの中に組み込まれたコントローラーがAppleが採用しているのと同一の部品であるのかそうでないのかでも変わって来ますし、時にiPhoneやiPad用のケーブルでMFi(Made For iPhone, Made For iPad)と言うAppleの認定を受けているケーブルはAppleの審査を通過していますので安心して使う事ができます。
一方安いケーブルは電気を流す動線の品質が悪かったり細かったり、動線を包む被膜と言うプラスチックの皮とでも言いますか、そう言う部品1つ1つの品質がそれなりで、すぐに動線が空気中の酸素によって酸化したり、ケーブルに電流を流す事で発生する熱で酸化が進んで電気を流さなくなったりもしますし、ケーブルが細いので過度に曲げるとすぐに切れたりもします。

ただケーブルの断線は高いケーブルでも有り得ます。特にiPhoneに付属している純正のケーブルでも使っている間にコネクタの付け根から被膜がヒビ割れをし、そこから中のケーブルが覗き見られる様になったら切れると言うのは有名で、コネクタの根元の部分にケーブルが極度に曲がって切れない様にするアダプタなども売られている事からもそこが弱いのが分かりますし、それは他のmicroUSBやUSB-Cケーブルでも同じです。

そこで、ケーブルが切れても再利用できる様にと言う事で生まれた画期的なケーブルが今回紹介します「SirTeen」です。


“ケーブルが切れても再び使える様に復活させる事ができるエコなスマートフォン用充電ケーブル「SirTeen」” の続きを読む