USB-C PD(Power Deliver)60W充電にも対応したUSBマルチ・マグネットケーブル「Syllucid」

マグネットケーブルとは、コネクタの端子部分(先端部分)とコネクタの接続部分(ケーブルとの接続部分)の接続方法が普通のコネクタの様に差し込むのではなく磁力によって結合する方式のケーブルの事を差し、磁力によって脱着する事からコネクタ部分に無理な力をかける事でケーブルやスマートフォンやタブレット、その他USB充電機器のコネクタ部分や端子部分を損傷させたりする事がないと言うメリットがあります。

またコネクタを挿しっぱなしにしておく事でホコリが入るのを防止できる他、磁力によってコネクタ同士は自然に引き合って結合し通電しますので、暗い場所でコネクタの位置がよく見えない様な状況下でも簡単に充電ケーブルが差せると言うメリットがあります。

またこの他にも充電中にテーブルから垂れ下がったケーブルを引っ掛けたりした場合、ケーブルがしっかりと差さっているスマートフォンやタブレットごと大きく投げ飛ばしますが、マグネットケーブルはケーブルだけが外れるのでスマートフォンやタブレットを投げ飛ばして損傷させたりする心配がありません。

今回はそんなマグネットケーブルの中でもケーブルを持って抜くとコネクタまで抜ける「Syllucid」をご紹介致します。


真っ直ぐ引くと抜けるコネクタ


この「Syllucid」が他のマグネットコネクタと大きくのは、コネクタケーブルを持った状態でマグネットコネクタを引き抜く事ができる所です。
マグネットコネクタの場合、メグネットアダプタに吸着したマグネットケーブルを引っ張っても通常はケーブルは離れますがマグネットコネクタはスマートフォンやタブレットに刺さったままです。
そうでなければケーブルを引っ張ってスマートフォンを引き寄せたり、ケーブルごとスマートフォンを持ち上げたりした時にコネクタ部分が外れて出来ませんし、すぐに外れやすいコネクタは充電不良を起こしますので、N52ネオジウム磁石などの強力な磁石を使い強力に吸着する様になっています。

それによってスマートフォンやタブレットに刺さったままになっているマグネットアダプタを取る場合は何か工具をつかわなければ取れませんし、スマートフォンなどはケースに入れているとケースが邪魔をしてアダプタが取れずケースを外してアダプタを取ると言う作業が必要になり、高速にスマートフォンやタブレットの中のデータをPCにバックアップしようと思った時の手間が結構かかります。

その一方でこの「Syllucid」はコネクタ部分の加工精度が高く、真っ直ぐに引き抜くとコネクタはケーブルと一緒に抜けますが(Lightningコネクタは抜けません)、少しでも斜めに引っ張るとコネクタ内で引っ掛かって抜けない様になっていますので、ケーブルをよく差し替えると言う方にはとても便利なケーブルです。


USB-C PD 60W充電対応


そしてこの「Syllucid」は最大3A(アンペア)までの電流を流す事ができますので、USB−C PDに対応したPCなどでは最大60W(20V/3A)での充電が可能です。
またQuickCharge3.0に対応していますので対応したAndroidスマートフォンやタブレットは最大36W、microUSBコネクタでは最大10W、AppleのLightningコネクタでは最大18Wでの充電が可能です。

またベースはUSB-Cコネクタなので電源もUSB-Cコネクタを持ったものが必要となるのですが、USB-C→USB-A変換アダプタがこの「Syllucid」には付属していますので、従来通りのUSB-A端子しかないUSB充電器も利用できます。


森林再生に寄付


またこの「Syllucid」はリサイクル部品が利用できる部分はリサイクル部品を使用し、リサイクル部品が利用できない部分に至ってはフェアドレードされた部品のみを使って環境破壊に関与しません。
またPUR Projetと提携する事で利益の5%をPUR Projetを通じて熱帯雨林地域での金採掘で特に打撃を受けているペルーの森林再生およびアグロフォレストリープロジェクトに寄付することを約束していますので、あなたもこの「Syllucid」を使う事で地球環境の再生に寄与する事ができますので、もし興味を持たれて詳細をご覧になりたい場合は下記URLをご覧ください。

https://igg.me/at/syllucid-charge/x/7929074#/

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です