ホーム > タグ > OLED

OLED

スタンドアロンで3つのプログラムをスワップ可能なArduinoコントローラーボード「tuBoard」

2020年からプログラミングが小学校から必須化されるのに伴い、昨年から様々なタイプのプログラミング教室が生まれています。
そんなプログラミング教室の中でも人気なのがロボット教室です。
やはり画面の中でキャラクターを動かしているだけよりも、実際に動くものを作る方が子ども達には人気があります。

ただその教室のカリキュラムが終わった後に自分で動くものを作ってみようと思うと、ハードの壁は高く本格的な回路設計となるとインピーダンスや周波数特性など、様々な事を考慮して設計しなければならずそれこそ高校数学の知識が必要になり小学生にはちょっと無理な領域になります。

そこで今回はロボットから自動車まで、動くものを簡単に自作する事のできるArduinoコントローラーボード「tuBoard」をご紹介致します。

全文を読む

曲線や狭い場所と言った定規やメジャーでは測れない場所で活躍するスマート・ローリングメジャー「ROLLOVA!」

みなさんはローリングメジャーってご存じでしょうか?
その代表的なものがよく道路で距離を測るのにメーターのついたタイヤを転がして距離を計測しているアレです。
その他にも曲線に裁断線を描いた生地や、地図上の2点間の距離を計測する為の目盛の描かれたピザカッターの小型版の様なローリングメジャーもありますが、このローリングメジャー、別に曲線や長い距離を計測するだけでなく狭い空間を計測するのにも有効ってご存じだったでしょうか?
例えば身近な所では引き出しの中のサイズです。引き出しのサイズを測ろうと長い定規を入れてしまうと底まで定規が入らずに計測できなかったり、今度は短い定規で挑戦するも定規の端から端まで目盛が打ってある定規でなければそのブランク部分の長さを把握しておいて足さなければならないので計算の手間がかかる上に継ぎ足して定規で計測した時に間違っている可能性もあります。

そう言う時にこのローリングメジャー「ROLLOVA!」であれば意図も簡単に計測してくれるのです。

全文を読む

世界最小!?キーチェーンサイズのArduinoZeroベースのポケットゲームマシン「PocketStar」

今回はGameBoyにインスパイアされたArduinoZeroベースの超小型ゲーム機「PocketStar」をご紹介致します。

この「PocketStar」はArduinoZeroやArduino M0等でも使われているARM Cortex-M0+(Atmel ATSAMD21G18A)の32bitCPUを使った言うなればArduinoボードで、フラッシュメモリ256 KBにSRAMを32KB搭載し、外部クロック48MHzで動作し、0.95インチ(96×64pixel)のOLEDディスプレイを搭載しています。

これとArduinoシリーズの中でも一番売れたArduinoUNO他に使われていたATMega328P(8bit,clock:16MHz,Flash:32kB,SRAM:2kB)と比べるとFlashメモリー空間が8倍に増えクロックスピードも3倍になった事で、Flashメモリーにたくさんのキャラクターをディスプレイに描く為のbitデータをメモリーしておける他、CPUスピードが上がった事で外部メモリ(SDカード等)からデータを読み込んでそれをディスプレイのメモリーに転送して表示すると言った作業も早くなり、昔なら1枚の32×32pixelの絵をSDカードカードから読み込んで表示させるのも、読み込んで表示させているのがしっかりと目視できるくらい遅かったのが、外部I/Oの性能は同じでもCPUの性能が上がった事で非常にスムーズに書き換える事ができる様になり、今回紹介する「PocketStar」の様にストレスなく遊べるゲーム機が作れる様になったのです。

全文を読む

Home > タグ > OLED

New Topics

Return to page top

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。