スリムウォレット好きな貴方にちょっと見てもらいたい3つのバリエーションを持つ「Urban X wallet」

その昔は定期入れと呼ばれていたスリムウォレットも、最近では様々なライフスタイルに合わせたものが登場しています。
1つは本当にカードやIC定期券だけしか収納できないものから、お札が数枚プラスして入るタイプのもの、そしてカードにプラスしてお札と小銭が入るタイプのものです。
ただ最近はPayPayが仕掛けたQRコード決済の陣とでも言うべき戦いで、QRコード決済を使う方が増えているだけでなく、小さな商店でも手数料ゼロ円に惹かれてQRコード決済を導入する店舗も増えており、自動販売機で飲料を購入する事がなければ小銭を持ち歩く必要性は殆どなく、小さな商店街でもキャッシュレスでお買い物ができる様になっており、財布を持たなくても済む時代になっています。

そこで今回は、重くて嵩張る財布をスリムで小さいものに変えたいと思っておられる方に3つのバリエーションを持つスリムウォレット「Urban X wallet」をご紹介致します。


“スリムウォレット好きな貴方にちょっと見てもらいたい3つのバリエーションを持つ「Urban X wallet」” の続きを読む

キャッシュレス時代にピッタリの嵩張らない極小・極薄財布「SLIM WALLET」

昨年末に登場した”PayPay”と言うソフトバンクとヤフーが出資して作られたQRコード決済にお陰でQRコード決済と言う支払い方法が一気に有名になりましたが、これら現金の授受を伴わない支払いの事を”キャッシュレス決済”と呼びます。
このキャッシュレス決済の中にはSuicaの様な交通系電子マネーを使った支払いも含まれ、オートチャージを設定しておくとSuica等の一部の交通系ICカードは高額商品の支払い以外では無敵の支払い手段と言えます。
と言いますのも、電子マネー決済の端末(リーダー)にはいくつかの種類があるのですが、クレジットカードと紐付ける事で事前にチャージする必要のないQuickPayやiDとは違いSuicaが登場したのは2001年と非常に歴史が古い為にどのメーカーのカードリーダーでも読み取る事ができ、支払に使用する事ができるからです。

ですが日本では未だに現金主義で、中国の様に個人間のお金もやり取りまでも電子マネーが深く浸透していると言う訳ではないので、自動販売機での支払い等を含めて現金を持っていた方が何かと安心です。

そこで今回はキャッシュレス推進派の方にもオススメな極薄・最小の財布「SLIM WALLET」をご紹介致します。

“キャッシュレス時代にピッタリの嵩張らない極小・極薄財布「SLIM WALLET」” の続きを読む

薄さと利便性を追求したこれだけ入れば買物には困らないと言う、ヴィーガンレザー製の超薄型財布「BANDO」

中国ではWeChat PayやAlipayと言ったQRコードを利用して簡単にスマートフォンでキャッシュレスで支払える決済方法の利用者が98%以上なのに対して、私達日本にもLINE Payや楽天ペイと言ったQRコードコード決済があるにも関わらず利用者が少ないのは何故でしょうか?

1つは日本独自の事情(現金主義)と、使えるショップが少ない事と自動販売機等でも使えない事でしょう。日本のお札は偽造が難し為に偽札が普通に流通すると言う事がないので安心して現金で支払う事ができますので、わざわざICカードやクレジットカード決済を導入しなくても大丈夫と言う背景があり、その状況はこの先暫くは変わりませんのでキャッシュを持ち歩かなくてはいけません。

ただICカードやクレジットカードで支払えるショップを選んで買物すると言う手もあり、そうなるとキャッシュは殆ど不要となりますが、それでも少しは持ち歩いていないと、食事に行って現金で割り勘と言った事になった時に気まずい思いをしてしまいます。

そこで、財布の中には数枚のカードが入ればok!!でも現金も入れておけると安心できるんだけど、と言う方にオススメな超薄型財布「BANDO」を今回はご紹介致します。


“薄さと利便性を追求したこれだけ入れば買物には困らないと言う、ヴィーガンレザー製の超薄型財布「BANDO」” の続きを読む

スリム&ミニマム&エレガントを追求した本格志向のスリムウォレット「SERMAN BRANDS Rouge」

よく男性でポケットに直接お金を入れて持ち歩く方がいますが、これってちゃんとした理由があるってご存じでしたか?
男性は外的から自分や家族を守る為に古代から戦って来ました。ですから男性のDNAには常に戦いに備えて準備をしておくと言う知識が埋め込まれていますので、小さい男の子が剣や銃を使い好んで遊ぶのはそう言う理由があるからです。

それは大人も同じで、大人も銃や剣はさすがに現代人は持ちませんが、バッグを持たずにポケットに必要なものだけを入れてできるだけ身軽にして常に反撃できる様に両手を空けて行動しようとするのです。

ただ現金の時代は裸で現金をポケットに入れておいても落とす落とさない程度の問題しかなかったのですが、最近はカード1枚で何もかもできてしまう事から必要なカードを数枚をお尻のポケットに入れて持ち歩き、そのまま座ってカードが曲がってしまうとこれがまた大変なのです。
ただ単にカードが曲がってしまうだけなら良いのですが、曲がる事によりカードリーダーで磁気ストライプが読めなくなりますし、最近はクレジットカードでもICチップが入っており、その内蔵されたチップが圧力で壊れる事はよくありますし、ICカードなどはカード全体にアンテナ等も入っていますのでそれが切れてしまうと改札機で読み取りもできなくなりゲートが開かなくなります。

そうなると再発行と言う事になり、手続き等が色々と大変になります。

そこで今回はカードを安全に持ち運ぶ事のできるスリムウォレット「SERMAN BRANDS Rouge」をご紹介致します。


“スリム&ミニマム&エレガントを追求した本格志向のスリムウォレット「SERMAN BRANDS Rouge」” の続きを読む

南京錠からキーボックス、そして自転車ロックへと変幻自在なスマートロック「360LOCK」

従来の鍵と言えば鍵を使って開けるか、ダイヤルを回して暗証番号を合わせて開けるかのどちらかでしたが、今は技術の進歩で鍵も指紋や、スマートフォンで開けられる様になっており、鍵を無くしたり暗証番号を忘れても大丈夫な様になっています。

ただ便利な反面、不便な部分もあります。例えば指紋で開けるタイプの鍵は、本人がいなければ開ける事ができません。またスマートフォンで開けるタイプはモノによってはアプリケーションを使って誰かに一時的に開ける事ができる様に開閉できる権利を譲渡する事ができたりして便利なのですが、不便な面も持ち合わせていたりします。

そして今回紹介しますスマートロック「360LOCK」は、良い部分は積極的に採用し、不具合が起こりそうな部分は違う形で提供する事で安全性を高めたデジタルロックです。


“南京錠からキーボックス、そして自転車ロックへと変幻自在なスマートロック「360LOCK」” の続きを読む

スマートフォンやスマートウォッチ、タブレットやノートPCのハッキングを防ぐRFIDブロッキングケース「RFID Faraday」

みなさんはセキュリティーについて真剣に考えた事はありますか?
特にスキミングと言って、電波を使って知らない間にICカードの情報を盗み取る犯罪についてです。
昔はカードに貼れてた磁気テープからダイレクトにデータを抜くしか方法はありませんでしたが、今ではかざすだけでSuica等の交通系ICカードサイズカードなら駅の改札を通れたり、WAONやnanaco等のICカードはレジに置いてあるカードリーダーにかざすだけで決済できるなど、電波でカードに記録されたデータのやりとりを行っていますので、日本でも安全ではありません。
ましてやこれらカードには先にチャージしておかなければ使えないと言う制約があり、もしスキミングされて情報を盗まれたとしてもクレジットカードと紐付けをしてオートチャージ等の設定をしていなければ被害も最小限に止める事ができますが、iPhone7以降のiPhoneやAppleWatch Series 2以降のAppleWatchに搭載されたApplePayはQUICPayやiDの番号を自動で振り当て、これらApplePayは後払いな為にチャージの必要はなく、それこそスキミングされたら大変です。

そんなICカードだけではなく、スマートフォンやスマートウォッチまでをもガッチリガードしてくれるのがこの「RFID Faraday」です。


“スマートフォンやスマートウォッチ、タブレットやノートPCのハッキングを防ぐRFIDブロッキングケース「RFID Faraday」” の続きを読む

ボタン1つでカードがトースターの様にポンと飛び出て来るクイックアクセス・カードケース「Exo」

今回紹介するカードケース「Exo」には5~7枚(カードは最低でも5枚は入れておかないと逆さまにすると抜け落ちる可能性がありますので、できるだけMAX入るだけ入れた方がこの「Exo」に限ってはベターな様です)のクレジットカートやキャッシュカード、交通系のICカード等を入れる事ができるカードケースで、指先で「Exo」の下のレバー!?スイッチをちょっと押し上げるだけで中に入ったカードが階段状になってなって飛び出て来るタイプのカードケースなのですが、この階段状になって出て来ると言うのが、このカードケースの一番の利点で、普通のカードケースや財布ではカードを重ねて同じポケットに入れているとカードを1枚1枚取り出してはカードのデザインを確認して目的のカードを見つけなければなりませんが、この「Exo」では段差がついて飛び出て来てカードケースに入っているカードの端の部分が全て見えますので、すぐにカードのデザインで目的のカードを見つけ出して取り出し、そして素早くスムーズに決済する事ができます。


“ボタン1つでカードがトースターの様にポンと飛び出て来るクイックアクセス・カードケース「Exo」” の続きを読む

トースターの様にポンと飛び出るカードケース「Craft Wallet 2.0」

みなさんの周りいは財布を持ち歩いていないと言う方はおられますでしょうか?
と言いますのも、iPhone 7以降のiPhoneやAppleWatchを利用してApplePayで支払えるばかりか、モバイルSuicaで電車やバスに乗る事もできればコンビニ等での支払いも可能になりましたし、自動販売機でも電子マネーに対応した自動販売機も増えて来ましたので、iPhoneやAppleWatchを持ってさえいえば何でも買えそして移動も自由にできるなどキャッシュレスでスムーズに支払いができる様になりましたので現金を持つ意味もほぼなくなりつつあります。
一方ポイントカードでもTポイントや楽天ポイント他数多くのポイントカードがスマートフォンのアプリで管理できる様になっており、スマートフォンの画面にバーコードを表示すればポイントも加算してくれるなど、カード類と言うものをほぼ持ち歩かなくても良くなって来ていますので、これもキャッシュレス。カードレスを推進する為の要因にもなっています。
ただこれだけ便利になったと言っても、WAONやnanaco,楽天Edyは未だにiPhoneには対応していませんから、これらカードをメインに使っている人はiPhoneやAppleWatchの他にカードを持ち歩かなくてはいけませんので、そう言うスマートフォンのアプリケーションでは管理できないクレジットカードや電子マネーカードを使っている方にオススメなのが、重さがたった40gしかなく大きさもクレジットカードを縦横数mmだけ大きくした様なこの「Craft Wallet 2.0」を今回は詳細させてもらいます。


“トースターの様にポンと飛び出るカードケース「Craft Wallet 2.0」” の続きを読む

え!?こんなに薄いのにカード9枚にお札や小銭まで入るの!!と驚きを隠せないカードケース型本革サイフ「Solo Wallet」

昔から財布を持ち歩くのが嫌い、面倒だと言う理由でズボンや上着のポケットに小銭やお札を無造作に入れている方は多かったのですが、近年ではポケットに小銭やお札を入れつつ更にカードケースを持ち歩くと言う人も増えています。
その理由は電子マネーや乗車券代わりのICカード、そしてクレジットカードやキャッシュカードで、これらカードを持っていれば買い物はちろんの事ながら移動もできるのですが、問題はこれらカードを折ってしまった時で、お尻のポケットに小銭と一緒に入れたまま椅子に座りでもして折れ曲がってしまえば磁気カードは読めなくなりますし、ICカードも折り目がついた場所が悪ければ中のICやアンテナパターンを損傷してしまってカードリーダーに反応しなくなります。

ですが今回紹介しますカードケース型サイフ「Solo Wallet」ならポケットにスッポリと収まるサイズであるばかりか、何と最大9枚のカードと小銭、そしてお札まで入れる事ができますので、きっと財布を持ち歩くのが嫌いと言う方にもご満足頂けると思います。


“え!?こんなに薄いのにカード9枚にお札や小銭まで入るの!!と驚きを隠せないカードケース型本革サイフ「Solo Wallet」” の続きを読む

ストラップで首からぶら下げる社員証が嫌と言う方の為の複数のカードが収納できるクリップ式カードホルダー「GOVO」

 最近では役所もそうですが、中小企業でも訪問すれば、現場で機械を動かしている様な方以外のほとんどの社員の方が、首からぶら下げたストラップに写真入りの社員証を入れて、その会社の社員である事を提示する様になっています。おそらくセキュリティーの為と思われますが、それでもあの首からぶら下げた社員証ってすごく面倒ではありませんか?
 と言いますのも手洗いに行って手を洗う時に前屈みになった時に必ず洗う手のの手元に寄って来ますし、仕事をしていても何かの拍子に机の引き出しに引っ掛かって首を引っ張られたりとにかく首からぶら下げているのが鬱陶しいと感じる事ってありませんでしょうか?中にはクリップで上着に挟み込んでおいてもokと言う会社もありますが、意外とプラスチックのクリップって何かの拍子に外れやすかったり、カードも軽いので落としても気付かなかったりって事があったりして結構どちらにしても不便なのですが、この「GOVO」もクリップで挟み込むタイプのカードホルダーなのですが、その作りからどの様な状況下でも決して落としたりする事はありません。


“ストラップで首からぶら下げる社員証が嫌と言う方の為の複数のカードが収納できるクリップ式カードホルダー「GOVO」” の続きを読む