2段階認証用の ”FIDO U2F”キーとしてだけでなく、指紋認証で安全に持ち歩きできるカード型メモリー「BeamU」

ブラウザやアプリで自分のアカウントでログインする際にメールアドレスとパスワードだけでは不安だからと2段階認証をかけたのはいいけれど、面倒!!と思っておられる方も少なくないはず。
一般的に2段階認証はSMSによるワンタイムパスの通知か、Google認証システムの様なアプリを使うかのどちらかになり、それら通知されたり表示されたパスワードを入力しなければログインや決済はできない様な仕組みになっています。
最近ではスマートフォンではスマートフォンに内蔵された指紋認証や顔認証と言った生体認証を2段階認証として利用するアプリもあり、これは便利なのですが、パソコンでのログイン等になると側にスマートフォンを置いて作業をしなければならずとても面倒です。

そこで今回はサイトへの2段階認証を自動で行ってくれるFIDO U2F対応のカード型メモリー「BeamU」をご紹介致します。
“2段階認証用の ”FIDO U2F”キーとしてだけでなく、指紋認証で安全に持ち歩きできるカード型メモリー「BeamU」” の続きを読む

大中小と3つのモバイルバッテリーを備え、目的に合わせて使い分けが可能なパワーステーション「YU」

最近のハイエンドのスマートフォンは有機ELディスプレイを搭載する事で飛躍的にバッテリーの持ちが良くなっていますが、ゲームをよくプレイされたり、動画を良く鑑賞されるパワーユーザーの方にかかればやはりモバイルバッテリーは必需品です。
ただモバイルバッテリーも小さくて軽くて大容量なものがあればベストなのですが、バッテリー容量が増えると必然的に大きさも大きくなり重量も増えますので、どの容量を選ぶのかは悩ましい所でもあります。
例えば学校や会社帰りに一度充電する程度であれば、それ程大容量のバッテリーは必要ありませんが、週末レジャーに出かけたりしてスマートフォンで動画や画像を頻繁に撮影するとなるとやはり容量の小さなバッテリーでは心配ですし、だからと言ってその為に大きなモバイルバッテリーを選ぶとそれこそ毎日の荷物が嵩張ります。

そこで今回はその日のシチュエーションに合わせて使い分ける事のできるモバイルバッテリーが3台も付属したパワーステーション「YU」をご紹介致します。


“大中小と3つのモバイルバッテリーを備え、目的に合わせて使い分けが可能なパワーステーション「YU」” の続きを読む

カシャカシャ音が懐かしいUSB-C、Bluetooth、Win&Mac両方で使える84キーフルサイズキーボード「Keychron K2」

今のノートPCにしろデスクトップPCにしろキーボードは薄く軽いと言うのが主流で、キーボードの打撃音(押した時の音)もゲーミング・キーボードは別として、パタパタやペタペタと言った何とも頼りない音しか出なくなっています。
確かにキーボードが静かだと自宅で誰かが側で寝ていても気を付けてそぉ〜とキーを押さなくても済みますし、オフィスでも隣で電話している同僚からキーボードの音がうるさいと注意される事もありません。
ただ20〜30年前からキーボードを使っている方々にとっては昔のガシャンガシャンやカシャカシャと鳴るキーボードは懐かしくまた、指でキーを押し込まないと入力できませんでしたので打っていると言う感覚が非常に良く得られ、それはそれで仕事をしているなぁ〜と言う気にさせてくれるキーボードでした。

そこで今回は、ガシャンガシャンとまでは行かないにしても、カシャカシャと鳴り、キーストロークも深くて押している感覚も存分に得られるWn&Mac両対応のUSB-C接続、Bluetooth接続どちらででも使用可能な84キーフルサイズキーボード「Keychron K2」をご紹介致します。
“カシャカシャ音が懐かしいUSB-C、Bluetooth、Win&Mac両方で使える84キーフルサイズキーボード「Keychron K2」” の続きを読む

1023インチ!!リアルに映画館にいるかの様な臨場感を味わえるヘッドアップディスプレイ「LUCI immers」

最近はヘッドアップディスプレイ、ヘッドマウントディスプレイと言うとVRゴーグルを連想するのが普通ですが、20年ほど前にヘッドアップディスプレイ、ヘッドマンとディスプレイと言うと映像を見る為のAV機器で、SONYを始めとするAV機器メーカーが何種類か発売しており、今でもモデルチェンジを繰り返しながら市販されています。
このヘッドマウントディスプレイが生まれたきっかけは、自宅の構造上ホームシアター等を家の中に作る事ができないと言う方に、いかに大画面で迫力のある映像を楽しんで頂けるのかと言うコンセプトのものに出来上がった製品で、当時は1m先、2m先に100インチクラスのスクリーンが投影されている様な映像を映し出されるのが売りでした。
それが今の製品では仮想画面サイズは500インチクラスとなり、コントラストも非常に高くなり20年前の製品と比べるとVGAサイズからハイビジョンクラスにまで画質は良くなっています。

ですが今回紹介するヘッドアップディスプレイ「LUCI immers」は最大仮想画面サイズは1023インチ(約26m)と映画館並のスクリーンサイズで迫力ある映像を提供するだけでなく、100k:1と言うコントラスト比でヘッドアップディスプレイながら4Kのクラスの液晶テレビを鑑賞しているかの様な錯覚に陥らせる非常に高精細な映像を楽しむ事ができます。
“1023インチ!!リアルに映画館にいるかの様な臨場感を味わえるヘッドアップディスプレイ「LUCI immers」” の続きを読む

Apple Watch 磁気充電ケーブルよりもお得!!AppleWatchを充電できる4in1ケーブル「UFour」

AppleWatchも、新機種がリリースされたりwatchOSがアップデートされたりする毎にバッテリーの持ちは良くなって行っていますが、それでもバッテリー切れの不安は拭いきれません。
特にAppleWatchでApplePayやモバイルSuicaを利用している方にとってAppleWatchのバッテリー切れは財布を紛失したも同然で、何も買えない上に公共交通機関も一切利用できません。
ですから初代AppleWatchからずっと買い換えて使い続けていて、今はAppleWatch Series4を使っていても何かの時の為に”Apple Watch磁気充電ケーブル”をバッグの隅に忍ばせていると言う方もおられます。

ですがそのいつ訪れるか分からないAppleWatchのバッテリー切れの為に常に磁気充電ケーブルを携帯すると言うのも荷物になりますし、わざわざ”Apple Watch磁気充電ケーブル”を持ち歩き用として購入するには躊躇する価格です。

そこで今回は純正の”Apple Watch磁気充電ケーブル”よりも安い上にスマートフォンやタブレットまで充電可能な4in1ケーブル「UFour」をご紹介致します。


“Apple Watch 磁気充電ケーブルよりもお得!!AppleWatchを充電できる4in1ケーブル「UFour」” の続きを読む

携帯するのにとっても便利な3in1スマホ充電ケーブル「PICABLE」

今現在、スマートフォンを充電するケーブルとしてiPhoneやiPadにはLightningケーブル、Android端末にはmicroUSBとUSB-Cと言う2種類のケーブルが使われています。
そしてその3種類のコネクタを全て備えた充電ケーブルが売られているのですが、このケーブル、携帯するのにとっても不便なのです。

と言いますのも、1本の充電ケーブルの先(Lightning,microUSB,USB-C)を分岐させているので、ケーブルのまとまりが悪い上に嵩張ったり、バッグの中に入れているとどれかの分岐されたケーブルが何かに引っ掛かって知らない間にケーブルが切れていたりするのです。

ただこの3in1のマルチケーブルの利点は端子の規格の違う3つのデバイスを同時に充電する事ができますので、出力が1つしかないモバイルバッテリーやカフェ等のUSB充電設備でも一度に複数のスマートフォンやUSB機器を充電できるだけでなく、microUSB→Lightningと言った小さな変換コネクタを持っていれば、iPhone2台持ちの方でも同時に充電する事ができるのです。

そこで今回はその便利な3in1ケーブルを携帯しやすく設計された「PICABLE」をご紹介致します。

“携帯するのにとっても便利な3in1スマホ充電ケーブル「PICABLE」” の続きを読む

USB-C接続可能な縦横どちらでも使える10.1インチ、4K画質の15.6インチのモバイルディスプレイ「Packed Pixels」

ノートPCのディスプレイい表示されるウィンドウを左右に分割して作業する事は可能ですが、そうすると作業領域は半分になり非常に使い辛くなります。
特にPowerPointやWordで資料を作成したりする時に資料となる画像等を貼り付けたりする場合、画像を探す為にエクスプローラーを開いて画像を探してコピーし、そしてPowerPointやWordに戻って貼り付ける、作業的には何て事はありませんが、何十枚も画像を貼り付けたり、貼り付けた画像が合ってなくて入れ替えたりする時に横にもう1つディスプレイがあり、そこに画像の一覧が表示されたらウィンドウの切替がない分、随分と作業は楽になります。

そしてそう言う環境を出先でもノートPCと合わせて作り出す事ができるモバイルディスプレイはたくさん売られていますが、ノートPCのディスプレイと一体化させる事のできるディスプレイとなると皆無です。
そこで今回はノートPCのディスプレイを延長するかの様にワイドに広げる事のできるモバイルディスプレイ「Packed Pixels」をご紹介致します。


“USB-C接続可能な縦横どちらでも使える10.1インチ、4K画質の15.6インチのモバイルディスプレイ「Packed Pixels」” の続きを読む

使う人の立場に立ち、より使い易いモノをと考え抜かれた、使い勝手の良いUSB-Cマルチハブ「uni」

みなさんは自宅やオフィスでノートPCを外部ディスプレイに接続したりして使う事や、USB接続のHDDやUSBメモリを頻繁に使うと言う様な事はありますか?
もしそう言う時にUSB-C接続のマルチハブを持っていると、USB-Cポートの数が少なくてもたくさんのUSB機器を接続できる他、HDMI出力を備えたUSB-Cマルチハブなら外部ディスプレイにも接続できます。
そしてそれよりも一番のメリットがUSB-Cケーブルを1本、ノートPCに差し込む事ですぐにデスクの回りにあるPCの周辺機器に接続されるだけでなく、充電もUSB-Cマルチハブできてしまうのです。

そんなUSB-Cマルチハブは既にたくさんのメーカーからたくさんのUSB-Cマルチハブがリリースされています。

ですが今回紹介するUSB-Cマルチハブ「uni」の様にユーザーの使い勝手を考えて端子配置されているでしょうか?
もし今、手元にUSB-Cマルチハブを持っておられるのならこの「uni」と比べてみて下さい。

“使う人の立場に立ち、より使い易いモノをと考え抜かれた、使い勝手の良いUSB-Cマルチハブ「uni」” の続きを読む

5,000mAhをたった18分でフル充電する次世代のグラフェンバッテリーを使用した「Apollo Traveller」

朝起きてスマートフォンの充電を忘れた上にモバイルバッテリーの充電を忘れて残量ゼロで、しかも寝坊して直ぐに家を出なければならないなんて事は滅多にない事ですが、もしそう言う事が起これば貴方ならどうしますか?

1日節電モードで行きますか?それともとりあえず出かけて途中で充電できる場所を見つけて充電しますか?それとも遅刻覚悟で充電してから出かけますか?

そう言う時、アッと言う間に、着替えて身支度している間にフル充電される様なモバイルバッテリーがあれば助かりますよね。

今回は次世代バッテリーとして注目のグラフェンと言う炭素から作られた熱伝導性、電気伝導性共に優れた素材を使ったグラフェンバッテリーを使用した「Apollo Traveller」をご紹介致します。


“5,000mAhをたった18分でフル充電する次世代のグラフェンバッテリーを使用した「Apollo Traveller」” の続きを読む

AirPodsケースが見つからない!!そんな事がよくある方にあらゆる面で使い勝手を向上させてくれる「AirPodPal」

昨年はワイヤレス充電に対応したAirPodsと、ワイヤレス充電器AirPowerがいつ出るのか出るのかと待ちわび、待ちくたびれてAirPodsを買ってしまった方も多かったのではないでしょうか?

その為にAirPodsをQiワイヤレス充電に対応するアダプタが数多く発売されていますが、そのどれもがAirPodsのコンパクトさを損なわない様な設計になっており、パッと見るとAirPodsにそんなアダプタがついているのか全く見分けがつかないのですが、AirPodsそのものが小さすぎるのでAirPodsが入るポケットがバッグの中にないとバックの中で見失い、バックの中身を半分くらい出した所でようやくAirPodsのケースが見つかると言う事も少なくありません。
ただこの寒い時期は上着を着るので上着のポケットに入れておけば、そう見つけ辛いと言う事はないのですが、薄着になる夏場はパンツのポケットに入れる訳にもいかず結果的にバッグの中となりそう言う事が起こります。

そこで今回は全く違った発想でAirPodsを見つけ易くした「AirPodPal」をご紹介致します。


“AirPodsケースが見つからない!!そんな事がよくある方にあらゆる面で使い勝手を向上させてくれる「AirPodPal」” の続きを読む