超初心者でも失敗しない!!水槽で植物栽培!!一石二鳥のアクアポニックス「EcoGarden」

みなさんは”アクアポニックス”と言う言葉をご存じでしょうか?
”アクアポニックス”とは”水産養殖(魚の養殖)と”水耕栽培”を掛け合わせた造語で、魚の排泄物を微生物が分解し、そしてそれを植物が栄養として吸収して成長し、それと同時に水を浄化すると言う、環境に優しい循環型農業の事を指します。

言葉としては1970年代に生まれたのですが、農法としては1000年ほど前のマヤ文明やアステカ文明が栄えていた時代の南アメリカで行われていた農法で、運河の上に「チナンパ」と言う浮島を作り、その上で植物を育てたのがルーツと言われています。

そんなアクアポニックスを利用した水槽「EcoGarden」を今回はご紹介致します。


“超初心者でも失敗しない!!水槽で植物栽培!!一石二鳥のアクアポニックス「EcoGarden」” の続きを読む

M:I-2のイーサン・ハントでも盗むのは無理!?と思えるセキュリティーボックス「NEBULA STAR SAFE BOX」

手提げ金庫を使っている方、その手提げ金庫って本当に安全ですか?
手提げ金庫って鍵がかかるだけで、そのまま手提げ金庫ごと黙って持ち去られたら分からない上に取り戻す術もありません。
また金庫を開ける時間がタップリあれば、開けて盗んで元の位置に戻しておけば、犯行の発見を遅らせる事ができます。

と言う様に今の金庫、昔からある金庫は何故か性善説に立ち作られており、セキュリティーの事を本当に考えているとは思えない製品が殆どです。

本当に盗まれない金庫にするのなら、建物に固定した上に指定の手順で開けなければすぐに警備会社へ通報すると言った様なシステムを入れるべきですが、一般の家庭や、こじんまりとしたオフィスで使うにはちょっと不釣り合いなのは否めません。

そこで今回は一般家庭や小規模オフィスで使え、イーサン・ハントでもちょっと盗むのが難しそうなセキュリティーボックス「NEBULA STAR SAFE BOX」をご紹介致します。


“M:I-2のイーサン・ハントでも盗むのは無理!?と思えるセキュリティーボックス「NEBULA STAR SAFE BOX」” の続きを読む

最大1年間充電不要!!置くだけなので女性でも簡単に設置できるセキュリティーカメラ「VAVA Home Cam」

みなさんはセキュリティーカメラと言うと、我が家にも設置したいけれど高価な上に配線なんてテレビの配線もできないのにセキュリティーカメラなんて無理!!と考えている方が大半です。
ただそれは昔の話で、例えばテレビドラマに出て来る様な、1つのモニターに何個もの映像が映った監視カメラの様なものはカメラと受信機等を配線で繋げなければなりませんが、今は無線のものの方が多くWiFiを使って接続できたりしますので、電源の確保だけすれば設置できるものも少なくありませんし、中にはバッテリーで動くものもあり、そうなると電源を引く必要もなくどこにでも設置できます。

ただそうなるとバッテリーが切れそうになると充電する手間が増え、その為に脚立を使わずに手の届く様な場所に設置すると今度はカメラ毎盗まれてしまう危険性も出て来ます。

そこで今回は最大1年も充電不要で使い続ける事のできる超ロングライフ設計のセキュリティーカメラ「VAVA Home Cam」をご紹介致します。


“最大1年間充電不要!!置くだけなので女性でも簡単に設置できるセキュリティーカメラ「VAVA Home Cam」” の続きを読む

DIYが超不得意な方でも必ず取付られるWiFiセキュリティーカメラ「Snap Pro」

最近は物騒な事件が多く、自宅にも万が一の事を考えてセキュリティーカメラを設置したいと思っておられる方は多いはずです。
そしてスマートフォンで常に留守中の自宅の様子を見る事ができれば、留守中の訪問者や、留守中に子ども達やペットがどの様に過ごしているのか見る事ができるのにと思っておられる方も多いでしょう。

ただそうは思っていても、予算はそんなにかけられないのでDIYで設置できないかと調べると、壁に取り付け金具を取り付けたり電源を引っ張ったり、インターネットに接続するなら有線のケーブルを敷設したりWiFiの設定をしたりと、照明の交換すらできない不器用でなおかつパソコンをWiFiで無線LANに接続するのも無理!!と言う方にはセキュリティーカメラを設置するなんて超ハードルの高い作業になります。

そこで今回紹介する「Snap Pro」は老人の方でも簡単に設置できるセキュリティーカメラとして設計されていますので、誰もが迷う事なく設置でき安心する事ができます。


“DIYが超不得意な方でも必ず取付られるWiFiセキュリティーカメラ「Snap Pro」” の続きを読む

グループトークで様々な複数の国の人とシームレスに会話ができる37ヶ国語に対応した翻訳機「Smark Translator」

昨年あたりから、話しかけるだけで翻訳し発音してくれる翻訳機が続々とリリースされています。
これはCPUの性能やメモリーチップの高集積化もありますが、モバイル通信の高速化も貢献しています。
今現在、翻訳機は2つの方式に分類されます。翻訳機そのものに、音声認識エンジン、そして翻訳エンジンを搭載してネット環境がなくても翻訳できる翻訳機と、AIスピーカーの様に常にインターネットに接続し、クラウドエンジンを使って翻訳する方法です。

前者は翻訳機の価格だけで済みますが、後者はインターネット通信の為の通信料が毎月発生しますが、後者の方が圧倒的に翻訳の精度は高くなります。

と言いますのも音声翻訳は、まず第1段階として音声を解析して文字起こしをし、それから構文解析を行ってから翻訳、そして音声合成エンジンによって発話と言う流れになります。

この音声解析の部分は例えば日本語であれば同じ単語でも標準語と関西弁や他の方言ではイントネーションが違いますし、話し方1つにしても滑舌の良い方から滑舌の悪い方まで幅広くカバーしようと思うと、それなりの性能を持った音声解析を行うコンピュータと、長年に渡って蓄積された音声データのサンプルがどれくらいあるかで勝負は決まるからです。

ですから常にデータを蓄積し続けているgoogle翻訳やiPhoneに搭載されているSiriが音声解析を行い年々その文字起こしの精度を上げて来ているのは、そう言う長年の音声データの蓄積があるからです。

そして今回紹介する「Smark Translator」は後者のクラウドエンジンを使った翻訳機ですので、その精度は折り紙付きです。


“グループトークで様々な複数の国の人とシームレスに会話ができる37ヶ国語に対応した翻訳機「Smark Translator」” の続きを読む

16もの翻訳エンジンを駆使する事で105の言語を理解し翻訳するモバイル翻訳機「Travis Touch」

インバウンドで大勢の外国からの旅行者が来る様になったり、技能実習で海外から日本へ様々な仕事の技術を習得する為にやって来る外国人が増え、街中で声をかけられる機会が多くなりましたが、そう言う時に役立つのがスマートフォンです。

みなさんも相手の言っている事がわからずに、スマートフォンで翻訳ソフトを起動させてスマートフォンに話しかけてもらいそれを日本語に翻訳し、更に返答をキーボードや音声認識で入力して会話をすると言う事を試した時に、意外な程に”理解できる翻訳”をしてくれる事に驚きを覚えたのではないでしょうか?

これが10年前なら、マイクで話した内容を文字起こしするのも、それを翻訳するのもスマートフォンでは到底無理でしたが、今ではスマートフォンの性能も向上してはいますが、ネット回線のスピードアップとクラウドサーバーの性能アップ、そして機械学習の進歩なくしては今の流暢な自動翻訳は成り立ちません。

更にメーカーによって得意不得意な分野があり、それを知った上で16もの翻訳エンジンを駆使して105もの言語を理解し翻訳する事のできるモバイル翻訳機「Travis Touch」をご紹介致します。


“16もの翻訳エンジンを駆使する事で105の言語を理解し翻訳するモバイル翻訳機「Travis Touch」” の続きを読む

ホンモノの質感に拘り、誰もが騙されるレベルにまで進化したデジタルキャンバス「Canvia」

季節やシチュエーションに合わせて部屋に飾る額を変えたいと言う方にオススメなのがデジタルキャンバスと呼ばれるデバイスです。
このデジタルキャンバスと言うのは言うなれば壁掛けのモニターであり、そこに映し出される絵画はデジタルデータですので、スマートフォンやタブレットを使ったりして高いお金を出して絵画を買わなくても、好きな時に好きな時に変える事ができるが一番のメリットです。

ただデジタルキャンバスはモニターに額縁をつけただけなので、画面に照明等が映り込んでいればモニターのガラスに反射してすぐにモニターだと言う事がバレてしまいます。

そこで今回は、近づいてルーペを当ててじっくりとモニターであるかチェックしなければモニターであるとバレないデジタルキャンバス「Canvia」をご紹介致します。

“ホンモノの質感に拘り、誰もが騙されるレベルにまで進化したデジタルキャンバス「Canvia」” の続きを読む

インテリアとしても使えるLED照明にもなりスマホもワイヤレス充電可能なボトル型モバイルステーション「Gloo」

みなさんが使っておられるスマートフォンの充電器がもうちょっとオシャレだったらいいのになぁ〜と思う事ってありませんか?
充電器ってたいてい1日のうちで一番長く過ごす部屋に置いている事が多いものですが、プラスチックも工業製品がオシャレに飾ったリビングに合うかと言えば合うはずもなく、床の上にケーブルタップが無造作におかれそこから充電器に繋がれたケーブルがリビングのテーブルの上まで伸びている、なんてトータルコーディネイトされた部屋に合うはずもなく、またケーブルを引っ掛けてスマートフォンを飛ばしてしまっても大変です。

そこで今回はワイヤレスでスマートフォンやタブレットを充電でき、しかも部屋の雰囲気を損なわない充電ステーション「Gloo」をご紹介致します。


“インテリアとしても使えるLED照明にもなりスマホもワイヤレス充電可能なボトル型モバイルステーション「Gloo」” の続きを読む

ペーパーレス化されたプレゼンやミーティングにおいて前準備不要で一斉に資料をブロードキャストする「Forum」

最近はプレゼンテーションやミーティングにおいて資料は一切配布せずに、プロジェクターに映し出されるパワーポイントを見ながらプレゼンやミーティングを進めたり、指定されたサイトURLにブラウザでアクセスしてそこにアップロードされているpdfファイル等をブラウザで見ながらであったりダウンロードして見たりする事が増えて来ています。

ですが、後者の資料をデジタルデータとして資料を配布する場合、全ての参加者がローカルのネットワークに参加できるかと言うとセキュリティー上問題となる事も多く、かと言ってパブリックな誰もがアクセスできるインターネット上のサーバーにアップロードするとなると資料の流出の危険性や、アクセスする際のURLの打ち込みやIDやパスの入力が必要だったりと、プレゼンやミーティングを始めるまでに時間がかかり、更に遅れて来る参加者がいればその参加者の為にまた資料の入手手順を教えるのに時間を割かなくてはならず時間の無駄が生じます。

そこで簡単に資料を配付する事のできるブロードキャストWiFiルーター「Forum」を今回はご紹介致します。


“ペーパーレス化されたプレゼンやミーティングにおいて前準備不要で一斉に資料をブロードキャストする「Forum」” の続きを読む

民泊を始めたいと思っている方へ!!相手の顔を見ずに安全にカギを渡す事のできるバーチャル・玄関ロック「KeyWe」

最近の民泊ブームに乗って、空き屋になっている実家を有効利用して民泊を始めてみようかな、と考え初めておられる方もおられると思いますが、民泊を始めるにあたって一番のネックになるのは”鍵”の受け渡しです。
ホテルや旅館であれば部屋の鍵は基本的にはフロントで行いますが、民泊はフロントなんて存在しませんから(一件の家をフロントとして利用し、数件の民泊の鍵を受け渡しする様な民泊チェーン店の様なものもありますが…..)、一番ネックになるのが鍵の受け渡しです。
支払いは前もってネット経由でクレジットカード等で支払ってもらっておけば取りはぐれはないので良いのですが、鍵に関しては渡した鍵を確実に返してもらわないと次の方が宿泊する事ができませんし、もし悪意ある人がその鍵を複製してチェックアウト後に全く別の人が宿泊している時に泥棒に入るなんて言う事がないとも言えません。

ですからなかなかそう言うセキュリティー上のネックが解決できなくて民泊を始めるのを躊躇している方もおられますが、今回紹介する電子玄関ロック「KeyWe」であればそれら不安を見事に解消してくれます。


“民泊を始めたいと思っている方へ!!相手の顔を見ずに安全にカギを渡す事のできるバーチャル・玄関ロック「KeyWe」” の続きを読む