ホーム > タグ > WiFI

WiFI

暗闇の中なのに昼間に撮影したの?と見間違う様な映像を撮影可能なカラーナイトビジョンカメラ「Aurora」

みなさんは暗闇を捉えた映像と言うとどう言う映像を思い起こされるでしょうか?
おそらく白黒映像か、画面全体が緑色で動く物体が白く光り輝いている映像を思い起こされるのではないでしょうか?

これは光のない場所では、人間や動物、建物や乗り物等から出される赤外線(赤外線は熱線とも言われます)の強さを白黒等の濃淡で表す事で映像化したり、対象物に赤外線を当てる事で反射された赤外線の光の量を映像化する事で映像化していますので、どうしても単色になってしまうからです。

ところが近年、この単色の映像をカラー化するEMCCDセンサーが開発され、望遠鏡や双眼鏡、ライフルスコープとして製品化されているのですが、4K画像が主流の現在、そこまでの解像度を出す事が無理な為か何故かEMCCDセンサーを使ったアクションカメラやビデオカメラの様なものは発売されておらず、今回紹介します「Aurora」がおそらく映像を記録する為の初のパーソナルユースのカラーナイトビジョンカメラとなります。

全文を読む

ドローン初心者が最初に使うべき機能と構造を持った空撮用ドローン「LeveTop」

昔なら空撮と言えば、飛行機やヘリコプターを使わないと撮影なんて無理でしたので、個人で空撮なんて考えもしなかったと思いますが、今ではドローンのおかげで、人口密集地での空撮には許可申請が必要とは言え、本当に簡単に誰もが個人で空撮を行う事ができる時代になりましたし、空撮用のドローンもホビー用途のものだと5000円以下と言う低価格で購入する事だってできます。

ところがハード的には素晴らしく環境が整っているとは言え、それを操縦する人のレベルが追いついていないのが現状です。例えば初心者がよくあるのが、機体がどちらを向いているのかが判断できなくて、移動させたい方向とは逆に動いてしまい機体を落下させてしまうと言うのはよくある事で、こればっかりは練習あるのみです。

ただその練習においても何度も何度も障害物にぶつけていたのでは機体が持ちませんし、やっと慣れた頃には機体はボロボロになっていて、修理や買い換えやらで新たな出費を迫られるかも……

ですが今回紹介します空撮用ドローン「LeveTop」はドローンを飛ばすのは初めてと言う方でも安心して機体を壊す事なく練習して頂けるドローンです。

全文を読む

ネットは繋がってる?切れてる?が一目で分かるインターネット接続モニター「monitor-io」

パソコンやタブレット、スマートフォンを自宅のWiFi経由でインターネットに接続している時に突然、インターネットの接続が切れてどうなっているのかわからない?お手上げと言う事ってあなたのご家庭ではありませんか?
ちょっとインターネット技術に関して詳しい方であればPCであれスマートフォンであれタブレットであれ、適当にメジャーな落ちる(=停止する)事のないサーバーやドメインに対してpingでも打ち、そのトレース結果を見てやれば自宅のWiFiルーター等のネットワーク環境に問題があるのか?それともその際の光ファイバー等に接続されているONU(光回線終端装置)やCTU(加入者網終端装置)までに問題があるのか?。それともその先のインターネット回線に問題があるのかが直ぐに分かります。

ただそんな事が咄嗟の時にできるのはインターネット通信のメカニズムに精通している方くらいで、普通の人は何が原因なのか分かりません。ただ言えるのはインターネット接続に関わる機器の電源を一度落とし、暫く経過した後に電源を入れてやってもインターネットに接続できなければ、自宅のネットワークが原因ではないと言う事だけはわかります。

ですがそれよりももっと簡単にインターネットに正常に接続できているのかどうか確認する事ができる上に、通信ができなくなればすぐに通知してくれるインターネット接続モニター「monitor-io」を今回はご紹介致します。

全文を読む

Home > タグ > WiFI

New Topics

Return to page top

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。