Home > ドローン

ドローン Archive

買ってすぐにレースをする事ができるレース用ドローン2台セット「Drone Racing Game」

ドローンのレース映像ってYoutube等で見た事はありますか?
少し前までは一部のマニアの間で森の中等の人のいない場所で行われていたドローンレースも今や世界選手権が行われる様になり、その映像はまるで戦闘機のドッグファイトやスターウォーズのXウイングファイターとTIEファイターの戦闘シーンを見ているかの様な錯覚さえ覚えさせます。

その様な映像を見た後に普通のドローンを飛ばすとその飛行速度は遅く、3軸のジャイロセンサーや加速度センサーが機体制御用に入っていますからコントローラーでピーキーな操作をしてもどうしても機体を安定させる事の方が優先されてゆっくりとしか反応しませんからどうしてもそのまどろっこしさが嫌になります。

かと言って競技用のドローンはピーキーに機体が反応しますが、ピーキーに反応し過ぎて墜落させる可能性も高く、激しく落とすとそれだけで新しい機体を1台買えるくらいの費用がかかってしまいますからとてもドローン初心者が手を出せる様な代物ではありません。

ですがレースをやってみたいと言う方の為に初心者でも操縦する事ができ、墜落させても被害が大きくならない様な設計がなされているドローンがこの「Drone Racing Game」です。

全文を読む

自撮りを本気で考えた1200万画素カメラ搭載の自動撮影ドローン「UP&GO」

自撮りと言えばあたなは何を想像しますか?やはり”自撮り=自撮り棒”を頭に思い描く方が多いかと思いますが、これからは”自撮り=ドローン”って言う時代になるかもしれませんよ。
それは何故かと言うと技術イノベーションでドローンの自動操縦機能が飛躍に高まっている事です。以前からドローンには加速度センサー、ジャイロセンサーを使って機体を安定的に保つ事はできましたが、操縦は人力に頼っており、例えば風の強い場所での飛行は機体が流されてしまい同じ場所へ止まらせると言うのは操縦者の技量に左右されよほど熟練者でないと気象条件が悪い状態での飛行は無理でしたが、近年は気圧センサーや地磁気センサー、GPSを取り入れて風で流される機体を自動的に一定場所から動かない様に止まらせると言った制御が発達して来ました。

そんな最新の機体制御技術を用いた自撮り撮影用ドローンがこの「UP&GO」です。

全文を読む

360°VRタイムラプス4K動画が撮影可能なドローン「Exo360」

今年はVRヘッドセットが各社から相次いでリリースされておりVR元年とも言われていますが、まだまだVRヘッドセットを買った人を満足させるだけのコンテンツが揃っていない事も確かです。
ですがYoutubeもFacebookも360°VRタイムラプス動画をアップロードする事ができますし、今後360°VRタイムラプスに対応したコンテンツも増えて来るとは思いますが、何せ機材がまだまだ高いのと機材が揃っていないので一般の人が360°VRタイムラプス動画を撮影するにはまだまだ敷居が高いのは事実です。
それが上空から撮影するとなる更に大変です。DJI社のファントムに360°VRタイムラプス動画が撮影できる全球カメラを取り付ければ撮影できなくはありませんが、カメラはファントムに吊り下げられていますので必ず機体がカメラレンズのアングルに入って来ますから、撮影された映像はと言うと機体が一緒に入ってしまっていて残念な部分があります。
ですがこの「Exo360」には機体にカメラが埋め込まれていますから機体が写らないまさにピュアな全球360°VRタイムラプス映像が撮影する事ができるのです。

全文を読む

ホーム > ドローン

New Topics

Return to page top

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。