バック全体が反射生地で覆われている事で、安心して真っ暗な夜道も移動する事ができるバックパック「Luminant Bag」

街灯も少なく、歩道と車道を分けるガードレールもない道を夜間に歩いていたりランニングをしていたり、自転車で走っていたりすると、横をスリ抜けて行く車にヒヤッとする事がたまにあります。
それはおそらく、自動車を運転するドライバーから歩行者や自転車に乗った方が見えいからなのでしょうが、それでも、もしかして人がいると思って徐行して走って欲しいと思うのですが、なかなかそう理想的には行きません。

では何故、ドライバーから歩行者や自転車が見えないのかと言いますと、日本ではハイビームを使わないからです。ハイビームを使うとその光で対向車のドライバーが見え辛くなる事から対向車がなくても日本ではロービームのみで夜間走行される方が多いのですが、そうするとロービームは一般的には40m先、ハイビームは100m先を照らし出す様になっていますので、40m先しか照らし出さないロービームで前方を照らし出しては街灯がなければ本当に接近直前にしか歩行者は見つけられませんし、自転車のテールライトを付けていたとしても障害物があったり、自転車と車との位置関係が悪かったりすると見つける事も困難です。

そこで今回は、バックパックを全体的に反射させる事ができる様にする事で、近づいて来る車両に見つけてもらいやすくするバッパック「Luminant Bag」をご紹介致します。


どの方向からの光りでも反射して光るバックパック


一般的に光る素材と言うのはガラズビーズを含んでおり、そのガラスビーズへ外から入った光がガラスビーズの中で反射して光が入って来た方向へと反射される事で光っている様に見せる事ができます。つまり、ガラスに光りを当てるとガラスが光りを反射して違う場所を照らし出すのと同じです。

ただシートの中のガラスビーズは決して同じ方向を向いている訳ではなく、殆どがバラバラに別な方向を向いていますから、ある角度から光を照射するとよく跳ね返して明るく照らし出しても少しズレると全く反射せず真っ暗な状態か、グレイよりは少し明るいと言った程度にしか光らないのが特徴です。

ですがこの「Luminant Bag」に使われている反射シートはどの方向から当てられた光も効率良く全方向へ反射して明るく輝きますので、相手が見つけ易いのです。

しかも反射シートはバックパック本体のみならず肩ベルトにも入っていますので、前方からやって来る車にも見つけ易くなっています。


バックパックとしてはオールインワン


そして「Luminant Bag」としての機能ですが、これは最近メジャーなバックパックの構造や機能の良い所を踏襲しています。
まず「Luminant Bag」はクラムシェル構造と180°開く様になっている事で荷物の出し入れがとても楽にできるほか、内部には様々な大きさのポケットが設けられており、ノートPCやタブレット、そしてそれに付随する周辺機器を分類して出し入れし易い様になっている他、モバイルバッテリーは上部に専用ポケットがあり、そこからサイドポケットへとケーブルが導かれてスマートフォンを収納しながら充電できる様になっています。
またケーブルを引き出せばバックパックを背負った状態でスマートフォンを充電しながら使用できますので、ポケモンGO等をプレイするのにも最適です。

更にこの「Luminant Bag」には同じ生地を使い前面全方向発光するウエストポーチもラインナップされていますので、自転車や徒歩通勤・通学でヒヤッとする事が多い方で興味を持たれた方は下記URLにて詳細はご覧ください。

https://www.kickstarter.com/projects/oak25/the-luminant-bag-the-reflective-backpack

誰でも簡単に愛用の自転車を電動化できる1回の充電で最大50kmも走行可能な電動自転車化ホイール「Swytch」

電動自転車って一度乗ってみると、漕ぎ出しにほぼ力をかけなくても自転車を走り出す事ができますし、いつも登るのに大変な上り坂も、立ち乗りしなくても座って楽々と上がって行く事ができますので、電動自転車に乗ると普通の自転車に戻りたくなくなる魅力がたくさんあります。
ですが電動自転車って安くても10万円近くする上に種類も少ないので、なかなか自分の好みの電動自転車を見つけるのは結構大変です。

そこで今回は、今乗っているお気に入りの自転車を、電動自転車できる「Swytch」をご紹介致します。

“誰でも簡単に愛用の自転車を電動化できる1回の充電で最大50kmも走行可能な電動自転車化ホイール「Swytch」” の続きを読む

走行中、滑走中、滑空中の空気抵抗を最小限に抑え首へのダメージを低減するヘルメット用カメラ「Cambox V4 Pro」

アクションカメラの先駆者そして1番の老舗であるGoProシリーズは今でもバージョンアップを続け様々なバリエーションを取りそろえていますが、1番の難点は価格です。
一方サードパーティー製の似た様なスペックのアクションカメラは画質は大丈夫かな?と疑問を持ちたくなる様な低価格で、中国のショッピングサイトで購入すると、正規のGoProとカタログ上で同等のスペックを持ったアクションカメラが1/10の価格で手に入れる事が可能です。

それもあっては最近ではライダーの方や、スカイダイビングをされる方、スキーやスノーボードをされる方がヘルメットにGoProか、その類似アクションカメラを装着して撮影しておられるのを見かける事があるのですが、あのGoProの形状っていくら掌にスッポリと入る大きさとはいえ、時速100kmで走っているバイクのライダーのヘルメットに取り付けるとアクションカメラが受ける風圧は何キロになります。
つまりアクションカメラを取り付けたライダーは、普通でさえ重いヘルメットの上に走行中に後ろ向きに押す風圧をモロに受け続けてしまいますので、頭や首を支える筋肉の負担はいつも以上になるのは間違いありませんし、下手をすると首の筋肉を傷めてしまう方も出て来ます。

そこで今回はそう言う風圧から来る影響も考え、ヘルメットに取り付けても影響ゼロにする事ができるヘルメット用カメラ「Cambox V4 Pro」をご紹介致します。
“走行中、滑走中、滑空中の空気抵抗を最小限に抑え首へのダメージを低減するヘルメット用カメラ「Cambox V4 Pro」” の続きを読む

最大1000m先からも見分けられるヘルメットにも着用可能な自転車用フルカラーLEDライト「Raz pro」

みなさんは前を見て歩いていたのにも関わらず、何かに蹴躓いてしまった事があると言う様な経験ってありませんか?
そう、人間は意識している視界から外れたものに関しては、実際には見えているはずなのに完全に無視して見えていないのです。

それは車の運転に関しても同じで、特に見通しの悪い路地や夜間走行時では、路地では誰かが、何かが飛び出して来ないだろうかと注視する方向にばかり意識が行き、他方から来る車両や自転車、歩行者が目に入っていなかったり、夜間走行でも基本的にはライトを点灯し認識し易い前方を走る車両や対向車に意識が行き、自車の斜め前方を走る自転車の小さなテールライトは見えていなかったりして、自転車が自分の車両の前に出て来て急ブレーキを踏んだりと言う様な事もあったりします。

つまり自転車や歩道を歩いている方は夜間は時に車を運転しているドライバーからは見え辛い存在である事を意識して対策する事が重要であり、今回は自分の存在を必要以上にアピールできるLEDテールライト「Raz pro」をご紹介致します。

“最大1000m先からも見分けられるヘルメットにも着用可能な自転車用フルカラーLEDライト「Raz pro」” の続きを読む

駐輪中は簡単に外しておける事で雨濡れ防止にもセキュリティー対策にもなる自転車用サドル「SeatyGo」

みなさんは自転車が盗難に合わない様な工夫って何かされていますか?
例えば目立つ大型バイクにつける様なU字ロックを取り付けているだとか、極太のワイヤーで車止めにくくりつけるだとか、最先端の指紋認証やBluetoothを使ってロック/アンロックする様な鍵を取り付ける等です。

ただいくら頑張って盗難に合わない様に強力で頑丈なロックを取り付けたとしても、盗みたい人から見ればきっとそれはそんなに高いハードルではないのでしょう、難なくロックを外して持って行かれたなんて話はよく見聞きします。
ですから公共の駐輪場に駐輪する時はタイヤを外して(クイックリリースレバーで簡単に車輪を脱着できるタイプのロードバイクの様なタイプの自転車に限定されますが)持ち歩くと言う強者もいます。

そこで今回は、そんな大きな車輪を持ち歩かなくても簡単に外して持ち歩く事のできるサドル「SeatyGo」をご紹介致します。

“駐輪中は簡単に外しておける事で雨濡れ防止にもセキュリティー対策にもなる自転車用サドル「SeatyGo」” の続きを読む

自転車による夜間走行時の危険を極力減らす為の360°どの方向からでも認識可能な反射シール「FLECTR 360 WING」

最近はロードバイクやマウンテンバイクの様な自転車好きな方が乗られる様な自転車に乗っておられる方は、ヘッドライトの他にテールライトまで装備し、夜間走行時の車やバイク、他の自転車との接触事故を避ける為の回避策を講じている方が多いのですが、ママチャリと呼ばれるシティーサイクルに乗っている方はほぼ何もそう言う対策をされない方が大多数です。

ですがヘッドライトだけでは前方から接近する車両であれば認識する事ができますが、街灯が点灯している様な街中ですと周囲の街灯の明かりにヘッドライトがかき消されて見えない上に、車高の高い車は位置の低いシティーサイクルのヘッドライトはとても見辛く、なおかつ最近は電球からLEDになり、乗っている人には見やすくても、光が直進して拡散しないLEDは本当に認識するのが大変なのです。

そこで夜道を安心して自転車で走行する事のできる反射シール「FLECTR 360 WING」を今回はご紹介致します。

“自転車による夜間走行時の危険を極力減らす為の360°どの方向からでも認識可能な反射シール「FLECTR 360 WING」” の続きを読む

光の当て方を変えるだけで、より安全性が向上した自転車用セーフティーLEDライト「ShineOn Dual Beam」

自転車のヘッドライトって、実は車のドライバーから見るととても見辛いってご存じでしたか?

バッテリー式のLEDライトは自転車に乗っている者からすると非常に明るく感じますので夜間走行中に自己アピールできている様に思えるのですが、実際のところそれは真っ暗な街灯1つない田舎の農道か、真っ直ぐな山道くらいで、街中では街灯に自転車のヘッドライトの明るさはかき消されて、とても認識し辛いのです。

ですから最新の自転車用のLEDライトは、不規則なパターンでフラッシュさせたり360°あらゆる方向に光を照射したりと工夫を凝らしているのですが、光軸が低いのでセダンタイプの車であればまだ見えるのですが、ミニバンやトラックの様に車高が高くなると目線が高くなるので実際のところ見え辛いのです。

そこで今回は全く別なアプローチで目立つ事で被視野性を上げた自転車用LEDライト「ShineOn Dual Beam」をご紹介いたします。
“光の当て方を変えるだけで、より安全性が向上した自転車用セーフティーLEDライト「ShineOn Dual Beam」” の続きを読む

12トンの油圧カッターを使っても切断不可能な自転車用・指紋認証ロック「ZiiLock」

大切な愛車を盗まれない為に駐輪時に一番気をつけなければならないのは、愛車を建物や構造物にしっかりと鍵を使って固定する事です。
と言いますのも高級な自転車ほど軽く、ヒョイと肩にかけて持って行けますので、タイヤの回転をロックする様な馬蹄錠だとか、チェーンロックの様なものはほぼ無意味と言って良いでしょう。

ですから愛車を守るのであればワイヤーやチェーンで歩道に駐輪するのであれば電柱やガードレール、駐輪場であれば建物の柱に固定するのが盗まれない最大の方法です。

ただ鍵がかかっていなかったから乗って行こうと言う様な窃盗犯には構造物に固定する事で窃盗を抑止する事ができるのですが、盗もうと思ってやって来る窃盗犯は道具を持ってやって来ますので、中途半端な鍵では簡単に壊されて持って行かれてしまいます。

そこで今回は、12トンの油圧カッターを使っても切断できない「ZiiLock」をご紹介いたします。
“12トンの油圧カッターを使っても切断不可能な自転車用・指紋認証ロック「ZiiLock」” の続きを読む

周囲の状況そして環境に合わせて発光の仕方が変化する水平180°の被視野性を持つ自転車用テールライト「LUCIA」

暗い夜道を運転していると無灯火で走行している自転車にヒヤッとする事がたまにありますが、それはライトをちゃんと点灯して走行している自転車でもあります。
と言いますのも今の自転車ライトはLED化されており、それがかえって非視野性(他の人からの見やすさ)を損なっているからです。

LEDの光と言うのは直線的で電球の様に360°放射状に光りを発しませんので、見える角度が自ずと決まって来ますので、特にライトを点灯している自転車を前後から見た場合は非常に明るくライトが点灯している事が確認できるのですが、横方向からとなるとそのライトの光が確認できるライトは極々限られています。
なので車道を走っている自転車を車で追い抜く様な場合、テールライトを斜め後ろから見る様な格好となり、テールライトの種類によっては本当に見つけ辛いのです。

ですから、自転車で走っている方はルーメンやカンデラと言う単位だけでライトの明るさを判断して取り付けるのではなく、自らの身を守るのであれば周囲どの角度からどの様な状況下でも見やすいテールライトを選ぶ事が重要で、今回はそう言う被視野性を特に重要視されて設計された自転車用テールライト「LUCIA」をご紹介いたします。
“周囲の状況そして環境に合わせて発光の仕方が変化する水平180°の被視野性を持つ自転車用テールライト「LUCIA」” の続きを読む

雪山や海、そして日常生活でもあらゆるシーンでフォルムを変えて装着できる3ポジション・サングラス「FALCON」

世の中には適材適所ではありませんが、場所やシチュエーションによって道具を使い分ける方と、どの様な時でも愛着のある道具を使うと言う方がおられます。
前者はその時の状況やする事、やる事によってカスタマイズされ作られていますので使い勝手も良いのですが、日頃使っていないものを使うと違和感と言うものがあったりします。
それが今回紹介するサングラスとなると、スキー場に行って普段かけているサングラスをかけて滑るのと、スキー用のゴーグルを着けて滑るのとではスキー用のゴーグルの方が本当は良いのですが、普段使っていない分、見え方に差が出て来ますし、乱視が入っている様な方ですとゴーグルのレンズの湾曲と眼の乱視とで周囲の風景が歪んで見えたりしてするとそれはそれで危険です。

また釣りなどでも海面に当たった太陽の光の反射で眼が疲れない様にそれら光をシャットアウトする偏光レンズや、ポラライズド加工が施されたレンズをかけますが、これも慣れていないと足下の悪い岩場で釣りをしたりするとちょと危険です。

そこで今回はあらゆるシーンで共通して使えるサングラス「FALCON」をご紹介いたします。
“雪山や海、そして日常生活でもあらゆるシーンでフォルムを変えて装着できる3ポジション・サングラス「FALCON」” の続きを読む